のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

妹の家から柿を貰う

2010年11月26日 07時50分51秒 | その他

埼玉県・八潮市 ここに妹夫婦の家がある

昨日 ここへ行ってきた

最近は鉄道も通り 新興都市として発展を続けている

ここへ引っ越した頃は 田園風景が多い土地だった

細い川には 鮒や小魚 ザリガニがいっぱい居た

それでも周辺を歩いていたら 農地もあり作業をしていた

ここで採れる 大根やサツマイモなどを 直接買える

妹の家の庭に柿の木がある

毎年300~400の実をつけるそうである

渋柿だけれど 焼酎をつけて 1週間置くと 見事に甘くなる

一度 干し柿を試みたそうだが コバエが来るので ダメだった

東京近くは 冷え込みも足りないので 本格的には無理だろう

それにしても 先人の知識は いつもすごいと思う

焼酎で甘くなるなんて 誰が考えたのだろう

山梨県には ころ柿の里 といわれる塩山市周辺

干し柿が連なる風景は 絶好のカメラの被写体となる

あの 甘いアンポ柿も含めて 柿も美味しい果物だ

友人から貰った 信州りんごもある

しばらくは 果物に恵まれた生活となる

               コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

                         のびたのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加