トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

今度の選挙は単なる地方選挙ではない

2014年03月31日 | 国内
3月31日 トルコ市民は今日、市や地区の長や市会議員、村や地域の“村長”を26党から選出する地方選挙の投票を始めました。
地方選挙に投票する資格を持つトルコ人は5200万人。約2700万人の女性と2600万人の男性が全国の約20万個の投票箱に投票します。

 Sabah


この選挙は地方行政のための選挙以上のもの
選挙する人は投票所に、身分証明書、パスポート、運転免許証などの寫眞つきの公式書類を持参しなければなりません。
今度の選挙はトルコ市民にとっても、国際社会にとっても、地方行政の長を決める以上の重要性を持っています。この結果は、国内外の政治にも大きな影響があるだろうと予想されます。

この選挙は、昨夏のゲジ公園プロテストと、昨12月17日の汚職手入れ後、初めての選挙、つまり公正発展党(AKP)の信頼性が問われる選挙です。


 SAbah

エルドアン首相は自宅のあるイスタンブール・ユスキュダル地区で、2014年地方選挙の投票をしました。首相は投票後、「国民は最終的な声を聞くだろう」と言いました。
エルドアン首相はエミネ夫人、令嬢シュメイエさん、エスラ・アルバイラクさん、令息ビラル・エルドアンさん、婿のベラト・アルバイラクさんとともに、投票所の公立学校を訪れました。

 Sabah

ギュル大統領はアンカラのチャンカヤ地区で投票しました。
「今日、私たちは、民主主義の最もよい部分を体験している」とギュル大統領は言い、「今回はいささか厳しい選挙戦だった。いま、トルコはトルコ自身の問題を見つめるべきだ。すべての市民は、わが国は強い国であり、その組織も強力であることを知るべきだ」と付け加えました。
ファースト・レディ、ハイルニッサ夫人もともに投票しました。

 Hurriyet

共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール党首が投票の列に並んで順番を待っていたら、記者団から「党首も行列に並ばれるのですか」と声がかかり、「それがフツーじゃないの」と党首は答えました。


東南部の村では対立候補支持者間で銃撃殺人

3月30日、地方選挙でライバル候補を支持するグループの衝突で、8人が死亡しました。治安当局によると、東南部シャンルウルファ県の、シリアと国境を接するヒルヴァン地区のユヴァジュク村で、2家族間の銃撃戦で6人が死亡しました。

 Hurriyet

同じくシリアと国境を接する南部のハタイ県では、クルクハンのギョルバシュ村で、2人の候補者の親戚間で撃ち合いが起こり、2人が死亡したと、当局の発表がありました。
2人の候補者は無所属でした。

その他の地域では選挙は平和に行われました。東部のシイルト県では、130歳!と記されたIDカードを持ったメフメット・エセンさんが、「トルコとクルドの人々の平和と兄弟愛のために、投票に来ました」と言って、投票所に入っていったそうです。


クリミア・タタールは自治を望んでいる

クリミア・タタール人の国民会議(Kurultay)は土曜、臨時会合を開き、自治権についての投票を行いました。
クリミアの土着の住民である30万人強のタタール人社会は、ロシア併合の賛否を問う3月16日の国民投票をボイコットしました。

 Sabah

ロシアは今月初め、この地方を一方的に併合しましたが、タタール人はこれを遺法としています。
ロシアの法律は政府の制定した行政上の支部団体以外の団体を禁じているとかで、タタール人たちは自分たちコミュニティの団体が禁止されるのではないかと心配しています。
1944年、タタール人はロシア政府によって中央アジアに集団追放されました。そのため彼らはクレムリンの意図に疑惑を深めているのです。

ソ連邦が崩壊しはじめた1980年代後期、タタール人はクリミアに帰ることを許されました。タタール人の多くは勝手に空き地を手に入れ、新しい家を建てました。
その後、ウクライナ政府は彼らの土地の所有権を認め、タタール人は晴れて自分の土地に住み、今日までそこで働いてきたのです。




   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5000万トルコ市民が今日、投票

2014年03月30日 | 国内
3月30日 与野党対立の緊張した空気の中、今日、5000万以上のトルコ市民が投票に行くはずです。高等選挙委員会(YSK)は有権者総数は5269万5831人、投票所数は17万7044と発表しました。
東部では投票時間は午前7時から午後4時、西部では午前8時から午後5時まで。
 
 Hurriyet

人々は地区と市県の長と行政官および市県議会議員を投票します。4800万以上の人々が都市部の投票所へ、300万人が村の投票所へ行きます。
イスタンブールの有権者数は879万4284人、アンカラは322万4687人、イズミルは278万7874人です。

今回の選挙は単なる地方選挙以上のものがあります。昨年の全国的なゲジ公園プロテストと12月17日に始まった汚職問題後のこの選挙を、現政権・公正発展党のリーダー、エルドアン首相は、彼の政府に対する重要な国民投票と捉えています。

トルコ81県の中の30県は大都市庁によって管理されていますが、競争はその30県、とくにイスタンブール、アンカラ、イズミル、アダナ、アンタリヤ、ディヤルバクルで熾烈でした。
全国で何千何万のボランティアが投票の管理に応募してきたのも、過去の選挙にはなかったことです。


少なくとも350万人が投票所に行くだろう

選挙フィーバーが全国にひろがって、何百万人の人々が故郷に帰っています。350万人以上の人々が長距離バス停に駆けつけ、民主国家の市民の義務である投票を果たすため、故郷の町や村に帰りました。

 Hurriyet

最も混雑したのは、最も人口が多く、移住者も多いイスタンブールのエセンレール・バス・ターミナルでした。通常、このターミナルからは、1日1200本のバスが出ていますが、3月28,29日には、1日2000本のバスが出ました。

「お客さんのバスの増発要求には応じきれませんでした」と、トルコ・バス運転者連盟の(TOFED)のメフメット・エルドアン会長。「イスタンブールの主要なバス・ターミナルから出発した人の数は、選挙前の28,29日には1日50万人に達したでしょう」

「選挙のために旅行する人々の総数は、飛行機やマイカーの旅行者を含めると、およそ350万人です」とエルドアン会長。
「選挙のために1500台のバスが貸し出されました。故郷の村で親戚がムフタル(村長)をしていたら、人々は親戚を支援するために村へ帰るのです」

5260万人の有権者が全国の村長や市長や地方議員を選挙するために投票所へ向かうでしょう。今年は政治的緊張が高まり、地方選挙が公正発展党政府への信任投票に変わってしまいましたから、投票者数は2009年の85.2%を上まわると期待されています。


  カラマンオール君殺害の容疑者逮捕

3月23日のイスタンブールのプロテスト中、22歳の青年ブラク・ジャン・カラマンオール君は何者かに射殺されましたが、この銃撃に使われた銃を持っていた容疑者が逮捕されたと、金曜、内務相が発表しました。   

 Sabah
 
22歳の若さで逝ったブラク・ジャン・カラマンオール君


カラマンオール君は、イスタンブールのオクメイダヌ地区で行われた15歳の少年ベルキン・エルヴァン君の葬儀後、3月12日の夜のプロテスト中、2つの集団が武器を使った乱闘になった中で射殺されました。

カラマンオール君を死に至らしめた弾丸を調査した法医学研究所は、弾丸は容疑者が所持していた銃から発射されたことを確認したと、内相は語りました。


   「ときどきダイアリー」ヘ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギュレンつながりのジャーナリストをエルドアン首相が告訴

2014年03月30日 | 国内
3月29日 シリアでの軍事活動に関する治安当局の記録リーク捜査で、ギュレン運動に近いとみられているジャーナリストが29日、短期間逮捕されました。
また、エルドアン首相は何人かを告訴しました。
ジャーナリストで“有識者”のアイタチ氏は、警察に自宅を手入れされた夜、不在でしたが、その後、警察に出頭し、シリアの軍事活動について知っていたとして逮捕され、証言後、釈放されました。

 Hurriyet

アイタチ氏は26日、サマンヨルTVにゲスト出演し、現政権・公正発展党(AKP)はシュレイマン・シャーの墓をジハーディスト集団から取り戻すために、“特別作戦”によってシリアに侵攻するだろうと語りました。「作戦のための準備はすべて整っている。これは(30日の選挙のためのプロパガンダの)最大の材料になるだろう」と、彼はTV番組で主張しました。

ギュル大統領はリークを“スパイ行為”と非難し、盗聴した者たちを見つけ、容赦しないと明言しました。ダウトオール外相は「すべてのもの、すべての人を慎重に調査している」と言い、リークはトルコ共和国の信頼性を侵犯するものだと言いました。

「常連容疑者たち」
エルドアン首相はアイタチ氏と、もう1人のギュレン運動に近い“識者”エムレ・ウスル氏を告訴し、この2人はスパイ行為の“常連容疑者”だと主張しました。
首相はまた、Today's Zaman のビュレント・ケネシュ編集長と、日刊Zaman紙のコラムニスト、メフメット・カムシュ氏を告訴し、2人のジャーナリストはツイッターで、首相の疲れた声を嘲笑し、“侮辱した”と言いました。

イスタンブール警察のアリ・ファト・ユルマゼル前情報部長も、エルドアン首相に告訴されました。エルドアン首相の弁護士は裁判所に、ユルマゼル氏、ウスル氏、アイタチ氏に対する旅行禁止令を求めています。

ギュレンのグリーン・パスポートがキャンセルされた
東部エルズルム県知事は、アメリカに住むフェトフラー・ギュレンのグリーン・パスポートを違法として取り消しました。

Sabah

ギュレンは1991年、退職した公務員として、グリーン・パスポートを所持する権利を得ていました。
グリーン・パスポートは所持者がビザなしで、ある国々へ旅行することを許可する特別のパスポートですが、アメリカはそのリストに入っていません。ギュレンはふつうのパスポートの再発行をアメリカのトルコ領事館に申請しなければならなくなりました。


トルコ地方選挙カウントダウン

30日、選挙です。政治家の皆さん、お疲れさまでした。あとは結果待ち・・・


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前トルコ・キプロス大統領、ギリシャ・キプロスの右翼に襲われる

2014年03月28日 | 国際
3月28日 メフメット・アリ・タラット前トルコ・キプロス大統領が、キプロス問題決着のための会議に出席中、ギリシャ・キプロスの極右グループに襲われました。
「愛国人民フロント」(ELAM)の何百人ものメンバーが、ギリシャ・キプロスのリマソル市の会議室を襲撃し、タラット前大統領に卵やオレンジや、火のついたものを投げつけました。「愛国人民フロント」はナショナリズムを掲げ、トルコ・キプロス人と島への移住に反対しています。

 Hurriyet

集団と会議室の聴衆の間で混乱が起こり、警察が集団を追い払いました。
襲撃後、タラット前大統領と随行団は、警察に警備されて、トルコ・キプロスに戻りました。警察は襲撃者を鎮める力がなかったと、タラット前大統領は言いました。

ニコス・アナスタシアディス・ギリシャ・キプロス大統領は、タラット前大統領に電話で謝罪しました。ギリシャ・キプロスのフリストス・スティリアニディス報道官もこの襲撃を非難し、このような事件は2度と起こさせないと言いました。
ELAMはネオナチ・ギリシャ組織「黄金の夜明け」のギリシャ・キプロス派として知られています。


  シリア難民の子供たちが密輸タバコを販売し、搾取されている

故国を逃れトルコで難民として暮らす子供たちが、密輸タバコを販売し、搾取されています。密輸タバコはイラクやイラン、最近はシリアからも入っています。
マルディンのクズルテペ地区の広場周辺には、無数の物売りがいますが、ほとんどが子供で、トルコ語は話せず、アラブ語を話しています。

 Hurriyet

商店主たちの話では、この地区では密輸タバコ組織に使われているシリア人の数が増え、彼らの多くは1日20リラで雇われているそうです。
合法的なタバコは最も安いもので5リラですが、この地域では密輸タバコは2~3リラで売られています。

トルコで売られている密輸タバコの40%くらいは、ブルガリアのブルガルタバク社製で、
ブルガリアから一度、イラクに輸出され、国境を越えてトルコに密輸されているそうです。
2012年、トルコ警察は、9910万箱の密輸タバコを押収しました。


女性専用のジムが人気

ここ数年、トルコで女性専用のジムが人気を呼んでいます。
“B-fit”は2006年に、6人の女性が始めた女性専用ジムのフランチャイズですが、現在、48都市に220の支部があり、18万人の顧客がトレーニングに励んでいます。

 Sabah

バルムムジュ支部のデメット・サルカヤさんは、女性専用ジムが大人気の理由は、女性が不快感なしに安全な環境でトレーニングできるからだと言っています。
B-fitは“お尻ひきしめ”からヨガやダンスまで指導しています。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康的なパンのための厳しい基準

2014年03月26日 | 国内
3月27日 食品・農業・家畜省は、製パンのための新しい保健基準を守らなかった1159店のパン屋に、12000リラの罰金を課しました。
2012年1月に施行された新規制で、同省は、パンの塩分25%、ぬか60%の減量を命じました。新規制ではまた、パン屋は完全小麦のパンを売るよう要請されました。

 Sabah

2013年の期限後、同省は全国2万店のパン屋の調査を始めました。
政府は2012年、健康上の理由から、従来の漂白した粉(ホワイト・フラワー)でなく、完全小麦のパンを推奨するキャンペーンを始めました。
心臓疾患、糖尿病、高血圧予防のために、完全小麦のパンが奨められます。


「ツイッターはトルコにダブル・スタンダードを使っている」と首相

ツイッター遮断で攻撃されているエルドアン首相が、この問題について自説を開陳しました。

「私が言いたいのは、ツイッターの使用についてではなく、トルコの裁判所の判決や警告、言い分を無視する同社の政策に関してだ」と、エルドアン首相は言いました。

 Sabah

「捏造の記事による個人生活の侵害にも、裁判所の判決にも、ツイッターが厳しい行動をとらないのだから、政府はこのサービスをストップするしかないでしょう」とエルドアン首相は言いました。

首相はまた、禁止令は永遠につづけるわけではなく、問題のケースが解決すれば、禁止令は解除されると確約しました。
2013年、西欧数か国がツイッターに情報と昨年の記事へのアクセスの規制を要求し、ツイッターがこの要求を受け入れていると、エルドアン首相は言いました。

「ところが、トルコに対しては、ツイッターは裁判所命令を考慮することを拒否したではないか」と首相は指摘しました。
トルコがツイッターへのアクセスを遮断したことに対するEUやアメリカの反応について、「フランスやアメリカやドイツが要求を出しても、ツイッターは彼らを非難しなかったではないか」と首相は応えました。


昨年、結婚が減り、離婚が増えた

統計局のデータによると、トルコでは昨年、結婚が減り、離婚が増えました。2013年、トルコでは、60万138カップルが結婚しましたが、これは前年より0.6%の減少です。

 Hurriyet

2013年、12万5305カップルが離婚しましたが、これは前年に比して1.6%の増加です。

早婚率が高いのは東南部です。2013年、東南部アドゥヤマン県が早婚率が最も高く、次いでキリス県、アール県でした。
2013年、結婚後すぐに離婚する率が最も高かったのは西南部アンタリヤ県でした。


   「ときどきダイアリー」ヘ



  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコのクリミア・タタール人がクリミアを懸念

2014年03月26日 | 国際
3月26日 トルコに住むクリミア・タタール人たちが、ロシア併合後のクリミアの危機を懸念し、追放の歴史がくり返されることを恐れています。200年前からオスマン帝国に移住してきたクリミア・タタール人は200万人といわれます。
ロシア帝国がクリミアを併合した1783年から、クリミア・タタール人は過酷な試練を受け、その結果、オスマン帝国への移住が始まりました。

 Sabah

クリミア危機の勃発以来、外地に住むクリミア・タタールたちの社会は一様に不安感に捉われています。
彼らの多くはいま、クリミア・タタールがロシアの侵略者たちによって、ふたたび父祖の地を追われると信じています。

・・・クリミア・タタール人について:-
クリミア半島を父祖の地とするテュルク系民族です。トルコ人と同じスンニー派ムスリムで、
クリミア・タタール語・トルコ語を話します。

 Wikipedia

13世紀からクリミア半島を中心に南ロシアを支配していたクリミア・ハン国の住民の子孫です。1783年、クリミアがロシア帝国に併合されたとき、旧クリミア・ハン国の上層部はオスマン帝国に亡命しました。19世紀初めにはクリミア・タタール人はクリミア半島の少数派になりました。
第2次世界大戦中、クリミア・タタール人はドイツの協力者という嫌疑をかけられ追放されました。


アッソスの古代都市で2200年前の焼肉グリルが出土

北西部チャナッカレ県アイワジュク地区のアッソスの古代都市で、2200年昔の焼肉用グリルや調理器具が出土しました。焼肉グリルは土とレンガでつくられていました。
発掘リーダーの、チャナッカレ3月18日大学のヌレッティン・アスラン教授は、この地域の住民が魚や肉を揚げず、より健康的な網焼きで食べていたことを示す証拠がだと語りました。

 Hurriyet

「出土品の中にはヘルメスの絵が描かれているものもありました。焼肉用グリルは土でつくられているので、耐熱性もあるし、費用もかかりません」

焼肉用器具はすべて手で形づくられ、丸いものも矩形のものもあります。
「焼肉用具は2200年昔のものと思われます。人々は魚や肉をほとんど焼いて食べていたと、われわれは考えています。アッソスの住民たちは揚げた魚を食べていなかったはずです。
彼らは海岸に住んでいたので、魚には恵まれていました。昨年、われわれは、魚を盛ったと思われる美しい皿と釣針を見つけました」

・・・美しい海を眺めて、新鮮な魚を焼いて食べていた大昔のアッソスの人たち、幸せな毎日だったでしょうね。


ドイツ防衛相がトルコのシリア難民受け入れに感謝

ドイツのウルスラ・フォン・デル・レイエン防衛相が、トルコでパトリオット・ミサイルの操作に当たっているドイツ軍を見舞いました。
月曜夕方、トルコのカフラマンマラシュの町に着くとすぐ、レイエン防衛相は、国際社会は“この国で必要とされている人々のことを忘れてはならない”とコメントしました。

 Sabah

レイエン防衛相は、シリアの戦いを逃れてきた多くの難民を受け入れているトルコに謝意を述べ、国際社会はシリアの流血を終わらせなければならないと力説しました。
レイエン防衛相は、NATOの作戦の一環として、カフラマンマラシュに駐在しているドイツ軍を訪れるためにトルコに来ました。

シリアからミサイル攻撃を受けるかもしれないトルコを守るために、NATOは、アメリカ、ドイツ、オランダのパトリオット防衛システムを配備しています。

トルコ領空を侵犯したシリア戦闘機をトルコ軍が撃墜した日曜、国境の緊張は高まりました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッター禁止で前よりツイートが増えた

2014年03月25日 | 国内
3月25日 首相がマイクロ・ブロギングを禁止してから、トルコのツイートは以前より増えたと、アメリカが発表しました。
大汚職スキャンダルで首相に関係ある電話記録を反対派がツイッターに投稿したため、トルコのテレコミュニケーション当局は、エルドアン首相の命令で、3月21日夜、アメリカのソシアル・ネットワーク「ツイッター」へのアクセスを禁止しました。

 Hurriyet
 
イスタンブール・エミニョニュ地区でスマートフォンを見るトルコ女性。バックはシュレイマニエ・モスク。 


ツイッター遮断は国際社会の反発を買い、アメリカ政府は“自由な発言”への打撃と非難しました。
24日、アメリカ国務省マリー・ハーフ報道官は「政府がツイッターを遮断してから、トルコからのツイートは前より増えています」と言いました。「これは興味深いことです。表現の自由を弾圧しようとしている人々へのシグナルです。アメリカはトルコ政府に、これは容認できないと明確に言ったはずです」

アメリカ政府とトルコ政府は長期軍事同盟を結んでいます。両国はシリア反体制派支援にも協力しています。しかし、エルドアン政権下の自由と人権の尊重に関して、アメリカがトルコ政府を批判することが増え、両国の関係はここ何か月か冷えてきています。



「第3大橋は市内西部につくるべき」とCHPイスタンブール市長候補

 最大野党・共和人民党(CHP)のイスタンブール市長候補ムスタファ・サルギュル氏は、イスタンブールの第3空港建設は支持するが、場所の選択が問題だという意見を表明しました。
市内の森林地帯である北部に造るより、当初の計画通り、西部のシリヴリ地区に建設されるべきだと、サルギュル候補は3月24日、記者会見で語りました。

 Hurriyet
 
CHPの有力イスタンブール市長候補ムスタファ・サルギュル氏


「わが党は空港建設プロジェクトは支持します。しかし、その場所は再検討すべきです。空港はカディル・トプバシュ・イスタンブール市長が用意したプランでは、シリヴリ地区につくるはずでした」とサルギュル候補は言いました。「このプランはエルドアン首相の命令で変えられたのです」

第3空港が北部森林に建設されれば、周囲の自然はダメージを受けるだろうと、サルギュル候補は警告し、3月30日、CHPが勝利すれば、このプランに関して交渉すると約束しました。

第3大橋
サルギュル候補は第3ボスフォラス橋も批判し、橋でなくトンネルにすれば、この地域の緑にダメージを与えることがないだろうと言いました。
「これまで120万本の樹木が伐採されていますが、トンネルなら1億5000万~2億ドルでこのロスが防げるでしょう」

サルギュル候補は、イスタンブール市長になったら、5年間で200キロの地下鉄を敷設すると約束し、CHPは市内の交通問題を解決する党だと思って欲しいと言いました。


「ときどきダイアリー」ヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギュレン運動は反ギュレンの学生たちを学寮から追い出した

2014年03月24日 | 国内
3月24日 ギュレン運動が学寮で行っている反政府プロパガンダに反対する学生たちが、ぞくぞく学寮を追い出されています。追い出された学生の数は1週間で2000人に達しました。
「高等教育履修証明・学寮局(KYK)」の総局は金曜、この2,3か月で総数5000人以上の学生がギュレニスト(ギュレン信奉者)の学寮や宿舎を去り、国営の寄宿舎に移ったと発表しました。

 Sabah

エルドアン首相は、被害を受けている学生はKYKに連絡するよう勧告しました。ギュレニストの学寮を追い出された学生たちには、賃貸宿舎や、ホテルの宿泊代のカバーなど、さまざまな代替宿舎が提供されています。

政府の他にも、いくつかの慈善団体が経営する宿舎が、追い出された学生たちを援助すると約束しています。トルコ全土で寄宿舎を経営するエンサル財団は、これら学生たちを財団の宿泊施設に招いています。
科学普及のためのこの財団は、住むところがない学生には、同財団の宿舎を学生たちに用意するとメディアに語りました。

フェトフラー・ギュレン率いるギュレン運動は、政府に対してさまざまな攻撃を仕掛けて着ました。学寮を追い出された学生たちは、反政府ビデオを見せられたり、政府を中傷するツイートを送るよう強いられたりしたと言っています。


トルコは“飛び領土”シュレイマン・シャーの墓を守る

トルコ国境から30キロのシリア領内に、トルコの“飛び領土”である「シュレイマン・シャーの墓」がありますが、最近、イラクやレヴァント(ISIL)が、月24日までにトルコ国旗を下ろせなどと言ってトルコを脅迫しています。
これに対し、ギュル大統領は「シリアの“シュレイマン・シャーの墓”はトルコの国土である。従って、トルコが保護する」と言いました。

 Hurriyet
 
25人の兵士が墓を守るために駐屯している。


「本国の外に国土を持つ例は他にもある。異なる大陸や島の場合もある。わが国の外にある小さな土地も、その例である。われわれは本国と同様に、この土地も守る」と、ギュル大統領は3月23日、オランダに発つまえに記者団に語りました。
「墓はトルコの土地であるから、国旗を掲げる。すべての人がこれを知ってほしい」

テロリスト集団アルカイーダと結束しているイスラム過激派ISILは、墓を壊されたくなかったら、トルコ国旗を下ろせと、トルコを脅迫しているそうです。
トルコは防衛のために、国境から30キロの墓に、25人の兵士を駐屯させています。トルコ軍はISILの攻撃に備えて、墓の防衛のための大規模な作戦を用意しているという報告もあります。

 Hurriyet
墓はトルコ国境から30キロのユーフラテス川にあります。


イスメット・ユルマズ防衛相は、墓はトルコの国土であるとくり返し、国土の一部として保護すると言いました。
「シュレイマン・シャーの墓に対する攻撃には、シャンルウルファが攻撃されたのと同様に対抗する。トルコはこの国土を守る力がある」

ISILと、自由シリア軍(FSA)と結束している反体制グループ間の衝突は、この地域で頻発しており、最近、ISILがシュレイマン・シャーの墓に近い町を支配下に入れました。

この墓は1086年に没したセルジュク帝国の建設者のために建てられたものです。トルコのF-16戦闘機が、シリア政府軍とISIL双方から墓を守る任務についています。


「TwitterもFacebookもYouTubeも、トルコの法に従うべきだ」と首相

エルドアン首相はTwitter の“ダブル・スタンダード”に対して攻撃をエスカレートさせ、Facebook もYouTube も“トルコの法に従うべき”だと挑戦的に警告しました。
「Twitter はアメリカの法に、イギリス、ドイツ、中国、ロシア・・・それぞれの国の法に従うべきだ。

 Hurriyet

「わが国は第3世界の国ではない。Twitter,Facebook,YouTube はトルコの憲法を尊重し、トルコの法に従うべきだ」と、首相は3月23日、イスタンブールのイエニカプでの選挙演説中に言い、AKP支持者の喝采を得ました。
「もしTwitter,Facebook,YouTube が、アメリカ大統領の機密会話を発表しても、彼らは“自由”だと言えるのか? それはないだろう」

この処置がとられる前に、明らかに原告の個人的権利を侵害する記事にアクセスすることを禁じるという裁判所の判決を得ていると、首相は言いました。

「もし彼ら(ソシアル・メディア)がわが国の法に従わなかったら、われわれは必要なことをする。ここはバナナ共和国ではない。だれも自由の名の下に、われわれのプライバシーを侵害することはできない」と首相は言い、イスラム学者フェトフラー・ギュレンと“結束している”メディアを非難しました。

汚職問題がらみの盗聴会話記録が公表された中で、政府は地方選挙の10日前に、Twitter へのアクセスを遮断しました。
3月22日、共和人民党(CHP)のクルチュダルオール党首はイズミルでの選挙遊説中、政府がTwitter を遮断したことを非難しました。
「Twitter は若い人が最も多く使っている。私は彼(エルドアン)に称号を与える。彼は並みの泥棒ではない。盗賊の統領だ。Twitter を“トラブル”と呼び、Facebook もYouTube も遮断すると約束するような政治家がほかにいるだろうか」


「ときどきダイアリー」へ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルドアン首相、野党とギュレン運動を非難

2014年03月23日 | 国内
3月23日 エルドアン首相は3月22日の選挙遊説中、野党とギュレン運動を非難しました。首相は遊説の初日、シリアと国境を接する東南部ハタイ県で演説しました。無人機UAVに乗った首相は、ハタイ上空をホヴァリングしながらスピーチしました。

 Hurriyet
 
最後の追い込みに熱弁をふるうエルドアン首相と、いつも“ほおかぶり”のエミネ夫人


首相は、かつての友で今は敵のギュレン運動の指導者フェトフラー・ギュレンが、「あのノッポの男(エルドアン首相)は裏切り者だ」と言ったのに応えて、ギュレンを批判しました。
「あなたは正直で誠実だというなら、1999年、なぜペンシルヴァニアに逃げたのか? 水漏れがあったからだろう」と、首相はトルコ語の慣用語を使って、ギュレンは無罪ではないとほのめかしました。

国家の中の“国家のような組織”がギュル大統領の電話を盗聴したが、彼らはまだそのテープを発表していないと、首相は主張しました。

エルドアン首相は最大野党・共和人民党(CHP)も批判しました。昨年、ハタイ県レイハンル町で、53人が死亡、何百人が負傷した自動車爆破事件に触れて、首相はCHPとシリア体制側を非難しました。

「アルアサド体制側と距離を保っているCHPに尋ねる。レイハンルの攻撃に関わった人々は、CHP議員がアルアサドと会見したとき、議員たちを案内したガイドたちだったことを、われわれは確認している」と首相は言いました。

ハタイの後、首相はアンカラに取って返して、1週間後の30日の地方選挙のために、またも野党批判の熱弁をふるいました。
エルドアン首相はギュレン運動とCHPは結託していると力説した後、愛国者運動党(MHP)も批判しました。「MHPはまるでCHPの弁護士ではないか」


ツイッター遮断は「21世紀の焚書」とアメリカがトルコ政府を批判

アメリカ国務省のブログが、トルコのツイッター遮断を「21世紀の焚書」と非難しました。「毎日、世界中の政府が、インタネットに貴重な情報を投稿しています。これは21世紀の焚書であり、無意味なことです」

 Hurriyet
 
ナチの“焚書”のようだとアメリカ国務省


「われわれはみな、これを抑圧という汚名で受け止めます。インタネットが国際社会で論争の場として使われている時代に、検閲は言論の自由への脅威です」と、3月21日、ダグラス・フランツ国務次官補が国務省の公式ブログDipnote に書きました。
「わが国の友好国でも、このような誤りを犯すことがあります。トルコのような友好国が、思想の自由な流通や、ツイッターに書かれる批判を恐れることはありません」


領空侵犯したシリア体制側航空機をトルコが撃墜

3月23日、シリア国境のカサブ・ゲート近くで、シリア体制側の航空機をトルコが撃墜したと、選挙遊説中の首相が確認しました。
「わが国の空域を犯したシリア機をわが国のF-16機が発進し撃墜した」と、エルドアン首相は遊説先のコジャエリで支持者たちに話しました。
「わが参謀長とパイロット諸君にお祝いを言います」と首相は言いました。

Hurriyet

「まぎれもない攻撃」
シリア当局はこれを“まぎれもない攻撃”と非難し、シリア機はテロリスト・グループを追っていたのだと言いました。
「これはエルドアンがテロ集団を支援している証拠だ。まぎれもない攻撃だ。トルコ対空防衛軍は、シリア領域内のカサブで、テロ集団を追っていたシリア軍用機を撃墜した」

パイロットは緊急脱出したと情報筋は言っています。シリア機は、シリアのラタキア地方とハタイのサマンダー地区を分ける国境の緩衝地帯に落ちました。
この辺りでは3日間、戦闘が続いています。カサブはトルコとシリア間の西南端の国境です。

   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だれがツイッターを遮断したのか?

2014年03月22日 | 国内
3月22日 ・・・「トルコ、ツイッターへのアクセスを遮断。ネット規制を強化」というニュースは日本でも報じられていましたが、ほんとに遮断されちゃったようですね。汚職問題がらみで、エルドアン首相のものと言われる音声データがネットで公開されて、首相も相当、アタマに来たようです。「国際社会の言うことなんか気にしない」とおっしゃっています。

ソシアル・メディア「ツイッター」のトルコ人ユーザーは1200万人ですが、運輸・海事・通信省に属する通信技術協会(BTK)が20日夜、ツイッターへのアクセスを遮断しました。BTKは最近通過したインタネット法で強力な権限を与えられました。

 Hurriyet
 
ツイッターで「泥棒に投票するな」とやられた、全運輸相で現在イズミル市長候補のビナル・ユルドゥルム氏


BTKは、ツイッターは多くの裁判所の決定を守っていないという声明文を出しました。
「外国ベースのこのウエブサイト(ツイッター)は、トルコ共和国の決定を無視している。わが国の市民が決定的なダメージを受けるのを防ぐためには、裁判所の決定に従って、ツイッターへのアクセスを遮断するしか選択はない」と声明文にあります。ツイッターが“不法な内容”を除去したら、アクセスを開通させると、BTKは言っています。

ツイッター遮断に関しては、汚職事件に関係ありとされたビナル・ユルドゥルム前運輸相が絡んでいるようです。公正発展党(AKP)に属し、現在イズミル市長候補になっているユルドゥルム氏は、@oyyokhirsiza (泥棒に投票するな)というツイッター・アカウントと“中傷する”関連ブログへのアクセスを遮断するよう要請したそうです。@0yyokhirsiza はユルドゥルム氏と息子に対して激しい言葉で非難しています。

最近、インタネット法が政府の努力で通過し、ギュル大統領が承認したときには、当局は全ウエブサイトへのアクセスが遮断されるのではなく、特定のURLを遮断できることを強調していました。


ツイッターは遮断されてるはずなのに、なぜかアクセスできたりして・・・

多くのトルコのユーザーたちがまたツイッターにアクセスしはじめました。でも、トルコのテレコミュニケーション局(TIB)は、遮断は解除していないと言っています。
メルテル、カドキョイ、アヴジェラルなど多くのイスタンブールの地区のユーザーたちが、午後14時半から、VPNに設定しなくても、ツイッターにアクセスできると、Hurriyet 紙に報告してきました。

 Hurriyet

また、携帯からマイクロブロギング・サイトにはアクセスできないが、ツイッターから告知は受けられると報告してくる人もいます。

エルドアン首相がソシアル・メディアを遮断すると言った何時間か後、3月20日、午後11時半頃から、トルコではツイッターが遮断されています。


アメリカがトルコのツイッター遮断を酷評

3月21日、アメリカがトルコのツイッター禁止令を非難しました。アメリカ国務省ジェン・サキ報道官は、「マイクロブロギング・サイトにトルコ市民をアクセスさせないことは、「トルコが民主主義のモデルであることを表明したい意欲に反するものだ」と記者団に語りました。

 Hurriyet
 
「われわれはトルコ政府がツイッターへのアクセスを解除し、すべてのソシアル・メディアへのアクセスを自由にするよう勧告する」と3月21日、サキ報道官は声明文を発表しました。


「アメリカはトルコの表現の自由を支持し、自由に話す権利を侵害するあらゆる行動に反対する」と彼女は記者団に語りました。
「われわれはトルコ政府に、市民のツイッターへのアクセスを自由にし、あらゆるソシアル・メディアへの自由なアクセスを保証するよう勧告する。民主的な政府は反対者の声にも耳を貸さなければならない」

彼女はまた、ツイッターとトルコ政府の間の交渉に、アメリカ行政が関わっているかどうかは知らないと言いました。

ホワイトハウスも声明文を出しました。「アメリカは、トルコ政府が基本的なコミュニケーション・ツールへの市民のアクセスを遮断したことを深く懸念する」と、ホワイトハウスのプレス担当者による声明文は言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加