デブと某医の「ひょっこりポンポン山」

術後8年クリアー「腎がんのメモリー」、トルコ・バルト三国・イタリア旅行記、 吾輩も猫である、人生の棚卸しなど

月日は百代の過客にして…

2020-01-26 13:24:13 | 人生の棚卸し
 ほぼ毎夕ジョギングをしています。暖冬とは言え夕刻はさすがに寒く「今日はやめようかなぁ」と思う日もあります。それでも少し陽が長くなり、暗い道を走る或る種ストイックな昂ぶりは薄れました。地球はまわり季節が移ろいつつあることを肌で感じます。  月日は百代の過客にして行きかう年もまた旅人なり。芭蕉さんは、俳句より散文のほうがえぇなぁ…なんて記せば生意気が過ぎますね。生意気ついでながら「奥の細道」序文に . . . 本文を読む
コメント (15)

優しみの…悲愴

2020-01-19 18:09:23 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 NHKスペシャル「認知症の第一人者が認知症になった」。初回放送は見逃したもののブロ友さんに教えられ再放送を視ることができました。80代半ばに認知症を病み97歳で旅立った私の父の、言葉も表情さえも喪った最晩年を想いつつ番組に見入りました。  長谷川和夫さん(90)は、日本における認知症医療の草分けの医師であり、その第一人者の研究者として知られます。  認知症とは何か。どう見分けるのか。この研 . . . 本文を読む
コメント (12)

です!ます!ではなく…

2020-01-08 16:24:42 | 人生の棚卸し
 元旦の朝刊トップは、中国企業が「国会議員5人に現金」「ゴーン国外逃亡」。新年早々には米国による「イラン軍司令官殺害」。報復合戦を危惧していたら先刻!イランが「イラク駐留米軍基地をミサイル攻撃」のニュース。なんなんだ!と暗澹たる思い也。  政治家というのは百万円の現金を貰っても「忘れる」ものらしい。忘れたと言いながら「もし事実なら返す」と。庶民感覚ウンヌンなんてものではなく当たり前の罪悪感が欠如 . . . 本文を読む
コメント (6)

元旦の未だ明けぬ刻に

2020-01-01 00:00:37 | 人生の棚卸し
   新年あけましておめでとう存じます     早速 QPの2020年1月カレンダーをお届けします。     どんな年になるのでしょう? 否! どんな年にしますか?     権力者への へつらいも忖度も ごまかしも嘘も 諍いも殺戮も...なくそう!     元旦の闇夜に灯せ己が思い (デ某)           いつも私自身が思っているほどに「やわらかい」ブログではないようです。 . . . 本文を読む
コメント (19)

余力を残して…

2019-12-30 11:16:03 | 人生の棚卸し
 夏を過ぎた頃から元気がなくなり少し小さくなったシマ  可哀想であり愛しくてならず、しばしば声をかけては抱きかかえていました。ところが秋の深まりとともににわかに元気をとり戻しました。追いかけると嬉々として逃げまわる様子に胸をなでおろしています。それでもネコ(寝子)ぶりは相変わらずで、炬燵をだしてからはすっかりコタツムリ...うとうと転寝しつつ夢と現を行き来しています。  明日はもう大晦日だな . . . 本文を読む
コメント (14)

腎がん術後8年半検診~マチネの終わりに

2019-12-18 17:47:25 | 腎ガンのメモリー
               今月の初め 帰省したときの大山...今冬の初冠雪でした。  17日、腎がんの術後8年半検診で某医大附病に参りました。市バス、私鉄、もう一つの市バスと3つの交通機関に乗車します。その中の私鉄は通勤・通学ラッシュの快速急行。つり革もないドア近くで辛うじて立っていると、隣の若いお嬢さんがやたら私にもたれかかります。まさか私に痴漢する筈はないので(爆)「どういうこと?」状 . . . 本文を読む
コメント (24)

どんな時代から どんな未来へ...

2019-12-12 15:57:55 | 人生の棚卸し
 QPから2020年のカレンダーが送られてきました。犬猫シリーズだそうですが、猫は唯一我が家のシマジロウのみ。ところがなんと「12月」なんですよねぇ。シマとも相談した結果、一年も待てまセーヌ河!ってことでここに発表!しちゃいま~す。   シマサンタクロース...来年2020年12月のQPカレンダーです。間違えられませんように!  先日、友人に誘われ母校で開かれた「脱政治化する社会を問う」との . . . 本文を読む
コメント (10)

12月のQPカレンダー…自由と不自由と

2019-12-02 16:25:31 | 人生の棚卸し
 あっ!という間に師走を迎えました。QPの「12月のカレンダー」をお届けします。  妖精がほんとうにいるのか...なんて野暮なことはこの際!言いまセーヌ河 ですね。  深まり行く秋...変わり映えしませんが しばしの憩いをもとめ和知に向かいました。            和知(京都府)の自然食レストラン「菓歩菓歩」...由良川畔から撮りました。  レストラン「菓歩菓歩」は、注文して料理が . . . 本文を読む
コメント (14)

フランシスコ教皇(ローマ法王)のメッセージ

2019-11-24 23:48:33 | 人生の棚卸し
 フランシスコ教皇が来日され 早速!広島、長崎をご訪問されました。  戦争や紛争で苦しむ人たちを横目に、核兵器の保有や軍拡競争が続いている現状に対し  『これは神に背くテロ行為です』  『核兵器は世界や国の安全に対する脅威から私達を守ってくれるものではありません。   核兵器のない世界は実現可能であり必要とされています』と語られました。  平和を求める人々への大きな励ましに、こころ深く感動しました . . . 本文を読む
コメント (11)

あなたを励ましてくれた SONGS

2019-11-17 00:21:56 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 ギックリ背中! 背中がこむら返り!する感じで、毎年この時期に罹ります。きついのは三日余、急速に軽快します。が、今回は少し長引いています。じっとしていれば大丈夫ですが、立ったり座ったりするたびに背中に激痛が走ります。ドースルことも I can not!  『落ち込んだとき 挫けそうになったとき 寄り添ってくれる歌! ず~っと心に刻まれる歌!』『街行く人にききました。あなたを励ましてくれた歌は何で . . . 本文を読む
コメント (19)

カラダのことは検診カラダ!

2019-11-10 18:43:41 | 腎ガンのメモリー
 先日、ビオラの花苗を求め和知(京都府)まで60km余...車を走らせました。山々は僅かに紅葉していますが、深まり行く秋!には程遠い景色。既に霜月!ですけどねぇ。地球温暖化...なのに某ジョーカー大統領は「パリ協定離脱」を表明とはナンジャラホイ!                     由良川畔のピラカンサスと遠くに和知大橋  例年どおり市の特定検診を掛かりつけの医院で受けました。他市では有 . . . 本文を読む
コメント (11)

心コメ... 思いコメ...

2019-11-04 03:58:33 | ごあいさつ
 ブログを始めて7年余。一つの区切りとして、拙ブログにこの1年にいただいたコメントをランダムに転載させていただきました。少し、否! かなり! 長くなりますが、お付き合いいただければ幸いに存じます。なおコメントは一部割愛、字数調整しています。  おはようございます(ふき) 「老優のラストメッセージ」より(2018.11.9)       https://blog.goo.ne.jp/0000319 . . . 本文を読む
コメント (34)

きょうの我が心のアルバム

2019-10-29 17:09:44 | 人生の棚卸し
 少し早いですが「11月のQPカレンダー」をお届けします。舞妓さんて、なぜか後ろ姿が似合うのは、表情よりはるかにその情感を醸しているからでしょうか。11月の京都... 月末には楽しみにしている催しがあります。でもここでは敢えて!触れまセーヌ河  朝ドラ「なつぞら」が終わり北海道の景色がいっぺんに遠くに行ったようで寂しくなりました。つづく「スカーレット」は戦争直後の信楽(滋賀県)から始まり、 . . . 本文を読む
コメント (12)

この秋の連ドラ

2019-10-24 16:56:41 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 大河ドラマはじめ「連ドラ不作」の時代。国民的ヒット曲が生まれず、NHK紅白が凋落するのと軌を一!にします。多様化!個性化!と言えば説明がつくのでしょうか。それとも旧い言葉では「連帯感」、今風には「繋がり(絆)」の希薄化の象徴でしょうか。  同期のサクラ ... 水曜 夜10時~日本(読売)テレビ系  10年前(2009年)、大手ゼネコンに入社した同期5人の歩みを1年1話で描きます。既に第3回 . . . 本文を読む
コメント (8)

The Autumn Leaves...枯葉(吾輩も猫である169)

2019-10-19 00:53:19 | 吾輩も猫である
 ブロ友Oさん家の愛犬Kくんが旅立たった。心からご冥福を祈る。  デ某家にあっても主人と細君が深い愛情を注いだコロ先輩が旅立って23年。その間、とりわけ細君にとって吾輩は大きな心の癒しとなった。が、最近は吾輩もやや老けこみ...日がなウトウト夢の世界に遊ぶ。その夢に時々コロ先輩が現れ手招きなどする。とは言え細君と主人のためにもまだまだ元気に生きなくては!と気合を入れている次第だ。  此頃は、吾輩 . . . 本文を読む
コメント (12)