東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

万里の長城

2021-04-26 01:07:23 | 中国語社労士
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「万里の長城」について、書きたいと思います。

私が高校留学をニュージーランドの北島、ダネバークという地域の、ダネバーク高校にしていたことは、以前書いた通りです。

つい先日ふと気付いたんです。留学中日本の自宅から送ってもらって、ドミトリーの壁にかけていた「万里の長城」のタペストリーは、どうしたんだろう、と。

「万里の長城」のタペストリーは、それは豪華な生地感のもので、もちろん私の伯父の一人が中国訪問中に購入したもの、私の母方の私の祖父母に贈ったものなのですが、

私はどうしてもと言って、寮の自らの部屋に飾りたくて、暫く飾っていたはずなんです。高校生の個人の寮室としては、とても華美に映ったかもしれませんが…。

ところがある日忽然と姿を消して、なぜかニュージーランドにベトナム難民としてお住まいのご家庭に伺ったときに、それそっくり同じものが壁に掛かっていたんですよ。

もちろん、その時も何の疑いもなく何故か時を過ごしていました。ただ、帰国後自宅にあるはずのそのタペストリーは勿論無く、送ってもらってNZの部屋に飾った記憶はあるのに、

その後の記憶が何故か無い、それで差し上げた覚えもないご家庭に飾ってあったのは、あれは何なのか、何故なのか。
▲万里の長城 Great Wall

例の当時の寮長先生のご主人が何か握っているのは、間違いないと思うのです。何故なら部屋に入れる権利があるのは、当時から限られた人だけだったからです。

今から考えると寮長先生のご主人はめちゃくちゃな人だったなぁと思うんですよ。男子寮の男子一人に女子寮の入る鍵を渡し、私の隣のブース(部屋)の女の子とその男の子は、

夜中にその場所で男女の関係性を大っぴらに、つまり夫婦関係もどきの関係性(having a sex)を、つまり隣で私は全て聞こえるのに、やっていたんですから。

男女の二人の名前も言えますよ、寮長先生もそのご主人の名前も。許せない。

どうか本当に返してほしい。中国の「万里の長城」のタペストリーを。日本人の私が何故ニュージーランドで「万里の長城」なのか。

それは、私は誰が何と言おうとも、中国が大好きだからです。

それが確認できたということと、ようやく分かりました、何故あれほどベトナム難民のご兄弟が、私にあんなにも親切だったのかその理由が…。もうこの事は結構です。(於:2021/05/03)

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

商習慣

2021-04-10 20:03:56 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、日本の「商習慣」について、書きたいと思います。

昨日、巷の話で申し訳ないのですが、品川プリンスホテルの入り口のところで、WiMaxキャンペーンをやっていたんです。

かわいい若い女の子が話しかけてきて、WIFIの子機(端末?)代無料で通信料月5千円前後、だけ(?!)の3年契約縛りの加入を勧めて来たんです。

つい乗っかって、契約書にサインの2カ所書いたところで、事情があって慌てて契約はやはりしないことにする、と私はしました。ところが担当者は、何度掛け合ってもそれはどうしても出来ない、

8日以内のクーリングオフを使って、3千円だけ手数料を払ってキャンセルしてください、とのこと。大元の責任者と話したいとの私の訴えに、先方の責任者が電話に出てくれないから、

私に担当者の自前の現金3千円を握らせるから、それで後日キャンセルしてくれとのやり取りの末、結局担当者がかわいそうに思い、

3千円はもちろん受け取らず(現金を受け取る…?、I'm horrified!! )結局契約を飲み、子機を持ち帰りました。

▲「ススキ、ススキ、おまえの傍(そば)から、愛はどんどん逃げていくよ。そして、その綿毛のような花がなくなると…、~♬」、(1983年埼玉県坂戸小学校内、小4、合唱コンクールの曲「ススキ」より)


キャンペーンは本当は昨日までで終了と聞かされていましたが、今日通りかかったら、なんとキャンペーンは継続中。そうなんだよなぁ、所詮日本の商習慣って、こんなもんなんだよなぁ。

こんなことをここに書いたところで、どうだってことは何もないです。学生の頃、詐欺まがいや騙す騙される的なこと?は、決して人類において消え失せない、

なぜなら人間の性への弱さがある限り、無くなることはない、と悟ったように言われたことがありました。そうとも言えるし、そんなことは所詮どうでもよいことで…?、そこは、つまりポイントではなく、

重要なことは自分だけは、可能な限りを尽くして真似しないでおこうって、ただそれだけです。

※契約書にサインする時は、説明の都度にサインを箇所するのではなく、説明をすべて聞いて、サイン行為だけ説明後の最後に残し、文書に全て目を通してから、最後の行為として、注意をもってサインをする、用心深さが必要です。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする