トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「ギリシャ新首相の家族は西トルコから移住した」という報道

2015年01月30日 | 国際
月30日 トルコのトラキア地方エディルネ県の地元紙 Hudut が、ギリシャのアレクシス・ツィプラス新首相の家族のオリジンは、エディルネのクルクラレリ町だと報じました。

 Hurriyet
 1月28日、アテネの国会で初の閣僚会議に出席したギリシャのアレクシス・ツィプラス新首相


「自由団結党(ODP)エディルネ支部のネヴザト・チョラク支部長が、ツィプラス氏は2010年、SYRIZA とODPの共同イベントのために、エディルネを訪れたと言っている」と、1月29日付の同紙は報じています。

チョラク氏によると、トルコのトラキア地方を訪れたツィプラス氏は、「自分の家族はクルクラレリ県近くのババエスキ村の出身だから、トルコのトラキア地方に来ると、“わが家にいるように感じる”」と言ったそうです。

「私たちが興味を示すと、彼はとても嬉しそうだった。彼は私たちといっしょにレバー料理を食べた」とチョラク氏は言っています。

ツィプラス氏の家族がトルコからギリシャに移住したかどうか、にわかにはわかりません。1923年、スイスのローザンヌで合意されたトルコとギリシャの住民交換は、トルコの独立戦争後に両国の国境が定まった後、実施されました。アナトリアから約150万人のギリシャ人が、ギリシャから50万人のムスリムが、条約に従って“交換”されました。

ギリシャ南部のアルタ市近くのアタマニア村に住むツィプラス首相の親戚のドミトリス・ツィプラスさんは、Hurriyet 紙に、首相の父親のパヴロスさんはアルタの出身だと言いました。首相の母親アリスティさんはトルコ国境に近いギリシャ北部の都市カヴァラの出身だということです。「彼女の家族がトルコからの移民かどうかは、私は知りません」とドミトリス・ツィプラスさんは言いました。

・・・アタテュルクだって、現ギリシャ領のテサロニキに生まれたのですから、ギリシャ首相がエディルネの生まれだっていいんじゃないのと思います。レバー料理はエディルネの名物です。ツィプラス首相がレバー料理を食べたという話は、ホントっぽすぎて、ウソっぽいですね。


マルマラ地方中心に嵐。フェリーと空の便にも影響

気象庁の激しい嵐の警告で、トルコ航空は103便を欠航にしました。ギョクチェ島とボズジャ島行きのフェリーも欠航になりました。この悪天候は2月3日までつづくという予報です。

 Hurriyet

気象庁によると、1月31日夜から、風は時速90キロになり、2月1日には100キロになるだろうということです。

悪天候と積雪で雪崩の危険もあると、当局は警報を出しています。予期せぬ浮遊物、家庭内の一酸化炭素中毒、飛行機事故、海上交通に、注意が呼びかけられています。

   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコ外相がEUに国境管理の強化を促した

2015年01月29日 | 国内
1月29日 トルコ経由でシリアをめざす外国人戦闘員の流出を食い止めるために、EUはシェンゲン・ゾーン(短期訪問ビザ協定加盟国)を出る人々の国境管理を厳しくすべきだと、トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外相が言いました。

 Hurriyet

「外国人戦闘員に関しては、すべての国が情報の共有と協力の必要に合意している。わが国はアメリカやEUのある国々とはよく協力しあっているが、他の多くの国々とは定期的な情報の共有を行っていない」とチャヴシュオール外相は、アウシュヴィッツ解放70周年のイベントに出席中、カラコフで語りました。

チャヴシュオール外相は1月22日、ロンドンで開かれた対イスラム国会議に出席し、シリアへ向かう外国人戦闘員の流出を止めるための協力は効果があがらず、戦略も考えられていないと、意見を述べました。

「情報を共有するだけでは、外国人戦闘員の流出を止めるにはじゅうぶんではない」と彼は言い、トルコ国境に現れた外国人戦闘員を、トルコ政府が追放するのを期待している諸外国を批判しました。「パスポート・チェックと空港での対策がじゅうぶんではない。EU諸国はもっと対策を考えるべきだ」

「コバネの勝利を過大視すべきではない」

トルコ国境に近いシリアの町コバネを、最近、クルド軍がISILから奪還しましたが、「クルド軍がISILに勝利したことを過大視すべきではない」と外相は言いました。「政治の中心が失われているシリアでは、ひとつの町が、あるグループから他のグループへ移っただけのことかもしれない」

・・・外国人戦闘員のシリア流入に関して、EUはトルコの国境警備が甘いと文句を言いますが、ヨーロッパ諸国がアブナイやつらを自国から出さないようにすればいいんです。


カッパドキアの“入口”に観光人気が高まってきた

中央アナトリアのアクサライ県が、最近、イフララ渓谷や地下都市、隊商宿、高級ホテルなどで観光人気が高まってきました。

 Hurriyet

中央アナトリアのアクサライ県の8つの遺跡は、昨年、100万人以上のツーリストが訪れました。前年にくらべて17%増です。有名なカッパドキアに隣接するアクサライ県が、県庁と文化省のプロモーション活動が功を奏して、活気が出てきています。

同県の最も重要な遺跡イフララ渓谷は、歩行者用の道やトレッキング・フィールドの開設、環境整備、教会の修復などで、訪れる人を2倍にしました。隊商宿や地下都市、博物館のオープンで、ツーリストはさらに増えました。昨年は43万8903人がイフララ渓谷と、世界最大の隊商宿スルタンハヌを訪れ、27万6178人がサラトゥル地下都市を訪れました。

デリクハン・テペシとして知られるオレシン・ハン、修道院の渓谷、新たにオープンしたガジエミル地下都市、アクサライ博物館も、ツーリストが訪れるようになりました。

ムスタファ・ドーアン文化観光局長は、トルコ観光にとってのカッパドキアの重要性を力説し、カッパドキアにはイスタンブル、アンタルヤに次いで、ツーリストが多く訪れる場所だと言いました。「イフララ渓谷はカッパドキア観光にとって、特別な場所です。また、アンタルヤ=カイセリのルートにある最も美しい隊商宿も、アクサライ県内です」

“カッパドキアへの入口”であるアクサライにも、ツーリストたちが注目するようになったと、ドーアン局長は喜んでいます。

チャタルホユクより古い

「アクサライを訪れる人の数は100万人を超えました。アシュクルホユクは中央アナトリア最古の居住地遺跡です。観光用の整備作業は、ほぼ終わりました。この遺跡がオープンすれば、コンヤの有名な遺跡チャタルホユクより古い、重要な遺跡を見学できるようになります」


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコの人口は7700万人を超えた

2015年01月29日 | 国内
1月28日 28日のトルコ統計局が発表したデータによると、トルコの人口は1年で128万人増え、2014年、7700万人を超えました。

 Hurriyet

人口の50.2%(3898万人)は男性で、49.8%(3871万人)は女性です。都市部に住む人の割合は、2013年の91.3%から、2014年は91.8%に増えました。

人口の最も多い県はイスタンブルで、トルコ国民の18.5%(1438万人)がイスタンブルに住んでいます。イスタンブルの次がアンカラで、6.6%(515万人)、アンタルヤは2.9%(222万人)です。トルコの81県中、最も人口が少ないのは北東部のバイブルト県で、人口はわずか8万607人。

中年者の人口が増え、2013年の30.4%から、2014年には30.7%になりました。男性の中年者は30.1%ですが、女性は31.3%。全国で中年者が最も多いのはシノップで、39.1%。次いでバルケシルの38.6%、エディルネとカスタモヌの38.0%。中年者が最も少ない県はすべて南東部で、シュルナクは19.1%、シャンルウルファは19.2%、アールは20%。

15歳から64歳の労働年齢人口は0.1ポイント増えて、全人口の67.8%、すなわち5264万人です。65歳以上は全人口の8.0%(619万人)まで増えました。

全国の人口密度は1平方キロあたり、平均101人になりました。人口密度が最も高いのは、当然イスタンブルで、1平方キロあたり2767人。イスタンブルに次いでコジャエリが477人、イズミル342人、ガジアンテプ277人、ブルサとヤロヴァが267人。東部のトゥンジェリ県は人口密度が最も低く、1平方キロに、たったの12人です。

・・・イスタンブルの交通渋滞、うなづけますね。


「ときどきダイアリー」ヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコの人口は7700万人を超えた

2015年01月29日 | 国内
1月28日 28日のトルコ統計局が発表したデータによると、トルコの人口は1年で128万人増え、2014年、7700万人を超えました。

 Hurriyet

人口の50.2%(3898万人)は男性で、49.8%(3871万人)は女性です。都市部に住む人の割合は、2013年の91.3%から、2014年は91.8%に増えました。

人口の最も多い県はイスタンブルで、トルコ国民の18.5%(1438万人)がイスタンブルに住んでいます。イスタンブルの次がアンカラで、6.6%(515万人)、アンタルヤは2.9%(222万人)です。トルコの81県中、最も人口が少ないのは北東部のバイブルト県で、人口はわずか8万607人。

中年者の人口が増え、2013年の30.4%から、2014年には30.7%になりました。男性の中年者は30.1%ですが、女性は31.3%。全国で中年者が最も多いのはシノップで、39.1%。次いでバルケシルの38.6%、エディルネとカスタモヌの38.0%。中年者が最も少ない県はすべて南東部で、シュルナクは19.1%、シャンルウルファは19.2%、アールは20%。

15歳から64歳の労働年齢人口は0.1ポイント増えて、全人口の67.8%、すなわち5264万人です。65歳以上は全人口の8.0%(619万人)まで増えました。

全国の人口密度は1平方キロあたり、平均101人になりました。人口密度が最も高いのは、当然イスタンブルで、1平方キロあたり2767人。イスタンブルに次いでコジャエリが477人、イズミル342人、ガジアンテプ277人、ブルサとヤロヴァが267人。東部のトゥンジェリ県は人口密度が最も低く、1平方キロに、たったの12人です。

・・・イスタンブルの交通渋滞、うなづけますね。


「ときどきダイアリー」ヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリシャのトルコ人の大多数は急進左派に投票した

2015年01月28日 | 国際
1月27日 ギリシャのトルコ人とムスリムの大多数は、日曜の総選挙で、急進左派のSYRIZA に投票し、SYRIZA からギリシャ議会に3人のトルコ系議員を送りました。

 Sabah

40歳のアレクシス・ツィプラス党首率いる急進左派SYRIZA は、ギリシャの総選挙で大差で勝利しました。経済危機とEUに指示された緊縮対策で焦燥を感じていた多くのギリシャ人とともに、西トラキアに住むトルコ人とムスリムたちもSYRIZA に投票しました。

トルコ人とムスリムの少数民族の多いクサンティ県(トルコ語イスケチェ)とロドペ県(ロドプ)では、SYRIZA は、全国平均の36%を上まわる45~48%を獲得しました。

トルコ系の3人の議員の1人、アイハン・カラユスフ議員は、西トラキアのトルコ人コミュニティはギリシャ人より、経済危機の被害を受けたと言いました。「少数民族は作業員や農夫が多く、公務員はほとんどいないから、被害は大きい」


「トルコはシリアの外国人戦闘員の情報は持っていない」外務省

 「シリアにいる約5000人の外国人戦闘員について、トルコ政府は情報を持っていない」と、外務省のスポークスマン、タンジュ・ビルギチ氏は言いました。

 Hurriyet

「シリアにいると思われる外国人戦闘員は約15,000人です。外国との情報共有の結果、わが国が入国を禁じた、ブラックリストにのった人々の数は、およそ10,000人です。つまり、その差の5000人の外国人戦闘員がいるということです」と、ビルギチ氏は、1月27日、記者団に語りました。

先週、ビルギチ氏はブラックリストにのった人の数を7833人と発表しましたが、今週は“約10、000人”に増加しています。西欧諸国は、シリアやイラクのジハーディストに参加する外国人戦闘員の流入を阻止するために、トルコはじゅうぶんな努力をしていないと批判しています。

この問題は、とくに1月初旬のパリのテロ事件後、ヨーロッパ諸国の、解決すべき最優先事項となっています。パリの事件で西欧諸国は、自国育ちのテロリストの脅威を厳しく知らされたのです。

・・・外国人戦闘員の流入を、シリアと国境を接している国トルコのせいにして文句を言うなんて、お門違いです。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコで盗まれた車がシリアのテロリストに売られていた

2015年01月27日 | 国際
1月26日 この2年間にトルコ国内で盗まれた約2000台の車がシリアに送られ、その多くがジハーディストたちに売られていました。警察と憲兵隊の情報によると、2013~2014年に盗まれた2000台の車は、偽造プレートがつけられ、シリアに密輸されていたそうです。

 Hurriyet

盗難車の多くはピックアップ・ヴァンとパネル・ヴァンで、中東の戦闘集団、主としてイスラム国(ISIL)に売られていました。車は武器弾薬や戦闘員を運ぶのに使われていました。警察の治安当局によると、トルコ国内で、毎日、63台の車が盗まれているそうです。最も車の盗難が多いのはイスタンブルで、1日26台が盗まれています。2014年、トルコ全土では、2万3000台が盗まれました。

警察によると、最新モデルの高級車もしばしば盗まれ、シリアやイラクに売られているそうです。中東ではしばしば車を爆破するテロがありますが、たいてい盗難車が使われています。2013年2月の、シリアとの国境のジルヴェギョジュ・ゲートでの車による爆破テロでは、14人が死亡、トルコ当局は、この攻撃はシリア政府によるものとして非難しました。

シリア国境近くの町での車爆破テロ

50人の命を奪った、トルコ史上最悪のテロ攻撃は、2013年、シリアと国境を接するハタイ県のレイハンルで起こりました。当時、トルコ当局は、攻撃はイスラミストの仕業ではなく、シリアのバシャル・アルアサド大統領とリンクしていると主張しましたが、アルカイーダ関連のグループの犯行だったという情報もあります。

2003年11月15日と20日のイスタンブルのテロ事件をご記憶の方も多いでしょう。英国領事館、HSBC銀行、イスタンブル最大のシナゴーグが、車爆破テロの標的になりました。英国総領事を含む57人が死亡し、何百人が負傷しました。この事件はアルカイーダが犯行声明を出しました。

トルコ国内に、ISILにつながる人物が約3000人いると思われます。ISILに参加しているトルコ人は700~1000人といわれます。彼らの帰国後の行動が懸念されると、メヴリュト・チャヴシュオ-ル外相も言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「トルコ人、クルド人、アラブ人の新しい中東を望む」と首相

2015年01月26日 | 国内
1月25日 「トルコはトルコ人、クルド人、アラブ人がともに暮らす新しい中東を願っている」とダヴトオール首相は言い、クルド問題の平和的解決を見つけるために努力をつづけると誓いました。

 Hurriyet

人口の大多数をクルド人が占めるディヤルバクルで開かれた現政権・公正発展党(AKP)の県大会での演説で、首相は「われわれは新しい中東を目指している」と語りました。

「シリアの暴君に対抗し、トルコ人、クルド人、アラブ人がともに築く新しい中東をわれわれは望んでいます。トルコ人とクルド人はふたたび共存するでしょう。この兄弟愛が永遠であることを願います」と、首相は言い、また、トルコは新月の旗でイスラムを示しつづけると言いました。

首相はまた、紛争から利益を得る人々に反対し、兄弟愛と平和と新しい中東を力説しました。「今日、国内の悪党たちが、1990年代のような暗い時代を、また始めようとしています」と首相は言いました。1990年代中頃は、トルコ軍と非合法組織クルド労働者党(PKK)の戦いのピーク時でした。

ダヴトオール首相はディヤルバクルの悪名高い第5刑務所は博物館にすると言いました。首相は群衆に、彼らの言語クルド語で挨拶し、「時間がとれたら、クルド語を学ぼうと思っています。クルド語はトルコ語同様、すばらしい言語です」と言い、最後に、私のボディガードもクルド・オリジンですよ」と言いました。


ドイツでトルコ人親子が人種差別グループの犠牲に

トルコ人ブルハン・イルハンさんと彼の父親が、ドイツで増加しつつある人種差別主義者の犠牲になりました。

 Sabah

イルハンさんは嫌がらせを受けている父親を守ろうとして、ナイフで武装した15人の外国人排斥グループに鉄棒で殴られました。イルハンさんは病院で治療を受け、警察が捜査を始めました。

ドイツでは最近、反移民と反イスラムの傾向が高まり、それが市民やモスクに対する攻撃になっています。反イスラムのデモが、ドイツの数都市で、極右グループによって行われました。最も有名な極右集団は、ドレスデンをべースにする「西洋のイスラム化に反対する愛国的ヨーロッパ人」(PEGIDA)と名乗るグループです。

イスラム嫌い、外国人嫌いの傾向は、パリの風刺雑誌シャルリー・エブドのテロ事件後、他のヨーロッパ諸国にもひろがっています。

・・・アルカイーダの事件が起こったからといって、アルカイーダやISISの攻撃を受けているトルコの市民を襲うなんて矛盾じゃないですか。暴力的なバカ集団を野放しにしておくドイツもドイツです。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタがトルコに新たに5億ドル投資

2015年01月24日 | 経済
1月24日 トヨタは新モデルのために、今後の2,3年間に、トルコに5億ドル投資するだろうと、トヨタ自動車工業トルコのCEOオルハン・オゼル氏が言いました。

 Sabah

アンタルヤ・ビジネスマン協会が主催した会合で、オゼル氏は、トヨタ・トルコは製品の88%を53か国に輸出していると言いました。新たな5億ドルの投資によって、わが社への投資総額は24億ドルまで増すだろうと、オゼル氏は言いました。「わが社は今後2年間で、輸出の20億ドルを40億ドルまで増やすでしょう」

2003年、トルコで売られた車の78%は輸入車でしたが、この数字は現在、73%に減少しています。トルコの自動車部門は、2004年以来、外国貿易で黒字を出し始めていると、同氏は言っています。

オゼル氏は、自動車輸出の中東の基地としてのトルコの重要性を強調し、国内市場が縮小しているにもかかわらず、生産は4%増して、117万台に達したと語りました。


トルコはサウジの王のために24日を服喪の日とした

 トルコは、90歳で逝去されたサウジのアブドゥラ・ビン・アブドゥルアジズ王のために、1月24日を国家的服喪の日としました。

 Hurriyet

「1月24日をサウジのアブドゥラ・ビン・アブドゥルアジズ王のための服喪の日とする」という声明を、とるこのダヴトオール首相が出しました。「わが国はサウジアラビアとムスリム世界の人々に心からの哀悼の意を表します。王に神の慈悲を」と声明は言っています。24日はトルコ全土に半旗が掲げられるでしょう。

サルマン・ビン・アブドゥルアジズ皇太子が湾岸の産油国の新国王となり、ムクリン・ビン・アブドゥルアジズ王子が新皇太子になりました。サルマン新国王は79歳、亡くなった王の異母弟になります。彼は2012年6月、ナイフ前皇太子の没後、皇太子に指名されました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人戦闘員流入阻止のトルコの努力を英国外相が賞賛

2015年01月24日 | 国際
1月23日 イラクとシリアのイスラミスト戦闘員に参加しようとする外国人戦闘員の流入を阻止するために、トルコはよくがんばっていると、イギリスのフィリップ・ハモンド外相が賞賛しました。

 Hurriyet
 
クルド人がコバネと呼ぶシリアの町アイン・アルアラブの丘の頂上に立つ旗のそばに、イスラム国の戦闘員たちがいるのが、シリア=トルコ国境から見える。


1月22日、イラクのハイデル・アルアバディ首相とアメリカのジョン・ケリー国務長官とのロンドンでの会談後の記者会見で、「トルコは国境を越えようとする人々を阻止するために、すばらしい努力をしている」と、ハモンド外相は言いました。

1月22日、イギリスの2つのメディア「ザ・タイムス」と「ジ・インディペンデント」が、
「トルコとシリアの国境は800キロ以上あるのだから、戦闘員の流入は止められない」というトルコのダヴトオール首相の発言を引用しました。「トルコの首相の言うことは、もちろん正しい。トルコは長い国境線を100%守ることはできないだろうが、トルコは非常によくやっている」とハモンド外相は言いました。

ハモンド外相とケリー国務長官とアルアバディ首相は、1月22日、イラクとシリアの広い地域を制圧している過激派集団に対して団結して戦うために、21か国の代表とともにロンドンで会議を行いました。イラクのアルアバディ首相は、国を引き裂いた過激派集団に対して、イラク政府へのさらなる支援を求めています。

アメリカ率いる連合軍は、ISILに対する空爆を約5か月間行っています。ケリー国務長官は、空爆はISILの前進を止め、ある地域では押し戻す効果をあげていると言っています。


客の食べ残しを食べたシリア人の子供が殴られた

イスタンブル・シリンエヴレルのバーガー・キングで、客が食べ残したフライを食べたシリア人の子供が、店のマネジャーに殴られたとCumhuriyet 紙が報じました。

 Hurriyet
 
けがをした子供にティシュを差し出す人も。


ファーストフード・チェーンで起こったこの事件は、目撃者が、血を流してすわっている子供の写真をとってウエブ上にシェアしたため、大きな反響を呼びました。トルコでバーガー・キングのライセンスを持つTABフード社は、1月23日、事件後、支店のマネジャーを解雇したと発表しました。

「わが社のレストランのフランチャイズのひとつで不幸な事件が起こったことを、わが社は悲しみを持って発表します。この事件を許容できないわが社は、問題のレストランのマネジャーの雇用契約を打ち切りました」という声明文が発表されました。

会社はシリア人の子供に賠償金を支払うかという質問には、バーガー・キングの担当者は、従業員の解雇でじゅうぶんだと思うと答えました。「わが社にはおよそ1万人の従業員がいます。問題の人物の雇用契約を取り消すことでじゅうぶんだと思います」

・・・食べ残しを食べた子供を殴るなんてひどい話ですけれど、それが大事件になったと聞いて、少しほっとしました。シリア難民150万人、こんな事件も起こるでしょう。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルドアン大統領が“現代のロレンス”に対する団結を呼びかけた

2015年01月21日 | 国内
1月22日 21日、エルドアン大統領がムスリム諸国に“テロと人種差別”に対して声を上げるよう呼びかけました。

 Hurriyet

イスタンブルで開催された「イスラム協力機構」(OIC)の会合で、エルドアン大統領は、「イスラム諸国は、中東を崩壊させようとしたイギリスの将校“アラビアのロレンス”の継承者たちを打ち破らなければならない」とスピーチしました。

大統領はエチオピア、ソマリア、ジブチ歴訪に先だって、テロ行為は“決してムスリムともイスラム諸国とも結びつかない”と語りました。「ムスリムが沈黙し、宗派が信者の後ろに控えていたら、よそ者が入り込んでくる」と大統領は言いました。

アラビアのロレンスのほうが通りがよいイギリス士官T.E.ロレンスは、第1次大戦中、オスマン帝国軍と砂漠でゲリラ戦を戦ったアラブのリーダーたちに助力しました。エルドアン大統領は、中東に干渉する西洋のシンボルとして、ロレンスの亡霊を引っ張り出したのです。「私たちは異なる言語を話し、異なる土地に住み、異なる民族をルーツとしていますが、いま、テロと人種差別に対して違いを越えて団結しなければなりません」と大統領は言いました。

エルドアン大統領はまた、ムスリムのメンバーを入れずに、ムスリム世界の問題を解決しようとする国連の安全保障理事会を批判しました。「常任理事国5か国にムスリムの国がありますか? そんなやりかたが公正でしょうか」

「私たちは56か国です。国連加盟国のほぼ3分の1はイスラム国です」とエルドアン大統領はOICの会合で語りました。


ゲジ・プロテスターを殺害した警官に禁固10年

2013年のゲジ騒動で、プロテスターのアリ・イスマイル・コルクマズ君を殴り、死に至らしめた2人の警官に禁固10年の刑が宣告されました。アリ君はエスキシェヒル市のデモで警官に殴打され亡くなりました。

 Sabah
 
ありし日のアリ・イスマイル・コルクマズ君


裁判所はメヴリュト・サルドーアンとヤルチン・アクブルトの2人に10年の刑を言い渡しました。殴打事件に参加したとされる地元のパン屋の従業員4人は3年から6年の刑になり、他の2人の警官は無罪になりました。

メヴリュト・サルドーアンは、コルクマズ君が手当てを受けた病院のビデオ会議による審問で、最終答弁を行い、負傷を負わせ死に至らしめた罪で13年の判決を受けましたが、裁判中の“よい態度”によって10年と10か月に減刑されました。検事はサルドーアンに故殺罪で終身刑を求刑しましたが、裁判所は拒否しました。アクブルトは刑期12年から10年10か月に減刑されました。

コルクマズ君の家族の弁護士アイハン・エルドアン氏は、最高裁に上告し、現在の刑を故殺に変えたいと言っています。「最高裁が同意したら、このケースを欧州人権裁判所に持ち込みたい」


   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加