トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

反体制派ジャーナリスト、デュンダル氏がパリの名誉市民に

2016年11月10日 | 
11月11日 ジュムフリエト紙の前編集長ジャン・デュンダル氏が、パリの名誉市民権を受賞しました。

 Huriyet
パリのアンヌ・イダルゴ市長(右)から名誉市民権を受けるデュンダル氏


デュンダル氏は“優れた功績”のために、パリ市役所で、アンヌ・イダルゴ市長から名誉市民権を受けました。デュンダル氏は国家機密を漏らしたとして有罪判決を受け、控訴しています。デュンダル氏と、ジュムフリエト紙のアンカラ支局長エルデム・ギュル氏は、トルコ政府がシリアに武器を密輸しているという記事を掲載し、国家機密を漏らしたとして、6月、5年10か月の禁固刑の判決を受けました。

先週、ジュムフリエト紙の9人のジャーナリストと幹部が“テロ”調査で逮捕されています。ジュムフリエトはトルコで最古の、最も権威ある新聞です。11月5日に逮捕された人々は、現編集長ムラト・サブンジュ氏、コラムニストでIPI委員会メンバーのカドリ・ギュルセル氏、漫画家ケマル・ギュンギョル氏、ジュムフリエト財団の委員会メンバーのギュライ・テキン・オズ氏、ムスタファ・ケマル・ギュンギョル氏、トゥルハン・ギュナイ氏、ハカン・カラ氏、オンデル・チェリキ氏、ビュレント・ウトゥク氏らです。

彼らはみな非合法組織クルド労働者党(PKK)またはフェトフラー・テロ組織(FETO)と関わった罪で告訴されています。在米説教師フェトフラー・ギュレンは7月15日の未遂クーデターの首謀者と考えられています。

デュンダル氏にも、先週、逮捕状が出ています。


「米国はギュレンに避難所を与えるべきではない」トラムプ氏最高顧問

「アメリカは在米説教師フェトフラー・ギュレンに安全な避難場所を提供すべきではない」と、ドナルド・トラムプ氏の最高顧問が言いました。トルコ政府はギュレンを7月15日のクーデターを組織したとして告発しています。

 Hurriyet
副大統領指名を噂されるトラムプ氏の最高顧問マイケル・フリン氏


「過激なイスラム軍は、ギュレンのような詐欺師まがいの過激な聖職者から、そのイデオロギーを引き出す。アメリカはギュレンに安全な避難場所を提供すべきではない」退役中将マイケル・フリン氏が、11月8日付の「ヒル」紙(アメリカの政治新聞)に書いています。

「この危機に際して、われわれはほんとうの友人を見極めることが重要だ」と、元・防衛情報局長のフリン氏は書いています。フリン氏はトラムプ氏の選挙運動中も、重要な国内治安顧問を務め、副大統領候補と噂される人物です。

「トルコはアメリカの利害にとって、きわめて重要だという認識から始めなければならない。トルコはイスラム国(IS)に対して、また、中東の安定の源として、実際、最強の同盟国である」と、フリン氏は書いています。

トルコ政府はギュレンとその信奉者を、7月15日のクーデターを組織したとして告発しています。クーデター軍はトルコ国会を爆撃し、兵士たちはエルドアン大統領を暗殺しようとしました。大統領は市民に街路に出てクーデターに対抗するよう呼びかけました。クーデターで240人以上の市民がなくなりました。


「ウインウインで貿易を増やそう」ベラルーシ訪問のエルドアン大統領

「トルコはベラルーシとの経済活動を盛りあげ、相互の貿易量を10億ドルに増加させたい」と、ベラルーシの首都ミンスクを訪問中のエルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

「2013年から2015年、貿易量はわずかでした。しかし、わが国は10億ドルに増やせると思う」と、エルドアン大統領は、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領とともに、記者団に語りました。「両国が9000万の人口を持っていることから考えれば、これは不可能なことではありません」

「トルコの企業家はベラルーシで15億ドルの投資をしています。トルコの企業家がベラルーシのビジネスマンと協業すれば、ウインウインの結果をもたらすでしょう」と、エルドアン大統領は言いました。ルカシェンコ大統領はエルドアン大統領のミンスク訪問を歓迎し、「貴下の訪問で、両国の関係は確実に一歩前進するでしょう」

エルドアン大統領はまた、トルコの一部寄進によって建てられた、新しい大モスクの除幕式に出席し、11日、「トルコ=ベラルーシ・ビジネス・フォーラム」で、スピーチしました。


「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HDPが逮捕された議員たち... | トップ | マルディン県で新任区長がP... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。