東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

中国と台湾の問題

2021-09-20 22:18:49 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、直近の中国と台湾問題について、書きたいと思います。

私は、予てから台湾は、いずれ中国に寄りそう形に収まると、考えています。
▲美しい中国を思い出す花

なぜなら、①現在台湾には、蔡英文さんを除いて、次にその地位に匹敵する逸材が果たして存在するのか、疑わしい事実。存在し得ない協力体制を組めるのが、現在の大陸中国の力故とも考えられ得るため。

②言語を同一とする民族性は、他の何よりも代えがたい存在故に、その重要性にそろそろ気付くべき時が、必ず近づいていると思うため。

③そもそも強きものに取り込まれる(長い物には巻かれよ)が、世の常ならば、必然的に中国に寄りそう形になって然るべきだと察するため。

故に大陸中国として、常に強き存在であるために、人口ピラミッドの層を欠いても、常に強国体制が永劫揺るがぬよう維持すべき努めが、台湾のためにも大陸中国には必ずあると私は考えます。

ですから、急いては事を仕損じる、ということを常に肝に命じて、私は大陸中国の存在の限りない可能性を、我が国資本主義と対峙してもなお、いつも信じているのです。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アフガニスタン情勢

2021-08-27 13:02:53 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「アフガニスタン情勢」について、思うところを書きたいと思います。

私の学生時代、中国の北京に大学の現地研修で北京大学へ、中国語専攻者約30名前後と大学当時の一般職員さん1名を随行員として、約一か月滞在したことがあります。

ある時、北京からある地方都市への訪問に、マイクロバスを使って北京大学の中国人語学教員約4名の付き添いと、私たち大東文化大学のメンバー全員で、向かいます。

道中一時間程乗車したところで、突然バスが故障。車体から微かに?変な臭いや音、煙のようなものを感じたためか、あまり記憶には無いのですが、バスが人気のない路上で突然止まると、

冗談を装う風にしてか、やや急ぎ気味に先ず中国人の方々全員がバスの外へ、当時私の大学に中国語専攻の韓国人留学生たちもいて、次いで彼らがそそくさと脱出しました。

そして、その様子を見ていた私だけ(かなぁ?)が、続いて外に出ました。私が危惧したのは、バスの発火に伴う危険性も気になったからでした。

そうです。これは27年前の中国での出来事です。他の当時の日本人クラスメートの多くはと言えば、バスの中から、仰ぐように外に居る私たちを覗き見て目をキョロキョロさせているか、

じっと座席に座っているだけ。

もちろん、故障は単なる故障で大事には至らず、何とか私たちは現地に到着しました。

以来当時の様子を知る大学のその職員さんからは、何かと目の敵にされている風が、現地研修全体の私の姿を通してか、今多に?あるかなぁ~と感じて私は今に至ります。
(当時持病を発病仕立の時期ではありました)
▲写真ACさんより「アフガニスタン黒板アート」から

アフガニスタン情勢で、いち早いアメリカのアフガニスタン撤退に伴って、即反応避難結果成功した韓国の関係者の方々を横目に、自助・共助・公助を謳うが如く、

こんな時日本人は、なりふり構わず自助として、間一髪大騒ぎする必要性は必ずあると思うのです。

どうか、無事でいて帰ってきてください。どうか、お願いします。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハンガリー反LGBT法の是非

2021-07-19 12:32:31 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「ハンガリー反LGBT法」について、書きたいと思います。

真昼間のワイドショーを見ていたら、このハンガリーのオルバーン・ビクトル首相、欧州全体の動向から反する、およそ反LGBT法に通じる法律を罰則付きで施行?したらしい、との報道ですが、

そもそもこのLGBTを擁護する世界の風潮、私たちが目指すダイバーシティとは、本来のダイバシティーの趣旨に本当に相通じるものなのでしょうか?

思うに、オルバーン首相は、LGBTを擁護する全ての報道や教育現場での教え自体禁じる主旨なのですが、それはそれで罰則無?付?で施行し、明白に罰則付きでLGBTの方々への不利益行為の禁止、等、
▲ひまわり、と言えばゴッホかな?!

謳うのが、本来の種の永続性の観点から、重要な点なのではないかと、私は思うのです。いつの世もダイバーシティの一環として、大衆の迎合の誤りは過去の世界大戦の歴史観の踏まえても、

誰しも理解できる真理だと思います。ダイバーシティが良いから、何でもごじゃれ(何でもアリ)では、済まされない世の中の到来とならぬよう、

そもそも、種が絶えてしまえばダイバーシティもへったくれも無くなってしまうのですから。感化されやすい若年齢世代の、良い意味でも悪い意味でものその恐ろしさは、

皆さんご自身自らの過去の経験を振り返ってみても、お分かりでしょう?こんなことを書いても一銭にもならない、愚かな私は、

何よりも皆で賢く、必要の無い人などこの世には存在はしないのだからこそ、ダイバシティーの履き違えにご用心、と伝えたい私でございます。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人生の幸福度

2021-07-04 21:01:08 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「老いない人生の作り方」ダニエル・J・レヴィティン氏著、訳俵晶子さん、アルク出版の本から、私が時に強調したいことについて、書きたいと思います。

まず、このグラフを見てください。
▲幸福度調査、これはアルバニアからジンバブエまで、72カ国にわたって当てはまります。同著P403図、P404 後ろからL3


私たちは往々にして老いを、制約、虚弱、悲しみの時期としてとらえます。(省略)幸福度は30代後半から下がり始め(中年の危機、お心当たりは?ーアリアリ過ぎて困ってる‼)

その後、54歳以降で急激に上がり始める傾向があります₍₁₎。(省略)一つの可能性は、まだ実現されていない期待という名の失望だ。無邪気な20代と30代には、

私たちの希望は高く、シナリオは薔薇色だ。その後、屋根から雨漏りするように、現実が滴りおちてくる。(省略)しかし、私たちは感情の地下室には長く留まらない。なぜなら、

時がたつにつれて私たちは自分の願望を調整し、後に人生はなかなか良いと悟るからだ₍₁₎。

我ら中年の皆さん、私たちの年代はこのような時期なのです。皆そのようです。例え私の場合重なるように結婚(!)は崩壊しても、また幸福度は新たな形で戻ってくるのでしょう。

期待値が高すぎる故に、私たちはお粗末な予測者所以に、妙に凹んでしまう、そんな時期の対策に、今日はこれをアップさせて頂きました。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

引用文書:(1)同著P404~406『良い生活と幸福』より


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

君主の意義

2021-06-25 09:59:49 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「君主の意義」について、書きたいと思います。

先日「一度読んだら絶対忘れない世界史の教科書」(山﨑圭一氏著)の本の『フランス革命』の箇所を読んでいたところ、想うところがありました。

というのは、簡単に言うとフランス革命で国王であるルイ16世がギロチンにかけられ処刑されるわけです。その後フランスは共和政に移り行くわけですが、

それと共に、王政下では起こりえなかった、新たな階層間同志での対立が深まるわけです(農民対労働者)。つまり、王という俯瞰した目を持つ存在の意味のある決定、英知の裁断、という必要性において、
▲日本、皇居正門前

日本においても、天皇制というのはいわゆる未来の、いつの世、時代においても、いわゆる保険として、例え象徴としてにおいてでも君臨して頂く意義というものが、あるのかもしれない(国内での未然紛争防止)、

とすると、北朝鮮と韓国の今後の未来における南北統一においても、北朝鮮のある一族の重要性というのは、いかなる理由によっての君臨過程にせよ、続く限り永劫南北統一間においても活かすべきだし、

その解法の鍵になるのではないかと、私の独断と偏見で勝手に想像したり、するわけでございます。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラマ「リコカツ」を見て

2021-06-13 10:22:22 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、TVドラマ「リコカツ」を見て、その感想を書きたいと思います。

ご存じの通り、このドラマは離婚を発端としたドラマです。これと共に「愛を伝える5つの方法」(ゲーリー・チャップマン著、いのちのことば社)という本を読みました。

この本は、「結婚とは何か」、「夫や妻を愛するとはどういうことか」、さらには「実際にどうやって愛せばいいのか」というような中身の濃い大切な事柄を、実にわかりやすく説明してくれます。

夫婦には、あたかもお互いの言葉の中に方言があり、その上でなお、以下の5つの愛の言語のいずれかが、自らにとってそして相手にとって第一言語であり、第二言語であるのかを見極める必要性があると、説いています。

それらの5つとは、「肯定的な言葉」「クオリティ・タイム」「贈り物」「サービス行為」、そして「身体的タッチ」です。

これらの優先順位が、お互いにとって、どのように譲れない順位なのか、その第一、第二によってコミュニケーションの術が変化することは、一見当たり前のように感じられますが、

実際は、なかなかこれらの実践アプローチでは二人三脚で、お互いのラブタンクを満たすことに特化して、生活感の意義を見出す努力が必要になります(実践例は同書内掲載)。

この5つの愛の言語は、夫婦関係に留まらず、子育てにも応用可能な大事な真理だとも、この本は説きます。

私自身の過去の結婚生活と現在の子育てを顧みて、ドラマを契機に反省を含め、この本を手にとりましたが、納得感と共に多くの方々と共有したい内容であることは確かです。

そして、あとがきにこのようにあります。『同棲と結婚について』「米国の調査によると、結婚前に同棲したカップルの離婚率は、同棲せずに結婚したカップルよりも高い。(省略)

結婚は、模擬実験ができないものです。結婚という関係の中心は、コミットメント(献身・約束)です。(省略)一番大きな違いは、あなたにコミットメントがないのです。(省略)
▲「あいにく、『恋する』経験の永続性というものは、…(どうなのさ?)」P315?L8参照「ようこそ、結婚という現実へ」の章より抜粋

すべての調査研究によると、実際には(同棲は)結婚生活を高めることになっていないのです」と。

このドラマ「リコカツ」は、とても面白くて、時々見る範囲でしたが、とても有意義で、良かったです。ただ、もうちょっとこの本で触れられているような、

夫婦間の中にある5つの愛の言語の、お互いの優先順位の違いについて、何か積極的な学びが今後寄せられる内容のドラマだったら、さらに個人的に今後の自分に嬉しいだろうな~と、思いました。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

男女の一生

2021-03-09 11:26:24 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「男女の一生」について、書きたいと思います。

まず、初めて躰の関係性をもつ、夫婦同志、特に女性に関して、私の経験から言うと、モーパッサンの『女の一生』の性描写のように、

女性は正直、結婚生活の当面の間、躰の関係性において、感度がどうとかこうとか、ということよりも、何がどうなのか、???という期間が続くはずだと思うのです。

もちろん巷の情報で、どう声を出すとか、行動パターンのイロハは、知識としてもちろん知っていても、いわゆる振りになるばかりで、正直なところは???な感じだと。そして、私が特に強調したいのは、

???から特に濃い感度の関係性を築いていくのは、やはり連れ添う関係性の月日と比例して高めていく、人生の夫婦のライフワークのようなもの、

と確信しています。誰か第三者を引き合いに出して、代わり?や代理に強化してもらう(つまりはけ口を求める)、ってことは、もちろん常識的に考えてもおかしいわけです。

夫婦、というものは、そのような清き尊い大事な関係性、だと思うからです。
▲レインボーカーネーション 写真ACより

私自身は、いろいろ遅咲きなこともあって、今後の人生において、そういう関係性ができあがった人よりはむしろ、もうこの歳(47歳!)ですが、

新たに一緒に夫婦として、築き上げていける人を一番やっぱり自分には望むし、自分の場合は、難しいかもしれないけれども、期間と時間をかけてやはりお互いを築き上げていける、年齢も相応の人が一番いいです。

ただ、世の中を大方知った?後の者同志の夫婦というのは特に、お互いが若い頃の彷彿とする、萌えのような時代をお互いに知り得ません。

ですから、恐らく晩年の躰の関係性においては、感度というよりはむしろオキシトシンをお互いに分泌させるだけの、マッサージ的な関わりの、男女関係性を特に強める必要性が常にあるのでは、と想像します。

いわゆる感度よりも、常にお互いが共同作業の同志的な?(それも全く無いよりは、ですよね?)、お互いを知ると糞みそ的な?関係性の危うさもあるし、

一番、お互いの若き頃、萌えを知るお互いの重要性が、晩年の老化の中でお互いの中に見出せる輝きの灯として重要になるのではないか、と察するわけです。

もちろん、これは一つの過程だし、そもそも仮定に過ぎないです。正しいかもしれないし、間違っているかもしれません。

ただ、男女とは、不思議なもので、体系の美しさや、性的魅力が勝るような、選択をしがちなのですけれども、

それはむしろ大切なお互いの共通作業、共通認識の下に、強化していく大事な人生行程であって、常にお互いに魅力的であり、それらを着実に積み重ねていくことこそが、

人生を美しく大切に想うことに繋がるのではないか、と私は考えます。

Slow and steady wins the race!!(訳:ゆっくり着実にやれば、必ず競走に勝つ)

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心のビタミン、読むビタミン

2021-03-05 19:03:05 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「心のビタミン、読むビタミン」について、書きたいと思います。

以前『年金亡国論』を唱えて一切の年金を放棄した、幣原内閣の真壁宗雄さんのことを書きましたが、おじさんは一生独身だったのですが、ある時から戦争の孤児であったボリビアからの日系人姉妹を、

お家で囲うことになります。当時高校生姉妹、煮て食おうが焼いて食おうがという、姉妹をあてがわれますが、しかしおじさんは父親代わりとしてお弁当を作ってあげたり、

育て上げ姉妹は結局ボリビアに帰国します。聞いたところによると、おじさんは田中角栄氏の出版物が世間に出回って欲しくなくて、初版されるとすぐに大方全てのその本を買いあさり、

結局、その本はあまり市中に出回ることはなかったようなのです。「国会に爆弾を背負って行って、あいつらに…、」と晩年よぼよぼしながら、こぼしていました。

私が結婚後勤めたいちよし証券の上司が、ある時オスのペットの話題で、「メスができてよかった。一生童貞だったらかわいそうだもん」と言葉をにごしたのを、どのような判断をもって返答すべきなのか分からない私は、

どう感じてよいか分からない恐ろしさに、と今でもよく分かりません。ただ、時に私は女盛り?の40代後半になり、

『日本人ここにあり』を著した私の祖父の友人であった真壁おじさんの一生を、深く考えます。なぜ、なぜ、と言葉がよぎるのです。
愛す女性は?

私の母方の祖父の系統には、祖父の兄弟姉妹として、当時不義の子として生まれた引き取り手も身寄りもない赤ちゃんを、貧乏な環境でありながら、後に男性の2号さんになった祖父の妹が引き取って、

祖父兄弟姉妹と一緒に育てた経緯があります。祖父は戦争に行きながら、私が知る限り一生祖母に貞節を守ったであろう証を私は感じていたように育ちました。

また祖母も、中国満州から命からがら逃げ延びてきた時も、中国の方からあの時代でありながら、彼女の貞淑さに傷が付いたようなことは、たまたま?なかったのではないだろうか、と推測します。

なぜなら、祖父母は決して、中国のことを悪く言ったことはなかったし、何より私の大学時代中国語の履修を薦めてくれたのは祖父でした。

今は、男女の関係も様々ですよね?どうあるべきなのか、ということも私には言いようがないです。ただ、今までの私たち家族の歴史観や政治観と私の現状から、そして真壁おじさんの影を色濃く感じている私です。

そして高校生時ニュージーランドに留学したことによって、良くも悪く(?ごめんなさい。物事には二面性が常にあって…)も導かれています。そして、障がいを負って、結婚し出産し、現在離婚。

NZの、3回結婚しそれぞれ子をもうけた当時シングルマザーのMrs.J.S先生(Englishの元教師)の息子、私と同級生のカール君を最近思い出します。彼は女性との躰の関係性の多様さは学校一、のような闊達な男の子で、

カール君ともう一人の弟君と私は一つ屋根の下で、お世話になっていました。カール君も今の私と同じような気持ちで、触れられたくない男女の関係性に早々に気付き、
▲「世俗的」というキーワードでヒットした一枚。写真ACより

逃れたい見たくないものもあっただろうし、今もってもあるんだろうか…?それとも、もうお子ちゃまではないから、世俗観?に慣れ親しみ、仏のような気持ちでいるのだろうか。

彼は、結局高校時付き合っていた、2子別々の男性の子を出産の女性と、様々な女性関係を経て結婚、彼の子2子を後に授かって久しいです。本当に祝福しています。因みに確か弁護士をしているようです。

断っておきますが、カール君と私は全く何も、恐れ多くも何もありませんし、仲良いグループも異なりましたし、全くホームスティ家族以外の関係性はありませんでした。

故ベブ先生にも釘をそれについて散々刺されていた上に、それを注意される前にもいろいろ自分で周囲への影響について悟っていました。別にこんなこと誰に断るわけでもないんですけど。誰がどうってわけでも全くないんで。

何が言いたいのかというと、要するに世間話です。金曜日だし、独身の若い皆さんは、みんな暇?読む暇ぐらいはあるでしょ?

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分を大事に

2021-03-05 14:22:48 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「自分を大事に」について、書きたいと思います。

平日の真っ昼間からこのようなことを書くことは、本当にはばかられるし、赤面の思いですが本日日中テレビを見ていていて、気付き思い立ったが吉日、書くことにします。

一般的に男女が大人の躰の関係性を持つときや持った時、絶対しない方がよい?コミュニケーション術があります。

私自身は、その躰の関係性のエキスパートではないし、今のところ元主人以外の方との様々は知らないので、本当のところは知り得ないのかもしれません。

ですから、その私が何抜かす!とぼやかれても然るべきなのかもしれませんが、想像上のマナーとして、

仮に過去や現在心残りの女性/男性がいてもその話を、あたかも一方的に躰の関係性を持つ相手に中立性を求めて、打ち明け話的にはするべきではないと思います。

言葉は言霊として、自分のメタ認知に記憶され、一層強化されます。罪深い報われない深追いに必ず繋がります。

もしその打ち明け話を逆にされたとしたら、こんな自分でも良ければ本気で愛して欲しい、という言葉の裏返しなのだと、受け止めるべきだと私は思うのです。

糞真面目に中立的に受け止めて、相手の片思いを加担すべく立ち回るとしたら、娼婦ではあるまいし、ご自身の人生は誰のためのものなのですか?と己に自問自答してみてください。

本当の幸せに巡り合いたいと思って、相手をそもそも選んでいるはずなのですから、誰でも良かったはずではないですよね?

自分を大事に、無にすることなく、自分にこそ正真正銘に振り向いて欲しいと、愛の強さが勝る事実を明らかにするべきです。

▲夕暮れどき、一人侘(わび)しく 明日がある…、という雰囲気漂う方は、積極性の声掛けがあってもいいのかも


お互い躰に刻まれた性の証の記憶は、いかなる時にも拭えず、己自身へ、屈辱感や忘れたい記憶となっても、葬り去ることはできません。

その記憶があるだろうからこそ、それを苦しみと思う他者(あなたを深ければ深く慕う想う誰か、男女共に)を後まで遠ざけ、ご自身を苦しめることにも必ずつながると、

若気の至り?か頑なさ?が、人に寄っては?誰しもに?そのように思わせるのかもしれません。

例えば、女優の誰それ?さん(の周囲?)も?、そのようかもしれず、と勝手に気の毒になぁと思いを巡らせたり。想像ですけどね~。

ご自身の人生を大事にされるべきだと私は強く思います。自分を大事にすることが、強いては相手を心から大事にすることにつながるはずです。

対処法としては愛とは、女性は特に早ければ早いほどに自分をまず大事に想うことです。

では、どんなコミュニケーション術がこの場合あるのか?ごめんなさい。データ不足?いや充足で知り得ないんで。分かりませんとだけしか…。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本当の美しさとは

2021-02-26 18:44:02 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、顔の整形について「本当の美しさとは」を、書きたいと思います。

先日、韓国映画を見た感想は、インスタに記載したところですが、もしあなたの将来の旦那さんや奥さんが、整形していたとしたら、どう思いますか?

恐らく私だったら、旦那さんの過去の顔写真を見て、そして今を見て、泣き崩れてしまうかもしれません。

韓国映画を見て、私が韓国を訪問した際の韓国人警察官の対応について、彼らが建前よりも大事にしている事とは、未来そして今の自分に対して大切な事を、国家?よりも優先するという姿勢がある、という意味です。

強いてはそれが、国家を慈しむことに繋がるのではないだろうか、という志なのかもしれません。

顔は、いつも目にするものです。男女の躰の関係を持つにしても、その時顔を見ない人はいないはずです。その顔が、涙を誘うものだったら…。

▲もうすぐ、ひな祭り🎎ですね。


相手が韓国人なら、そんなものか、とドライに思える節もあると言えばあるかもしれません。しかし、誰でもない自分の顔を

お飾りではない(‼)嘘偽りのない自分をこそ好いてもらうことに、本当の本来の自分の幸せがあるのではないでしょうか。

因みに、整形したことが分からなければいい、と思う方が居られるかもしれません。しかし、その不自然さはどこかで、必ず分かるような気がしています。

自分は、整形とかそのようなややこしさが付きまとうくらいなら、恋愛や結婚は、果たして本当に必要なことなのだろうか、とすら思えてなりません。

相手は、究極誰でもいいんじゃないですか?どうせ、お飾りなんですから。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

関連ブログ:「顔の整形について」も合わせて、ご覧ください。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

希望探し…の人生

2021-02-24 20:31:23 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「希望探し」と称して、福祉の意味合いでの危機介入、つまりそれについて書きたいと思います。

私が20前後の頃、持病である統合失調症に罹患したのですが、当初の症状として、妄想状態が著しい現象として、身体に現れていました。

特に、多くのこの疾患患者に診られるように、盗聴器がつけられている、テレビの内容が自分の事を言っている、等の心配に神経をすり減らし、次第に体重減、夜も眠れず、疲弊していく著しい症状が出ます。

この事態に対して今思うことは、親でも保健所の方でも、盗聴器等を探して欲しいと言われたら、一緒に探す試みを真剣にしてみる、という方法もあったかな、と思います。

つまり、疾患患者であろう人の自尊心を大切にするかかわり方₍₁₎が、要されます。
▲結果を積み上げていく、方式で頑張ろう!

私の20歳の頃は、盗聴器と言っても物々しい物体であろうかのような時代なので、現在とは事情が異なりますが、要は、病態を持つ方の安心感や信頼感の醸成に繋がるような、行いや行動は進んで買って出る方が良いように思います。

もちろん、結果は分かっていても、同調受容して、肯定し、その困り感を引き出し、最終的には病気の症状だと思うから、自主的に病院に行かないか、というような持って行き方が相応しいと思います。

そして、当事者の一時的な入院を通しても常に見捨てられ感を拭うべく、不安感を受け止め、社会復帰に向けて病気を抱えながらも生きて行ける、それにまつわる希望探しをしていこう、的なアプローチも有効です。

福祉的意味合いの危機介入、早期発見早期介入が今後を左右する大事な過渡期です。見過ごすことを避けるために、しっかり対応を図ることに意味があります。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

参考文献:新・精神保健福祉士養成講座 5 「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ 第2版」 『第4節 事例による相談援助活動の検討 1危機介入 事例9』 

(1)同書 P138 L11  アウトリーチ支援実現に向けた考え方 より


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

性関係の同一性

2021-02-21 12:17:44 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「性関係の同一性」について、書きたいと思います。

結婚後の夫婦が上手にやっていけるか否かは、性の平等性に掛かっていると思います。ここでの性とは、他と交わった躰の(体を交えた)性のことで、その関係性の人の数と回数?、つまりその互いの平等性です。

私が思うに、夫婦で長年続いている方々を見ると、そういった関係性の平等感が等しいのではないか、と推察できるのです。

一方が何らかの成長の過程で、性の関係性を持った(体を交えた)人の数や回数が他方より勝っていると、他方は気付かないはずは絶対無いし、どうしてもその不平等感で苦しみます。

その歪(ひず)みは、夫婦以外の女性/男性へと身体、心、そして視線が彷徨(さまよ)います。それを満たすべく、心は求めるし、頭では分かっていて打ち消しても、躰がどうしようもない時もあるのです。

どのような所でそんな関係性の(他と交えた)事実や経験具合が分かるのかというと、夫婦になると必ず分かるし、それ以外でも顔の表情だったり、衰え方だったり、とにかくその好きになった相手を観察していると自然と好き故に、解かるのです。

人によってはパートナーのその時々の体を交えた相手すら、特定できる人もいらっしゃるのではないでしょうか。財布をみただけで、札のお金がいくら入っているか中身を見ずとも分かる職業柄の方がいるように、です。

この苦しみは、若さ故なのか、それとも?もちろんその不平等感(男女間の嫉妬とも表現するとする)に苦しまないで、それを見込んだ上での成り立つ男女関係もあるとは思います。

しかし、それを目にする誰か(親?あなたにとっての昔の誰か?)はその二人をみる別の苦しみがあるのではないかと。

▲あなたにとって、ピッタリ当てはまる方は、どの人だろう。


ですから、相手を選ぶときは、互いの性関係の同一性は相手を求める必要充分条件として、自分の周囲もハッピーな関係性を保てる人を相手に望むことが、

自己の人生の限られた労力を他の役に立てる分野に、その心と時間を有効に使える手段、方法、そして知恵の一つです。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウォーキング摂理

2021-02-16 13:40:25 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「ウォーキング摂理」について、書きたいと思います。

良い年齢の男女が、お互いに知ってはいるけど、深くは知らない、しかしお付き合いを開始したとします。さて、皆さんはどうしますか?すぐに、身体の関係になりますか?おっとぉ、ちょっと、待ってください。

まず、最低3ヶ月はお互いに知る機会を持ちましょう。その間忘れてはならないのは、エイズ検査を始めとした検査です(確か結果が出るまでに3ヶ月ちょうど要するはずです)。

知る機会と言っても、このコロナ状況下でお薦めは、生活圏域のウォーキングを始めとした、身体的運動感を伴うデートコースが良いと思います(年を取ってからもお互い一緒に歩くことも必ずあるのですから)。
▲擦り切れたスニーカーの良さもあるかなぁ、新しいのもおニューでいいし。履きやすいパンプスでも。

自宅圏域から少し遠くの映画館や美術館まで、ウォーキングをしながら会話を共にして、彼/彼女の周辺の人々?に流石に挨拶は交わしませんが、自己の存在を1度や2度ではなく認識してもらいます。

その目的は、彼/彼女の過去の元カノ/元カレとの無用な争いを事前に察知する目的もあります。また人知れずあなたを想っている人がいれば、アタックしてくるかもしれません。

その際どちらを取るかは、あなた次第です。全く見知らぬ人に初対面で告られて心が動く場合も、あるっちゃあるかもしれません。ケースバイケースで、全くの望み薄ではないと私は思います。

どうか諦めないでください、あなたの譲れないことは何なのでしょうか?とにかく、スニーカーが必要になります。彼女から想われたいスニーカーが無い場合は、一緒に選んで購入も良いのかな~とも思います(良心的な値段に収めてね)。

とにかく一番してはいけないことは、いきなり自宅に誘い込むことです。あなたの近所は見て無いようで意外と見ていますし、観察しています。不徳な驚きはいらないと思います。

ご好運をお祈りします。私が余った時には、己のバーゲンセールはするかも?そんな時こそ、誰も来ないんですよね~、誰でも良くなっちゃうと、誰も来ない、これは一つの摂理ですね。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

森会長女性蔑視発言

2021-02-07 10:26:34 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「森会長女性蔑視発言」について、書きたいと思います。最近のJOC評議員会(日本オリンピック委員会)での発言について、

私の意見は、森会長に同情的です。まるで、私の祖父を見ているかのような錯覚すら覚えます。

発言内容はともかく、そのような時代を生き抜いてきた多くの方々の背景を想えばこそ、それに思いを寄せ、そんなこと言ってるわ、と受け流すだけでいいと思います。

森会長も、世界の流れは重々承知でしょうから、受け流すだけで事足りるはずです。
▲9月20日は敬老の日、先ですが良い一日にしませう(しょう)。

シニアの方々、強いては年長者を敬うことを何らかで示し続け、時代を作ってこられた方々に感謝で終いを見送れるよう、努めるべきだとも思います。

時代は繰り返すとしたら、現代の私達こそ、未来の森会長発言を問われる時代が来てもおかしくないと思えてなりません。

こんなことを書いて、女性の敵は女性だと言われたとしても、ずばりその通り(!)でもあるし、男性すら味方とも思うのは時と場合によると敢えて付け加えておきます。

皆さん、仲良くしましょう。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

片想いの伝え方

2021-01-31 13:46:17 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「片想いの伝え方」について、書きたいと思います。

例えば、皆さんに片想いだけど、好きな人がいるとします。どのようにしたら、相手の心を捕らえることができると思いますか?

私が紹介するのは、バイオサイコソーシャル₍₁₎アプローチに特化した、近接方法で相手の心を鷲掴みにする、というものです。

『バイオサイコソーシャル』というワードでググると、バイオ(生理的・身体的機能状態)、サイコ(精神的・心理的状態)、ソーシャル(社会環境状態)、という感じを総称してヒットします。
▲恋愛のヒントのご紹介です。

もちろん、「バイオ」と言っても暴力的に相手に迫るものでは決してなく、あくまでも大人としての何らかの方法での対応です。

「サイコ」的アプローチは、相手を追い詰めるものではなく、押した方がいいのか、引いた方がいいのか、馬鹿にした仮素振りがいいのか、優しさが全面か、怒らせた方がいいのか、素っ気なさがいいのか相手によって様々ですよね?

(一般的には、優しさが恋愛の王道だと思います。ご注意ください)

「ソーシャル」としては、私の学生時代で通用されたのが、周り(の友人)から固める方法です。友人間で根回しして、最終的に流れで付き合う方向性にもっていく、ようなこともありっちゃ、ありかなって、方法等です。

恋愛のアプローチには、どうしてもこの3要素が必要だと思います。言うまでも無く、相手を自殺や引きこもりに追い込んでは、本末転倒(相手の幸を想えばこそ)なので、

その辺は様子を見ながら、時には潔い諦めも肝要です(相応しい人が必ずあなたにも!相手の幸を願えるあなたなのですから、それを察知できる人が必ずいます!)。

そして、仮に相手からバイオサイコソーシャルアプローチで迫られたり、想いを感じたとしたら、残されている方法は、生理的に嫌では無い限り、自分の使命感や職業観も踏まえ、自らの頭と心の声に導かれるしかないかもしれません。

例えば、最終的に頭と心の声の一致がみられなかったとしたら、どうしたらいいんでしょうね。一致する人をお薦めしますが、後はあなたの意志の領域になるのでありましょうか。

後は、神頼みかなぁ。この3要素が自然な感情表現として彷彿することこそ、誠の愛情表現なのかもしれません。しかしこの3要素が同時に揃うってことは、自然発生的にはあまり無いかもです。

1要素のアプローチだけで生涯の友(伴侶)となる人もおられるし…、後は時期と、タイミングと、時代の風潮、その流れ、時代観によるアプローチ差にも寄るのかなぁ。

多分、あれこれ考えるよりも自然さや自然な成り行きが、意外と何よりも一番ベストかもしれません。(顧みたとしても)自信を持って!

夫婦になっても、バイオサイコソーシャルスタンス?が大事になってくるのかなぁ。うん、そうでしょうね。

注釈:⑴「新・精神保健福祉士養成講座 4 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ 第2版」中央法規出版 P132 L10より引用

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする