東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

片想いの伝え方

2021-01-31 13:46:17 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「片想いの伝え方」について、書きたいと思います。

例えば、皆さんに片想いだけど、好きな人がいるとします。どのようにしたら、相手の心を捕らえることができると思いますか?

私が紹介するのは、バイオサイコソーシャル₍₁₎アプローチに特化した、近接方法で相手の心を鷲掴みにする、というものです。

『バイオサイコソーシャル』というワードでググると、バイオ(生理的・身体的機能状態)、サイコ(精神的・心理的状態)、ソーシャル(社会環境状態)、という感じを総称してヒットします。
▲恋愛のヒントのご紹介です。

もちろん、「バイオ」と言っても暴力的に相手に迫るものでは決してなく、あくまでも大人としての何らかの方法での対応です。

「サイコ」的アプローチは、相手を追い詰めるものではなく、押した方がいいのか、引いた方がいいのか、馬鹿にした仮素振りがいいのか、優しさが全面か、怒らせた方がいいのか、素っ気なさがいいのか相手によって様々ですよね?

(一般的には、優しさが恋愛の王道だと思います。ご注意ください)

「ソーシャル」としては、私の学生時代で通用されたのが、周り(の友人)から固める方法です。友人間で根回しして、最終的に流れで付き合う方向性にもっていく、ようなこともありっちゃ、ありかなって、方法等です。

恋愛のアプローチには、どうしてもこの3要素が必要だと思います。言うまでも無く、相手を自殺や引きこもりに追い込んでは、本末転倒(相手の幸を想えばこそ)なので、

その辺は様子を見ながら、時には潔い諦めも肝要です(相応しい人が必ずあなたにも!相手の幸を願えるあなたなのですから、それを察知できる人が必ずいます!)。

そして、仮に相手からバイオサイコソーシャルアプローチで迫られたり、想いを感じたとしたら、残されている方法は、生理的に嫌では無い限り、自分の使命感や職業観も踏まえ、自らの頭と心の声に導かれるしかないかもしれません。

例えば、最終的に頭と心の声の一致がみられなかったとしたら、どうしたらいいんでしょうね。一致する人をお薦めしますが、後はあなたの意志の領域になるのでありましょうか。

後は、神頼みかなぁ。この3要素が自然な感情表現として彷彿することこそ、誠の愛情表現なのかもしれません。しかしこの3要素が同時に揃うってことは、自然発生的にはあまり無いかもです。

1要素のアプローチだけで生涯の友(伴侶)となる人もおられるし…、後は時期と、タイミングと、時代の風潮、その流れ、時代観によるアプローチ差にも寄るのかなぁ。

多分、あれこれ考えるよりも自然さや自然な成り行きが、意外と何よりも一番ベストかもしれません。(顧みたとしても)自信を持って!

夫婦になっても、バイオサイコソーシャルスタンス?が大事になってくるのかなぁ。うん、そうでしょうね。

注釈:⑴「新・精神保健福祉士養成講座 4 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ 第2版」中央法規出版 P132 L10より引用

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私の性格

2021-01-24 22:59:05 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、私の性格を表している一端について、書きたいと思います。

実は、一昨年まで元住まいで子供の面倒を看ていたのですが、コロナの影響で通えなくなり、呼び寄せました。元夫とは、永年の生活感の違いや、性の不一致、そして私の実母との不仲などの理由もあって。

元夫とは、本当は随分以前から心の隙間は感じていたのですが、離婚に備えて少しずつその分のお金を貯えようとか、用意周到には、元夫を想えばこそ想像するだけで、かわいそうで出来ませんでした。
▲「それはひどい話ね1」ACworkさん 写真ACより

その代わり、家を出る前までに家の一切のお金を使い尽くし、家を去りました。それもあって、現在も請求もしないし元夫から援助もありません。

そもそも元夫が夫の実家に一人で帰宅して不在中に私のメインの荷物を移動させ、かなり前から夜も眠れない日々が続いていた私は、元夫に事情を重ねて伝え謝りつつ、

最終的に離婚届に不承不承印を押してもらう形でした。自分(私)が生きていくためには如何ともし難いとの判断でもありましたし(なんせ眠れないので)、その気持ちは今も変わりません(今は眠れてます)。

いつの日からか、婚姻中の時ですら、元夫の不幸感漂う表情が気にはなってはいましたが、最近子どもを介して会う時があっても、決して私と度にいがみ合うようではないのですが、

更に表情険しく悲壮感漂う様子に、何とも言えぬ気持ちになります。

皆さん、どうしたらいいんでしょう?

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

《ご注意&お詫び》
皆さん、上記のことは決して真似しないでください。
相手によっては、半殺し?にあっても不思議では無いかもしれません。つまり、暴力を誘引する原因になったりする可能性があります。

そもそも、あなた様が私と全く同じ前提条件の上で成り立つ決行にはなり得ないので、このような時は個々の様々な良心的な条件を鑑みて相手との相談協議の上、解決に向けて努力を重ねることが一般的に大切です。

その結果、双方にとっても後々(のちのち)にも、望ましく導かれることはお察しの通りです。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもとの関わり方④

2021-01-23 19:40:28 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、子どもと大人の絆を深めるプログラム(Child-Adult Relationship Enhancement)の続きについて、書きたいと思います。

前回のブログまで3回このシリーズが続きましたが、今回で最後4回目総まとめ的な「反対のよい行動」について、触れていきましょう。

常日頃、好ましい行動を具体的にほめることは、“子どもがいい態度でいるのをみつける”ことにとても有効です。問題行動とは反対の、好ましい行動をほめるようにしていると、
▲猫がウサギをほめる…的な構図が我が家です。

子どもは今までの自分のやり方を変えていくようになります。注意をひくための行動があって、それに対しよい行動をとり、大人が具体的にほめる言葉がけをする、そのサイクルが大事になります。

サイクル例:(話に割って入る)⇒(話す順番が来るまで待つ)⇒(待ってくれてありがとう、待てたねすごいね、待つの大変だよねありがとうね、等)

(勝手に兄弟の物をとる)⇒(交代で使う)⇒(二人?でルールを決めてえらいね、譲り合えてえらいね、仲良くできていいね、等)

ここでも、もちろん3Pと3Kがネックになりしばしば登場しつつ、以上のようにサイクル化させて、必ずほめることを忘れずに。

因みに、このスキルは児童心理の方から直に教わり、私の場合は実践にあたり度々どこ吹く風的心理に陥り、最後はどうにでもなれ!的になってしまうんですけれども、

シリーズ4回を通して全体的に言えることは、私も何回も言われましたが、ハードルが低い子どもとの場面から徐々に開始し、従うことがさほど重要でないシーンで使いこなすことが達人への秘訣らしいです。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもとの関わり方③

2021-01-23 18:51:58 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、子どもと大人の絆を深めるプログラム(Child-Adult Relationship Enhancement)の続きについて、書きたいと思います。

前々回、そして前回とにわたり子どもとの関係性を強化し、そして適切で効果的な指示の出し方について、触れてきました。ここでは、「戦略的に注目を与えない(選択的注目)」を考えます。

時に子どもは、こちらの注意を引くために好ましくない行動に出ます。それを減らすために戦略的に注目を与えない(選択的に注目を使い分ける)というスキルがあります。

何しろ子どもは注目されることが大好きで、否定的な注目さえも喜びます。叱られる行動すら享受に値することもあります。そんな時注目してしまうと、かえって不適切な行動を助長させてしまうことになります。

例(注目を与えない行動):話に割って入る、ふてくされる、言い合いをする、自慢をする、いばる、文句を言う、生意気な態度をとる、等。

(注目を与える行動):他の人をたたく、(理由がないのに)学校にいかない、自分や他人に危険なことをする、等。

以上のように、注目を与えない行動には、行動が止むまで注目を与えません。もちろん、好ましい行動には注目し(3Pのようにし)、適切な行動をとれば喜びとして、注目してもらえることを学ばせましょう。
▲喜びとして、3Pを使ってハグしてあげてもいいかもしれません。

問題になるのは、以前注目してもらえた行動が注目されなくなると、その行動は一端悪化します。また思春期の子供など行動を正されることに敏感なお子さんもいますが、始めの悪化行動がなくなるまで続けましょう。

その後、少しでも肯定的、中立的な行動が育ってきたら、それに対してフィードバック3Pや、注意を向けていきましょう。

今回のこのスキルもまた、ひたすら情けなくて溜息出ます。世の中、悩ましいなぁという具合にです。私自身学生時代国際交流のボランティアで子どもを看ていた時は、いったいどうしていたのかと摩訶不思議な私でございます。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもとの関わり方②

2021-01-23 18:08:28 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、子どもと大人の絆を深めるプログラム(Child-Adult Relationship Enhancement)の続きについて、書きたいと思います。

前回は、子どもとの関係を強化するという、3Pそして3Kによる土台作りに徹してきました。これらが達成できた段階でここでは、「良い指示をだす(こわれたレコードの練習)」について、扱います。

「こわれたレコード」とは、つまり中立的で同じ調子の声を保ちながら、直接的、肯定的に指示を出す練習のための、技法になります。

それは、ただ指示を繰り返します(こわれてしまったレコードのように3回まで)。全く同じ言葉で、同じように落ち着いた調子の声で、顔の表情はおさえて、指示と指示の間は5秒待ちます。

何度目かの指示に子どもが従ったら、心から具体的にほめます。ここのフィードバックがとても重要です(私はここがなかなかできず、スルー気味で、何だか今日すらとても自己嫌悪(*_*))。
▲時には、親同士連帯して

大人:「テレビを消してください」
子ども:「このCMを見なきゃいけないの」
大人:「テレビを消してください」
子ども:「だけど、私これ好きなんだけど」
大人:「テレビを消してください」
子ども:(テレビを消す)
大人:「言ったとおりテレビを消してくれてありがとう‼」(ここが、肝です。絶対、絶対、必ず!)

それでも、子どもが従わない場合は、視線をそらしたり、背中を向けたりしますが、あくまでも拒否的にならないようにして、可能であればただ注目を払わずにいるようにします。

子どもの良い行動に注目することがとても大事で、3Pと3Kを意識した言葉付けを行うと良いでしょう。

今日も、ダメ親な感じですけど、なんとかこのスキルにすがって…。怒(いか)ってると、知識もプライドも何もかも全てすっ飛んでしまうので、同じ声の調子のこわれたレコードですよ、皆さん、本当に注意しましょう。

そうそうよい指示とは、丁寧に、中立的に、直接的に、肯定的に、明確に、(時に選択提示もあり)、説明は少なく、そして5秒間ルール、を守ると良いようです。ほめることも忘れずにね。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子どもとの関わり方①

2021-01-23 11:52:58 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、子どもとのかかわり方『CARE』について、書きたいと思います。(『CARE』の略は、C:Child、A:Adult、R:Realtionship、そしてE:Enhancement です)

先日、児童相談所の専門家の方から、直にお聞きした子どもと大人の絆を深めるこのプログラム、大変有意義でした。皆さんとシェアしたいと思い、アップします。

まず、子どもとの関係性を強化するために、「3つのP」が重要になります。3つのPとは、「繰り返す(パラフレイズ)」「行動を言葉にする(ポイントアウト)」、そして「具体的にほめる」です。

「繰り返す」とは、子:映画見たいなぁ、大人:ああ、あの映画見たいんだね、みたいなやり取り。「行動を言葉にする」とは、大人:静かに座っているね、大人:机の上を片付けているんだね。

「具体的にほめる」とは、大人:最後まで投げ出さずよく頑張ったね。大人:洗濯物を取り込んでくれてとっても助かったわ、的などちらにとってもよい気分になる効果を保たせてくれます。
▲子どもの笑顔はうれしいものですよね。難しい時もありますが…😢

反対に、減らしたい「3つのK」があります。3つのKとは、「命令(コマンド)」、「質問(語尾が上がるようなもの含め)」、そして「禁止や否定的な言葉」です。

3Kは、肯定文で増やしたい行動に注目するようなことを、伝えるだけで3Kにはならず良いとのことです。

3Pにしても3Kにしても、特に兄弟や姉妹のお子さんをお育てになる親御さんにとっては、とても重宝できる魔法のスキルになるのではと、一人っ子育ちの私としてはしみじみ感じる次第です。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相手への上手な断り方

2021-01-17 12:35:47 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「相手への上手な断り方」について、書きたいと思います。

皆さんは、過去の男女のお付き合いを通して、上手なお付き合いや別れ方ができたかな、と思う経験はございますか?

男女の恋愛関係の縺(もつ)れになったり、一方的に想いを寄せられ、どうしたらいいのか分からない経験って、どなたも少なからずも少しはありますか?

そんな時、相手から断らせるように持って行くことが、一番大事になります。

その為に、何か策を巡らす、考えをまとめる、それを願う、そして(相手のそして自分の)事実を積み重ねさせるだけで、意外とその通りになる可能性も大いにあります。

時間も要する時もあるし、意外と思う通りにならないこともありますが、相手にとって何が最善なのかを願う気持ちに寄り添うだけで、相手にとって気付かせてあげられる行為も相手への協力心から友人でいられる一歩でもあります。

相手に告らせるように仕向けることも一手で、(心の)優しい拒絶によって立ち直りを早くさせる改善効果もあるし、大事な肝は相手から恋愛を終(しま)わせるように仕向ける行為が大事になります。

その為には、例えば不倫な想いで悩める時にも、関係者や周囲に自分の気持ちを漏らしてみることも始末(しまつ)の一端になります。後は世界が世の中が何とかしてくれる結果(何ともならない結末も)を待つだけで大丈夫です。

時に、ある事実を積み重ねるために、自分自身が孤独の楽しみ方だけでなくやるせなさも味わって、なお迎える試練も例えば感化され自分の気持ちもブレる時もあるし、

行きつく先は慕情の募った相手ということもあるかもしれませんが、時間と(その相手と)共に解決されるのを待てばいいと、私は思います。

身体の関係性を持つ(婚姻関係の元夫婦など)と、そのような通りにはすんなり行かない可能性も想定されますが、基本は相手の幸せを願うこの通りで良いはずです。
▲方向性は違えど、我らは同志だったし友人です!って言えたらいいですよね?

後は、自分は何に向かいたいのか、その時必要な男/女はどんな人なのか、どんな職業の男/女なのか、どんな特技があると自分の生活感の中にマッチするのか、それを問い続けることこそ大事なのかなって思います。

何れにしろ、この世の中には数多(あまた)の男女が存在するわけで、その中で基本的には唯一一人本当に心と身体の通う人と、人生のうち最も濃い特別の時間を過ごせればいいはずなので、

去る者を追わず失恋しても懲りずめげずに、より自分の人生をお互いに良くできる人を求めることが、己の人生を豊かにしてくれる秘訣なのではないかと、自らにこそ心から願って止みません。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする