東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

キーパソン、フェリーマーに

2020-02-24 20:55:41 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、私のインスタにもアップした通り、「CATS」の映画を観て来ました。そこで、一度だけ参加した私の留学時代学年末に行われるボールパーティ(ダンスパーティ)について、書きたいと思います。

この「CATS」の映画で、私の雄猫(男性)タイプというのは、キーパソンになり得るマジシャンの名は確かフェリーマーです。シーンでは、独壇場で手品で稲妻を起こし、人知れず威圧感をシニア猫の為に尽くすところが感じがいいです。

見返りを求めないこの雄猫の場面イメージはNZerに被るところがあります。特に学生時代同学年のカエリブ君は、その優しさという面で私にとって彼そのもののように感じました。
▲ミラーボール、きれいですね。

ところで、ボールパーティの話ですが、ボールでは、男女対になって参加するのが通例ではあったようなのです。実は、私はカエリブ君にご一緒にどうか尋ねます。

ところが断られます。そして、もう2-3人男友達にお声を掛けます。ところがその全員から断られます。そして、最後は女友達との集団参加という形で参加し(ダンス自体は、私に限らず皆男女混合不特定多数同志になって最後は終了)、

当日は別の男友達と、写真にだけは二人だけで何とか記念におさまります。その写真の彼は、とても私の恋焦がれた男の子でしたが、結局片想いで終わりました。

カエリブ君は、何だったのかと言うと、彼のことは私にとって友達以上だったかもしれませんが、それ以上の関係性は今から思うとべブさんと彼の父を交え仲違いでは無いが彼らの関係性の中で、彼女がそこから先を良しとしなかったように思います。

皆様もティーンがどのようかご存知でしょう?心は異性に敏感でその中でとても揺れ動くし、今もそうですが、身近な者の意見が心の大きな位置を占めます。カエリブとは、

Outdoor Educationでキャンプがあれば都度一緒だし、Dramaのクラスではお互いにお互いの演技を他の皆と同様起爆剤にして楽しみ。

私の元主人と似ているところも彼には、あるかもしれません。カエリブには、私のことを若草物語(Little Women:Louisa May Alcott)風に「ジョー」と呼んでもらったり(して周囲には中傷気味に笑われやめましたが)、

本当に目立たない、派手さを求めない、慎ましいそんな青年です。つまり、心が広く、シニアを敬い心から優しく、文学的な面も好み、そしていわゆる片田舎の純粋なカントリーボーイですね。どうしているかな。

かと言って、私が彼と付き合っていた事実はありません。私は結局約2年の留学期間を通して、日本の高校2年生の夏休み初めてのNZホームスティで出来たNZerの彼氏を除けば、特定のボーイフレンドはいません。

そろそろモテない私の話はこれくらいにして、久しぶりに洋画の映画を観て、あれこれ人間模様を思い出しました。今日もお風呂で、「Pokarikariana(ポカリカリアナ)」のマオリ語の歌でも歌おうかな。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

LOVERであり、親友

2020-02-17 21:10:53 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

今日は、なんとなく最近感じていることを書きたいと思います。

皆さま、よく年を重ねて独身でいたりすると、もうすでにいい女/男(ひと)には、いい男/女(ひと)がついているから…、とか思ったりすることありませんか?

私自身、結婚してみて分かったことなんですけど、結婚すると心の安定感が独身の頃と全く違うと思うんですね。独身時代どこかくすぶった人のように見られていても、
▲もうすぐお雛様ですね。お祝いしましょうよ。

結婚を機に、パッと花が咲いたような垢ぬけた本来の個性の表出として、人間関係を築けることも多いにあるのではないかと思うのです。

逆に、長年の伴侶を失ったときの喪失感は、全く逆作用として、委縮した個性が表現されることもあるでしょう。

あの人素敵だなって、思われる人は、そういった心の安定を、伴侶からそして家族からも得ている可能性が高いと思います。

今、あなたの身近にいる方で、あの方独身だけどあか抜けないし、どこか野暮ったい、欠点ばかり目につくこともあって、敬遠気味の方も居られるかもしれませんよね。

しかし、それはあながち良いチャンスかもしれませんよ。相手の洋服、身なり、住む場所は、これからあなたがいかようにも左右できます。その方の本来の姿は本当はどうなのか。

嫉妬深いのか、ドメスティックバイオレンスをしそうな傾向があるのか、子供に手をあげそうな人なのか、弱者に対してはどのような態度なのか。そして、異性に対してズルいところはないかどうか。

お互いに幸せであれば、顔立ちも相応に変化するものです。お互いの伴侶として、トレードオフの関係性があるのは否めない事実ですが、どのような夫婦の形であれ、どんな相手を選んでも、

大方自分が選んだ人であれば、ハズレではないはず、つまり究極どの方を選んでも大きく外れることは無いのではないかと(あまり大差ないと)思うんですよ、特にここ最近。

それよりは一緒にいて、長年一緒にいると顔立ちなんかも似てきて、お互い空気みたいな存在で、LOVER(訳:愛人)であり、そして唯一無二の親友でもあり…、みたいなそんな関係性って、どれだけ素敵だと思いませんか?

皆様は、どのように思われます?隣の芝生はいつでも、青く見えるものです。幸せを祈っています。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ対策助成金のご案内

2020-02-16 20:16:31 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

今日は、新型コロナウィルス対策助成金について、書きたいと思います。皆さま、新型コロナウィルス感染事案によって、大変な損害を被っておられませんか?

この助成金は、「雇用調整助成金の特例」と言います。そもそも雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものです。特に

このように新型コロナウィルスによって、利益が見込めない為に、例えば労働者の休業を余儀なくされ、それによって従業員に「休業手当(平均賃金の6割補償)」の補償を迫られ、その対応を取らざるを得ない事業主の皆様は特例の対象になります。

この「雇用調整助成金の特例」の目安は、日本・中国間の人の往来の急減により影響を受ける事業主であって、中国(人)関係の売上高や客数、件数が全売上高等の一定割合(10%)以上減である事業主様が対象です。
▲手洗い、マスク激行は必須の時期ですね。

<「影響を受ける」事業主の例>
・ 中国人観光客の宿泊が無くなった旅館・ホテル
・ 中国からのツアーがキャンセルとなった観光バス会社等
・ 中国向けツアーの取扱いができなくなった旅行会社

特例措置の内容は、休業等の初日が、令和2年1月24日から令和2年7月23日までの場合に適用です。助成額は、中小企業の場合休業を実施した場合の

休業手当の2/3(対象労働者1人1日当たり 8,335円が上限⦅令和元年8月1日現在⦆)から、場合により弊社代行手続費用を差し引いた額です。

仮に上限の8,335円×延べ休業日数(仮に20日)×従業員5名=833,500円、うち例えば弊社代行手数料10%(▲83,350)を差し引いても、計算上は750,150円手元に残ることになります。

そこで、弊社は、お困りの中小事業主の皆様に、この助成金申請手続きの代理を、特別価格でご提供させて頂くことに致します。費用は、ビックカメラ方式?で、一都三県のうちのどこの社労士事務所よりも安く、ご提示頂く例示ホームページ価格より

さらに安い金額で、承ります。その代わり、御社と弊社ともに真偽誠実の原則に則り、すべての手続を遂行することや、それに反する内容や、助成金請求一般に原則応じられない事項をお抱えの事業主様、そして

御社と弊社との間に争いが生じやすいケースの場合は、お断りさせて頂く場合もございます。まずは、お問合せ頂いて、承るのは先着3件様までになりますので、よろしくご利用ください。

まずは「雇用調整助成金の特例」について弊社HPお問合せページからでも、メールでもお問合せ、お待ちしています。
また、社労士会でも雇用調整助成金ホットラインを開設しています。詳細はこちらです。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

添い遂げたい想い

2020-02-15 01:52:00 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

今日は、こみ上げてくる想いを綴りたいと思います。普段から社労士としてもダメダメな私ではあるのですが、この仕事をしていて一つ楽しみにしていることがあります。

それは、職業柄中小企業の社長さんとお会いすることです。契約に結びつこうとつかまいと、お会いするまでのわくわく感、高揚感はたまらないものがあります。もちろん契約に結び付くことは望ましい事ではあるのですが。

幼い頃から、伯父が中小企業の社長をしていたこともあり、その伯父を観察するのが好きでした。たわいもない電車に乗るために切符を購入したら、その券売機から出てくるおつりも必ず受け取るんだな、社長と言えども。

なんて、そんなことすら驚きの私だったのですが、それを伯父に指摘したら「当たり前だろ‼」と一喝。それでもめげない観察眼の私なのです。

なぜ、社長とお会いするのが好きなのか。それは、社長さんの思っている熱い想いに同化したい、その願いを一緒に添い遂げたい、そんな気持ち、そしてあわよくばその稼ぎたいという熱い情熱に感化したいからだと思うんです。

お金に執着があまり無い私で、お金に関してはとてもなよなよしている感じなんですよね、昔から。正しく、面白く、そして世の中の役に立つ方法で稼ぎたい、と思うとそんな稼ぎ方あるんかい!と、ドつかれそうですよね。
▲そろそろ、工事現場の副業も?(そこまで分野違いなことは致しません)

もっと、たくましくお金を稼ぎたい、(勉強ばかりでなく…)、そんなエンドレスな思いで、今宵も寝付くとしようかな。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020年のタイトル

2020-02-09 21:04:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

2020年の今年、ご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年はすでにスタートしましたが、年明け早々に『大失態』をしでかし、反省の極みにおります私でございます。それ以外にも、

先日、港支部社労士会の関係で自民党の区議のパーティーに参加したのですが、パーティー会場に持ち込んだバックの中に、いつも持ち歩いている防犯ベルを入れ込んでいることに途中で気付き、

あれって、間違って鳴り響くことがあるんですよね、それで間違っても会場で防犯ベルが鳴ってはいけないと始終気になって、持ち込みショルダーバックを開けることを避けるように努めたり。

結果、何事も無く済んだのですが、今回に限らず何が起こっても、実は本当は最終的に自分が望んだ方向性になっていく気はしていて、その場その場の断片を取り上げると、なんとも後味の悪い、嫌~なそんな感が否めない私なのです。

今年は、実は手品でも安価な方法で習おうかなって思っていて、福祉の大学にも復学して、それと共にまだ来ぬお客を相手にして、セミナーや異業種交流会に時々参加して、そしてyoutubeにもアップして、そんな感できっと一年が終わってしまいますね。

スポーツは、水泳のマスターズ、空手、できたらバレエ、の三本柱ですかね。剣道は息子が止めて、娘も多分付き添えない為剣道はやれないでしょう。その代わり娘には空手で。私の素振りは空手の中段突きでカバー?
▲神のおことば「明日がある」。実に身に染みるおことばで。

そんなこんなで、年老いていくんでしょうね。本日おみくじを引いたら、「明日がある」か。明日のまた明日には、良いこともあるんでしょう。そんな希望に燃えた自分に翌朝にはなっているんで。今日は皆さまもお疲れでしょう。お身体大事にしてくださいね。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

上記の関連ブログ: キーワード『おみくじ


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

袋帯は、今いずこ?

2020-02-02 06:58:23 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木(塩田)優子です。

今日は、祖母の思い出を書きたいと思います。祖母は以前華道池坊の先生だったことを、書いたことがありました。そこで母方の祖母の、今覚えていること母から聞いたことを残しておきたいと思います。

祖母は、私が祖父母と暮らした坂戸の家の時には、すでに先生はしておらず、近所を含めそれを知っているのは親類家族だけだと思います。

いつ先生をやめたのか定かでは無いのですが、当時の家には当時からして先生をしていた頃の格式ある木調の看板が残っていました。

その看板には、祖母の先生当時の名として「岡部かよ」とあり、師事した先生の名は、男性の鳥居先生。「岡部かよ」という名は、私の曾お祖母さんが、三度結婚して、二番目の結婚で、祖母を末っ子として生みまして。
▲写真ACより

「岡部」という苗字は、大正から昭和初期時代かけて当時炭問屋?をしていた私の曾お祖父さんにあたる方の名を名乗ったことによります。

「かよ」は昔の風習で名乗った名前。当時聞いた限りでは、東京の大森に在住していて、そこで池坊の師事を仰いだということでした。

私自身は、お花の知識は全く身に付けなかったのですが、坂戸の家には、造花と生花混合にして生けたお花を始終飾っていて(生花は高価で低廉の生活の為)、

それがとかく私には風変りに見え、忌み嫌っておりました。それを美しいと感じられる心が無かったように思います。今多に、花器だけが残り、花も添えられず、なんとももの悲しいものがあります。

別件ですが、私の成人式での振袖を着た時の帯は、曾お祖母さんから引き継いだ袋帯で、前回のブログに書いた中学生時のあの先生が、成人式の時に来ていらしていて、その帯を見て大変感心してくださっていた様子に、本当に鼻高々の意気揚々の(ほくそ笑んだ)私でした。

因みにその時着用した振袖自体は、川越の着物問屋?古着屋?さんから購入の中古の振袖で、どなたかのお古なんですけどね。それは、結局年下の従妹が成人式でまた引き継いだようで、帯も今は従妹が持ってるのかなぁ。どうなんだろ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

上記の関連ブログ:キーワード『池坊』、『中学時代の先生


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする