東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

百円の使い方

2019-09-29 08:28:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「百円の使い方」について、書きたいと思います。

今では、缶ジュースも百円では買えませんが、私が幼い頃は百円でした。私の幼い頃(現在45歳)は、この百円ジュースは決して手に入らない代物でした。

周囲の友達が皆でこぞって自動販売機で購入している時すら、自分はただ見ているだけ。それは母の意向でした。母子家庭故のこともあったのか、何か理由があるようでした。なぜかと聞くと、今でも虫歯になるしとだけは答えるのですが。

この百円の代物への使い方への考え方は、他の人々はどんなんなのだろうか、というのが当時、一戸建てに住んでいた私の興味関心事でした。
▲百円は、約1ドル前後と計算すると分かり易いですよね?

ある時、●●ハイツと言われる11階建ての駅前に建っている(結構賃貸のお家賃高め当時確か)マンションに住むあまり親しみの無い友人のお母さんから、缶ジュースをその場の購入で渡されました。

当時のその時の驚きは、非常に大きなものでした。見も知らぬ私にこんなに手軽に百円を使い渡すのか、と。

そして、ある時は近所のやはり一戸建てに住む後に民生委員をされた方で当時の友人のお母さんに夜分に偶然居合わせると、ちょうどその方の自宅前にある自動販売機で湯上りにジュースを購入したところでした。

そのジュースを、祖父母に持って行って、と渡されます。その時も驚きです。うちでは、量の割には単価の高い缶ジュースを家の前であれ、いかなる理由があろうと決して購入することは許されなかったから。

そして、開成に行った従兄の家では、ジュースはジャブジャブで、でもいつも持ち歩いていたのかなぁ、とにかくこだわりはそんな事には全くありませんでした。

当時私の習い事も今のようにお高くは無かったとは思いますが、ピアノ、スイミング、塾、バレエ、剣道、書道、後にバレエとスイミングはシンクロナイズドスイミング(アーティステックスイミング)にとって代わり、と。

そして、高校は私立、大学も私立、そして高校時代は留学(留学は母が直接業者を通さす学校と交渉しマージン分無く達成)。もちろん、母は二つの仕事を土日も無く掛け持ちで。

訪問した事業主様から、250mlのペットボトルのお茶が出た時、今でもそのうれしさは、当時の百円の缶ジュースを頂いた時以上に噛みしめるような格別な喜びの私です。

今の私の百円の使い方はどのようかというと、すべてご想像にお任せしましょう。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人魚姫vs王子

2019-09-23 04:49:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

皆さま、人魚姫の話はご存知ですよね?デンマークのアンデルセン作の童話です。あの悲しい話、どう思います?

自分(私)は、幼い頃から親しんだこの物語に強く感じていたことは、人魚姫のような水の泡になるような人生は決して送らない、という堅い決意でした。

王子を恋焦がれるあまりに声を失う代わりに足をもらい、そして恋が成就しなれければ水の泡になってしまう、そんな選択肢はそもそも選ばず、人魚のまま人生を送るというのが、私のお決まり。

恋焦がれる自分の心を追い出しても、そのような幸せを絶対選ぶと、自らの恋の回数の多さ故に、自負まである今もそうです。

そして、一方でもし王子がそんな人魚姫の本来の一切の事情を仮に知ったとしたら、王子は人魚姫を妃に選んだのでしょうか。皆さまが王子だったら、どう思いますか?
▲コペンハーゲンにある人魚姫像

王子は、一国の主になる身です。責任も自分の役割も充分承知していることでしょう。そもそも王子は人魚姫に、彼女が王子に感じるように、彼女に恋し?

人魚姫の一切の事情を知ったら、恐らく人魚姫を好きになってしまうでしょうね。そんな気がします。それが人間の情ってものかもしれませんよね。今の世相を反映すると、特に。

それこそが「理屈ではない愛する気持ち」に繋がりハッピーエンドかな。普通はね。でも、そこからとんでもない不幸や試練が生じそうな感じ。飢饉とか、戦争とか。一般的にはですよ。

飢饉とか、戦争が起こっても、二人で乗り越えればいいのかな。でも一般の人々はたまったもんじゃないですよね。文句も言いたくなりますよ。ブー、ブー。

まっ、どうでもいいですよね、こんな話は。よしましょ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誰からも好かれたい病

2019-09-23 03:36:24 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、誰からも好かれたいと願い悩む時、必見の内容にしたいと思います。

かつての私の日本での高校時代、そして時に自分なりに八頭身美人をすべての面で(八方美人?)臨むことがありました。もちろん、そんなうまくいくわけはありませんが、そこで思い悩む十代の自分がいました。

そんな時、かつて読んだことがあって、その当時は意味を成さない内容だったのですが、今読み直してみると多くにハッと気付かされる、そんな本に出会いました。

それは、ヘルマン・ヘッセの『アウグストゥス』というショートストーリーです。私が手に取ったのは、「世界の名作ショートストーリー」ヘルマン・ヘッセ 子ども時代より 木本栄氏〔訳〕理論社。
▲さぁ、ちょっと椅子に腰かけて、読んでみませんか?

児童書として、図書館で借りた本です。どうぞお手に取ってみてください。何かの心の栄養になってくれるような本ですから。

この短編『アウグストゥス』では、誰からも好かれる因縁をもったアウグストゥスの人生をたどるのですが、決してそのようになっても、ある意味幸せとは呼べない人生を送ることになるであろう、

そんな内容なのです。それは、一つの真実を突いた内容であって、幸せとは何なのかということを自分に問うてくれる、有難い内容だと私は思います。

ここでも傍らに、神の存在が散りばめられている気がしてならないのですが、人生起こり得るすべてが必然で、本人にカスタマイズされた試練が起こり得るのが人生なのかなぁと感じます。

そこで不義理を欠けば、神は何かをお示しになるような、それが神の存在故なのか、いや違うのか、そんなことを鬱々と考えてしまう私です。

そんな時「God Only Knows」for KING & COUNTRY氏の曲を聴き慰む私です。皆さまもどうぞ。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

関連記事当ブログ内「」に関する記事一覧


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鉛筆の芯

2019-09-15 12:24:53 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「鉛筆の芯が刺さった時」について、書きたいと思います。

私の息子が5歳前後の時に、誤って私の喉元の顔に近い所にシャーペンの芯を刺し、皮膚表面から刺さった芯が黒く見える状態が2~3年続きました。

かなり経ってから皮膚科で芯を取り除くのに1万円前後掛かる見込みを知り、喉元ということもあってやはり慎重さを期し、どうにも手術に踏み切れずに月日が経過して。

娘は娘で、兄弟げんかの果てにやはり息子から鉛筆の芯をお尻のやや上に刺され、3か月後に受診し皮膚科で手術でそれを除去してもらいましたが、

鉛筆の黒い跡が残り、何年も経過した今でも黒アザのような黒さが残る感じです(まずは刺さったら幼いお子さんの場合は医療費無料ですし、迅速に皮膚科の受診は必須です)。

私は芯が刺さった後も、いつ頃から開始したか不明ですが、ある美容関係の本の紹介で喉元には美容液をたっぷり就寝前に一度塗る習慣がついていて。

美容液でもお店で一番安価で、家計に負担にならないものを選び(顔の美容液は別物ですが安価近いものを使っています)、喉元全体に塗布し続けて、かれこれどれぐらい経ったでしょうか。

▲この美容液を喉元に現在も使っています(定価1,200円+税)。背景の柄:Francfrancさんのお店の紙袋柄を使用


昨年かなぁ、その芯部分が盛り上がってきて、指でポロっと芯が取れて、手術することもなく、黒アザになることもなく、心配の種の一つが無くなりました(何の成分がそのようにさせたのかは、不明です)。

確かに、ニキビ跡のような毛穴のような若干の穴はよく見ると分かりますが、ほぼ原状復帰の状態です。本当に良かった~と思って、皆さんとシェアしたくて、このようにアップしました。

兄弟のお子さんがおられる方は、喧嘩には本当に困りますよね。二次被害を親が被ったりと、眉間のシワも増えますわよ。以上の対処法は、もしかしたら「おまじない療法」と揶揄されても仕方ありませんが、ご参考まで。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「日韓」そして「中国」

2019-09-09 20:57:12 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「日韓関係」そして「中国」について、書きたいと思います。

今まで、過去の戦争の傷跡によって、いつも左右される日韓関係ですが、最近思うんです。韓国政府の過去の日韓関係の戦争観について、捨てきれない日本への思いっていうのは、

何かに操られている部分もあるのでは、って。例えば、被害国間での共通意識同盟みたいな、そんな認識の共有を政治的に妨げて欲しくない、と思っている国が対面的には出さないけれどあるのかな、とか。

その繋がりを断たなければ、永遠にこのままいつまでも、いつもの問題(徴用工や慰安婦問題の賠償金等)が浮上することになるのかなって。

仮にそうだとして私は、その繋がりを断つ名案があるのですが、今このご時世にそんなことを書く(発言する)と、非国民(非常識)扱いされること間違いないので(もちろん戦争は起こしてはならないので、他の解決法です)。
▲日中韓

あくまでも、戦争は悪なのだという認識の下で、日本の統治下で被害に遭われた国々に、出来る限りの善(賠償ではなく善)を尽くすことは基より、皆がハッピーになれる、これからそんな時代があってもいいなって。

私は、中国が好きです。満州で時を過ごした祖父のススメで、大学で気になったアラビア語ではなく、中国語を専攻しました。

資本主義ではない中国、その統治体制はあのように巨大な国であるからこそ、他に選択肢はない(致し方ない)と、ふと発した大学の先生の言葉に、真実を感じとったまま今に至ります。

それでも、そんな国中国が好きかなって、思います。祖父は晩年、叔父と中国へ行って満州巡りをしました。痴呆症になりつつあった祖母からも、片言に覚えた中国語の発声が見られていました。

いまだに中国と取引がある伯父からもらい受けた大きなパンダの親子のぬいぐるみは、幼い頃の私の大事な友達でもありました。

1970年代に中国に訪れた母からもらった、男の子と女の子の中国の高価であったであろう人形は不思議と、今の私の息子と娘にダブります。

何が言いたいかというと、みんな仲良くできたらいいなって、思います。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パート労働者の年休(年次有給休暇)

2019-09-09 20:09:18 | 労働法
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、年次有給休暇の「比例付与」について、書きたいと思います。

皆さま、「比例付与」って、ご存知ですか?パート労働者の方とかで、週の勤務日数が少ない方は、耳寄りの情報ですよ。

例えば、7時から10時までの朝3時間限定の週3日勤務だったとしたら、果たして年次有給休暇は出る(もらえる)と思いますか?

以下の表をご覧ください。
▲週の所定労働日数に応じて(比例して)、付与される年次有給休暇を「比例付与」と覚えると覚えやすいです。


週の所定労働日数(一週間の労働日数、一週間は7日ですから、そのうち何日間お働きになるか、の日数)に応じて、一般的な会社であれば、以上の日数付与されます(一日に働く労働時間に関係なく)。

勤務が始まって、6か月経過日から、年次有給休暇が発生しますが、注意しなれけばならないのは、①6か月継続して勤務したという実績、そして、②その6か月のうち労働日の8割以上の出勤を確保していることが大事です。

勤務年数が増える度に、始めに6か月目に支給されていますから、そこから1年経過毎(勤務実績から言うと1年6か月目)に2回目の付与、さらに1年経過毎(勤務実績から言うと2年6か月目)に3回目の付与。

それぞれ付与される日数は、以上毎に例えば、週3日勤務であれば、1回目の付与(6か月目)で5日付与され、そこから1年経過日後2回目(1年6か月目)に6日付与される、というようにです。

年次有給休暇は、労働者の正当な権利です。しかし、やはり同僚間で、自分が休むと支障が出るような場合は、うまく周囲を巻き込んで、周囲の理解を出来る限り求める必要性も同時に発生することとお察しします。

相手から一人でも多く理解が得られれば、その職場ではより働きやすさや、親しみやすさも備わってくるし、情けは人の為ならず、自分も同じことをされたら、より嬉しいなというような、

そんな理解の醸成が職場間で浸透することこそが、誰しも求めることではないでしょうか。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする