簾 満月「バスの助手席」

歩き旅や鉄道旅行のこと
そして遊び、生活のこと
見たまま、聞いたまま、食べたまま
書いてます。

津山神代梅の里公園(JR乗り潰し・姫新線)

2018-02-19 | Weblog
 美作千代駅の開業はこの路線の中では意外と古く、大正12年のこと
である。
単式ホーム1面1線の無人駅ではあるが、ここには雰囲気の良い木造瓦
葺板張り構造の駅舎が見事に残されている。



 途中下車をしてゆっくりと眺めてみたい駅舎の風情だが、残念なが
ら時間の余裕がない。
この辺りでは、時間帯によっては1時間に1本程度は確保されているが、
凡そ2時間に1本程度が実情だから、うっかり降りるわけにはいかない。



 公共交通機関の便が無いので、この駅が最寄り駅と言う事でもないが、
駅の南方3.5Kmほどのところに平成7年3月に開園した「津山市神代梅の
里公園」が有る。
丘陵地に造られた梅園の広さは、凡そ4ヘクタールと言い、園内には南
高、鶯宿、鹿児島紅梅、八重寒梅、寒紅しだれ梅、甲州小梅等紅白合わ
せて14品種の梅が植えられている。
その総数はおよそ2000本と言われていて、これは中国地方では最大級の
規模を誇っている。
開花は早いものだと正月頃から咲き始め、3月に入ればピークを迎え季節
により変動はあるが4月の初めころまで楽しめると言う。





 梅の木は山頂へと続く遊歩道に沿って植えられている。
開花の時期を迎えれば、梅まつりや、梅のタネ飛ばし大会などが開催さ
れると言い、その頃になれば甘い梅の香りの漂う、紅梅白梅のトンネル
道が出来上がり、訪れる人々を魅了する。
標高200メートルほどの頂上展望台からは、遥か遠くに中国山地の山々を
望むことも出来る。





 梅園近くには梅の加工施設もあり、公園内で収穫された梅の実をジャム
や羊羹に加工し、それらは公園入り口近くの直売所で売られている。(続)



にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加