ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

レスラー

2009年06月04日 | 映画(ら行)
(原題:THE WRESTLER)
【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆)


2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。
2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。
2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。
2008年インディペンデント・スピリット賞・作品賞&主演男優賞&撮影賞受賞。
2008年放送映画批評家協会賞・歌曲賞受賞などなど、他にも世界中の映画賞を総なめ。
かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を描いたヒューマンドラマ。

80年代にはマジソン・スクウェア・ガーデンを満杯にし、数々の雑誌の表紙を飾った人気プロレスラーのランディ・"ザ・ラム"・ロビンソン(ミッキー・ローク)。しかし20年経った今は、老体に鞭打ちながら、小さな地方興行に出場して細々と現役を続けていた。ランディはトレーラーハウスに一人暮らし、スーパーマーケットでアルバイトを生活の足しにしながら孤独な日々を送っていた。唯一の楽しみは、ストリップ・バーに務めているキャシディ(マリサ・トメイ)に会いに行く事。そんなある日、試合の直後に長年のステロイド常用がたたり、ランディは心臓発作を起こして倒れてしまう。手術で一命を取り留めたランディは、医者から『激しい運動=プロレスの禁止』を勧告されてしまう。自分からプロレスを取ったら何も残らなくなってしまう。孤独を感じたランディは長年疎遠になっていた娘ステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)に連絡し、家族の絆を復活させようとするが…。



今の若い人は、ミッキー・ロークが一時期プロボクサーだったことを知らない人もいるんだろうなぁ。
1992年に行われたダリル・ミラーとの対戦は、ともやもリアルタイムで見てましたが、あの「猫パンチ」1ラウンドKO勝ちは、ある意味伝説の試合ですからね~。

そんなミッキー・ロークが演じるのは、落ちぶれた人気レスラーの生き様。

それにしても、ともやは気になる映画を"iTunes Movie Trailers"でチェックしたりするんですけど、最初これホラー映画だと思ってたんですよね。
このポスター、絶対ホラー映画の殺人鬼ですもん(笑)。



映画の中では、試合の段取りといった、シナリオのある試合のことを、さらって語っちゃってますが、これについて言及するとめちゃめちゃ長くなると思うので、ともやもさらっと流しちゃいます。
ただ、シナリオがあったとしても、そのシナリオをお客さんに楽しんでもらうためには、技術や経験、それを行うだけの肉体が必要…ということです。

チラシを見ると"真の家族愛"とか"全ての女性たちに"とか書いてありますけど、そんな感動作じゃ絶対ありません。
これは"リングの中でしか生きられない…プロレスでしか自分の存在理由を見つける事のできないダメな男の物語"です。

想いを寄せていたストリッパーのキャシディに振られ、うまく行きかけた娘との関係も壊し、すべてを失ってしまったランディ。
一度は引退を表明したが、20年前に伝説となる試合をしたアヤットラー(アーネスト・ミラー)との再戦を決意する。
ああ、あの試合の様子を夢枕獏さんにノベライズしてもらいたいなぁ。

試合中に心臓発作を起こし、苦しそうにするランディに向かってアヤットラーは『もういい、俺をフォールしろ!』と言う。
その時のランディの想いは手に取るように分かります。

ファンは俺の必殺技"ラム・ジャム"でお前に勝つ事を望んでるんだ。
そんなしょっぱい試合をファンに見せられるわけないだろ?
俺はプロのレスラーだ。
このリングで最高の試合を見せる事ができれば本望さ…。

興行ランキングにはまったく入って来なかった作品だけど、さまざまな賞を総なめにしたの分かります。
感動作じゃないけど、魂に染みるいい映画でした♪

監督はダーレン・アロノフスキー。

追伸。
6月13日。奇しくもこの「レスラー」の公開日に、プロレスリング・ノアの三沢光晴選手が、試合中に心肺停止状態となり、午後10時10分に亡くなられました。
もう衝撃でした。
あの三沢が!?
最初はこの映画のための宣伝なんじゃないか…とまで疑いました。
まだ46歳。
ともやよりも年上ですが、同世代と言ってもいいでしょう。
2005年の橋本真也に次いで、またプロレス界の巨星が逝ってしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

2009年6月13日公開
公式HP:レスラー


レスラー スペシャル・エディション [Blu-ray]

日活

このアイテムの詳細を見る


レスラー スペシャル・エディション [DVD]

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

このアイテムの詳細を見る


The Wrestler(「レスラー」輸入盤サントラ)

Koch

このアイテムの詳細を見る


ワーキング・オン・ア・ドリーム デラックス・エディション(DVD付)(映画「レスラー」主題歌『ザ・レスラー』収録)

SMJ(SME)(M)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパーコップ90 | トップ | モンスター VS エイリアン »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネコパぁぁぁぁ~ンチ (とりうち)
2009-06-05 00:32:35
ミッキーローク懐かしいですねぇ

最近はすっかり悪役ばかりになっちゃったけど、昔はエンジェルハートやイヤーオブザドラゴンの時はカッコ良かったんですよねぇ

ネコパンチあたりから変わっちゃってのかなぁ

でもチョコチョコ出てくるミッキーロークも好きなんですけどねぇ
レスラーも面白そうですよねぇ、絶対に観に行きたいです

でもあんな体になって根性は凄いと思うけど、この後に出演する映画どうするんでしょう?
鼻メガネ (ともや)
2009-06-05 00:48:49
こんばんは、とりうちさん♪
猫パンチ映像、YouTube探してみたけど無かった…。

>エンジェルハート
「エンゼルハート」の時のミッキー・ロークは本当に格好良かった。
鼻メガネを付けても格好良い人なんて、初めて見ましたもん(笑)。

>でもあんな体になって根性は凄いと思うけど、この後に出演する映画どうするんでしょう?
そこは数ヶ月で身体を替えちゃうのがハリウッド俳優ですよ~♪
Unknown (latifa)
2009-06-05 08:31:59
ともやさん、こんにちは!
プロレスの事は良く知らないものの、なんだかこの映画が、ツボに来てしまいました・・・。
あのミッキーロークが・・・って部分が、やっぱり大きかったのかな・・・。
Unknown (mig)
2009-06-05 08:56:52
ともやさん
おはよう★

良かったですね!そう、魂に響くような、骨太作品でした!

やっぱりミッキーが良かったけど、マリサトメイの存在も良かったな♪
ブルーススプリングスティーンの曲もじんわり効いて。
あのラスト、みせすぎずで良かったです~

「男の顔」ですよね。 (すず)
2009-06-05 10:43:57
 私、未見ですが、この映画ポスターを見て胸がいっぱいになって記事にしました。俳優さんという職業って、残酷ですよね。あの世紀のハンサムとして売っていた頃(「ナイン・ハーフ」とか)のミッキー・ロークも良かったですが、この作品の味のある顔(そして身体)すごく好いです。こうやって、幾つになっても男の生き様を描いた作品に、出演して欲しいです。
ショーアップ (ともや)
2009-06-05 20:44:14
こんばんは、latifaさん♪
アメリカのプロレスって、めっちゃショーアップされてて楽しいんですよね。
WWEなんか、下手したら海外ドラマより面白いかも?
途中まで「ロッキー」的な展開になるのかな?…なんて思ってましたが、これはそうならずに正解でしたね。
ラスト (ともや)
2009-06-05 20:53:57
こんばんは、migさん♪
あの終わり方だから良かったんですよね。
「ロッキー」みたいにああなってああなってたら、ちょっと引いてたかも?

「グラン・トリノ」といい「レスラー」といい、今年は魂(ソウル)に響く良い作品が多いのぉ。
年齢 (ともや)
2009-06-05 21:29:28
こんばんは、すずさん♪
いや~、いい年の取り方してますよ、ミッキー・ロークは。
こういう味のある年齢を重ねて行きたいものですね。
こんばんは。 (えい)
2009-06-11 22:34:37
『もういい、俺をフォールしろ!』

これ、これですね。この映画は…。

しかし、『シン・シティ』忘れていました。
ご指摘、ありがとうございました。
漢の映画ですよね~! (ともや)
2009-06-12 00:37:59
こんばんは、えいさん♪
レスラー同士の友情もたまらなくいいんですよね。
くぅ~ってなっちゃいます♪

正確には「レジェンド・オブ・メキシコ」が復帰作なんでしょうけど、あの作品でのミッキー・ロークはビックリしちゃいましたからね。
あんなに格好良かったミッキー・ロークがあんなにおデブになって復活なんて…って。
あはは (miyu)
2009-06-13 20:22:50
確かにホラーっぽいかも~(´▽`*)アハハ
若いレスラーに尊敬され、昔の仲間との友情も
男のロマンって感じだったけど、
あ~ゆう不器用さがやっぱり男のロマンですよね。
女性よりも男性の方が、ハマるかな?
男の生き様 (にゃむばなな)
2009-06-13 21:01:26
ラストの試合は感動的でしたよ。
20年ぶりの盟友にあれだけ心配させておきながら、それでも俺はプロレスラーとしてリングの上で生きる!という信念を言葉ではなく行動で示す男臭さ。

久しぶりに「くぅ~!たまらんぜ!」と言いたくなりましたよ!
存在理由 (ともや)
2009-06-13 23:07:19
こんばんは、miyuさん♪
何て言うんでしょうね。
生きていられる場所で妥協してしまったら、存在理由が無くなっちゃうっていうんですかね。
男としての譲れないライン。
こういうのがたまらないのですよ♪
身悶え (ともや)
2009-06-13 23:38:40
こんばんは、にゃむばななさん♪
いや~、ほんとうにリング以外では生きて行けない不器用っぷりでしたね。

ランディにとって家はリングであり、家族は仲間のレスラーたちしかいなかったんでしょうね。

もう「くぅ~!」って身悶えしっぱなしでしたよ♪
ほんとに (KLY)
2009-06-14 02:39:05
伝説の試合でしたねぇ。後にも先にもあそこまであからさまに「八百長じゃねえか!金返せ!」って言われた試合をきいたことがありあません。(爆)

ミッキーの友人ということでブルースが主題歌でしたけど、これがまたいいなぁ。80年代の洋楽ブームのとき、文化放送のポピュラーベストテンってあったんだけど、田舎で入りにくいのに必死に合わせてきいてました。

ミッキー・プロレス・洋楽・80年代ってこれ堪らない要素ですよ。丁度、思春期どまんなかでしたから。^^
80年代 (ともや)
2009-06-14 04:37:08
こんばんは、KLYさん♪
80年代は日本でもプロレスの全盛期でしたね。
アントニオ猪木とハルク・ホーガンが闘ったIWGP。
アントニオ猪木とマサ斎藤の巌流島で決闘。
なによりも夜の8時というゴールデンタイムにプロレスの試合が観られましたからね。

予算が無い映画のために、ブルースが無償で主題歌を提供っていうのもいいエピソードです。
80年代の曲って何であんなに胸に響くんでしょうね。
ま、その時が青春時代だったという所為もあるんでしょうけど(笑)。
ガンズとか聞くと身体が揺さぶられますもんね♪
こんにちは~♪ (ひろちゃん)
2009-06-17 11:16:38
昨日、「あっ、ともやさん、レスラーの記事
書いてる~~!」とわかったのですが、夜遅くて
力尽きて明日にしようと思いました(笑)
レスラーにもコメントありがとうございました♪

>このポスター、絶対ホラー映画の殺人鬼ですもん

この一言、ウケました(笑)ほんと、サダコみたい
だ(笑)

ラストの試合、悪役の気遣い、ランディの気持ちに
ぐっときました(泣)
ともやさんが言われるように、感動作ではないですが
心に染み入る作でしたよね(泣)


PS.ハプニングにつけたコメントの
「あると思います」は天津木村だったのですが
ともやさんに触れてもらえなくて淋しかったです
(笑)
異常気象? (ともや)
2009-06-18 07:30:54
こんにちは、ひろちゃんさん♪
もうこの映画は変なイケメンしか出てない映画より、ヒットして欲しいんですけどね~。

>「あると思います」は天津木村
ムーディっぽく右から左に受け流してみました♪
うそです!
超うそです!
気づきませんでした、ごめんなサイゼリア(笑)。
(ひゅ~!)
あ、何、初夏なのに寒い北風が!?
ホラーって、もう(笑) (こべに)
2009-06-19 07:04:13
おはようございます!ともやさん☆

そう云われると殺人鬼に見えてしまうし(笑)

たしかにちょっとフライヤーに書いてあるような
感動作ではなかったのですが
そう!魂に染み入ってくるようないい作品でしたね!

いろいろあったのでしょうけど
全て肥やしにしちゃってるよな
ミッキー・ロークの今後の活躍が楽しみですー。

ステイサムと共演する13ザメッティも楽しみっ☆
ホラー? (ともや)
2009-06-19 22:19:58
こんばんは、こべにさん♪
ほら、そんなに英語に堪能じゃないから、Wrestlerとレスラーが一致しなかったんだよね。
だから背景もリングってすぐ分からなかったし…。
ホラーだと思ってトレーラーみたら、ミッキー・ロークだし、ヒューマンドラマっぽいし。

でもこれはホント良かった~♪
ミッキーローク が演じた 不器用な男 (zebra)
2011-09-13 21:51:24
はじめまして ともやさん

レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。
せっかく 親子関係を修復するチャンスだったのに娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ~(´Ц`)

 マリサ演じるストリッパーのキャシディのトップレスにTバック姿で踊る姿はとってもキレイでしたよ。

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。


>感動作じゃないけど、魂に染みるいい映画
ともやさんが 共感するかわかりませんが、そういった映画 ボクはもうひとつ知っています。

 同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画です。

こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ



ありがとうございます (ともや)
2011-09-24 10:15:40
こんにちは、zebraさん!
>ミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画です。
あ、これは観たことないです。
ミッキー・ロークがボクサー役って…実際の猫パンチ!…ですか(笑)。
でも88年ってことは、まだ格好良い頃のミッキー・ロークですよね。
今後機会があったら観てみます~~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほ...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
レスラー (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! ミッキー・ローク頑張ってました! まぁそれだけの映画ですかねぇ、、、、 あっ、相手役のマリサ・トメイもおっぱい出して頑張ってました。 化粧が濃いとおばさんで、ナチュラルメイクの方が若く見えましたけどね(笑) ミッキー・ロー...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
レスラー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『レスラー』  (2008) = 金、家族、名声を失った落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。 ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。 ストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にもフ...
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
*レスラー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ “ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、ランディは、ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、...
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
★レスラー(2008)★ (CinemaCollection)
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...
ここでしか生きられない~『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レビュー:レスラー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド...
レスラー  (いとし・こいしーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
レスラー   原題:THE WRESTLER   6/5(金)@一ツ橋ホール 人気レスラーだったランディも、今ではスーパーでアルバイトをしながらかろうじてプロレスを続けている。 そんなある日、長年に渡るステロイド使用がたたりランディは心臓発作を起こしてしま
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー (Movies 1-800)
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた...
「レスラー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・米/監督:ダーレン・アロノフスキー) かつては人気レスラーだったが、今では見る影もなく落ちぶれた男の、それでもレスリングに賭ける孤独な生き様と闘いを描いた感動の力作。
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
『レスラー』 (源にふれろ)
雑誌の試写会が当たったので夜、出かける。『レスラー』ベネチア映画祭金獅子賞。主演はミッキー・ローク。ミッキー・ロークといえば、なんといっても「ナイン・ハーフ」。あのエッチシーン、何回見たことか。(他のシーン以外、ほとんど覚えてない)そういえば、氷のあれ...
レスラー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ダーレン・アロ
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
[映画][劇場公開]レスラー 70点 (さとうれおはオレだけか)
普通の所では公開が終わっているようですが鴻巣の新しい映画館のオープニング作品ということで見てきました。 アカデミー賞ノミネートということですがミルクもそうだがちょっと退屈。 演技が凄いとかでノミネートされてるような気がしないでもない。スラムドッグ$ミリ...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
DVD:レスラー The Wrestler 命かけても貫き通す「男の意地」の美学。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞など、なかなかの評判作。 だったので、お土産DVDシリーズの1つとして頼んだ。 (日本では、1月中旬にリリース) まず驚きは、主演のミッキー・ローク。 あのカッコマンが、このような姿に! そしてもう一つの驚きは、マーサ・トメイ...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
レスラー★★★★☆劇場79本目:まるでM・ロークの俳優人生と... (kaoritalyたる所以)
そう、80年代には人気絶頂だったミッキー・ロークと同じく、この映画の主人公ランディも80年代はレスラー人生の絶頂期を送っていた‥と解るナレーションがあり、その20年後の試合が終わった後の寂しい背中からストーリーが始まります。体力や人気は衰えたとは言え、...
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...
レスラー (oguoguの日々映画見っ放し!)
2009年7月上映 監督:ダーレン・アレノフスキー 主演:ミッキーローク  不器用なまでに「自分の生き場所」を求め続けた男を描いた感動作・・・うーん、泣ける。...