東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

シンクロ社労士のデイリーブログ!人事労務のワンポイントレッスン。

決め手は「塩」味

2019-01-14 08:46:48 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日の「ひき肉とトマトのスープストック」について、朝食で食べたらまぁまぁ悪くなかったです。

油が相変わらず層の上澄みとして、浮いていましたけど、もしかしたら最後に投入した油をオリーブオイルすればまだ良かったのかも、です。

今朝の食べ方は、器にスープを入れ、昨日残った焼きっぱなしのトーストで器を蓋(フタ)するように被せ、電子レンジでチン!

食べる時、トーストをそれに浸して食べるのですが、トーストが油分をうまい具合に吸ってくれて、ややもすると堅いトーストが、しなやかだし、私としては悪くない感じ。
▲シンプル日本の和定食ー塩鮭はメイン!?

だから、どうせ油分を体に取り込むなら、サラダオイルよりもオリーブオイルの方が、いいじゃないですかぁ。

あらゆる産地で取れる塩、いわゆる塩ですね、その塩によっては、味って同じ料理でもやっぱり恐らく変わりますよねぇ?

実は、思いついたんですけど、私の旧姓が「塩田(“Shioda”it means salty field.)」なだけに、これからは長期的に関心持って“塩”の味にこだわってみようかな。

うまいことに「つくりおきスープ」の作者市瀬さんのレシピには、結構塩とコショーで食材の良さを引き立てるスープも豊富なんで。

なので、いろいろ作ってみて、作り方のパターンは一緒で、変えるのはあらゆる産地で取れる(日本に限らず)“塩”だけなんで、考える限り、シンプルなことですよね。その比較も想定内では簡単だし。

しかも、いつぞやのNHKの朝のニュースだったかな、“塩”だけしか扱っていないけど、世界のあらゆる塩を揃えた店があることを報じていたことが確かあって、と検索。東京ソラマチにもあるみたい。

今朝も、息子も娘も、この私の作ったスープは「いらない」の一蹴。朝から重めの食事だったけど、味も確認できたし、これから街にくりだすかぁ。去散步吧!(Let's go for a walk, Eh?)

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント (1)

失墜のスープ

2019-01-13 20:43:56 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、日曜日なので、夕食にまたまたスープを作ってみました。先日の「つくりおきスープ」市瀬悦子さん著、家の光協会出版の本から、48ページ。
▲スープ名「ひき肉とトマトのスープストック」を。

すっごくシンプルな材料で、味付けはやはり塩と胡椒。基本的にはトマトとひき肉のみで作るのですが、

お肉は実は、肉の安売りで購入した豚のひき肉で、およそ500gのひき肉を購入時のタッパーのまま、冷凍庫にぶっ込んでたんですね。

そのひき肉がレシピの分量より200gぐらい多かったので、急きょレシピには無いけれどトマト以外にトマトピューレの缶詰を足して、その分足すのを少し抑えた分量の水を加えたわけです。

そこまでは、まぁ悪くなかった(デス)。全てが煮立ってから、味見をすると肉臭さが漂う感じで、確かにレシピにはアクとりの指示ありますが(自分はしなかったので)、

しかし、豚肉を炒めるタイミングでニンニクを加えていれば、臭さは解消できたのに…と判断。慌ててすでにスープは出来ているのに、ニンニク風味を加えたくて、油で炒ったニンニクを油ごとスープに投入!

油ギタギタっちゅう、スープができました。さっぱり系を欲していた娘(胃腸炎らしい)は、ほとんど食べないし、息子もほぼ食べない。

食べて美味しがってくれたのは、脂が乗って働き盛りで、しかも腹部に脂ものっている、天かす大好きの主人だけ。

最後に主人のだけに、ネギの微塵切りをトッピングで乗せたんですけど(レシピの指示)、それがもしかしたら化学変化を起こしたのかもしれないけれど。

なんだか、レシピは良くても時々とんでもないものを作っちゃうんですよね。自然な判断で上手にいく時もあれば、人生いろいろ、女もいろいろなんです。

料理は、脳トレです。脳トレと思わないとモチベーションが上がらないんで。料理みたいにとてつもなくいい脳トレなんか、ないですよ(パズル類を否定するつもりは毛頭ありませんが)。

どうです?私のイメージ大分(?)崩れましたでしょう。私はある一部の意味では女性としては最低で、致し方無いんです。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

「スープ」をものに。

2019-01-06 17:21:46 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、日曜日ということもあり、お料理をしました。今日ランチに作ったのは「豚肉とキャベツのポテ」です。

たまたま本屋さんで見つけたスープの特化した料理本「つくりおきスープ」市瀬悦子さん、家の光協会出版のものからの一品。
▲このレシピは、91ページ♡

今年、いやこの半年ぐらいの目標として、「スープ」を作りまくりたいと思っています。「スープ」をものにしたい。

因みにこの「豚肉とキャベツのポテ」は、とっても家族に好評で、娘は5杯もおかわりしました。

工夫をした点は、圧力鍋を使うこと、豚肩ロースブロック肉が若干古かったので、炒める時にニンニクを加えたこと、そして、子供の口サイズに素材をちょうどいい大きさにしたこと、それから、味付けに比較的良いお塩を使ったこと。

圧力鍋は実は、8~9年前にイオンで購入してあったのですが、お蔵行であったものをとり出してきて、恐る恐る使ってみたら、ホントトータルで35分くらいで出来ちゃいました。

圧力鍋サイコーですね。本当簡単にできちゃう。あと欲しいと思ったのは、自分にあったピーラーが欲しいな。今あるピーラーで中指の爪の先端をやや深くそぎ落としてしまうアクシデントが。

うちの明治生まれの祖母は、本当に包丁さばきが上手だったです。柿の皮やリンゴの皮を本当に薄く薄く剥く(むく)のが上手で、「なんでそんなに薄く剥くの?」と聞くと「(そうでないと)食べるところが、無くなっちまう‼(東北弁?)」と。

昔の方って、食べられない時代に生きていた方々だから、本当にもったいない意識や、エコだったり。なんか、ありがたいですよね。

そんな教えをこうておいて、私はやはり皮むきは、ピーラーの厚切り。(果)肉も含めてそぎ落とすことに、抵抗は無いかと問われれば、確かに祖母の教えに逆行しているようで、事実罪悪感は無いと言えば嘘に。

ただ、それやってると、自分、料理嫌いになっちゃうんで。それよか手早く、形よく、簡単に。が目指すところですね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

社労士の心構えとは?

2019-01-05 07:10:17 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

年末、たまたまカフェで隣に居合わせた4人組の男性グループ、よくよく聞き耳立ててみると、年齢がほぼ私と被る世代の方達。

話を聞いていると、こんなことを話していました。

一人が「自営業の場合、会社や個人(を交通費かけて)訪問して、受注できないって、絶対あり得ないし」的な。他の三人が「いや、そりゃ普通の会社じゃよくある話で、(受注できなくても)普通(の出来事)だよ」って。

そしたら、先の彼が「雇われていたら、それはありかもだけど、(自営業では)絶対無理」。

昨年後半、私年金相談の同行を一件承りました。時間をかけて年金事務所を訪問して、年金相談は初めてではないのですが、受注自体は見送りでした。
▲年金相談の諸々、弊社も承ってま~す!

それでも、負け犬の遠吠えと聞こえなくも無いかもしれませんが、私は自営業でありながらこのような時、こんなことを考えます。

もちろん、その時は最善を尽くします。私が今できるご相談ご当人にとって一番良いであろうご助言を致します。それが若干受注から逸れる言葉がけであっても。無理強いや鎌をかけることはしません。

そして、そのことがこんな時は唯一「社会保険労務士」という良い評価に結び付いてくれればいいかなと。

かけたコストは、交通費。それだって、友人とのお茶代ぐらいです。ボランティアでお茶して、有益な情報も中にはあって、お役にも立てて、社労士のイメージ貢献にも繋がっているとしたら…。もちろん、勘所は常に考えつつも。

でも、これって、私がサラリーマンの妻だから、言えることかもしれません。でも、苦しい時救われるのは、やはりnotionだと思うんです(既成概念と対峙して)。どこの言葉やnotionに心のやり場を持っていけるか。

社労士によっては、年金といっても障害年金請求等を専門に特化しておられる方もいるし、私とは違う形でお役に立てる方もあって、いろんな社労士がそれぞれに、ご当人様に一番いい方法で、貢献できるのが一番いいかなと僭越ながら思います。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「社労士の心構え」に関する記事一覧

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント

2019年始ご挨拶

2019-01-04 22:33:39 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

皆さま、あけましておめでとうございます。2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年始にかけて、年末所感と年頭所感、そして日記を書きました。実は年頭所感も日記も一年ぶりなのです。昨年そっくり一年間が空いてしまいました。その分ブログに精を出したつもりだったのですが…。

2019は、仕事の面では七転八起でいくつもりです。相変わらず福祉関係の大学は、もう一年休学するつもりです。もう少し子供の行事に時間をかけたいので。

そうそう、夫婦間のことを言えば、一般的な夫婦は3~5年で結婚前のような愛情はほぼ消え失せるそうです。医学上(?)の統計データによるようで。確かに夫婦2~3年目で、写真を撮る時に、夫だけしか写らない変化の無さに、

めまいがしそうな感じが漂ったのが、その頃だったかもしれません。やはり共通の目的や例えば育児とかが、そんな時にはあるといいということで、逆に主人には思わず納得されてる感もあったりもしたりして。

とにかく、食事の面では、肉、卵、牛乳、油、魚、大豆、緑黄色野菜、芋、果物、海草(‼)が大事かな。運動の面では、一に水泳、二にジョギング、三に可能な限りバレエ、そして剣道(早素振り!目標週2回20回二セット)。

出来るなら20代前半の体重目指して。ヨーグルトにえごま油を約小さじ一杯入れ始めてから、洋ナシ型の腹のふくらみ具合が引っ込み、その時間差で狸のような腹全体的な膨らみが。そう実は2キロも太ったんですよ、正月で。

恐らく、大丈夫でしょう。このまま出っぱりが引っ込めば、20代の時の元のさやに納まるんで。楽しみだぁ。

お正月休みは、本を読んでました。3日にお参りに行って。こんなお言葉を頂戴して。主人が言うにはいつも猪突猛進過ぎて、適格なお言葉だと申してまして。

▲「加減良く」かぁ。悩める時は、おみくじをどうぞ(!?)


昨年の年末、実は悩めることあってお参りした時、迷いを晴らす神様のお言葉が欲しくておみくじを引いたんですね。そしたらなんと大吉が出て、本当に驚いて。

社労士試験2014が合格後初おみくじを、方々の神社でひいたら、尽く(ことごとく)凶。天狗になってはいけないとの戒めか。そしたら、今回その大吉の意味は何なんだろうか。う~ん、悩める。

結論、気休めだろ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント

北方領土

2018-12-21 06:19:34 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、国際問題として、ロシアプーチン大統領の北方領土に関する日本の対応についてのコメント

「沖縄で行われている一連(在日米軍展開)に関し、どれだけ日本の主権が及ぶのか不明の為、平和条約の締結に関し、懸念を感じている、云々」

に関する報道で、これに関し私が良く分からないのは、プーチン大統領の「日本の主権」の意味するところが、「地方自治の主権」なのか、

はたまた「中央省庁の(決定に関する)主権」なのか、それともよく言われる「主権在民」に関する「日本の主権」なのか、

この「日本の主権」の意味する範囲、含めている内容を、日本としてはどのように受け止めた意味として捉えるべきなのか、

素人感ながら、日本の政府の出方次第で、大きく事が様変わりする気がして、心配。
▲北方領土 日本とロシア

そもそも公務員試験の論文試験で出てきそうな内容(?)かもしれませんけど、地方自治の決定と中央の決定事項がバッティングした時、

甲乙はどのようになるべきなんでしょうね。この場合、地方自治の意向をも汲んで(面子も立てて)、

米軍にいろんな意味で察して頂く、ことができらたら一番いいんですけど。そもそも「察して」頂く以前に、「在日米軍基地」へのモチベーションが高いのは、

日本政府の側なんですかね。恐らくそうですよね。米軍のアジア圏構想に沿って安全を維持するのが望ましい訳ですもんね。対中国の台頭に関しても。

でも、沖縄県の意向としての面子だけでも立てる必要性は、やはり無視できない気がするなぁ。面子の中身が問題なんでしょうね。

でもやっぱり、全くの無視っていうのは、この場合いくら安全構想って言ったって、ちょっと問題ある気がする。

以上、うざいニュース視聴者の東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「国際問題」に関する記事一覧

東京都港区 東京都品川区 社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

STOP IWC脱退

2018-12-20 19:48:25 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、国際問題として、日本政府の「国際捕鯨委員会(IWC)脱退について」を書きたいと思います。

本日のニュースで、このニュースが流れるとまず最初に思ったことは、「脱退」は踏みとどまるべきではないだろうか、ということです。何よりも捕鯨問題の日本の一貫性を維持するために。

というのは、今は確かに日本の立ち位置は国際社会に理解されていないかもしれない。ただしかし、今は、時間を稼ぐべき時間(とき)ではないか、と。

いつか風向きが変わる時が来る。その時を待って時期尚早にも短絡的になってはならないのではないでしょうか。今、このように日本が我慢の子であることは国際社会の誰しもが知る事実。

その立ち位置、その思いをいつか利用できる時が必ず来る。私はそのように信じています。

今脱退して、捕鯨を始めるとすると、国際社会との軋轢は必至です。特に個人レベルでの、人と人とをつなぐ国際的な対人間においても、影響が及ぶかもしれないと。例え今の日本が観光大国ニッポンであっても。

高校時代オーストラリア経由で、留学先のニュージーランドから日本へ帰国時のこと。1泊だけの滞在でブリズベンでのとあるB&Bで皆が集うダイニングでの朝食時、

初老の白人から私が「ジャップめが…」と呼ばわれし時のことを、30年近く前になる出来事ですが、つい昨日のように思いだして。

国際社会の誰しもが認める形で、捕鯨は特に開始するべきだと、私は思います。例えそれが日本の排他的経済水域内だけの捕鯨であっても、すべきではないと。

その風は、必ず吹く。このように苦しい日本の立ち位置を、知らしめれば知らしめるほど、正にその風が吹いたとき追い風になるはず。

▲「準備は万端、後は風待ち」となるまで。


今は、海の環境や環境問題を喫緊の課題として、国際社会の誰しもが日本の血のにじむような努力を認める形を残すよう、何よりもまず努力を重ねるべきときだと、私は思います。クジラがより増えるように、海の環境がより良くなるように。

争いや対立には、平和の心は訪れません。皆が皆平和の心をもって、いろんな決め事を決め、そして守っていけるような、国際社会にしていこうではありませんか?

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「国際問題」に関する記事一覧

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント

就業規則の作成について

2018-12-13 19:19:28 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、社労士の心構えとして就業規則の作成について、書きたいと思います。「常時10人以上の労働者を使用する事業場では必ず就業規則を作成し、労働者代表の意見書を添付して、所轄の労働基準監督署に届け出なければならない」(義務)。

これは、労働基準法89条、90条関係に出てくる内容ですが、この就業規則作成は、社会保険労務士であれば特に、心を込めて作成してくれますが、

私のお薦めは特に新米の社労士ほど、オーソドックスな旬の内容を踏まえた内容のものが上手だと思います。というのも、社労士会で積極的にその内容を踏まえた社労士であれば誰でも失敗が無い技術を教える講習会があるからです。

かくいう私もそこで教わった内容を踏まえ、この「労働者代表の意見書」についての、考察を深めたいと思います。

もちろん、この「労働者代表の意見書」とは、例えば労働組合が無いような従業員が本当に10人前後という会社では、「労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない」ということになります。

「過半数代表者」とは、いかなるものか。専ら民主的な方法で選出された者が「過半数代表者」となります。そこでこの「民主的な方法」で選出されるとは、いかなることなのか。

「挙手」や「回覧」等で選出される方法でも良いと。では「挙手」でいかに選出するのか。やりたい人に手を挙げさせるものであるのか、手を挙げて推薦者の名を挙げてもらうことなのか。

いやいや違うんですよ。民主的な方法とは、要するに「決を採る」ことなのです。「決を採る」こととは何なのか。要するに、従業員一人一人の名前を読み上げ、各の名を読み上げたタイミングで(又は「回覧」として紙に各々の名を書き、一番票が集まったり)、

従業員全員の手が最も多く上がった従業員の名の方が「過半数代表者」になるということなのです。「意見書」のフォーマットは、労働基準監督署のHPでフォーマットがありますから、そのURLをお示しします。

そして、最終的に就業規則作成案を労働基準監督署に届出て、ひとまず残すは、就業規則の社内での運用のみ、の課題をクリアするだけになるのでしょうね。運用での課題も弊社も含め、社労士にご相談くださいね。
▲「ハートのある社労士」って、かっこいい呼び名だな~!

一人で抱え込むより、ちったぁまし、よりはむしろ百人力(!?)とまではいかなくても、人に寄っては友達に毛が生えたぐらいのお役立ち(!?)かもしれないし、

でもそれを最大限上手に引き出すことができるかどうかは、あなた様次第かも(?)しれませんし。全くもって社労士(特に私)の力及ばずかも(!)、しかしそれはほとんどないですよね。ちゃんと社労士試験を合格した人であるなら。

私だって、儲かってない社労士ですけど、お役に立ち方も様々あって、ある社労士では、うまくいく方法が私にはうまくいかなかったり、その逆もしかりだと思っています。皆さまに逆にどういう方法下でお役に立てるかご教示頂きたいですよ。

三流大学卒業の私は、上からの高圧的なアプローチは全く持って効かないと思っています。相手の事業主様の方が学歴的にも上手の方も多いでしょうし、何しろ素のままだと従来の社労士的な説得力に欠けてしまうんで。

ですので、目指すは専ら御用聞きのような、社長に対する選択肢を調べていくつかご用意して、その中でもメリットやデメリット、そしてリスク等をご説明し、ご判断を社長様にゆだねるような、逆にご判断の教えを乞う的な、感じになっちゃいますよね。どうしても。

その中で、中国語でいう値の「讨价还价(駆け引き)」があっても、もういいですよ負けときます!って感じですかね。もちろん、儲けたいという気持ちは無くはないけど、それより

悪く言えば行政の手先のような立ち位置なんで(自分はそのように解釈しています)、お金は事業主から頂きつつも、仕事の中身や仕組み自体を作って頂いているのは行政よってなんで、

いかに事業主様の言葉や思いを行政に伝えたり(専ら私の場合は行政での窓口のみでの申立てなりますが)、それをいかに行政サービスに繋げて頂けるかということが、社労士の最も目指すところなのかなって。

今までのたくさんの良き社労士の先輩方のおかげで、行政の窓口に行くと社労士と名乗るだけで、三流卒の私からは想定しにくい神対応の時もあって、めんくらっちゃうやら(本当は有難いですけど)で。

このような行政からや事業主様からの信頼を裏切らないようにすることが、仕事が無くてもそれだけは死守しなければ。本当大事なんだなって。思っちゃうス、この頃なんですよね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「就業規則」に関する記事一覧
【関連記事】トラスティ有明社労士事務所ブログの中の「社労士の心構え」に関する記事一覧

東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら





コメント

スゴイ無意識

2018-12-10 21:42:01 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

最近のニュースで、フランスのマクロン政権のことが取り上げられていますけど、一言言いたいんですけど、

同じ人間なので、マクロン政権が仏の国政に対して何をしようとしているのか、共感できる部分って、他国の人間でもありうると思うんですよ。

それを各放送局の特色に合わせて、放送して欲しいかなって。どういった歴史的経緯があるから、こんな価値観が蔓延していて、それでどうしようとしていて、各日本の放送局はどの辺に共感しているのか、みたいな。

NHKとかだと、その辺一般性を踏まえた内容にして下さる時もあって、民放だと、七五三のちとせ飴をブツッ、ブツッって、切ったかのような内容の印象が強くて、特にマクロン政権が何をしようとしているのか、

分かりにくい感じがどうしてもしてしまうのは、見ているニュースの時間帯が悪いのかなぁ。確かに夕方の報道では、視聴者のターゲットが違うんですかね。それとも、こんな感じは導入済みで、見ていて理解不足なのは、私だけなのかな。

まっ、一応大東文化大学(三流)卒業の、私のコメントですから、それもあり得ますよね。でも、もしもっとこんな感じになったらニュースがさらに一段とおもしろいかなって感じがしてしまうんですけど。
▲なぞなぞ♡これな~んだ?     答え フランスの国旗

適度に、情報内容に違和感を感じないような報道であれば、いいとは思うんですけど、なんだかしっくりこない感じ。

そうそう、話題は移って、感動した本があるんですよ。それは「なぜかうまくいく人の すごい無意識」梯谷幸司さん著フォレスト出版。

この本のP195~196に、片付けられない人と片付けが得意な人の脳内ストラテジーの違いが書いてあるんですけど、まさに目から鱗が落ちる感じです。片付けられない人、その私ですが、

私の場合は、日常にスポーツをする時間(水泳)をルーティンに組み込むだけで、ほぼ片付けられなさは解消されます。自然に片付けちゃうんで。意識はもちろんあるんですけど無いように、サクッといつの間にかキレイに。

ただ、そのルーティン化が、難問なわけですよ。泳いでいると肌の調子もいいし、頭の中が整理されるんでしょうね。睡眠時間をたっぷりとって、スポーツして、お仕事をしつつ勉強ができて、人のお役に立てていれば、

お役に立ち度合いは人によりけりですけど、究極の人間らしく生きられるって、そんなところにあるのかなって気がしています。そこにギャンブルは、私にとっては自分の人生のギャンブル度合だけで充分かなって。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら





コメント

社会保険導入のすすめ

2018-12-03 18:06:07 | 社会保険の情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

クリスマスも間近に迫って参りました。クリスマスカードもそろそろ準備せねばなりません。

今日は、「社会保険導入のすすめ」として、ホームページ内に主に建設、建築、設備、設計、工事業の事業主の皆さまに向かって、内容を充実させました。

ここには、youtubeにアップさせた、弊社所長、私頼木優子のご挨拶動画もアップ致しました。
▲もうすぐ、クリスマス。ご加入はお済みでしょうか?

動画撮影って、大変ですね。午後中ずっと練習して、スタンバって、あの動画ですからね。日中明るい室内で撮っていたのに、だんだん暗くなって、部屋の電気をつけなければならなくて。

疲れの表情も少し色濃く出ていて、表情筋の動きもちとビミョーですよね。いかに、モデルさんとかマスコミの方がご苦労されているのか、少し理解した気が致しました。

ところで、社会保険の導入についての本題ですが、今行政が、会社様によっては直に社会保険の導入を指導することがあって、特に建設業の中小企業様にとっては、なかなか手痛い指導となっているかもしれません。

それでも、前向きのご加入の話だけでもお尋ねになると、先の先の見通しも立ちやすくなりますし、いずれは避けては通れない登竜門のようなものなので、あらかじめ、

用意周到に心づもりされておくと、来年の見通しも明るく、事実を先に知るという意味で、現実感も一層御社の良きお導きに繋がることと、お察し致します。

私は、特に、建設、建築、設備、設計、工事等事業主様に、元気印のエールを送る意味でも、関わり合いを持ちたいとの思いでいます。

私は、小中学校が公立で育っていますので、当時の同級生が、もしかしたらそちらの方向性にすすんでいる方もおられるかもと思ったり、またこれらの事業主様に対し、

当時の同級生の面影を求めて、何かできないかなぁという心持がとても強いです。もし、弊社でよろしければ、喜んで御社の手となり足となり、行政に綱渡しさせて頂きます。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

今日のニュース 2018/11/23

2018-11-23 12:25:37 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

休日の今日は、こんなに天気がいいのに、気分は良くありません。祝日なのに朝からテレビの報道で悩ましいものばかり。

ドルチェ&ガッバーナ、JALオーバーブッキング、そして米大統領のファーウェイ使用批判?、等々。
▲今日の報道については、テレビからのものですけど…、念のため。

ドルチェ&ガッバーナのステファノ・ガッバーナ氏?の中国の方への失礼な物言いについてなのですが、

NZで教わったことの一つに、相手の物言いや態度などに、逆にこちらがその相手に親切に(返せない)できないような時(怒りを覚える時)には、“Just ignore him(it)”と。

Ignoreとは「無視」という意味ですが、無視しているうちに、自然に任せるだけで相手はいかに愚かな過ちをしたか、知る羽目になることも。もちろん時間差を要しますが。

自分はそれでも中国好きですが、ガッバーナ氏にもつい同情的です。NZでも中国の方への似たような評価も見聞きしました。小4の頃、自分も彼と似たような物言い方だったからこそ、周囲から疎まれていたんだろうかなぁとも。

公人やブランドの看板的存在の方だからこそ、一つの言葉でも際立ってしまうことも確かで、凡人の45歳の私ですら聖人君子ではもちろんないので、様々なことで毒づくこともありあり(🐜🐜)で、

けれど、JALオーバーブッキングのニュースでは、自分が乗客だったら怒りは頂点でも、表立って航空会社に批判的なコメントを言うことは差し控えたいかなぁ。士業として。

なぜなら、自分はどんな時にも、例えば今回のJALのような批判を受けてもおかしくない、脆さや弱さ、おっちょこちょい加減を常に内に秘め持ち合わせている自分全般(私的にも、自職能力のキャパシティの面でも)だし、

どの士業のどなたでも、例えばJALから仕事が来ないとも限らないじゃないですか(!?)。弊社は尤(もっと)も(埃を)叩けば埃がでることも在りありということも在り(🐜アリッ)?。

自分はもちろん今に至っては常に公明正大でいるつもりですが、NZでよく言われました、“Nobody is perfect”と。

あることを毒づいたことで今日最近ですら、恐らくそれを知っているであろうかもの、息子のとあるご近所さんにどう対応しようかと。ホント、自分を呪いたい、と思うことも。

そうは言っても、国民性の抗議表明として他国の国旗に火をつけてみたり、今回ガッバーナ氏のであれば作った様々な工程の労働者の心が入るモノ(商品)に、怒りをぶつけ(表現す)るのは、

なんだかすごくそれを作った様々な国のすべての労働者が報われない気がして、テレビで見ていて、それは実はとても悲しいことですよね。そう思いませんか?

米大統領の、米国の知的財産の中国への流出についての危惧なのですが、

それを防ぐことは最も大事でしょうが、もし防げないとしたら、双方共により高め合う、そしてさらにより良い製品づくりの場で競い合うという方向へ、つなげるべきなのではないかと。

技術が流出した結果、さらに素晴らしい製品や作品が生まれたら、それこそ人類の発展の進歩と言えるのではないかと思えませんでしょうか。それが例え自国の成果でなくとも、さらにその上を目指せるのでは、と。

一国の突出した発展だけではなく、グローバルに助けられるものは助け、競い合うことで助けることに繋がるのであれば競い合うのもよし、それぞれができることでの貢献で、多くの国の方々がその発展形の中で

それによって住みよい毎日が保障され、日常の些細な幸福感の連なりが個々の自分を満たすようであれば、それ以上の何を望むべきなのでしょうか。

どんな国の国民でも、例え海亀でも、他国で受けたご恩は決して忘れることはできないはず、と思いマス。もし自分が海亀だったら、自らを否定したくない為に、他国で受けた財産的恩恵をも否定しないはず。もっと長い目で捉えてみては、如何かと。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

長寿を目指して~歯の健康編2~

2018-11-18 14:35:59 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「長寿を目指して~歯の健康編2~」と称して、歯の健康についてのその後を書きたいと思います。

実は、予防歯科に通いおよそ2年前後経った今日、私の事業収入が乏しい為、予防歯科を断念せざる得なくなりました。何しろ健康保険が利きませんから。

そして、Y先生の下へ戻ったのです。そうです、予防歯科に通う前13年間もお世話になったY先生の下へ。詳しくは、「長寿を目指して~歯の健康編~」へ。

初めて、Y先生の個人の歯科クリニックに足を運んだのが、先週の金曜日。今までY先生は、総合病院の歯科の一角で診て頂いており恐らく今は、本業のクリニックに一本化にされているのでしょうか。

予約時間に伺ってみると、小さなエントランスには、2階の天井まで続く大きく吹き抜けた窓から陽が燦燦と入り、その下受付には、大輪のユリの花が大きく一輪それを囲う生花の花束が花瓶に生けられ、
▲冬の気配の足音を、キリギリス気分の私は耳を澄まして聞き耳立てて(誰か俳句にして!)

お手洗いもモスグリーンで統一されたどこか懐かしいようなトイレで、そこにはY先生らしいこじんまりした、地域の人に親しまれている町医者の姿を垣間見れる、そんな気配がありました。

診察室に通されて、先生と言葉を交わしても、どこか言葉少なで、まるで13年連れ添った元夫に、舞い戻った元妻のようなそんな錯覚を起こしそうな、そんな間を感じつつ、気の利いた言葉も出ません。

確かに新進気鋭の若い歯科医が揃う予防歯科では、手もしなやかな若い女性の歯科衛生士が歯垢を取り除いてくれますが、50代半ば?の男性のY先生のクリニックでは、役割もコンセプトももちろん違います。

それでも、よくやってくださって。「次回も、絶対来て…、」と先生が診察の最後に空元気のように問いかけ急にトーンが下がり、その言葉の先に迷いやためらいを感じ、「はい!」と元気よく応えるのが、精一杯の私です。

昨晩分の歯ブラシ習慣は、今朝4時前後に。昨晩食べた餃子臭さに目が覚めた2時から、ずぼらにもその時間まで自分のブログを読んでいて、これじゃ益々歯茎が痩せちゃうと自覚はありつつも、

ブログ内に綴った過去の思い出の中にどこか今も生きている自分に浸かって、時間を過ごしてしまう愚かさに、どうか天罰が降(くだ)らないように、皆さま一緒に祈ってもらえませんか。お願いします。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

健康診断2018

2018-11-16 16:56:46 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日も、一週間お疲れ様でございます。実は昨日健康診断に行ったんです。

最初の受付で名前を名乗るんですけど、その健診センターはたまたま多くの座席の位置が、その受付を背面にして座る構成で、30席ぐらいありました。結構な若い男性が多く座っていて、18人前後いたでしょうか。

そこで、「●木です。」と私が名乗ったところ、小声だったのか受付の女性がまた面白い方で、いぶかし気に「剛力さまですか?」と逆質問があったわけです。いくらダテ眼鏡をかけ、同じ「き」でも、

(「へっ?」と、剣道の一本入る出小手を不意に打たれたかのような、恐らく下手くそが感じる最初の不思議な感覚を味わいつつも)、慌てて「頼木ですけど」と名乗ったのですが、なんだか後から可笑しくなっちゃって。
▲皆さま、健康診断大事ですよ💓

仮に静まり返ったその室内で「そうです」と答えていたら、そこにおられた18名中いったい何人の方が、振返ってお顔拝見!としたのだろうか、と思うと不思議に面白可笑(おもしろおか)しくなっちゃって。

でもでも、そもそも名乗った時点で、本当はきちがいの「き」印で頭のおかしい人が「剛力(彩芽さん日本のアイドル)です」と名乗ったのかなと、思われて(尋ね)たのかなと逆に内心心配になったりもして。

思わず自分の身支度は、どんなだったかなと考えこんじゃったり。(今振り返っても)決して逸脱した服装ではなかったかと。

その健診センターでは、雰囲気がすごく良くて、院長先生からして、ははぁ、なるほど恐らくこの方がこれら受付や職員の方を雇ったんだなと思われるような、人選のスタッフの方々が多くて。

例えば胃の検査では、その職員の方のバリウムの飲ませ方が本当にお上手で、炭酸の発泡剤?もジュースもとっても美味しくって。アッと言う間に終わってしまいました。よくよく聞くとやはり薬剤の飲ませ方の上手下手が腕の見せ所なんですって。

因みに午前中は、取引先の社長から、「午後から健診なんですよ」と伝えたところ、700ml(大容量!)の商売の商品の一つであるペットボトルの水を賜り、おかげで本当に今日はカイチョーで大助かりでした。ありがとうございます!

健診センターでは、食事券1,000円分まで頂戴し、それは主人のお土産にしましたぁ!主人はこういう紙で集めるちまちましたお得感が、大好きで(財布から溢れるように持っていて、私もその恩恵に預かったり)。本当に苦労をかけております。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

すべての方の幸福を求めて2

2018-11-07 18:11:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、先日掲載した「すべての方の幸福を求めて(https://blog.goo.ne.jp/528907/e/579c339db8cc9d9f2c9fc8337547cb8a)」と題して、エスカレーターの乗り方について書きましたが、それについて直近のこの話題の考察を書きたいと思います。

本日夕方NHK「ニュースシブ5時」を見ていたところ、エスカレーターの乗り方についての放送がありました。
▲エスカレーター、みなで乗ろうよ、事故もなく。

①そもそもエスカレーターの製造元の推奨自体が、エスカレーターとはすべての人が立ち止まって乗るものとして、企画製造されそして今もってそれを推奨したるものであること。

②実際運用されて、直近平成25年~26年調査でのエスカレーターの事故件数(全国?都内?)は、約1500件に近い数字が記録として残り、

かつうち乗り方不良の理由による(例えば、接触とか)ものが882件の大半を占め、(非日常の災害事故を問う以前に)日常での実際差し迫った誰でも起こり得る事故が起きていること。

そして、何より高齢者、障がい者の方々を始め安全を脅かす不便不自由さを語る心配事の一つになっていること。

③実際すべての人が両側立ち止まりの場合と、片側は歩行で(もう片側は立ち止まり)の場合との、人がはける時間速度を計測したところ、

両側立ち止まりの方が、なんと46秒はけるのが早い(エスカレーターの速度は一般的な基準の速度で、かつ長さ30mのエスカレーターを双方測定し確か7分近くの走行時間になる、その差が以上の)結果になっていること。

つまり、エスカレーター片側歩行者が一人でも出ることによって、運用(運行)速度が全体として遅くなる(失速する)構造の結果が出ているという事実。

ということで、将棋(ドミノ)倒しを心配する人は、そもそも階段を使いましょうよ、と(これ私の意見)。

皆が皆に優しい社会であるといいですよね。ちょうど皆が皆実際アクションを起こせるタイミングは、ズバリ「今でしょっ!」。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント

アンチ現代

2018-11-05 22:38:10 | 掃除
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「アンチ現代」について、書きたいと思います。

その前に、今一番やりたいこと。それは①労基法のコンメンタールの読み②中国語のNHKテキストレベルアップ中国語の音読③実践ビジネス英語の音読(これもNHK出版)。

これだけ。TOEICの問題集とか、今までは資格に当てはめて、そこからと考えていましたが、それももう要らないと思って。

人に見せる形に残らない方が、むしろ都合がいいやと。今のままで、勝負する。

「アンチ現代」として、まず皆さまお尋ねしますが、洗濯はご自分でされます?うちの洗濯機はとても古くて主人の独身時代に他から譲って頂いたものをいまだ私が使っているんですね。

それもあるし、私の母は母で、ワイシャツなどは必ず汚れ部分を手洗いしてから、洗濯機で洗う流れでやれ、といまだにうるさく言うんです。
▲今日の私のBGMは、「ネバーエンディングストーリー」、「スタンドバイミー」、そして「戦場のメリークリスマス」です。


下着も一日単位で手洗いしてきちっと毎日干して、あなたの曾お祖母さん(三度結婚、うち二回略奪婚の、そうあの方です)もきちっとそうして、その後彼女は、朝陽にパチッパチッと柏を打って願掛けて、と。

私は洗濯板を使っているんですが、今は優れた洗濯板が売っていて(結構お高いんですけど)、下着なんか最たるもので(私の場合最終的に下着を充分溜め込んで、今日数えたらアンダーがトータル21枚‼(#^.^#))、

贅沢に牛乳石鹸を使って、石鹸を生地に付けてから、洗濯板に2~3回ゴシゴシと生地を擦(す)りつけこする、それからポイッポイッと流れ作業的に泡が付いたままネットに入れて、ガーッと洗濯機で回すと。

すっかりきれいになります。主人と子供らのは、自主性に任せただ洗濯機の中にポイッと突っ込むだけ(言うまでもなく、洗濯板は使わず)。Easy Peasy とは、言えない家事すべて。

皆さま、お時間です。やりたい気持ちの機が熟するのはもうすぐかな。勉強、楽しいなぁ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント