角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

よくあるご質問⑥

2007年12月20日 | 製作日記
Q. 草履が体にいいってほんと?

これは世間でよく云われてますよね。私も草履職人となって調べたくらいですから、その真意はよく分からない方が多いと思います。

先ツボが当たる位置、つまり親指の付け根なんですが、ここが肩から首にかけての「ツボ」ということがはっきりしています。推し測るに、肩こりや首こりに効果があると思いますね。
「喉」のツボにも関係しているらしく、ヨガをしているお客様に『草履を履くと花粉症の喉にもいいんですよ』と教えられたことがありました。

自分自身の生活を顧みても、朝から晩まで草履を編み続ける生活が通年です。まして視力が弱くメガネなしでは暮らせませんから、どう考えても肩こりがヒドい気がします。確かに肩こりはありますよ、でもかつてサラリーマン時代は長時間の運転で頭痛に悩まされたのが、今はまったくないんです。
草履職人となってからの外履きはもっぱら「雪駄」ですから、これが無関係とは思えないんですね。

そして「足指で掴む」という動作が、バランス感覚を養うのに効果的と云われます。オリンピックに出場する女子体操選手が、日常に「ビー玉を足の指で掴む」練習を取り入れている話を聞きました。バランスを保ち易くするためですが、これが一般人に当てはめると「高齢者の転倒防止」に繋がると思うんです。
足指で掴む動作が容易にできる履物といえば、まさに「編んで作る草履」というわけですね。

ここからは「角館草履」特有の健康効果です。
布を巻いて編みこまれた「イ草」、ご存知の通り畳表の素材です。畳は日本家屋の必需品として存在しているわけですが、それは日本の文化のみならず、気候風土に適しているからでしょう。
さらに「抗菌力」であったり「吸水力」であったり、先人が畳にイ草を使ったからにはそれなりの意味がありました。和を代表する畳の素材が常に足元にある、これが日本人として「心の癒し」にならないでしょうか。

21cm以上の角館草履には、「土踏まず」が定番として付いています。これが適度なマッサージ効果を生んで、血行を促進するんですね。結果として、疲労改善・冷え防止・むくみ解消などが現れてきます。
心臓から遠い場所の血行促進には、「揉む」ことが最適と云われますし、古代壁画にも足裏を揉む健康法が記されているらしいですね。

近年「外反母趾」に悩む女性が増えています。外反母趾の症状が進むにつれ、偏平足も同時に進行するそうです。医師にかかっている女性は、ほとんどがそうお話くださいます。
日常のスニーカーなどももちろんですが、部屋履き草履にも「土踏まず」が付いていれば、尚一層良いことになりますね。

『冬は寒くて履けない』とおっしゃる方がいますが、「五本指靴下」を着用することで解決します。足袋型でも履けるのですが、足指を五本離すこと自体に健康の意味がありますから、出来れば五本指が理想ですね。
『あれは履くのが面倒でねぇ』とおっしゃる方も多いですが、慣れると簡単に履けるようになります。実は私がそうでした。

坂本竜馬の時代から150年ほどが経ち、日本人の履物文化は「靴」に取って代わりました。そのおかげで向上した部分も多いですから、そのこと自体が愚かだという話ではないでしょう。
けれどもそんな靴文化が、足指の働きを退化させたのは本当と思います。人類学だったか遺伝子学だったかの先生が、『これから何万年か経てば、人間の足から小指がなくなる』という話をしたと聞きました。私は案外あり得る話と思っているんです。尻尾の跡が尾てい骨になったように、使わなくなれば退化するのが道理ですからね。

角館草履のご愛用者がよくおっしゃる、『外出から帰ってこの草履を履くと、なにもかもホっとするんですよぉ』の言葉は、足がほんとに喜ぶ履物を示しているんじゃないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よくあるご質問⑤ | トップ | よくあるご質問⑦ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小次郎(視力回復訓練中))
2009-06-12 14:18:36
こんにちは、小次郎です

草履職人なんですね。
まだ草履って需要あるんだなぁと思いました
鼻緒の部分がツボにあたって健康にいいとか
足指を5本開くのもいいとか
知らなかったので勉強になりました
また来ます
今だからこそ… (草履職人)
2009-06-12 16:21:36
小次郎さん、こんにちは。

草履に代表される「和」の履物、ことに健康効果を調べてみると、むしろ現代だからこそ需要があるとも考えているんです。

昔は「ほかになかった」から履いたわけですけど、今は「わざわざ」履くんですからね。意味のないことに時間もお金もかけないのは、今も昔も一緒でしょ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。