角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

よくあるご質問⑤

2007年12月20日 | 製作日記
Q. 教室は開いてないの?

実演席に「生徒さん作品」と書かれた草履が、通年何点か展示してあります。それを見つけたお客様から、よくこのご質問をお受けするんですね。都合が合えば習ってみたいという人もおりますし、とりあえず開催状況だけでも知っておきたいという人もおります。
結論から申し上げますと、現在その予定はないんです。

では、草履台とイ草材料をお買い上げになった方々が、一体どうやって覚えていくのかと言いますと、基本は「家庭学習」なんですね。編み方ビデオ(DVD)と見本の草履を“家庭教師”に、ひたすら学習を繰り返すわけです。

日常の公開実演に来てくだされば、見学と同時にアドバイスが可能です。その際出来れば、ご自分で編んだ草履をお持ちになることをお勧めしています。実際、自分で編んだ草履を持ち込んでアドバイスを受けた方は、上達が早いです。『上手になりたいっ』という気持ちが、結果にも結びつくんでしょうね。

県外にお住まいでなかなか角館にお越しになれない方は、メールなど通信を利用してアドバイスが出来ます。編んだ草履の画像をメール添付していただけると、より確実なアドバイスが出来ると思います。
お電話の場合は、午後7時頃からであればお話が可能です。

現在教室開催は予定がないとしながらも、「いつかは…」とかねてから思っています。草履職人生活を続けていく上で、念願のひとつですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よくあるご質問④ | トップ | よくあるご質問⑥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。