sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

スポーツカーズモデリング37号英国車特集 原稿完成!

2017-02-22 20:18:42 | BOOK

かねてから編集中の個人製作模型誌「スポーツカーズモデリング」37号を迎え今年で7年目となりました。
今年の1号目の編集がやっと終わりました。長らくお待たせしました。
37号は英国車特集です。


こちらが表紙と裏表紙。
オールカラー32ページ 1400円送料込みです。


巻頭はクーパーカーカンパニー特集。タミヤのミニとHASSYレジンのミニバンです。


そして石川さんのクーパーノートンはメリットの改造。右のラリーモンテミニは模型おやじさんの超絶作例。




最近製作した3Dモデリングパーツを使用した作例もご紹介。



レベルの32コブラは素晴しいモデルでした。このコブラもタイヤとホイールは3Dです。





素晴しい英国車のモデルが続きます。

エアフィックス1/12はアンチペストバンです。右は1/32のスワッシュデザインのミニたち。


エスコートも大好き。


エアフィックス1/12とエレール1/24。ともに最近再販もされていますね。


最後はマクラーレンとエアフィックスハンバー、そしてフジミのロールスロイス。

英国の薫り満載で作例を詰め込みました。今週入稿3月あたまに発行予定です。
こちらのネットショップでご予約受付中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンフェス冬2017に行ってきましたよ。

2017-02-20 08:53:59 | 3Dモデリング

昨日は息子を連れて、幕張のワンダーフェスティバルへ行ってきました。最近話題の3Dモデリングについても少しお勉強です。
これはプライム1スタジオというところの1/3スタチュー。70センチくらいある凄いものです。
11万円くらいで予約受付中。



まいったなあ。







友人のリアルフィギュア応援団ブースです。皆さん凄いー。今年はリアルフィギュアも色々頑張りたいです。

スーパー原型師の林さん。いつも凄い造形素晴しいですー。




リアルフィギュア色々。




まっつくさんのも素晴らしい。


かわいいレジンベスパ。



お友達のリプロさん。


1928年のスタッズのソルトレイクレコードブレーカー!



松田優作とマッドマックス。








息子も興味津々。













どれも素敵でした。



メーカーブースもいろいろ。


会場ではトークショーで美環さんのZBrushcoreを使った3Dモデリング女子講座も。もりもり3Dフィギュア作りたくなりました。まずは本を買おう。

とても刺激的な一日。



レコードブレーカーは1/24で9000円でした。手作り原型で凄いクオリティです。


松田優作1/12で1000円。これはミニカーのベスパも買わないと。



まっつくさん、1/20、3500円。これは塗るのが楽しみです。ポストカードもありがとうございます。


ウェルカムガール3000円 1/24


林さんの団地妻は1/10、2600円。これ下半身作ってみたいなあ。

お金使いすぎましたがどれも素晴らしい。
皆さんとお喋りしてヒントをもらいました。ありがとう!
たのしかったですー。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パルクフェルメさんとAUTOMOBIL SPORT

2017-02-18 10:38:45 | 3Dモデリング

昨日はヴィンテージホイールズを作られているジェイ奥村さんからお話を頂き、用賀のパルクフェルメさんへお邪魔して、3Dモデリングとクルマ趣味の関係性に付いて、座談会のようなものに参加しました。
Vintage Wheels(ヴィンテージ・ホイールズ) 2016年 12 月号 [雑誌]: STREETMINI(ストリートミニ 増刊
クリエーター情報なし
フェイヴァリット・グラフィックス





パルクフェルメさんの世界観にうっとり。


写真家のジェイさんはお友達です。彼のモーリスに乗せていただきました。かわいい。クルマ10台以上持っているそうです!




夢のような空間で、井上ボーリングさんのエンジン部品や國守さんの自作サイドカーなどのシャーシなどの設計と解析、さらに僕の模型に関する3Dモデリングの可能性など、刺激的なお話が展開。4時間ほども話がつきませんでした。


ジェイさんありがとうございました。
次号が楽しみです。




次号のスポーツカーズモデリングが英国車特集だったので、ちょうどお店にぴったり。

こんな写真も撮影しました。







お店はまるでグッドウッド。金子さんの世界観が貫かれています。

お店の後は友人と待ち合わせて代官山蔦屋でお買い物。
またAUTOMOBIL SPORTを買いました。


マトラとGTAとトイポネン。おなかいっぱいです。バックナンバーを中身を見ながら吟味しました。2500円。





トイポネン。後で記事も読んでみよう。文章が良いんですよ。



マーレーのブラバム。









マトラ特集は凄いですよ。



GTAのページもたくさん。


いやあ良い本です。広告ページや売買欄のクオリティは感激しますよ。
見る贅沢。デザインも素敵で大判ポスター付き。
雑誌はまだまだやるべきことがあるなあと痛感しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/32エアフィックス フォードエスコートマーク1 完成!

2017-02-16 11:35:15 | 模型

エアフィックスの1/32エスコートの完成です。これで年末からの英国車の連作シリーズは終了です。エランから始まり、英国車特集のために作品を作り続けました。


こちらがエアフィックスの32キット、トラ4とヘラルドとの3個パックの一つ、10ー15年?くらい前の再販品ですね。大内画伯からの頂き物です。



エンジンもあるフルディテール。部品の合いも良いですね。



プロポーションもばっちり。各部のひけを埋めて、硬さの残るフロントは少し丸めてあげます。



顔は丸みをつけて、Cピラーの段差も直しました。


色はいろいろと塗り直したのですがピンと来ず、最終的にタミヤのライトブルーパールに。




窓枠が無いので、針金を貼り込んでみました。ワイパーも針金です。



良い感じの佇まい。




エンジンはフルディテール。補機類もあります。ストラットの頂上は少し彫り込みました。
足まわりはなんと一体成型。エアフィックスの弱点の作りづらい足まわりの克服ですね。


これはたまりません。




ホイールなどメッキ塗装して、足まわりを取り付けると車高もばっちりです。





内装も塗り分けます。入っていないルームミラーは、針金と金属板で製作。はさみで金属板を切りぬいて、針金を瞬着で貼付けました。




室内が出来て上下合体終了です。じつはここで薄いフロントフェンダーが度重なるきついシャーシとの勘合に耐えられず割れて、補修に苦労しました。



細かいパーツもメッキ塗装して組付けです。
じつはここで磨いているときに手が滑り、足まわりとバンパーが吹っ飛びました。破片も何とかみつかり修理。最後にみつからなかったリヤバンパーと破片もみつかり補修して完成となりました。最後までばたばたでしたね。









この後ナンバープレートを作り、今日外撮影を行いました。









実に良い佇まい。エアフィックスの底力ですね。良いメッキ塗装が出来るようになり、エアフィックスは今こそ魅力を増しています。最近の再販品もあるのでぜひ取り組んでみてください。

1/32 フォードGT 3L ※塗料付 プラモデル
クリエーター情報なし
エアフィックス

エアフィックス 1/32 MGB
クリエーター情報なし
エアフィックス

1/32 マセラティ インディ ※塗料付 プラモデル
クリエーター情報なし
エアフィックス

インディまで再販されていたとは!!3/1発売みたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/32ラスキットスロットバキュームボディ改造 リスタージャガー完成!

2017-02-14 09:37:49 | 3Dモデリング

1/32リスタージャガーも完成です。
こちらも横浜ワンダーランドマーケットで同時に手に入れた1/32スロットバキュームボディ、60年代のキットでしょう。


まずはキットのホイールアーチを切り出してプラ板で作ったシャーシ、3Dモデリングのホイール、ジャンクのタイヤとあわせました。




各部をドリルやカッター、やすりなどで開口していきます。



スコップの部分もプラ板を巻いて、ひけを瞬着で埋めてから、グレーサフで傷を見て、白サフで白くしました。
ナンバー部分をマスキング。



エコスブルーをイメージしてダークブルーの上からテレフォニカブルーとメタリックブルーを吹いてみました。
デカールはレーザーでファインモールドの白デカールに自作です。




朝見ると色味がどうにも気に入らず、コンペサークルの位置も間違っていたので一気にモチベーションダウン。
ここで塗り直しを決意します。



午前中かかって、サークル部分をやすりでならしてから、全体を白く上塗りしてからここまで仕上げました。
エコスブルーはブルーマイカとメタリックブルーの上からスモークを重ねてトーンを落としています。


シャーシも塗装開始。



シートは厚紙を芯にして黒ガムテを貼り込んでいます。布ガムテープのぼこぼこが革表現にぴったり。芯が厚紙なので柔らかさも表現できます。シフトは虫ピンにゼリー状瞬着を固めています。




ステアリングはジャンクから。メーターはキッチンテープをポンチで切り出しています。


ライトはヒロの挽き物の円盤に32スロット用のエポキシライトを乗せています。


ライトカバーは今回もペットボトルの底の部分から。



ウィンドウを型紙を作って切り出して、フィラーキャップはHアイズにスパッツ塗装。テールライトは透明ランナーから整形して、キッチンテープに貼付けてから切り出しました。













28番のVPP9はアーチーのVPP9が大破した後別のリスターに使われたものだそうです。かっこいいから許しましょう。
ご表記すみませんでした。調べていただいたせぶちゃんさまありがとう。









朝撮影もたまりません。後1台くらい作れるかな。


アバルト2000SP

712カンナム

512S

612カンナム

612カンナム

908

908
907

イタリアからレジンキットを輸入します。15000円くらいでとれるかもしれません。
ご興味がある方はメッセージでお願いいたします。昨日のポルトガルレジンも含めて募集中です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加