富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は日本で初めての近代産業遺産として2014年6月25日付でユネスコ世界遺産に登録されました。

沼田薄根小学校での活動報告

2017年03月23日 16時04分15秒 | 世界遺産伝道師協会

沼田薄根小学校での活動報告

 

 10月4日(火)沼田市立薄根小学校で学校キャラバンを行いました。

 本校は昨年に続いての訪問で、今日は4年生2クラス72名の生徒さんです。

 クラス毎に分かれて世界遺産講話の組と、お蚕の一生のお話と座繰り体験をセットにした組を交代して行いました。

 講話担当のI上伝道師は優しい口調で丁寧に解説をしまして、H岡伝道師は座繰り順番待ちの生徒さんが手持無沙汰にならないよう、流動的にグループを作って話をしました。

 伝えなくてはならない事柄はパワーポイントを使って解説をして、少人数のグループ向けには反応を見ながら関心ありそうな話をする、この進め方は良かったと思いました。

 N木伝道師の指導での座繰り体験は、生徒さんたちをリラックスさせながら語りかけるように糸引きをしてもらいました。

 座繰り体験で生徒さんたちが関心を示したのは、煮繭した繭がお鍋の中で踊るようにして糸が引き出され、それが長く最後まで繋がっているということでした。

 絹製品といっても小学生には余り馴染みはありませんが、校長先生のネクタイが繭約150個とか、お母さんの着物が約2600個の繭とか話しますと、今日座繰り体験で接した繭や生糸が身近に感じられるかなと思いました。

 2時限分の授業時間を当てていただけると、余り駆け足ではなくゆとりをもって進められることも実感いたしました。

 本日の担当はI上伝道師、H岡伝道師、N木伝道師とY田でした。皆様大変お疲れ様でした。(S・Y記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富岡市丹生小学校での活動報告

2017年03月23日 16時01分09秒 | 世界遺産伝道師協会

富岡市丹生小学校での活動報告

 

10月12日(水)富岡丹生小学校で座繰り体験を行いました。

 今日は3・4年生17名の複合学級です。

 校長先生が来客中のため図書室で待たせていただきましたが、南の窓から広がる暖かな日差しを受けた、稲刈りを済ませた田圃が続く風景は素晴らしかったです。

 因みに、丹生小学校の生徒さん達も昨日地域の方のお世話で稲刈りを済ませたそうで、12月にはお餅つきをするとの事でした。

 本校は学校で養蚕をした繭での座繰り体験ですので、担任の先生から繭をお預かりしてポット煮繭をしました。

 今日は3・4年生の複合学級ですので、学年別に広岡伝道師がお蚕の生態や養蚕の歴史などを解説し、梨木伝道師と除村伝道師が座繰り体験を担当しました。

 図工室でお話と座繰り体験両方を行いましたが、生徒さんの数と教室の広さもあって、騒がしく混乱することもなく順調に進行しました。

 座繰り体験を済ませた生徒さんに煮繭した繭の糸口を出して渡すと、一人は繭を持って、一人は糸を引っ張ってそれを指に巻いたり、体に巻き付けたりと自由な発想で新しい発見を楽しんでいました。

 これは余談ですが、校長室に容器に入った甲子園の砂がありまして、同校の卒業生が甲子園出場した時の記念品との事でした。

校長先生のお話ですと、本校を卒業した二人の大学四年生が、本日のプロ野球ドラフト会議の該当者だそうですが、帰宅してから私が確認した限りでは、指名選手の中にはいなかったように思いました。

 学校周りの風景や今日の空模様もあってでしょうか、とても和やかなほのぼのとした心持ちで学校を後にしました。

 本日の担当はH岡伝道師、N木伝道師、Y村伝道師とY田でした。皆様大変お疲れ様でした。(S・Y記) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富岡市西小学校三年生と一年生の学校キャラバン報告

2017年03月23日 15時57分43秒 | 世界遺産伝道師協会

富岡市西小学校三年生と一年生の学校キャラバン報告

 

 10月25日(火)富岡市西小学校一年生と10月26日(水)三年生対象の学校キャラバン座繰り体験に伺いました。こちらの学校も生徒さんがお蚕さんを育てましたので、その繭を使っての座繰り体験です。

 共に二クラスで座繰り体験のみの学習ですので、座繰り器を二台使って行いました。

 初日は一年生です。今まで行ってきた三年生や四年生と比べますと、さすがに一年生は幼くて可愛らしい感じがしました。身体も小さいですしこちらの説明も理解できたかな?と不安もありましたが、やればできるものです!ちゃんと糸が引けました。特に今日担当の一人、M田悟伝道師は『昔取った杵柄』でしょうか、優しく丁寧に生徒さんに接している姿はさすがでした。

 楽しく賑やかに一年生二クラスの座繰り体験が無事終わりまして、本来でしたら撤収作業となるところですが、明日も当西小学校三年生の座繰り体験を行う関係上、後片付けを念入りに済ませて、機材一式は当校にお預かりいただくことになりました。

 翌日は三年生二クラスの座繰り体験です。

 昨日の一年生の経験があった為でしょうか、子供たちはこんなにも成長するものかと驚きました。座繰り器のハンドルを回す役目、みご箒を持つ役目も集中して役割分担ができました。又、中島進伝道師の補足説明もきちんと聞けましたし、繭糸をお友達同士で引き出して自由な発想で楽しんでいました。

 学校で養蚕した繭だけでは少し足りなかったので持参した繭を追加で使用しましたが、二日に亘る富岡市西小学校での座繰り体験が無事終了しまして、撤収作業を済ませて帰路に着きました。

 今回は二台の座繰り器を使用したため通常の倍の機材を運ぶことになりましたが、往きの初日は町田悟伝道師が、帰りの二日目は中島進伝道師が機材運搬を担当してくださいました。有難うございました。

 今回の担当は初日がM田悟伝道師、S井広志伝道師、H岡誠伝道師、Y村和子伝道師とY田で、二日目がN島進伝道師、S井広志伝道師、N木多恵子伝道師、Y村和子伝道師とY田でした。皆様大変お世話になりました。 (S.Y記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝道師協会 平成29年4月の活動等予定  

2017年03月22日 16時58分06秒 | 世界遺産伝道師協会

伝道師協会 平成29年4月の活動等予定

 

○  4月 1日(土)~ 2日(日)10:00~16:00 「富岡銀座まちなか交流館」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験、タッチパネルモニター解説)パンフレット配布・解説)

場所:富岡市富岡 富岡銀座まちなか交流館 

 

○  4月 2日(日) 10:00~15:00 「城下町小幡さくら祭」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験)

場所:甘楽郡甘楽町747-1 甘楽町総合公園

 

○  4月 8日(土)~ 9日(日)11:00~15:00「御用蔵春祭り」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験)

場所:埼玉県児玉郡神川町上阿久原 (株)ヤマキ     

 

○  4月 8日(日)~ 9日(日)10:00~16:00 「富岡銀座まちなか交流館」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験、タッチパネルモニター解説)パンフレット配布・解説)

場所:富岡市富岡 富岡銀座まちなか交流館 

 

○  4月11日(月)10:00~15:00 「赤城南面千本桜まつり」で伝道活動(パンフレット配布・解説)

場所:前橋市苗が島2511-2他               

 

○  4月14日(金)~16日(日) 10:00~16:30『「富岡製糸場と絹産業遺産群」と「佐渡金山」観光PR』で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説)

場所:東京都中央区日本橋室町1丁目だいし東京ビル内「ブリッジにいがた」

 

○  4月15日(土)~16日(日)10:00~16:00 「富岡銀座まちなか交流館」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験、タッチパネルモニター解説)パンフレット配布・解説)

場所:富岡市富岡 富岡銀座まちなか交流館 

 

○  4月22日(土)~23日(日)10:00~16:00 「富岡銀座まちなか交流館」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験、タッチパネルモニター解説)パンフレット配布・解説)

場所:富岡市富岡 富岡銀座まちなか交流館 

 

○  4月22日(土)~23日(日) 10:00~16:00「上州どっと楽市」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験)

場所:高崎市問屋町 ビエント高崎               

 

 

○  4月23日(日)10:00~15:30「白井宿八重桜まつり」で伝道活動(パンフレット配布・解説)

場所:渋川市白井 白井宿地内                      

 

○  4月29日(土・祝)~30日(日)10:00~16:00 「富岡銀座まちなか交流館」で伝道活動(パネル解説、パンフレット配布・解説、繭クラフト体験、タッチパネルモニター解説)パンフレット配布・解説)

場所:富岡市富岡 富岡銀座まちなか交流館 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋川市長尾小学校での学校キャラバン活動報告

2017年03月21日 21時23分14秒 | 世界遺産伝道師協会

渋川市長尾小学校での活動報告  

 

10月13日(木)渋川長尾小学校で学校キャラバンを行いました。

 今日は四年生2クラス65人の生徒さんで、10月26日に富岡製糸場見学に行く事前学習です。

 学校に到着しまして先ず校長室に案内され、全員で田中校長先生にご挨拶してしばし歓談しました。

 その折、町田副会長が校旗作成プロジェクトに参加されたかお聞きしました処、今年度は参加されなかったとのことでした。

そこで町田副会長はどのような工程を経て作られるのか、又、完成した校旗はとても素晴らしい物であったことを力説しましたので、田中校長先生も関心を持たれた様子でした。

 今日は2クラスですので、クラス毎に世界遺産講話と座繰り体験を交替して行いました。

 先ず1組は町田副会長が世界遺産の講話をしまして、2組はH岡伝道師とO田伝道師の指導で座繰り体験をしました。

共に30人以上のクラスですので、座繰り体験では生徒さんの待ち時間を利用して、H岡伝道師が個々の質問に答えながら会話を通して、現地見学の理解を深めると共に、手持無沙汰にならないように進めました。

 どちらの学校もそうでしたが、四年生になりますととても理解力があって、又語彙も豊かで会話が弾みます。座繰り器の扱いもすぐに慣れて上手です。

長尾小学校地区も一昔前までは養蚕も盛んに行われていて、桑畑も広がっていたことでしょう。富岡製糸場見学や、今日の体験授業を通して、生徒さんたちが群馬の絹産業に関心を持ってもらえたら嬉しいなと思いました。

本日の担当は町田睦副会長、H岡誠伝道師、O田三枝子伝道師とY田でした。皆様大変お世話になりました。(S.Y記)

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加