つむじ風

世の中のこと、あれこれ。
見たこと、聞いたこと、思ったこと。

疫病神

2017年04月19日 18時31分53秒 | Review

黒川博行/新潮社文庫

 2000年2月1日初版、2007年1月25日第8刷。シリーズで言えば「疫病神シリーズ」の最初の作品で、以降に5冊ほど続きがある。初期の「海の稜線」から「封印」「カウント・プラン」の次あたりの作品になる。本領発揮というかノリに乗った感のある黒川節炸裂作品だと思う。

 かつて父親が幹部をしていたことで、切れそうで切れない組との関係、主人公(二宮啓之)は苦虫を噛みながら仕方なく付き合うが、出来れば遠慮したいのが本音。しかし、組の方(桑原保彦)でもカネの匂いを嗅ぎ付けてやってくる。いや、「疫病神」に取り付かれたのかもしれない。
 互いに相手をとんだ「疫病神」だと思いながらも、互いの得意技を生かしながら、協力しあって問題の解決に当たるというストーリー。しかし、相互に信頼しあった協力関係というわけではない。

 矛盾する信頼と不信の交錯する、何ともバランスの悪い、しかも相互に不可欠な関係が崩れそうで崩れない。そんなところにあからさまな人間味があふれているように思う。



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 封印 | トップ | 迅雷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL