角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

ある職人との別れ。

2017年01月11日 | 地域の話



昨夜はとある男性の送別会でした。仕事の関係で当地に暮らすこと二年。自転車と徒歩だけで、私たちが暮らすこの地を縦横無尽に駆け回った御仁です。
さまざまな人々と出会う草履実演では、県外から当地へ一定期間移住して来られる方もいます。そうした方々がこの地を嫌いなはずはないとしても、こちらの男性ほど心からこの地を愛し、また愉しまれた方は珍しいのではないでしょうか。

私のお付き合いは二年のうち半分程度でしたが、まぁよく飲みました。いつも落ち着いた笑顔で、くだらない話に無邪気に笑う62歳。しかしその仕事は、舞台照明家として常に厳しいプロでした。かつて歌舞伎座の舞台照明をまとめていた職人は、あるときからいっときは東北で暮らしたい夢を持つようになります。そしてわらび劇場とのご縁が二年前に訪れました。

わらび座と共にこの地を愛してくれた御仁との別れは寂しいものの、それ以上にこのご縁に感謝し、そしてさらなるご活躍を願わずにはいられません。送別会閉会後そっと渡された直筆のお手紙は、私のこれからの人生に宝物となるでしょう。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましてあめでとうございます!

2017年01月02日 | 製作日記



2017年。新年あけましておめでとうございます。今冬の角館はいささか珍しいくらいに雪が少なく、もう数日の間雪かきというものをしていません。今日新年2日も空から落ちてくるものは雨で、わずかに残った雪をさらに消しています。
すべての住民が喜ぶ暖冬ではないものの、周囲でこれを歓迎しない人は少ないでしょう。

今日の草履は、仙北市内の女性のオーダー草履です。明日3日知人男性へプレゼントしたいとのことで、昨日元日の朝に編み上げました。本年製作第一号です。
平成18年から続けてきた「元日草履実演」を、今年10年ぶりにやめました。理由は複数ありますが、元日の朝から私の朝食や弁当作りのため早起きするカミさんに、やや気の毒を感じたのが一つです。

昨年は通算実演日数を326日と記録更新しました。その間弁当のなかった日はカミさんがインフルエンザで寝込んだ日と、私がお客様との会食を決めていた日、合わせて1週間もないでしょう。つまり一年に320回に及ぶ弁当作りを、年末と年始の1週間ほど休ませてあげることになったわけです。カミさんも、「弁当作るから稼いで来い」とは言いませんでしたね。

それでも「一年の計は元旦にあり」が頭にありました。元旦に何かしらの仕事に触れることは私にとっても望むところ。今日の草履は12月26日にオーダーを承ったものです。元旦にこちらを編みあげることは瞬時に決めました。
しかし10年間続けてきた元日実演を断念したことは事実です。そこで本年お正月のご挨拶は…

信念 曲げまして おめでとうございます。




今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。4日からはきちんと実演に励みますm(__)m
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一年ありがとうございました!!

2016年12月28日 | 実演日記





昨日今年最後の草履実演を終えました。今年の通算実演日数は326日、過去最多です。一年の9割近くみなさまの前で草履を編めたことは、皆勤賞をあげたいくらい自分に対して満足しています。大きく体調を崩すことなく一年を過ごせたのが大きいですね。このペースで行けるところまで行きたいと気持ちを新たにしています。

今年最後の「今日の草履」は、新年5日結婚式を挙げられる新婦が、花束と共にご両親へ贈る草履です。配色構想の参考になればとご両親の趣味など訊いてみると、共に「花」が大好きとのこと。そして完成したのがこちらの2点です。

ベースには厳かな金を用いました。その中でも朱色のグラデーションが、優しさや温かみを表現しています。そして組み合わせは、角館を象徴する桜にしました。花がお好きなご両親にはきっと喜んでいただけるでしょう。
すでに新婦へは画像を送り、絶賛の評価をいただいています。あとは5日の披露宴で草履を手に取るご両親のお顔が見たいところですが、私は披露宴に参列できません。

そこで一手思いつきました。披露宴に出席される知人にfacebookのライブ配信を打診したところ、新郎新婦も快諾してくれました。せっかくですから、お二人へのお祝いメッセージとご両親へ草履配色のいきさつなどをしたためた、草履職人からの手紙も添えたいと思っています。

まずは今年一年まことにありがとうございました。来る2017年もどうぞ宜しくお願いいたします。新年初草履実演は4日です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

有終の美。

2016年12月26日 | 実演日記







今日の草履は、仙北市内の男性のオーダー草履です。やはりこちらの男性もオーダーに訪れたのは秋でした。全国を歩くお仕事がひとまず落ち着き、本日無事にお手元へ届いています。この時間はもう履いてくださっているでしょうか。
ご希望配色は「完全おまかせ」でしたので、お若い男性だからこそシブい素材を使ってみました。私の手から直接お渡し出来なかったため、目にされたときの反応が分かりません。こういうのが案外残念なんですよね。

師走に入ってからお客様の人数がめっきり減り、逆に草履在庫が並びだしています。これから一冬在庫作りになるのですが、そんな中にもリピーターさんが訪れますし、初めてお会いする方ともご縁が生まれます。すると現品を選んでお持ち帰り出来ますから、お客様の反応がとてもよく分かるんですね。そうした意味でも私にとっての冬期間はとても大切です。

今年の草履実演はいよいよ明日一日を残すだけとなりました。お客様のお訪ねがあるかどうかは分かりませんが、気持ちのうえで有終の美を飾りたいと思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子から親へ 感謝の草履。

2016年12月24日 | 実演日記





今日の草履は、仙北市内の女性のオーダー草履です。今年九月のこと、埼玉県のご実家に暮らす父上様と共にお訪ねでした。その際にオーダーを賜ったのは、父娘のプレゼント交換なんですね。お父さんが娘さんへ「買ってあげるよ」と言うと、娘さんが「じゃあお父さんの草履をあたしがプレゼントするよっ」。
なんとも心温まるお喋りが展開されたものでした。娘さんは全国を歩く仕事をされているため、年末でなければお受け取りになれないとのこと。三ヶ月遅れのお引き渡しが昨日叶いました。父上様の草履も本日の便で出発しています。娘さんからのクリスマスプレゼント草履は、明日到着ですよ~(^^)

さて今年の草履実演も残すところ三日間となりました。明日もオーダー草履のお引き渡しが2件あります。その後年内にお作りするオーダー草履は、お正月に結婚披露宴を催す新婦が、ご両親へ贈る感謝の草履です。配色構想はすでに練りあがりました。
今日の草履も、親への感謝の草履であることは間違いありませんね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一年の最後。

2016年12月18日 | 実演日記







今日の草履は、茨城県日立市の若者三人のオーダー草履です。
みなさん二十代の近い年齢で、暮らす町内も一緒。うちのお二人は住むアパートも同じでした。いかに日常に仲良くしているかうかがえます。角館は初めての旅で、もちろん角館草履の存在も知りません。そんな三人が旅の思い出に揃ってオーダーしてくれたことに、なんとも言えない嬉しさがありますね。ましてこの冬空ですよ。

数日前は埼玉県からお越しのご夫婦がお立ち寄りくださり、奥様が展示していた一点をお持ち帰りでした。ご主人がおっしゃるのは、『だいぶ前にJRのコマーシャルで雪の角館が映りましてね。一度見たいものだと思っていたんです』。
「雪を見たい」と言う旅人は、いるにはいるにしても大人数ではありません。だからこそ大事にしたいお客様だと思っています。今年の草履実演は残り九日間となりました。しっかりと一年の最後を務め上げる所存です。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真のプレゼント。

2016年12月15日 | 家族の話


今日の草履は、仙北市内の男性のオーダー草履です。職場を離れる先輩女性の慰労会で、その方へのプレゼントとして承りました。
ご希望配色は基本おまかせでしたが、「いつまでも若々しく!」という贈り主の願いに、目いっぱい可愛らしい配色で表現してみました。履かれる女性はもちろんのこと、贈り主にも喜んでいただくのが真の「プレゼント」と思っています。

今月2日はカミさんの誕生日でした。その2週間ほど前でしたか、次女からLINEで2日と3日仕事を休めないかの相談です。そんなことを言うのは珍しいので、いったいどうしたのか返信してみると、カミさんの誕生日に私共々温泉一泊に招待したいとのこと。これを聞いたときは、嬉しいを超えてやや感動に近いものがありましたね。大人の休日倶楽部の最中だったため二連休は厳しいことを理解してもらい、2日の仕事を少し早く切り上げてつなぎ温泉へ行って来ました。

2日の夜、宿へ向かう途中に小岩井農場のクリスマスイルミネーションを愉しみ、温泉に一泊。翌3日は花巻宮沢賢治資料館を散策してきました。久しぶりの五人旅を娘たちも喜んでくれましたね。「プレゼント」というものは贈り主も喜んで大成功と思うわけです。











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

冬を迎えた角館です。

2016年12月11日 | 地域の話


今日の草履は、21cm土踏まず付きクリスマスバージョンです。〔4,800円〕
毎年この時季にクリスマス仕様を何足か編みます。和の文化を代表する草履にクリスマスが合うのか合わないのか分かりませんが、ひとまず可愛らしければお選びの方がいるものです。

さて、角館にもいよいよ本格的な冬の到来です。ここ数日は最高気温が3℃前後ですから、真冬の気候といっていいでしょう。今朝は数センチの積雪があり、今冬初の雪かきをしました。あまり早くから積雪になると、冬がとても長く感じます。昨冬ずいぶん楽をさせてもらった分、今冬の降雪量をみな気にしていますね。

冬の到来と共に、角館を訪れる人影もめっきり少なくなってきました。これから来春まで在庫作りに専念します。昨日日暮里繊維街から冬の新柄が到着しました。新しい和柄がいくつも入荷しています。どのようなお客様がお選びになるのか、草履を編みながらそんなことを考えるのも楽しみの一つですね。
まずは冬を愉しむとしますか♪♪



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

配色熟考。

2016年11月17日 | 実演日記





今日の草履は、仙北市の女性のオーダー草履です。最近ご結婚された妹さんと新郎さんへのプレゼントで、配色についてはご注文主さんと念入りに打ち合わせました。
折鶴プリントに唐草の組み合わせで、それぞれを色違いとしています。「鶴」は長寿の象徴であり、「折鶴」は願いの象徴です。いつまでも健康に恵まれ、幸せが続きますようにとの願いを表しました。

そして「唐草」。こちらはかねてよりご紹介していますが、途切れることなく脈々と繋がっていく子孫繁栄を願った日本古来からの文様です。この二つを組み合わせれば、ご結婚のお祝いに適した草履になると思いました。
今月下旬には直接手渡しで贈られるとのこと。その場面に立ち会いたいくらい私も楽しみです。

また別のお客様からは、お正月の挙式で新婦のご両親へ贈る草履を承っています。配色は完全おまかせですから、少し時間をかけて熟考してみましょう。こういうのも私の楽しみの一つとなっています。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第二の故郷。

2016年11月11日 | 実演日記





今日の草履は、宮城県石巻市のご夫婦のオーダー草履です。こちらのご主人はfacebookの友達を介して知り合ったのですが、ミニ草履をお求めのためわざわざ西宮家までお越しくださいました。なんともありがたいことです。
わらび劇場が話題になると、1月28日から始まる冬の小劇場「赤いほっぺ」にご家族で訪れるそうです。せっかくなのでその晩の夕食に、私を入れてもらうことにしました。角館草履のご愛用者で、角館が好きと言ってくださる方とは、こうしたお付き合いも大事にしたいと思っています。

昨夜夕食を共にしたのは、このブログにも何度か登場している南相馬市ご出身のKさんご夫妻です。原発被災のあと一時角館で暮らしたご夫妻は、とうとう帰還をあきらめ、仙台市に生活の拠点を設けました。新たな生活が落ち着いたのを機に、ゆっくり角館へ来たいとのご連絡をいただき昨夜の食事となったものです。約二年ぶりの再会でしたが、普段は飲まないお二人が美味しそうにビールを口に運んでいました。

ご主人がトイレに立った際奥様が、『お父さんがこんなに喋ったの久しぶりよ。どんなに楽しいんだか…』。
その言葉を聞いて私も嬉しくなりましたよ。角館を第二の故郷と明言するご夫妻とは、これからも出来る限りのお付き合いを続けていくつもりです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加