のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

人生は一度きり 死ぬ時に精一杯生きたか言えるよう

2013年09月30日 09時19分59秒 | うたごえ

先日の女性映画監督 松井久子さんは講演の最後をこうまとめた

人生は一度きりだから 精一杯その時を生きて行きたい

死ぬ時に 私の人生は不幸だったと思うより 輝いて生きていこう

<o:p> </o:p>

彼女の現在の肩書きは 女性映画監督である

これまで3本の映画を完成させて その評価は国の内外から高い

いずれも一人の女性にスポットを当て 女性の目で撮り注目された

<o:p> </o:p>

前半は大学時代からの仕事の変遷 後半は映画に掛ける情熱だった

しかし貫く想いは 自分らしく輝いて生きたいという強い意思である

90分の講義が熱く語られ 生きる素晴らしさと輝く女性を見た


今朝 我が家のベランダの朝顔

生まれは江東区深川 高校は私の家からも近い江戸川区の小松川高校
早稲田大学は自分の好きな道 演劇部に籍を置いた
時勢は全共闘時代 どこの学生も反体制の運動に駆り立てられていた

当時の女性像は 何処かの会社に勤め三高の条件の男性と巡り合う
やがて子供を設け 家庭に入り 良い母 良い妻の良妻賢母型だった
しかし 彼女は 組織人として会社に勤めることには抵抗があった

自分らしく生きたい こんな想いが現在までの生き方だろう
やがてアルバイトでしていた フリーライターになって行った
雑誌のインタビューやルポ これによって社会に眼が向くようになる

こんな中で芸術志向の男性と結婚 男の子を授かる
だが経済的には楽でなく 必死に仕事に取り組み家計を支えてきた
数年ののち この男性とは性分も合わず 離婚へと至った

子供を育てながらではあるが 仕事は着実に実を付けて行った
仕事を通じて 水谷豊 三浦友和 中村雅俊等とも交流ができた
あるとき劇団四季の 荻島真一さんのマネージャーを依頼を受ける

ライターの仕事で10年 30代になり転進していくのである
マネージャーは意義ある仕事で その人を如何に活かしていくか
スケジュール調整だけでない展望を持って業界の調整にも徹底する

この仕事を約10年勤め 次はプロダクション設立に向かう
常にチャレンジする自分が好き これが更なる意欲を駆り立てる
それまでは外側から マネージャーの仕事をこなしてきた

今度は内側から 自分が中心になって 外へ向かうのである
ドラマを作りたい 男性の目でしか見られなかったものに挑戦である
2時間ドラマのストーリーを描き テレビ各局に売り歩き採用された

高橋慶子 酒井和歌子らと共に2時間ドラマやサスペンスも制作する
こうして女性の発想でテーマを企画して 次々と売れて放映された
多分 私たちも この方のドラマは見ているに違いない


 昨日咲いたタイタンピカス

39歳 次に目指したものは ドラマの制作会社であった
自分のしたい仕事は何か 自分の生き方に目覚めたのである
安直な仕事はしたくない この姿勢はかなり困難でもあった

テレビ局は現在でもそうだが 予算はかなり圧縮し良いものを作れない
安易に若い層にも受けるように バラエティなどに移行していった
生き残っているのは火曜サスペンスとか 土曜ワイド劇場など少ない

テレビは視聴率第一主義 言って見れば一夜の花火である
不確かなもので 一喜一憂し これに方向が左右される
生き残りの方向はあるが こんなプロデューサーになりたくはない

サスペンスや最近のドラマは 安易に殺人などが繰り広げられる
そこには家族の姿 かつての日本の家庭などは描かれていない
やがて これが50歳にして映画を作ろうという意思に向かうのである

ここまでが講演の前半部分になろう
後半は映画を作る熱い想いと その時代の女性の生き方に光を当てている
自分らしく 輝いて生きる 私たちも自分の出来る範囲内で輝いていたい

今日は 亀戸にある介護施設 ディケアの方へ音楽訪問である
戦前 戦後の波乱を生き抜いてきた方たちの笑顔がある
歌で結ばれた絆 大切に繋いで行きたい

最後までお読みくださいまして有難うございました 
        ブログランキングに参加しています  
   ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 
    
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

   メントは 
伝言コーナー  ここをクリックして 

        のびたの
ホームページ ←

                 

            
今日の誕生花 はげいとう
            花言葉  不老不死 情愛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性が輝いて生きること

2013年09月29日 09時36分05秒 | うたごえ
近年 女性の社会への進出は目覚しいものがある
仕事でも政治でも そして 文壇でも芸能界でも活き活きとしている
趣味の世界でも 山やカメラ 旅 フラダンス等等まさに活動女子である

それでも女性は まだ社会に置いては正当な評価はされていない
それは女性自身の考え方 生き方にも左右されるものもある
結婚して子供を授かり育児に専念 夫の良き妻 子供の良き母である

良妻賢母も日本においては 理想の女性像である
しかし 本来 女性として輝いて人生を送るには この社会構造も課題だ
真の男女共同参画を目指して 各地に女性センターがあり啓発活動をする

墨田の女性センターも こうした啓発の活動 女性への支援拠点である
年に一度 こうした活動が多くの方に知られるよう イベントを開催する
登録団体の活動の紹介 日頃の練習の成果の発表などがされた



私が毎月講師として通っているうたごえの講座も ここへ毎年参加する
母体は NPO「てーねんどすこいくらぶ」生きがい講座の一環だ
講座といっても 青春時代のうたごえ喫茶の雰囲気で楽しいものである



いつも笑いながら 懐かしい歌をみんなで合唱する
童謡もあれば 叙情歌 フォークソング 歌謡曲 何でもある
およそ50名平均の出席者は 殆ど女性ばかりでもある



うたごえ喫茶はコーラス団体とは違う
楽しく歌おう これが主眼である 上手も下手も無い 大きな声で歌う
トークあり 爆笑あり 女性たちの声は若く 粋でお洒落で気立てが良い

過去の発表では 歌いなれている曲を選曲して披露したものである
しかし 今年は 東日本大震災復興の支援ソング「花は咲く」を選んだ
サビくらいは聴いたことがあるが みんなが知らない曲であった



それでも 今年歌う意義がある
おりしも朝ドラの あまちゃん が超人気で盛り上がり東北を勇気づけた
プロ野球 楽天チームの好調とリーグ優勝も勇気と希望を与えただろう

私たちの声は届かないが いつまでも復興を支援して祈る心は同じだ
うたごえ喫茶の講座の中で 少し時間を取り この歌を何回も練習した
コーラスグループなら易しいかも知れないが 正直 難しい部分もある

楽譜なんて 見たことも無い方が大勢居る
それでも 今回の発表には何とか間に合った
上手く歌う そんなことは二の次で ここまでの努力を私は買う

笑顔を忘れないでね 普段の楽しい歌の時間が 皆さんに伝わるように
これだけが私の注意事項である
荒城の月 北上夜曲 も合わせて 立派に歌いこなした

終わった達成感は どのグループも同じだろう
互いに顔を見合わせ 上手くいったね 良かったねの微笑が飛び交う
みんな お疲れ様 一緒に出演できたことさえ 私には感謝である

 

この発表会に先立ち 映画監督の松井久子氏の講演が90分あった
輝いて人生を送る方の 半生と生き方 考え方を話された
素敵な内容で 後日 この話をまとめて このブログで披露したいと思う

 

 最後までお読みくださいまして有難うございました 
        ブログランキングに参加しています  
   ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 
    
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

   メントは 
伝言コーナー  ここをクリックして 

        のびたの
ホームページ ←

                 

            
今日の誕生花 チトニア
            花言葉  果報者

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リハーサル終えて そばとビールが美味しい

2013年09月28日 07時08分35秒 | うたごえ
今日の本番に備えて 出演する各団体が 本番どおりに練習した
舞台に立つまでの流れ 入り方 楽譜の持ち方 見方を確認する
予定人数の3分の2の方が参加して 3曲を歌った





全員が揃わないせいかイマイチの感じもするが本番は何とかなるだろう
私たちのうたごえは コーラス団体でなく うたごえ喫茶が趣旨である
楽しく歌い みんなの元気な笑顔を披露することが一番だ

 
しばらくぶりに東武電車に乗って行き 帰りはウォーキングで帰った

今日は 記念の講演もある
講師は 映画監督の松井久子氏 テーマが「自分の人生輝くために」
世界的彫刻家イサム・ノグチの母親 レオにー・ギルモアの人生

この伝記を映画化するにあたり 実像を描き出す為 米国へ何度も行く
7年の歳月を掛けて完成して 角川映画が全国劇場公開した
映画は「レオニー」 私は見ていないが この講演が楽しみだ

 

9時に集合 11時に終わり 終ればランチタイムである
女性センター近くのそばやさんに連れ立って入った
ちょっとビール そんな光景も微笑ましいものである

 

私はビールも酒もダメで 養命酒でも酔ってしまう
先生は飲まないの?と聴かれれば はい 未成年ですからと答える
未成年組と ちょっとビール組に分かれて 話の花が咲いた

  

 最後までお読みくださいまして有難うございました 
        ブログランキングに参加しています  
   ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 
    
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

   メントは 
伝言コーナー  ここをクリックして 

        のびたの
ホームページ ←

                 

            
今日の誕生花 しおん
            花言葉  追想

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽天優勝おめでとう 東北の皆さん良かったね

2013年09月27日 07時54分19秒 | うたごえ
パリーグ楽天が創設以来 9年目の悲願の優勝を決めた
これは東日本大震災被災地の皆さんにも 大きな励みと喜びである
心から良かったと思う チームの皆さん 地元の皆さん おめでとう

あの被災直後から 直ちに地元に戻り 支援や励ましを続けていた
悲惨な光景から立ち直る 微かな希望の灯を彼らも灯し続けた
仙台に本拠地を置き 地元と普段から交流をしている彼等だった

あとは 野球を通じて好成績を残し 明るい話題を与えることだった
そして 今年 遂に優勝という大きな花を咲かせた
東北の皆さんや 全国から支援する方たちも祝福しているだろう



球団創設の頃は 野球界が大いにゆれて リーグ存在さえ危ぶまれた
そこへ楽天が名乗り出ていわゆる買収でなく チームを創立したのである
人数・ポジションをそろえるだけでも困難な 寄せ集め球団だった

当然 初期はリーグのお荷物くらいの惨憺たる成績だった
3位以上のAクラスでさえ 夢の夢 下位を歩み続けたのである
それが必死の努力と 東北の皆さんの応援で徐々に成績を上げてきた

チーム全員の好成績にも寄るが 田中投手の力投は歴史に残るもの
勝利投手になることでさえ大変なのに 今年は一度も負けていない
高校野球甲子園では 片や王子様 片や雑草の逞しさだった

大学だなんて気取っていないで 即 楽天に入団した
秘めたる能力はここで開花して チームのエース日本のエースになった
気取らない性格も 誰からも愛されるだろう

まだまだ この先 日本シリーズもある
勝ち抜いて 日本一になり 更なる大きな花を咲かせて欲しい
東北の皆さんが 心から笑える 花が咲く大きな力になるだろう

今日は墨田のうたごえカチューシャ 女性センターの催しのリハーサル
荒城の月 北上夜曲 花は咲く 3曲練習してきたが仕上げでもある
復興支援ソング 「花は咲く」 私たちも小さな花を咲かせ育てていく


 最後までお読みくださいまして有難うございました 
        ブログランキングに参加しています  
   ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 
    
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

   メントは 
伝言コーナー  ここをクリックして 

        のびたの
ホームページ ←

                 

            
今日の誕生花 こすもす
            花言葉  乙女の真心


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌いましょう!その歌を 想い出に残る歌

2013年09月26日 10時33分07秒 | うたごえ
私が笑顔を見せると 多くの笑顔が返ってる
誰かが笑顔を見せると 多くの方に笑顔が伝わっていく
私は笑顔を見るのが大好きだ みんなも同じだ

下町のうたごえには 多くの笑顔が行き来する
微笑返しはいいもんだ
笑顔の倍返し 10倍返し 千倍返しだ

 

台風20号のニュースが朝から流れていて 夜半には強い雨が降っていた
昨日の昼頃でも 本降りでは無いが 雨が降っている
それでも うたごえの会場に集ってくる方たち みんな笑顔である

なんとも言えない あたたかな雰囲気がここにある
歌を歌うことも楽しいが このうたごえが楽しいと言う
そんな中でリクエストを聞き 伴奏する私は 感謝に溢れた幸せに包まれる

  

調子に乗って 曲の解説をしたり 時には脱線した話もする
私の想い出や 体験談も みんなが笑って聴く
語りかけても 人と人の距離が感じられない 絆がそこにあるのだろう

休憩時に カメラを持って皆さんの間を廻る
その笑顔 私に下さい とお願いして スナップに納める
私だけでは勿体無い 多くの方にも見てもらいたい素敵な笑顔がある

 

誰かか このブログを読んでいて 微笑んでくれれば それも嬉しい
誰かが 元気付けられて 今日も元気で歩けたら 心で一緒に歩ける
こんなに多くの方と喜びを共にしている 幸せのお裾分け だ

うたごえのリクエストは それぞれ想いが込められているだろう
青春時代の歌 誰かに想いを寄せた歌 母や子への愛の歌
自然や花への感謝の想い この曲を歌いたい それがリクエスト

 

ある人が言った 私ね 異国の丘 この曲が好きで聴くだけでも涙が出る
勿論 私の歌集の中に収められている曲である
ただ こんな歌 ここでは合わないのでは?とも言う

私 台湾からの引揚者なの
日本へ帰る船の中で聴き 思わず泣いた記憶があると・・・
終戦 即 日本へ帰った方たちも居るが 数年経ってからの方も居る

まだ幼くても 小中学生であっても その心は今でも同じであろう
良かったね 日本に帰られて・・
実際には引揚者も復員兵も かなりの悲惨な背景の下で日本へ辿りついた

望郷の思いで現地で亡くなった方も多い
暴行 強姦 略奪も数多く聴いている 特に朝鮮 中国 満州に多数聞く
その中で 台湾からも何十万人が引き揚げてきた

引き揚げの方たちの話を聴けば 台湾だけは 悲惨な例は聞かない
むしろ 日本への帰還を惜しんで 宴をしたり 餞別を頂いた話しもある
日本の統治していた台湾であるが そこには互いの信頼と友好があった

 

ほんの短い挨拶程度の会話であったが 私は言う
歌いましょう その曲を 恥ずかしいことは無いですよ 堂堂とね・・
異国の丘の曲は 軍歌では無い 吉田正さんの作曲によるものである

あのシベリアに抑留されていた時代に 隠れるように望郷の想いを込めた
過酷な労働と極寒の地で 何十万の方が現地で亡くなって行った
先に帰った仲間が のど自慢で歌い 大ヒットしていった

そんな解説も少し話して みんなで歌った
今日も暮れ行く 異国の丘で 友よ辛かろ 切なかろ
我慢だ 待ってろ 嵐が過ぎりゃ 帰る日が来る 春が来る


 最後までお読みくださいまして有難うございました 
        ブログランキングに参加しています  
   ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 
    
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

   メントは 
伝言コーナー  ここをクリックして 

        のびたの
ホームページ ←

                 

            
今日の誕生花 きくいも
            花言葉  陰徳




コメント
この記事をはてなブックマークに追加