のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

介護施設の運動会

2010年11月18日 07時23分56秒 | ボランティア

 昨日行った老人介護施設 毎月訪れている施設だ

 少し他の施設より 介護程度が重いと感じていた

 一寸驚く写真が 壁に貼られていた

 施設内の大きな部屋で 運動会が催されていた

          私も覚えている方々が 車椅子に乗って参加している

          頭には全員 鉢巻きを巻いている

          競技は 写真では綱引きとボール渡し

          表情は 結構楽しんでいるように見える

 音楽もそうであるように いろいろな刺激が活きてくる

 認知症になっていなくとも 痴呆はだんだん進む

 こうしたことに興味を持ったりする意欲が 予防にも役立つ

 塗り絵をしたり 習字をしたり ゲームをしたり

 老化と共に 幼児性を帯びてくる

 脳の動きが鈍くなり 記憶も薄れてくる

 やがて これらにも興味を示さなくなってくると

 身体も動かなくなり ベットの生活になって来る

 その前に 何とか予防と 進行の抑制をしたいものだ

 今日は また違う施設へ行く

 ここは 何組かのボランティア団体が 1時間を演出する

 踊りがあったり歌があったり マジックあり オカリナがある

 単調な入所生活にあって 大きな癒し効果がある

 私はここでは ハーモニカを持参して 10分くらい受け持つ

 演奏を聴いてもらったり 歌ってもらったりする

 特に 歌詞を見せないで 想い出して歌ってもらう

    これが記憶の糸を探り出す 効果がある

    埋もれていた記憶が 掘り起こされ 蘇ってくる

    刻み込まれた脳の記憶は 簡単な歌なら普通に歌ってくれる

    写真は毎日の誕生日の花 上から順に

     18日 こなら

                19日 吾亦紅

                20日 つわぶき

                21日 かりん

                22日 さんしょう

                23日 みかん

                24日 がまずみ

                25日 パンパグラス

                26日 シャコバサボテン

                   コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

                         のびたのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加