透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



根羽村の火の見梯子

2017-07-16 | A 火の見櫓っておもしろい 


868 根羽村小川の火の見梯子 撮影日170715

木柱にアングルの腕木を留めて半鐘を吊り下げている。二つ折りの梯子が立て掛けてある。半鐘を叩く時は梯子を伸ばして掛け直して登っていたのであろう。実際、同村内で伸ばした梯子を掛けた状態のものをストリートビューで見た。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 根羽村の火の見櫓 | トップ | 売木村の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む