のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

下町のうたごえ ここへ来るのが楽しくて

2013年01月31日 11時16分39秒 | うたごえ

会場を設定していると 早く来た方と少し話が出来る
この うたごえが楽しくて来るのが待ち遠しいの
お友達にも みんな声掛けてきたのよ

もう 何回も来ている方とは お客さんではなく みんな仲間のような感じである
だから 雰囲気がとてもあったかく 笑い声も溢れる
私が思い描く うたごえ とは こうでなくちゃと 感謝と満足感に包まれている



歌集も一気に200曲くらい増やして 500に近い
今までのものより倍近く増えたので 厚みもある
きれいだし 良い歌集が出来たねと好評であった

作るのには かなりの手間と費用もかかったが 嬉しい言葉で解消だ
歌謡曲系もかなり入れて プロのうたごえ喫茶とはひと味違う
私たちの年代に合わせ 気軽に楽しく歌えれば良いと思っている



毎回 遠くから来てくれる方がいる
鎌倉と聞くが 電車に乗るだけで1時間半はかかるのに参加してくれる
世界中を気楽にひとり旅していて 殆どの国の方とふれあいをして来た

時にはネットの仲間が数名お見えになって 街の方たちの中に溶け込んでいる
住んでいる街は聞くが 本名以下何も知らない
一緒に歌ってくれるだけで 私は満足である



歌集を作成したり プロジェクターの操作をしてくれる方
受付を手伝い 早い時間から会場設営を手伝ってくれる
そして 参加者全員が誰も指示しないのに 自発的に後片付けをしてくれる

 

中心には居るけれど こうして みんなに支えられて明るいうたごえがある
そして みんなで楽しかったぁと笑顔の中で別れて行く
下町のうたごえ 素晴らしい幸せのスポットでもある

 最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花  しろたえぎく
 花言葉 あなたを支える

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子会プラスアルファ

2013年01月30日 10時27分52秒 | ボランティア

これも女子会の一つかな?
踊りのグループと音楽訪問に行くと 終わってから 女性はパスタ屋に毎回行く
これもまたチームワークの一つ 永く続いている踊りの仲間たちである

近年 女子会と言う言葉がブレークしている
街を歩くと レストランなどに 女子会メニューや 歓迎の文字が躍っている
山ガール 写ガール そして 鉄子など 女性がどこの場でも賑わしい

子育てが終わった年齢頃からだろうか
今までは家事や共働きに埋没していた女性が これからは自分のために生きる
世の中を明るくしてくれる躍動は これで良いのだろう

女子と呼ぶのに 年齢制限は無いらしい
80 90 でも 女子は女子だ 生き生きとしている方が素敵である
ただ 美人には年齢制限がある?

美人薄命と言うから 若くして亡くなる方を指している
現在 活発に躍動する女性は 女子であって 美人では無い
では 美人らしき人をなんと言うか 最近は美魔女と言う

美魔女ねぇ? これには相当の化粧や食品など かなり投資している人だ
そんなに時間もお金もなくても 生き生きとしている方は 私は心美人だと思う
昨日 もう一人いた男性にも誘われ 珍しく この心美人女子会に参加した



延々と おしゃべりは尽きない 他愛ないことでも 実に楽しそうである
話題は 介護に病気などもある 孫の話は とうに過ぎただろうか
私でも 昔は笑っていたピンコロ 今では実感でもある

 

施設のスタッフが替わって 若い男性が担当になった
非常に明るく イケメンでもあり お年寄りの心を掴んでいるようだ
心なしか 皆さんのお顔が いつもより微笑んでいるようだ

 

穏かな表情の 皆さんを見ることは 私たちも嬉しい
また来月来るからね お元気でいてね
皆さん 大きく手を振ってくれた

 

今日は これから 「下町のうたごえ」
皆さんの楽しいうたごえに包まれ ピアノが弾ける
感謝と幸せのひとときである

 最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花  ベベロミア
 花言葉 艶やか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高見盛の雄姿が見れなくなったが 有難う

2013年01月29日 10時09分49秒 | その他

あまり強くない力士だった
でも好調時は 土俵際の粘りがものすごく 相手を土壇場で打っちゃる
退場する時は 天を仰ぎながら意気揚々と歩く

しかし 負けるときはあっけなくコロリとひっくり返ったり 土俵の外へ出される
今度は いじめられっ子のように 身を縮めてうつむいて消えて行く
なんとも 憎めない力士で フアンも多かった

 

あの取り組み前の ロボコップのような 身体を叩き 顔を叩く仕草
それだけでも フアンは大喜び このシーンだけで大相撲を盛り上げた
以前 骨折して 再起の時の恐怖を取り払う為のパフォーマンスだった

大相撲の世界では36歳は 老兵に当たる
何しろ20歳くらいで横綱や大関が居る戦いの世界だ
成績が振るわず 十両に落ちていった

格下だから ここでは勝つかと思えたが あえなく敗退を繰り返していた
テレビ中継も十両の下位は放送もされない
新聞などで 結果だけを見ていた



日曜日 引退前の最後の取り組み ここだけは みんな特集していた
あのパフォーマンス いつもより気合が入っていた
お客さんも みんな知っているから 満場の拍手を送っていた

そして勝った しかし この姿 もう土俵上では見られない
本人も感慨ひとしおだろうが フアンとしても寂しいものだ
よくぞ 長い間 相撲界を盛り上げ支えてくれたものだ



出身が青森県・板柳 弘前の郊外にあたる
あの地域に近づくと 国技館ののぼりのように 田園の中にはためいていた
少年時代から ここで育ち 力士としての片鱗を見せていた



写真を見ると 現在と同様 愛される顔をしている
今後は バラエティなどで みんなに愛される高見盛が見られるだろう
少しシャイな性格 結婚の可能性は 遠いような気もする

 

さて 今日は 踊りのグループと 介護施設へ音楽訪問に行く
そして明日は 下町のうたごえ 東大島文化センターである


 最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花  きんかん
 花言葉 思い出 感謝
  

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年金の調査結果の案内が来たけれど

2013年01月28日 11時02分12秒 | その他



なんだかなぁ 何となくスッキリしない
日本年金機構から書類が届いた
結果から言うと 見直して訂正がある 回答書を出すようにと・・・

最近 友人と冗談に あの消えた年金 浮いた年金 どうなっているかねぇ
きっと黙っていても どこにも報告しなくて良いから 使ってしまったんじゃないか
相当の金額が浮いているだろう 中には亡くなっている方も居る

元はと言えば 記録が杜撰で いつの間にか消されたり間違えたり
紙書類を書き間違えた コンピューターに入れ間違えた
すべて 私たちには関係なく 自分達のミスである

しかも 当時の役人達が勝手に散在させてしまい 元金さえ大きく減っている
今の年金機構に名前も変わって 本当に管理は大丈夫かと不信感もある
そして 精査が一斉にされて 救われた方も居るだろう

私にも二度 案内が来たことがある
仕事は何回か変わったが その期間 納めた額の詳細があった
自分の記憶と合っているから そのまま投函した

大体 間違えたのは先方 これの回答や申し立てが無いと支給見直しがされない
おかしいじゃないか 間違えてすみませんの文字も無い
もし 差額支給があるなら 回答を待つのでは無く これだけ再支給しますだろう

初めて案内が来た時には もしかして 見直しで抜けてて金額アップを期待した
残念ながら 合っていたので 苦笑したものだ
それから2年くらい 先日 また来たのである

紙台帳とコンピューターを精査したら 納入した金額に誤りがある
期間が合っていても 納めた金額まで覚えていないし 記録も無い
ついでに 1ヶ月間 追加がある これなど全くこちらには分らない

ついては 訂正があると思われる記録を確認する
年金記録の訂正についての回答書 年金額の再計算についての申立書を送ること
記録間違いなど気がついたら お詫びして 先方が送るべきじゃないか

全く役所という所は 一方的で上から目線である
と ふてくされて どのくらい金額が上がるのか 期待して金額欄を見た
年間で4千円であった なんだぁ~

それでも 無いよりはまし 1ヶ月の珈琲一杯分にはなる
それでも 思う なんだかなぁ・・・・・
嬉しく思っても 元はと言えば 自分のもともと貰える分じゃないか

   最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花  レプトスペルマム
 花言葉 質朴な強さ


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぬくぬくと春眠?をむさぼり 夢また夢でピアノを弾いた

2013年01月27日 09時57分37秒 | うたごえ



春眠暁を覚えず ただ夢を貪るなかりけり
なんて格好つけてみたが たた だらしなく ひたすら寝てばかり
明け方に見る夢は 何の脈絡も無く 次から次へと替わる

もしかしたら この世に別れを告げるときは こんな感じだろうか
現の世界と 時空を超えて 夢をさ迷い やがて夢の無い世界に引き込まれる
明け方には近くの物音を おぼろげに聴きながら また浅い眠りに入る

何処かの旅館に居た 友人と散歩で出かける
林の向こうに大きな山が見える あれを超えていこうよ
現実には小さな坂でも応えるのに スイスイと登って行く

宿に置いてきた荷物を気にしながら歩き 少し降りた山すそに温泉が湧いている
おい 湯加減は良いぞと声を掛けても 無視して通り過ぎる
少し開けたところに果樹園があり 何だか実を付けていた

バスが入らないこんな所に 素敵じゃないか
マイカーなら走れそうな 車道がある
いつか 車で来よう そこで このシーンは終わる



どこか夜の公園で 花見の宴会をしている
妹と歩きながらそばを通り抜ける
眼の前に視界が開け 何故か昼 小高い山や川が見える

高遠はあっちだね このセリフは私が言っている
これも ここで終わり そうか ふるさとを訪ねて行ったのか
不思議に風景も セリフも 短いけれど眼が覚めても覚えている

蒸気機関車が煙を上げて 山間の道を走っている
トロッコ列車の上で 喜んでいる私がいる
全然寒さが感じられないね 今日はあったかいんだ

何処かの家に居た 中年の男性がシックなピアノを弾くように勧めた
娘さんが弾いていたという楽譜がある ポップスなど若い人のもので弾けない
何も用意していないで 何を弾こうか この雰囲気に合う曲をなんて考えた

そうだ 愛の讃歌なら 楽譜が無くても弾けそうだ
弾き始めて 次の夢にまた移った
今度は公園の片隅の売店 何故かピアノが売店の中にある

子供たちが3人ばかり寄って来た
童謡でも弾こうかと思ったら 讃美歌が良いと注文され 意外であり驚いた
もしかしたら 亡くなった母が 子供の姿に変えて聴きに来たのかな

ただ 果てしなく 次々と夢見る朝 完全に眼が覚めたのが7時30分
5時ごろ トイレに起きたっけ
そこから夢を見続けたのか 面白い夢を見るものだと実感した

   最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花  ヘリオトロープ 
 花言葉 献身的な愛 熱望
コメント
この記事をはてなブックマークに追加