Dig it ちゃぶ台カーモデル製作記

ちゃぶ台で作ろう!カーモデル

フェラーリ308GTB(2)(マルイ)

2012年03月07日 10時34分29秒 | フェラーリ308GTB(マルイ)

地味に更新。308GTB。

先ずはココから、ホイールの複製。

落下破損させてしまったパンテーラのレストアも進めます。

リム部分がグニュグニュに溶けてしまったホイール。塗装を落とすために薄め液に浸けました。

前に作った時はキッチンハイターでメッキのみを落としたのですが

薄め液には浸けませんでした。今回浸けて塗装を剥離してみたら

本体プラパーツとは別に水道のパッキンのような白い樹脂が外周にあるのを発見!

原因は分かりませんがこの白い樹脂がタイヤのゴムとの相性が悪く溶け出したものと考えられます。

向かって左はその樹脂を取り除いたもの。黒いプラパーツとは明らかに違う素材。

指でポロポロ剥がれます。なんでこんな物が巻いてあるのだろう??

今後マルイのメッキパーツを使う場合は気をつけてみます。

不注意でリアホイールを紛失してしまいました。探しても出てこなかったので

いつものようにダイソーの「お湯まる」で型取りし、

湯煎してグニャグニャにしたエポパテを押し付けて複製。(2個作っていい方を採用)

308GTBに合わせるホイールはフジミのストラトス付属のもの。

そのまま流用しようとしましたが、

ストラトスのキットにはノーマルホイールが付属していない。

ストラトスを組む時に困るので同様にエポパテで複製します。

予備もを含めて8個。

リム部分は薄いので欠けがあちこちにありますがエポパテで補修すれば十分使えます。

裏側からリューターで削って開口、ジャンクのホイールと合体させてみることにします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田宮1/20リジェJS11(4) | トップ | ナガノ フェアレディZ 432(5) »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Limahl)
2012-03-07 18:31:20
ご無沙汰しております。
ホイールの複製、見事ですね。
エポパテを湯で柔らくして、おゆまるのマザーに押し付ける、
そうかあ、成る程!!これは参考になりました、
今度実行してみます。
ご無沙汰しております。 (たかとと)
2012-03-07 21:55:48
Limahl様
こんばんは。こちらこそご無沙汰しております。
ホイールの複製。。。貧乏性&もったいないで
他キットからの流用には躊躇してしまいます。
お湯まる(これは何度でもつかえますが)&エポパテなら原価150円程度で済みますので。。
本当はレジンとかで複製もやってみたいのですが
最近はすっかりエポパテ派になり重宝しています。
ポリパテと違い、造形も楽で、何より無臭なので場所を選ばず。

フジミのホイールはちょっと小さすぎる印象。
リム厚も足らないので外周にグルッとプラ板を巻いてインチアップを図ってみます。
質問 (ジャンニ)
2012-03-10 02:13:47
スミマセン、お湯まるのことを教えてください。いったい何ですか?
お湯まる (たかとと)
2012-03-10 06:41:07
ジャンニ様
おはようございます。
お湯まる。100円ショップ、ダイソーのお子様向け文具コーナー、
またはそこに隣接する辺に置いてある「型取り(型抜き?)遊びグッズ」です。
一見半透明の消しゴム状の板が透明ケースに2枚入っていて
イルカの「型」が付いていたりします。

これをお湯の中に浸けるとグニャグニャになり、イルカの型に押し付け、冷めるとパカッと立体のイルカ君の出来上がり!という具合になります。

これをプラモ等の部品の複製につかっています。
昔は模型店でも「型取りくん」といってサードパーティー品が発売されていました。
こちらと同等品がいまや100円で買えるようになりました。
ただ、100円ショップのものは入れ替わりも激しく
気がつくと置いていない・・・ということもあるので
5コ位買っておいています。

他キットのパーツの流用や絶版キットからの流用等でものすごく重宝しています。

お湯まるで作った型は暖めれば何度でも利用できますし、
気に入った型(セレステのときの鉄チンホイール)はずっと保管してあったりします!
Unknown (陣風)
2016-01-20 00:28:28
マルイのタイヤは素材が悪く(酢酸ビニール系と聞いた記憶があります)メッキと言うよりプラを溶かします。
レジンでは大丈夫だと思うのですが、周囲にプラバンを巻いてしまうとプラバンを溶かすことになりますので、別のタイヤを使われるかタイヤと接する面にアルミテープを巻く等の対策をされた方がよろしいかと思います。
マルイキット全般 (たかとと)
2016-01-20 07:18:19
陣風様
初めまして。コメントありがとうございます。
左列にある製作記、完成品のパンテーラとカウンタックもホイールにダメージがありました。
在庫してある260ZやRX3レーシングもタイヤガスがデカールへ激しいダメージを及ぼしています。
パンテーラもカウンタックも他社タイヤパーツへトレードしました。ホイールのモールドが良いだけに惜しいですよね。
この308GTBも3年以上放置しているのでそろそろ再開してあげようと思っております。
Unknown (陣風)
2016-01-21 04:46:25
マルイのケースはまだ良い方です。
社会人となってから車は片手の指で数えられる位しかないニワカカーモデラーですが、完成させた中のモノグラムの’84コルベットとかフロントウインドウにトレッドパターンがくっきりと刻まれておりました。
あちらのキットはもろにビニール系のタイヤで、タイヤを別に入れるとかありませんから。
コルベットC4が好きでモノグラムのキットを買いそろえていますが、買ったらすぐに開封してタイヤを隔離しています。ウインドウばかりでなくボディにグッドイヤーの刻印が入っていたりする物もありますよ。
昨年の11月から再びニワカカーモデラーをはじめました。
アホなことをやっていますがURL貼っておきますので、お暇なときにでも覗いてやってください
カマロ製作でも (たかとと)
2016-01-21 06:57:03
陣風様
おはようございます。
やはり左のカテゴリーの中にある1/12カマロがモノグラムの製品でした。
普段(というか100%)国産キットしか作らないので、カマロ制作時は「気をつけたほうが良い」とアドバイスを受けました。
もろにビニール系のタイヤでした。
ところが!!完成から1年経ちますが今の所劣化やホイールへの悪さはしていません。
こうなればどこまで保ってくれるか実験がてら様子を見てみることにします。
マルイのは組み立て後2週間でホイールリムがグニャグニャになりましたので。
陣風様のサイトも拝見させていただきます。
これからも宜しくお願いいたします。m(_ _)m
Unknown (Unknown)
2016-01-22 19:12:47
1/12カマロの記事拝見させていただきました。ビッグスケール模型が許容できる経済力や置き場所がうらやましいですね。
他いくつかの記事でおゆまるを使ってエンブレムやエンジンをエポパテで複製するという部分がありましたが、上手く型取るコツや上手くエポパテを充填するコツみたいなモノがあるのでしょうか?
シリコン&レジンでの複製はやったことはありますがいかんせんコストがかさみますのでそうそう行う事ができません。
先日初めておゆまるを使ってみましたが、コルベットのヘッドライトのくぼみのようなおおざっぱなモノは上手く型取れましたが、、エンブレムの文字類は型どりの時にすでに気泡が入りますし、エポパテは型になじまずうまくいかなかったので私の場合シリコンを使うしかないかなと断念しております。

今はアルファ33の記事を最初から順に読ませていただいている最中ですが、はけ塗り瞬間とか今は便利なモノがあるんですね。
しばらく新しい工具とか素材を検討したことすらありませんでしたので驚かされることが多いです。瞬間コーティングとか流し込み系を表面に垂らして指で均して行っていました(笑
Unknown (陣風)
2016-01-22 19:13:20
↑名前入れ忘れました
100均アイテム多用 (たかとと)
2016-01-22 21:53:17
陣風様
こんばんは。
コメントありがとうございます。
最近ではアルファ164のエンジン部やサスペンション等をメタルキットの部品から型取り複製しています。
私はシリコン&レジンでの型取りにチャレンジしたことがなく、他のモデラーさんを参考におゆまるとエポパテで複製してます。
お湯まるで原型を複製し、エポパテを40度位のぬるま湯につけ、こねたあとグニャグニャのエポパテを押し付けてます。
グニャグニャのエポパテで細部に行き届くようにしてます。
エポパテの他に、ダイソーのUVクリアレジンというのも使用してます。
レジン液なので型にきっちりと流れてくれます。
実は308のホイールもクリアレジンで作り直しを企てています。
という感じで技術的に容易に材料も最低限にという感じです。
私のブログタイトルにあるように模型製作部屋はおそろか自分の部屋も持っていない環境なので
家族のいるリビンクのダイニングテーブルで作業をしているので匂いを発生させる作業はベランダでやってます。

アルファ33は切断接合を繰り返しました。
また同じ作業をやってみては?と言われてもちょっと無理!となった完成品です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL