千の風になって

心は自由に羽ばたいて~

暑中見舞い

2018-07-21 | 画像加工

ブログのUPもすっかりご無沙汰していました。

今年の暑さは、尋常ではないですね。

サークルの義務だけは何とかこなしながら、

ダラダラと過ごしています。

パソコン開けたくなぁ~い!

面倒くさい!

Word、Excelを使って作成する以外、ほとんどスマホで遊んでしまいます。







応用講座のお当番が回ってきたので、久しぶりに「万華鏡」をやってみました。

ビー玉の画像を使って作りました。

その画像をネットからお借りした写真にはめ込んで、

夏のご挨拶です。








暑さに気をつけながら、そろそろやる気を出さないと・・・

なんて思うこの頃です。

コメント

至福のひと時 「音楽」 と 「シネマ歌舞伎」

2018-06-22 | Weblog

T 先生宅で開かれた「テノールと バスバリトン を聴く夕べ」

その名も “ 6月のダンディズム ”

お二人の男性の力強い歌声に魅了され、お酒も飲まないのに、酔わされました。





テノールは、二期会会員の高田正人さん

やはり二期会会員の バスもバリトンもこなせる加藤宏隆さん

ピアノは、植村美有さん、とっても魅力的です






2mほどの近さで聴くお二人の歌声は、迫力満点、素晴らしかったです!

身体は楽器なんだなあ~って、感心しきり・・

休憩時間は軽食タイム

いつもこの時間が大好です!

今夜の飲み物は、銀河高原ビールヴァイツェン、飲める方はいいですね

アルコールがダメでも、ウィルキンソンジンジャエールが楽しめます。






お料理はどれもみな美味しい!

デザートのティラミスは、とろける美味しさでした。

コーヒーを飲みながら、第2部を聴く

お二人の軽妙なやり取りも楽しい

闘牛士の歌・・・オペラ「愛の妙薬」など、最後まで盛り上がりました!





素敵な余韻を残して、足取りも軽やかに帰宅したのでした。




少し前ですが、シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕り物帖」を観てきました。


映画を見る前にコンコルドホテル「王府井」でランチ

アナゴが乗った冷製麺がすっきりした美味しさ!



眼下に浜松城公園、遠くに太平洋を眺めながら、

先日の旅の思い出語りに盛り上がります。


さて、映画館へ

こんな歌舞伎見たことないって、思うほど、面白かったです。

歌舞伎座で殺人事件っていう物語なんです。

ちょっとドタバタっぽいけど・・・


笑える場面がいっぱい!







去年の「八月納涼歌舞伎」で披露された歌舞伎座での作品がシネマ化されたものです。

うっとおしい季節にスカッとする1本って書いてありましたが、

確かに、後味がすっきり!

気持ちが空っぽとなり? ストレス解消になったのでした。




コメント

アートの島「直島」へ

2018-06-08 | アートの島 「直島」

四人旅 三日目は瀬戸内海に浮かぶ「直島(なおしま)」へ

宇野港からの船に乗り遅れてはいけないので、ホテルを早く出発!

岡山駅から宇野まではJR宇野線でローカル風景を楽しんでコトコト・・・

宇野港からフェリーに乗ります。




小さい船かと思ったら、え~!大きい!

そして、乗る人がいっぱい!

私は「直島」のこと、あまり知らなかったんです。

5年ほど前、静岡県立美術館で草間彌生展を見た時、

赤カボチャ・黄カボチャのオブジェがどこかの島にあると

書いてあったような記憶があって、それが「直島」だったのね~

くらいの知識しかないまま、今回訪れた「直島」でした!


宮浦港に入ると、船から見える「赤カボチャ」
















さっそく、近くまで・・・中にも入れます。





若い人たちが多い! 







少し歩くと、白い網目模様のオブジェが漁港をバックに置かれている。




「直島パヴィリオン」建築家 藤島壮介氏の作品だそうです。





こちらも中へ入れます。モデルさんみたいなお二人の後ろからパチリ!



船に乗っていた観光客はいっぱい居たのに、どこへ散らばったのかしら?

乗り合いバスも、カボチャと水玉!





バスの便は悪い!

待っているうちに臨時バスが出て、無事、地中美術館まで行けたのでした。

ここでも番号札をもらって、入場券を買うほどの混みようでした。

瀬戸内海の美しい景観を損なわないようにって、

地中に美術館を作ったんですって!

安藤忠雄氏設計です。


切符売り場から美術館へ行くまでのアプローチが素敵でした!








いろいろなお花の饗宴!

美術館の中にモネの睡蓮の作品があるのですが、それにちなんで

このアプローチをモネの庭のようにしつらえたとか・・・後で読みました。











中は撮影禁止。

コンクリート打ちっぱなしの大きな空間に

不思議な感覚を覚えるアート作品

大きなお部屋に作品が一つずつ・・

三つの作品しかないのですが、迷路のような建物そのものが作品なんですね。





「ベネッセハウスミュージアム」へはシャトルバスで・・・

小高い所にあるので、景色は抜群!

でも、バス停から建物の入り口までは、





坂・坂・・・少しの坂もたいへんです!







見下ろす海岸にもアート作品が・・・





このベネッセハウスも大きな建物で、安藤忠雄氏設計の美術館とホテルの機能を備えたものだそうです。



お腹もすいたので、明るいレストランで、いかすみカレーをいただきました。










広い空間をさまようけれど、少々疲れが出てきて、もう、港へ戻ろうかと全員一致

バスを待つ間 ~暑い~ 海風は気持ちがよいけれど。




バスも港までの直行はなくって、途中で乗り換えです。

車窓から、「黄色いカボチャ」を見っけ!


バスを降りて歩くには、遠すぎる。


バスの中から、かすかに見えるカボチャをカメラに収めて満足する





乗換停留所「つつじ荘」

この日はとても暑い日で、若者は海で水遊び・・・






直島には、まだまだ見どころがたくさんあったようですが、

島にはタクシーはなく、町営バス路線を利用するしかないので、

とても回り切れませんでした。

若者はサイクリング ~~ 自転車で回っているようでした。

宮浦港から宇野港まで、帰りのフェリーで戻ります。







この「直島」で一番驚いたのは、外国人観光客がとても多かったことです。

新聞で読んだんですが、この直島のベネッセハウスや「オーバル」というホテルなどが

「世界で訪れるべき7か所」として、

アメリカの雑誌「Traveler」にパリやドバイと並び紹介されたそうです。

なので、国内よりも海外で先に知られたようです。

アートプロジェクトや、癒される自然も人気なんでしょう。

この賑わいと、外国人の多さ を納得しました。

なかなか魅力的な島でした。








旅行の後は、1週間ぐらいゴロゴロ余韻に浸りたいなあと思うんですが

そうもいかず、その後のサークルも休まずこなしていました。

超が付くくらい疲れましたが、楽しかったし、面白い旅でした。

今年も4人で旅行が出来たことがうれしかったです。

備忘録として書き留めましたが、長々と見てくださって有り難うございました。




コメント

倉敷美観地区を歩く

2018-06-07 | 倉敷美観地区
四人旅行2日目

美観地区の中にある “ 倉敷アイビースクエア ” に泊まった翌朝、

9時には出発ね! なんて言ってたのに、

朝食後、ホテルのアイビーショップに寄ったら、

倉敷特産品や、お土産に迷い始め、キョロキョロしているうちに、

あっという間に10時半過ぎてしまって、

キャー~~!と、 急いでチェックアウト、荷物を預けて出発!

団体ツアーではない自由な旅なので、

まあこれもいいねと、いつもおおらかな私たちです。

この日は一日中、美観地区を楽しめばいいから、気が楽です。


12年前、このホテルに泊まりはしなかったのですが、

レンガに絡むアイビーの紅葉が雨に濡れてきれいだったことなどが思い出されました。

今は、新緑のアイビーが瑞々しい!





倉敷アイビースクエアは、元代官所、そののち倉敷紡績所が建ち、

その跡地にホテルや複合施設が作られたそうです。




今日は快晴です。



倉敷川沿いをぶらぶら歩きです。





川船が行き来して、景観に情緒が増してます。





民家や蔵を改装したお店やカフェ

お店を覗くのも楽しい♪




シャッターを押してくれるというおじさん
(私たちよりずっと若いでしょうけど、おじさん!)

ここで並んで~って、あちらこちらで撮ってくれて・・・

ちょっと怪しいかなって思ったけど、

7,8枚撮ってくれて、ハイ100円と言われた。

あれ! 商売なんだ~

でも100円ならいいね!

おかげで、ここでも4人の記念写真が出来ました!



大原美術館へ




中は撮影禁止なので、絵の写真は、ネットからお借りしたPR作品です

今回楽しみにしていた「児島虎次郎記念館」が閉鎖されていて、

この大原美術館に少しだけ展示されていました。




疲れたところで、遅めのランチ

12年前に夕食を食べたレストランへ行ってみることにしました。




あ~ここ、ここ! 雰囲気を覚えていました・・・「亀遊亭」

お店の方に12年前にも来たんですよ~って、おしゃべりも弾んで、

4人並んで、写真も撮ってもらいました。(うふふ)




お腹いっぱいのところで、又ぶらぶら歩き・・・












川の水面に映る柳 船頭さんも一服





私たちもお茶したくなって、路地裏のコーヒー店へ


Kobacoffee・・・この喫茶店、当たり!でした!

コーヒーも美味しいし、スポンジケーキも美味しい!



友達が食べたチーズケーキも!

冷たいコーヒーグラニテも! これも食べたかった!

とても美味しかったそうです。

挽いてもらったコーヒーを買ってきました。





陽も傾いてきたので、


そろそろ、ホテルへ荷物を取りに行かねばねって・・・

この日のお泊まりは、岡山です。


倉敷駅から岡山までは JR 山陽本線です。

ホテルは岡山駅前

アラ~!  お部屋の窓から岡山駅が眼下に見えます。




隙間から新幹線のホームが見えます。

こんなこともうれしいんですね。

夜遅くまで、窓辺から岡山駅前の様子を楽しんで、次の日は「直島」へ行きます。





コメント

瀬戸内しまなみ海道 島めぐり

2018-06-04 | しまなみ海道

先週、恒例の4人旅をしてきました。

目的地は、みんなの気持ちも一致して瀬戸内海に決まり!

さわやかなお天気! 5月24日浜松駅出発~~~2泊3日の旅です。



1日目 尾道からしまなみ海道を通り、向島・因島・生口島・大三島・倉敷まで。

まずは「尾道」です

千光寺ロープウェイで展望台まで



ワオ~お天気もいいので、素晴らしい眺め!







12年前、この展望台からしまなみ海道への橋を見て、

いつかあの橋を渡ってみたいねえて言っていたのが、今回で実現です。



少しだけ文学のこみちを下ってみました。


午後から観光タクシーを頼んであるので1時までに尾道駅へ戻らなくってはね

ちょっと急ぎます。

以前寄った有名なラーメン屋さんが定休日



一応、尾道ラーメンを食べてからタクシーに乗り込む

いざ、しまなみ海道へ

まずは尾道大橋を渡って「向島」です。

4月脱走犯が隠れていたというあの島です!

なかなか捕まらなかったので、ハラハラしていましたが・・・

TVで見ていて、島なら捕まりそうなものなのにって思っていましたが、

いや~! 島が広いんですね!

たくさんの警官やマスコミで、島は大変だったらしいです。

「生口島」の「平山郁夫美術館」へ



静かなたたずまいで、ホッとする美術館でした。






子供のころの絵とかあって興味深かったんですが、

あまりゆっくりは出来ないのが残念!


美術鑑賞の後は、「ドルチェ」瀬戸田本店でジェラードを頬張る!



しまなみ海道、海沿いのお店、忘れられない美味しさ!

その美味しさに暑さも疲れも吹っ飛ぶ

食べたのは、“ 伯方の塩 ”と “ 尾道の桃 ”の2種類だったかな

有名なお店らしく、色紙のサインがたくさん並んでいる



一番美しいと言われる「多々羅大橋」を渡って、大三島まで



「大山祇神社(おおやまづみ神社)」へ

パワーポイントがあるらしい・・樹齢2600年の大楠



すご~い! 立派な神木でした。





「因島」では、因島水軍城へ



戦国時代に活躍した村上水軍のお城です

楽しみにしていたのに残念! 休館日でした。

下から見上げるばかり。



そして、「向島」に戻って、標高283mの高見山で素晴らしい眺望を眺めたのでした。



瀬戸内海に浮かぶ島々・・・美しい!



霞んではいるけれど、いいお天気でラッキー!








この頂上で、もう予定の6時になっていました。

ここから倉敷のアイビースクエアホテルまで1時間半くらいと、運転手さん

7時半ころ、ホテル到着



超過料金を覚悟していましたが、

なんと、仕事はこれで終わりだから、いいですよとのこと!

運転手さん、太っ腹~~うれしい!

親切で感じのいい運転手さんでした。

観光スポットで、4人の写真も撮ってくれたので、

今回は記念写真がいっぱい出来ました。




1日目から長い文になってしまいましたが、また、2日目を書きます。




コメント

浜松市美術館へ行ってきました

2018-05-19 | お出かけ
ブログにすっかりご無沙汰していました。

気がつくと、わが家の小さな庭のヒメシャラが今年はたくさん花をつけていました。

ヒメシャラより花が大きいので、夏ツバキかなと思ったのですが・・

葉に鋸歯があるのが、ヒメシャラだそうなので、

ちょっと花が大きいヒメシャラなのかと思うんです。



一日花なので、写真を撮ろうと思いながらも出かけてしまうと、夕方、もう落花!

やっとカメラに収めて、やれやれ!



季節が移っていく!


忙しかった ~ ~ 4月も5月も(まだ後半あるけれど)・・・

でも でも、来週は楽しい旅行が待っている!

先日、4人で旅行会社へチケットを受け取りに行って、

実感! あ~行くんだなあって!

4人集合したので、予定していた浜松市美術館へ

「日本洋画150年展」を見に行きました。




なかなか見ごたえがありましたよ。





リニューアルしたというけれど、様子は何も変わらず、

空調のリニューアルだけのようです。




美術館の売店は楽しい!


駐車場から来ると、建物の裏側(大きな室外機の側も通る)を通って

入口に行くようになる。

車ではなく歩いてくれば、大通りからのアプローチは雰囲気がいいけれど・・・

もう少しステキな美術館になるといいのになあ!



お昼は、「 もろ川 」で 焼き鳥ランチ




炭火焼の鶏肉が美味しい!




お茶は、4月にオープンした スタバ へ




このスターバックス、ロケーションが抜群です。


浜松城公園の中にあります。






、緑の木々に囲まれてお茶が出来る・・・おしゃべりも弾みます・・・





お茶しながら、行程の確認などしているうちに、ワクワクしてきました。

どんな旅行になるのやら、今から楽しみなんです~~~


コメント

竹島水族館 面白かったです

2018-04-15 | お出かけ
蒲郡にある竹島水族館へ行ってきました。

と言っても娘の家族に連れて行ってもらったのですが・・・

以前は、孫たちを連れていく立場だったのが

逆転!  最近は、連れて行ってもらえるようになったバアバです!



最初にお目にかかるクラゲたち




私も一緒に漂って~ ふわふわ感がいいねえ~

手作りの絵と説明文が分かり易い




しばし海の底を覗いてるような感覚






こりゃなあに?

まだ未完成の魚?




いえ、ウーパールーパーですって!

でも、ウーパールーパーは、以前、焼きそばのコマーシャルで使われた時に

付けられた名前なんですって!

本当の名前は「 メキシコサラマンダー 」

ちょっと気持ち悪いけど、ユーモラスなお姿ですね。





いろいろな表情・・・・





動くのでなかなか捉えられないけど。


魚たちのアパートかな?




魚の名前ではなく、人間の名前が付いていて面白いよ!






「 カピバラ 」が居ました!

え~!ここ動物園?

巨大なネズミだそうで、水辺に生息しているようなので、

水族館にいても不思議ではないですね。

カピバラって、温泉に入るので有名でしたっけ・・

カピバラママはずっと立ったまま、おっとりと、我慢強く?ベビー?に授乳です。





いつもは「カピバラのショー」をやってるみたいですが、この日はお休みでした。




次はアシカのショー

ボールのやりとり、投げ輪も上手!







おねえさんとアシカの会話?・・・面白かった!




アシカ、頭がいいね!





グル~っと見て、あ、もう終わり?・・・そのくらいがいいね。

疲れません。

孫たちも大きくなったので、世話をしなくていいので、余計疲れません (^_-)-☆


竹島への橋近くまで ぶらぶら歩いて・・・

カモメやハトがいっぱい、トンビも飛んでいます

食べものを持っていると低空飛行で飛んできて狙われます!






あ~ ここは、ずっと昔、若いころ来たことがあるような、懐かしい場所でした。

小さいけれど、手作り感いっぱいの水族館、半日遊ぶにはちょうど良い所でした。



コメント

浜松フラワーパークで お花見!

2018-03-30 | お出かけ




28日水曜日、フォークダンスのお仲間20人と

フラワーパークでお花見をしてきました。

この日はお稽古日でしたが、踊るのはやめてお花見だけ!

お天気は素晴らしかったし、桜もチューリップも満開!



お花たちも咲きそろって賑やかでしたが、

私たちもかなり賑やかです。






















いつもは遅い枝垂れ桜も、この時期に同時に咲いていて、

どこを見ても、きれいです。























今年は、このチューリップの間に入って、皆で記念撮影!





面白いおじさまが バッチリ上手に撮ってくれました。

ふふ・・・ 顔写真はタブーなので、載せられませんが・・・





まとめて買ってくれたお弁当を食べる昼食タイム!


あちらから、こちらから、お菓子が飛び交います。






あの観覧車に乗ろうね~ みんなで~

私たちのサークル、なんでも全員参加!


観覧車から見下ろす サクラ・サクラ です








遠くに舘山寺が・・・霞んでますが・・






はしゃいでいるうちに、あっという間の一巡でした。





しゃべっていたら、もう終わり 降りる時だったとか・・(^_-)-☆

どなたでしょう?


サクラソフトクリームを食べて、楽しい花めぐりが終わりました。

一気に春を迎えた気持ちになり、いい一日でした!





コメント

メジロと桜

2018-03-12 | Weblog


今、わが家の桜はもう満開を過ぎてしまいました。




5月の連休頃にはサクランボが・・・今年の収穫はどうかなぁ~



花が開く前は、ミカンをおいて、

ついばみに来るメジロを楽しんだのでしたが、

の~んびり楽しんでいるうちはいいけれど、すぐ写真を撮りたくなる!












そ~っと窓を開けて、カメラを構える時はちょっと寒い!!








花が開くと、今度は花の蜜を吸いに来る

それはそれで、カメラで追いかけたくなる!






メジロは、ほとんど、つがいでやってくるのに、

珍しく1羽で来たメジロが花から花へと存分に蜜を吸っていました。





若いのか毛並みがきれい!

まだお相手がいないのかなぁ~とか想像しながら、

日がな一日、桜とメジロを見ていたのでした。







佐鳴湖の「河津さくら」


河津桜がきれいだよーーと聞いていたので、

思い立って、佐鳴湖へ散歩に行ってきました。






木は大きくはないけれど、

湖畔に咲く「河津桜」を見ることが出来ました。


ピンク色の花びらがかわいい!





カメラマンたちが大きな望遠レンズをつけて、

桜とメジロを狙っていました。






湖畔を歩くのは気持ちがいい!





これからも、もっと佐鳴湖へ歩きに来よっと思いました。






コメント

海老蔵さんの 「 光源氏 」 美しかった!

2018-03-04 | 歌舞伎
特別公演「源氏物語」を3月2日に浜松アクトシティ大ホールで鑑賞!

素晴らしい舞台を堪能してきました。

市川海老蔵さんが浜松で公演なんて初めてと思います。

これは絶対行かなくっちゃと、チケット発売日に固定電話とスマホ 二つを手元において、

交互に掛けること1 時間・・・かからないので、

もうあきらめようっと思った瞬間、スマホが通じた!

え~?! かかった!  

ドギマギしながら、4人分予約したのでした。

この日を友達と楽しみにしていました。

2階席だけど、それで十分!




歌舞伎 と 能 と オペラ のコラボレーション

最先端の映像も駆使して という舞台

特製パンフレットもついていて、お得感!


~ 朧月夜より須磨、明石まで ~

「世継の翁」が物語を解説しながら舞台を進めるので、とても分かり易かったです。

もちろん、音声ガイドも借りましたが・・・

翁の声がよく通ると思ったら、「茂山逸平さん」という狂言の方でした。

そして素晴らしかったのは、流れるように歌うカウンター・テナーの歌でした。

深みのある歌声は、彌勒忠史(みろくただし)さんというオペラ歌手の方でした。

「夕顔」を演じた海老蔵さんの妹ぼたんさん、

嫉妬に狂う六条御息所の幻に 打ち据えられるところなど、

さすが日本舞踊家、表現が豊かで迫力満点でした。

人の心理をお能で表わし、歌舞伎とお能がとてもよくマッチしていました。

お能の演技もすばらしいのですが、お能の衣装がきらびやかで美しいこと!

もちろん歌舞伎の方の衣装も素敵で、

画像なら、ちょっと止めてゆっくり見たいくらいでした。

海老蔵さんの「光源氏」 本当に美しかったです!





傷心の須磨行きの憂いのある姿や、

明石の君との間に出来た姫君を連れて 都へ帰る時の後ろ姿とか・・

そして、都へ帰っての華やかな装い




( 2枚の画像は クリアファイルです )

薄いピンク色の直衣で、何度ものカーテンコール(歌舞伎では 何ていうのかしら)

この最後の華やかな美しさが印象的でした。

幕よ、降りないでって!


浜松で、素敵な舞台を観れて良かったねえって外へ出たら、

きれいな満月が浮かんでいて、

舞台の朧月夜ではないけれど、いい夜になりました。

遅い夕食をとりながら(夜の部は 17時からの公演だったので)

4人のおしゃべりが いつまでも尽きない夜でもありました。



コメント (2)