角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

配色熟考。

2016年11月17日 | 実演日記





今日の草履は、仙北市の女性のオーダー草履です。最近ご結婚された妹さんと新郎さんへのプレゼントで、配色についてはご注文主さんと念入りに打ち合わせました。
折鶴プリントに唐草の組み合わせで、それぞれを色違いとしています。「鶴」は長寿の象徴であり、「折鶴」は願いの象徴です。いつまでも健康に恵まれ、幸せが続きますようにとの願いを表しました。

そして「唐草」。こちらはかねてよりご紹介していますが、途切れることなく脈々と繋がっていく子孫繁栄を願った日本古来からの文様です。この二つを組み合わせれば、ご結婚のお祝いに適した草履になると思いました。
今月下旬には直接手渡しで贈られるとのこと。その場面に立ち会いたいくらい私も楽しみです。

また別のお客様からは、お正月の挙式で新婦のご両親へ贈る草履を承っています。配色は完全おまかせですから、少し時間をかけて熟考してみましょう。こういうのも私の楽しみの一つとなっています。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

第二の故郷。

2016年11月11日 | 実演日記





今日の草履は、宮城県石巻市のご夫婦のオーダー草履です。こちらのご主人はfacebookの友達を介して知り合ったのですが、ミニ草履をお求めのためわざわざ西宮家までお越しくださいました。なんともありがたいことです。
わらび劇場が話題になると、1月28日から始まる冬の小劇場「赤いほっぺ」にご家族で訪れるそうです。せっかくなのでその晩の夕食に、私を入れてもらうことにしました。角館草履のご愛用者で、角館が好きと言ってくださる方とは、こうしたお付き合いも大事にしたいと思っています。

昨夜夕食を共にしたのは、このブログにも何度か登場している南相馬市ご出身のKさんご夫妻です。原発被災のあと一時角館で暮らしたご夫妻は、とうとう帰還をあきらめ、仙台市に生活の拠点を設けました。新たな生活が落ち着いたのを機に、ゆっくり角館へ来たいとのご連絡をいただき昨夜の食事となったものです。約二年ぶりの再会でしたが、普段は飲まないお二人が美味しそうにビールを口に運んでいました。

ご主人がトイレに立った際奥様が、『お父さんがこんなに喋ったの久しぶりよ。どんなに楽しいんだか…』。
その言葉を聞いて私も嬉しくなりましたよ。角館を第二の故郷と明言するご夫妻とは、これからも出来る限りのお付き合いを続けていくつもりです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋が深まります。

2016年09月12日 | 実演日記







今日の草履は、仙北市内の男性のオーダー草履です。奥様へのプレゼントで、オーダーに訪れたのはご主人と小学四年生の男の子でした。
配色を決めるのにやや迷い気味のご主人へ奥様の干支を訊いてみると、私より一回り下の「うさぎ」とのこと。であれば定番の「桜うさぎ」となり、こちらのデザインを指定したのが小学四年の男の子なんですね。代金の支払いはご主人でも、贈り主はなんだか男の子のような気がします。いいんじゃないでしょうか。

角館が一年で最も熱く燃えるお祭りが終わりました。近年にないくらい雨に当たったお祭り三日間です。そんな中で事故なく無事終えられたことに、角館人のすべてが安堵しているでしょう。去年の事故はあまりに痛ましかったですからね。
お祭り8日・9日と賑やかに過ごした西宮家お祭りテントは、事前のfacebookPRが功を奏したのか、過去最高の売上を記録した模様です。こちらもあの雨の中大健闘でした。

お祭りが終わって静かな角館に戻りましたが、これから秋の行楽シーズンに向かってまた少し賑やかになると思います。いわゆる観光シーズンは、残すところ二ヶ月となりました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

9月8・9・10日お休みです。

2016年09月05日 | 実演日記



今日の草履は、お隣り大仙市の男性のオーダー草履です。サイズ表示はありませんが、26cmのご自分用オーダーでお作りしました。好きな色をうかがうと「赤とオレンジ」。であれば思いっきり可愛く美しい草履にしたいじゃありませんか。角館草履は部屋履きですから、基本的に人様から見られるものではありません。「誰に遠慮が要りますか!」が角館草履の基本理念であります。

さていよいよ角館のお祭りが近づいてまいりました。9月7日・8日・9日は角館が一年で一番熱く燃える三日間です。例年通り私もこれに合わせお休みをいただきます。これも例年通りですが、9月8日と9日の二日間、西宮家米蔵側駐車スペースで「お祭りテント」を営業します。時間は午後6時から午後10時、私はずっとここにいますので、お祭り見物にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

お祭りですから当然私も酒を飲んでいます。でも西宮家と角館の草履職人の看板を背負っている以上、「誰に遠慮が要りますか!」とはいきません。節操のあるお酒にしたいと存じます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日から四日間お休みです。

2016年08月21日 | 地域の話









今日の草履は、奈良市の新婚さんペア草履です。若奥様は日本語ペラペラのシンガポール人で、若旦那様の従弟さんが暮らす当地へ二人で遊びにいらしたそうです。
ご希望配色をお訊ねするとご夫婦ともやや迷いました。であればやはり「和柄」でしょう。日本人男性を愛した女性ですから、和柄がキライとは思えませんしね。
本日の便で出発しました。もうすぐ届きますからね~(^^)/

日中の最高気温こそ30℃を超えますが、朝晩の風にはしっかり秋を感じます。お盆が過ぎると角館はお祭りに向けて一気にときが進みますから、暑さが減って熱さが増すといった感じでしょうか。いくつになっても故郷のお祭りは楽しいものです。

わらび座65周年の今夏、8月1日から20日まで「ナイトステージ」なるイベントが行われました。これもまた故郷のお祭りや郷土芸能を表したもので、毎夜50人~80人ほどが短い夏を愉しんだようです。
奈良市の新婚さんの従弟さんはわらび座の地元仙北市神代の方でしたので、このナイトステージをご紹介しました。「明日の晩にでも…」と話していましたからきっと訪れたでしょう。特にシンガポール人の若奥様には観せてあげたいと思ったものです。

私も四度訪れ、そのうち角館あきんど塾メンバーと二度機会が設けられました。二度目はちょっとワルノリしてしまいました。記念写真の中に草履職人が見つけられますでしょうか。




怒涛の如く過ぎ去った今夏、猛暑もありやや疲労感が否めません。明日から四日間夏休みをいただくことにしました。このお休みが明ければ、いよいよ夏の最後を彩る大曲全国花火競技会。また全国からリピーターさんがお立ち寄りくださると思います。
そして角館はお祭りへと加速度を上げてまいります。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮想ふるさと。

2016年08月17日 | 実演日記





今日の草履は、青森県つがる市の女性のオーダー草履です。ご希望配色は完全おまかせでしたから、彼女らしい可愛い配色にしてみました。
一年前からのご愛用者で、このたびは洗い替え用にと一ヶ月ほど前のオーダーです。女性のご実家は角館のお隣旧中仙町で、お盆の帰省に合わせてのお引き取りというわけですね。『しばらく飾っておこっ!』ととても喜んでくださいました。故郷の夏も十分楽しまれたことでしょう。

昨日のこと、お仕事で当地に暮らす女性のご両親がお訪ねでした。かねてから知人の女性が西宮家をお勧めしてくれたのだそうです。お二方とも東京生まれというご両親がおっしゃるのは…

『あたしたちには田舎っていうものがないですから、娘がいるここへ来ると故郷を感じるんです~』

この地に暮らす一人として、熱いものがこみ上げる想いでした。田舎を持たない都会人はかなりの人数に上るのではないでしょうか。そんな方々が「仮想ふるさと」に角館や仙北市を想ってくださったら、こんな嬉しい話はありません。

今年のお盆もリピーターさんとの再会が毎日ありました。これからはそんな方々とのご挨拶に、『おかえりなさい!』が相応しいかもしれませんね。
暑さとの闘いはあったものの、今夏も愉快に過ぎていきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自然発生とイベント。

2016年08月07日 | 地域の話


今日の草履は、仙台市泉区の女性のオーダー草履です。細かいところまでご自身でデザインした草履は、ポップ調の楽しいものに仕上がりました。ご来店ですぐにfacebookで繋がった女性は、本日到着した草履を早速投稿してくれました。こうしてお客様の反応がすぐに分かるというのは、なかなか愉快なものです。個人情報等で警戒する向きもありますが、ごく当たり前に利用すれば文明の利器といえるでしょう。

こちらの女性はわらび座の大ファンで、母上様と共に年に二十回はわらび劇場や公演先を訪れるといいます。私の草履もわらび座のみなさんとのfacebookを見て知ったとのこと。こうしたSNSを商いの大きな手段とは今も考えていないのですが、自然発生的にお客様が増えるのは歓迎すべきと思います。これからも様々な投稿をしてまいりますが、基本は「趣味」とお考えいただければ幸いです。

さて昨夜、第8回かくのだて絵燈籠夏まつりが開催されました。猛暑の夏は夜の街を賑やかにします。昨夜も例年に増してお客様が多かったですね。














気ままに訪れ、気ままに愉しむ。自然発生的に人が集まり、ひとりひとりが祭りを彩る。「やらなければならない」とか「行かなければ申し訳ない」とかではなく、「やりたい」「行きたい」がイベントに相応しい自然発生なのでしょう。

明日一日だけお休みをいただくことにしました。少し体を休めてお盆の繁忙期へと向かいます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白岩大名行列。

2016年07月31日 | 地域の話


今日の草履は、愛知県犬山市のおじさまのオーダー草履です。比較的ご年配の男性でしたが、自らこちらの配色をご指定でした。紫の無地をベースに持ってくるだけでもお洒落なのに、組み合わせのエンジ桜が極めつけですね。男性であれご年配者であれ、足元のお洒落は日常を愉しくすると思います。
ご家族分4足揃って明日の便で出発です。もう少しで履いていただけますよ~(^^)/

北東北にもいよいよ本格的な夏がやって来ました。一昨日29日は朝から夏空が広がり、午前10時頃でしたか梅雨明けが発表されました。その途端気温がみるみるうなぎ上り、角館の最高気温が34.4℃を記録しました。いきなりこの気温は、北東北に暮らす私たちにいささか酷ですよ。午後3時頃には平常心で草履が編めなくなり、いつもより二時間ほど早い帰宅となりました。昨日と今日も33℃前後まで上がりましたが、体も少しずつ慣れてくるのでしょう。今日は定時まで務めてきました。

さて、秋田の短い夏を彩るお盆行事を一つご紹介します。私が現在居住する集落、白岩の大名行列です。直近で平成十年の開催ですから、実に十八年ぶりの開催となりますか。殿様に家臣の侍が追従する行列とは異なり、平時は百姓として汗する若者たちが、侵略者に対して組織される「軍」なんですね。長州藩高杉晋作の奇兵隊を思い起こさせます。わが家のある道沿い白岩街道を行進し、土地の古刹「雲巌寺」を目指します。そこで棒術の披露とささら舞が行われると聞きました。日中ですから私は西宮家で仕事をしておりますが、ご関心のある方にはぜひご覧いただきたいと思います。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祈りの草履。

2016年07月26日 | 実演日記







今日の草履は、仙北市内の女性のオーダー草履です。わらび劇場「ハルらんらん♪」で桜月姐さんを演じる奥様から、「げんない」で小田野直武を演じるご主人への誕生日プレゼントを承りました。
ご希望配色は、「ご主人が好きな紫色をベースに直武風」。そうした無茶ぶりに俄然ファイトが湧く草履職人であります。

ベースの水玉は降りしきる角館の雪を表しました。あれだけの画を描く男ですから、直武はきっと心の優しい侍だったと思います。その心を暖色の組合せで表現しています。

「げんない」の県内公演は8月28日湯沢市、29日北秋田市。これまでの人生でやりたいことを何かに阻まれた経験をお持ちの方には、ぜひ観てほしい舞台です。劇中直武の台詞にあるのが、「秋田の画は祈りです」。角館草履もまた、足と心の健康を祈るばかりであります。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

逆サプライズ。

2016年07月22日 | 実演日記





今日の草履は、女性用が劇団わらび座音響スタッフさんのオーダー草履です。お好きな色が紫とのことでしたから、紫色をベースに「ゆかた美人」を表現してみました。
男性用は、「ハルらんらん♪」に出演している客演さんのオーダー草履です。赤の唐草と紺無地をご指定で、デザインはお任せでした。そこでせっかくですから愉快な草履にしたいと、タイトルを「よこしまな心」としてみました。もちろん彼がよこしまな心を持っているわけではありません。シャレの分かる愉快な青年なんですね。

昨夜わらび座内にあるお食事処を会場に、集まれる人たちで「オーダー草履引き渡し式」を執り行いました。みなさんに配色をご覧いただきながら、ご注文主による履き初めも行います。思い思いに写真を撮って、これもまた愉快なものですよ。






先月「初わらび座」を堪能した、西宮家レストランの料理長も参加しました。料理長がみなさんに何か差し入れをしたいと言うので、誕生日を迎えたばかりの女優さんお二人の名前を入れたバースデーケーキを持参しました。よもやおっさん二人がケーキを持ってくるとは、かなりのサプライズだったようです。
しかし私が驚いたのは、それぞれご愛用の草履を持ち寄るという「逆サプライズ」でした。作者冥利に尽きるとはこのことでしょう。いささかの感動をいただきましたね。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加