東京都の社会保険労務士のデイリーブログ

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

桜田元大臣の発言について

2019-05-30 21:26:41 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

桜田元大臣の「最低子どもは、3人産んでもらいたい」発言について、書きたいと思います。

私は、過去に3人目の子どもが欲しくて、出産を試みましたが、流産で結局なりませんでした。

それでも、自分の子ども達には、私の母が私に言ったように、女性の出産適齢期のことや、赤ちゃんの出産は必ずねと、伝えています。

桜田元大臣の発言は、形を変えた愛の形だと、私は深く思います。

現在自分の子供が結婚適齢期を迎えた多くの親世代は、かつて自分がされたような仕打ちを子供達にはしたくなくて、婚期すら促すことをためらう方が多いのではないでしょうか。

私の結婚は、最終的には母を想ってのことも大分気持ちの中を占め、不妊治療も事やかましく言う母の言葉があって、初めて実現したものでした。

それで、今。母を恨む気持ちより幸せを迎えられ自分の人生を導いてくれた、母を取り巻く様々な方々の母への助言や、もちろん母のくちやかましく病気になりそうなくらいの婚期を急かす発言にすら、

仏様を拝むように感謝しています。時に今も母と口論になりますが、それもいつぞやには、それへの後悔や懐かしむ気持ちに変化するのだろうと感じています。

確かに、ある時代には、女性は子どもを産む道具のように扱われていたこともあったかもしれませんが、今はそのように感じるよりも、むしろ先の未来を想って、女性としての役割の一つとして、

子どもを産めるのは女性だけなんですから、その責務と認識を高めるべきだと思います。
▲生まれてくるべき赤ちゃんとして、出産を迎える幸せ形を自分は選択しました。

時代に乗った風潮の考え方として女性を扱うよりも、古きも新しきも人類の証としての、責務を全うしたいという政治家の発言だと、私は解釈したいと思います。

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

自分の障害について

2019-05-30 18:49:16 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「私の障害」について、書きたいと思います。

私は、実は統合失調症という障がいを負っています。

20代前後の頃発病し、そして現在45歳「寛解(かんかい)」(これ以上回復する見込みがないくらい回復している状況)との診断で久しくなります。

障害等級のまつわる年金も一時金も、請求も受領もしておりません。というのも、精神障害者福祉手帳3級という軽度の障がいのためです。

現在、旧優生保護法下で不妊手術を受けた多くの障がい者が苦しまれている状況を、憂うる毎日です。

結婚前付き合った男性には、持病の為もあって何人もの人が自分から去っていきました。

主人とは、理解の下ようやく結婚が果たせ、現在子供も生まれ、本当に感謝の日々です。
▲ひまわりのように、明るく周りを照らしたい

障がい者といってもいろいろなように、自分はメンタル系ですけれど、メンタル系でも様々疾病があり、症状も人それぞれです。

統合失調症とは、20代前後に発病する人が多く、100人に1人という割合で存在する以外とポピュラーな病気でもあります。

自分には現在、妄想や幻聴、そして幻視など症状と言える症状は一切なく、

今までの医師との出会いの良さから結婚後は特に経過が良く、社会保険労務士試験に合格するまでに至りました。

過去には薬の副作用で一時期体重が、20歳当時より30キロ前後加重していたこともあります。

現在は、体重コントロールとして、適度な運動と適切な量の食事によって、インスタにアップしているような状況です。

疾病の為か、日々の生活で困っていることは、部屋の片づけや掃除です。行政から少し子供を通じて、お世話になっています。

常日頃、今までいろんな方に助けられてきました。ですから、このご恩は形を変えていつの日か社会に還元したいと思っています。

今できることは、子育てと、家事、そしてブログを継続的にアップし、社労士として人様のお役に立つことだと思っています。

そして、出来たらまた語学の学習や、中途半端な福祉大学休学の復学を果たし、より良い社会の潤滑油として、ご恩を返せたらと思っています。

皆さん、応援してね~!

以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント

今日の失態

2019-05-25 00:00:22 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、私の失態について書きたいと思います。

実は、最近家の片付けにおわれていて、今日も朝から晩までずっと片付けているんですけど、今日はたまたま主人の部屋(主寝室を主人用に)を片付けていて、本当は14時から子供のスクールカウンセラーの方との面談が入っていました。

根詰めて血眼にして片付けているため、どうしてもその時間に終わりそうもなくて、午前中に電話してキャンセルの旨伝言で伝え、さらに再度13時過ぎに電話してお詫びを伝えたから大丈夫と、すべて問題ないことだと思っていました。

一日を終え、今になって気付いたんです。また、やってしまったと。いわゆる自己中心的なことです。何をかというと、このような約束を反故(ほご)にしたことです。

心のどこかで相手が行政だから、という甘えもあったかもしれないし、カウンセラーの方は怒らないし、
▲面談中の図

正直相手を軽んじての行動だったかもしれません。しかし、カウンセラーの方は恐らく今日の内容を何か準備していたでしょうし、何より心の準備は絶対していたでしょう。

昔から(恐らく大学時代から)、このようなことがある自分でした。キャンセル後の再約束も自分の一方的な気持ち一杯にして、体当たり作戦で約束を取る、みたいな。その当時から変わらない傾向。

自分の周りも、意識してみると同じような趣の方もいたかもしれません。好きな相手から、同じような対応をされて、初めて気付くのです。軽んじられて初めて分かる気持ち。

あらゆるすべての方(自前の子供も)に対して、約束は大切にしたい、と思っていましたが、いつもこのようなのかもしれません。

失態、失態。だめだなぁ~、私って。しかし、本当はどうしたら良かったんでしょうか。電話口で素直に片付けが終わらないけど、こんな時どうしたらいいんですかねって、

ソーシャルワーカーの方なのでワンクッション置いて伝えながら、逆に尋ねても良かったかもしれないです。

そうです、そうです、今度からそうしましょ。皆さま、おやすみなさい。

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

高齢を迎える前に

2019-05-23 01:21:40 | 社会保険の情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

昨日のNHKクローズアップ現代「刑務所が“ついの住みか”に!~おひとりさまが危ない~」を視聴して、思うことを書きたいと思います。

高齢になり、認知機能に衰えが出始めて、誰にも気づかれずに万引きを重ね、刑務所での生活に行きつく…。

こんな不名誉に見舞われても、そもそも認知機能が衰えているから、何んてことのないんでしょうか。高齢になったから、多くの知人友人も亡くなり知り合いもいない、だから不面目と感じる必要性もないんでしょうか。

番組で取り上げられていた高齢女性は、確か第一号被保険者としての生活のはずが、保険料を国に収めて来なかった為、無年金者であって、貯金を使い果たし万引きに行きつき、刑務所生活を出入所を重ね、今は保護された生活に。

そもそも、認知症と診断されているにもかかわらず、罪は罪だからすべて刑務所に収容っていうのは、高齢者の尊厳を無視しているとしか、どうしても思えないです。

これから20年、30年、40年後男女ともに生涯未婚率の高まりと共に、超高齢化社会に下で、今は刑務所で辛うじて収容できても、今後さらにこのような高齢者が増えていくとすると、すべての収容には限界があるはずです。
▲このお祖母さん、どうしたのかしら。お声がけしてみようかなって。

例えば低所得者に優しい介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に、一律収容っていっても、枠すら足りない昨今に土台無理な話です。

何らかの救済として、罪を犯しても(罪の度合いにも寄るとは思いますが)即座に介護施設に収容されてしかるべきというような、

そんな価値基準や世の中の流れを望んで止みませんが、無年金者に対しては保険料を払っている我々への平等感に欠くと思われる方も、居られるかもしれません。

しかし、現在は制度上無年金者を減らすお得な制度も随時申請可能で、これからはむしろ、なんらかの形で、独り身になってしまった方々に対して、せめて人生を真っ当に全うした、

という名誉を持って最後に見送ってあげることこそが、我々の誇りとなすべきことのなのではないかという思いがよぎります。

皆さまは、どのように思われますか?もちろん行政の上手な働きかけによるシニアの方への今旬な介護予防の高まりも、有難い取組みですよね。

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

べブさんを偲んで

2019-05-17 23:36:07 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

今日は、「べブさんを偲(しの)んで」を書きたいと思います。彼女は私のNZ留学時代の恩師です。

つい先ほど、本日の22時前後にEテレのドキュランド「最後の恋をさがして」を見ていました。スイスでの70歳代前後の複数の独身女性のドキュメントで、それぞれが各々男性パートナーを恋焦がれる展開です。

5~6人それぞれの生活感の中を背景に、順繰り順繰り場面が変わるのですが、その中で唯一男性と無事カップルになられた方がいました。

その方の人柄や話す内容が、べブさんとよく似ていて、人生を明るく見ていて快活で、朗らかで。思わず涙が出ます。同年代だけでなく、彼女にとって年が若い人たちの輪にも混じり楽しむ、それがべブさんでした。

オーストラリアでの彼女のお葬式で参加されていたのは、ほぼ彼女と同年代の方が多かったのですが、彼女は多くの人に愛されていました。

彼女の話し振り(方)は、英国のエリザベス女王のと似ている時があって上品でいてかつ気さくさを漂わせ、現に女王との食事会にも同席されています(その時の写真を留学当時拝見しました)。
▲てんとう虫(彼女が特に好きだった虫)

留学時代こんな事がありました。彼女の家にたまたまお泊りしていた私は、就学中彼女の家に忘れ物をしたことに気付きます。彼女の夫(この方も先生)に取りに行きたいと申し出ます。

ところが、彼ら夫妻は高校での責務によりすぐには戻れません。どうにかこうにかしたい私は、何か方法が無いかと思いあぐねていると、ルーペットが「窓は隙間が空いてるけど、とても(入れそうにない…)」と言いかけ、

私はすぐさま彼女宅に突進します。確かに窓は隙間が空いていました。そして私は躊躇わず窓を壊さないで内に入りました。彼らは後から駆けつけてくれて、家の中にいる私に驚愕したのはルーペット。

べブさんは、何事もなかったように。そして私は今は思うのです。どうしてこのように素行の悪い私を最後まで受け入れたのかと。

彼女は、時にそして人生最後に会ったときには、涙ぐむようにして「You are special」と言って。今日は、なぜだか涙もろくて、失礼!

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント

「失われたひろし」クレヨンしんちゃん

2019-05-16 12:47:13 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士の頼木優子です。

令和元年の今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?実は、今日は娘が風邪をひいて念の為学校を休んでいて、近間の憩いの場所に来て、子供と風を感じながら、これを書いています。

久々の本日書く内容は、ゴールデンウィーク中に見た映画クレヨンしんちゃんシリーズ「新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」について、書きたいと思います。

映画を見てから、久しく経ってしまって、書く内容は無いよう、って。ダジャレを書いたら怒られますかね?
▲映画館にて、パチリ!

あまり詳しく書くと、これからご覧頂く方に失礼にあたってしまうかもなので、特に私が映画の中で印象に残った言葉が、

(ストーリー的には、オーストラリアの子連れ新婚旅行中のしんちゃんの父ひろしがさらわれ、一悶着ある展開なのですが)ひろしがさらわれた時、それを取り返す妻みさえの壮絶なる、そのいくつかあるセリフの中で、これ、

「こっちは、一週間もやし食べて、新婚旅行代を貯めて来てるんだからぁ(悲壮感漂わせて)!!!」

はぁ~、現実は厳しいですなぁ、うちの家庭もどこの家庭も同じように、日々…。妙にこのセリフが頭に残り、今でも鳴り響いて。

先日は、家庭の家計(うちはカッコよく、「バジェット」と呼んでいる、のは私だけ)を計算していて、昼頃から始めて納得いく中身に計算し終えたのは、気付いたら明け方の3時。

こんなに苦心して計算しても、予定通りにいかなかったり、進展や改善がみられるのは、どうしても2~3か月先になってしまうし、それを継続しなきゃならないってんだからぁ、悩ましいな。でも、なんかそのスイッチ入っちゃって。

一応FP2級とAFPの資格の勉強だけ、資格の学校でしたことがあるけれど、これからが正念場、皆さま応援してね!

以上、東京都の社労士ブログ「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら







コメント