編者のつぶやき

川田文学.comの管理者によるブログ。文学、映画を中心に日常をランダムに綴っていく雑文

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五百野

2014年10月30日 | Weblog
川田作品は、五百野(イオノ)が一番支持されているようです。
この作品は、群像新人賞の次点になった作品で、落選理由としては、古典的作風、実名を主人公に上げた自分史である、とされた。
「砧をうつ女」の李恢成は推してくれた。
当時、バブルまっさかりで、昭和30年代の時代背景の作品なんて古くさい、という印象が特に強い頃だった。

という、概略的なことは、これくらいにして…。

五百野には、時代性とか、私小説だとか、そういう、現代文学界の暗黙のタブー(あくまで個人見解です)を越えた魅力がある。

ことばにするのは難しいが、自流で言ってしまえば「静謐」だろう。