のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

全聾の作曲家の壮絶な そして美しい生き方

2012年11月30日 11時01分54秒 | うたごえ

その人の名は 佐村河内 守(さむらごうち まもる)さん
1963年の生まれ 49歳 両親は広島 被爆2世の方である
中途失聴で現在は 全く耳が聴こえない

聴こえない上に 耳鳴りの轟音が常に彼を悩ませている
ボイラー室に閉じ込められているような轟音が襲い続ける頭鳴症
明るい光が更にその音を増幅させる為 家でも暗室に居て外ではサングラス



先日 テレビで彼が作曲した交響曲第一番と壮絶な日々を紹介していた
かなり有名になるまで 自分が全聾であることを隠していた
耳の不自由な作曲家という同情や それを売り物にしたいわれる誤解の為に

彼の母は4歳からピアノを教えスパルタ教育 ヴァイオリン 尺八 マリンバも習う
5歳では既に マリンバの為のソナチネを作曲した
小学校4年生で ベートーベンのピアノソナタやバッハの曲を弾いた

17歳から原因不明の偏頭痛や聴覚障害を発症 高校卒業後に上京
音大には進まず作曲法を独学で学ぶ
19歳の時には失職 ホームレスで路上生活も体験した

25歳の頃には ロック歌手でデビューしたが その頃 聴覚異常も発症
そのためバンドから脱退 道路清掃の仕事で生計を立ててきた
33歳の時に映画「秋桜」の音楽を手がけるが 既に左耳は聴覚を失う

ゲームソフト「鬼武者」の音楽を手がける頃は 全聾となっていた
この完成後 初めて自らの聴覚障害を公表した
この頃から盲児の施設にボランティアで行き ピアノを教える



17歳の時から着想していた交響曲第一番は 40歳の時に完成した
音の無い世界ではなく 常に頭に鳴り響く轟音 そのため外の音が聴こえない
絶対音感を使って 頭の中で音楽を作って行った

この音は 両親が広島で被爆した時の原爆の音が血となって引き継がれている
交響曲第一番は「HIROSHIMA」命名されている
彼はこの曲を 彼に霊感を与えてくれた施設の盲児に献呈した



彼を悩ます大音量の轟音で 発作的に自殺を試みたことも2度もある
いずれも未遂に終わったが その苦しみは計り知れないものがある
その彼に生きる光を与えたのが 盲目の少女であった

小嶋彩水(あやみ)さん 13歳で多発性硬化症で眼が見えない
彼女には ピアニストになる夢があった
初めて彼に習う日 麻痺する手を懸命に動かして演奏して見せたそうだ

闇を抱えるもの同志が互いの光を交換していった
ある日の彼女のメール
人は生きているだけで素晴らしいと この病気になったおかけで気づけた

この言葉が彼の生きるすべてになっていったと思う
もっと 互いに強く生きて 多くの方に真実の光を与えて欲しい
願わくばこの二人の そして多くの障害者の闇を医学の進歩で霧散して欲しい

彼の話が紹介されていた

闇が深ければ深いほど 小さな光がすごく輝いて見える
プ゛ッダも人生は苦であるという
でも闇が基本と考えれば 
当たり前のことやたわいの無い日常が尊いものに感じられる

私の周りにも ネットの中にも 苦しみを抱える人たちが居る
辛いけれども 苦しいけれども生き抜いて欲しい
小さな光が見つけられたら それは歩む道を照らしてくれるだろう

(文章も写真も一部 ネットから借用しました)


最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー ← ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

    
今日の誕生花  あし
 花言葉  神の信頼 音楽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア出来る幸せな日々

2012年11月29日 10時20分14秒 | ボランティア

毎日 カレンダーを必ず見る
日程表を確認しないと 忘れることが多い自分が 迷惑を掛けてはならぬ
健康に生きているからこそ ボランティアやうたごえの活動が出来る

元気と笑顔の配達人なんて思っているが 実はその源は 皆さんから貰ってくる
施設の皆さんの笑顔が見える時 私は幸せだなぁと思える
歌と言う媒体によって 瞬時に心の中に溶け込み 交流が出来る

願わくば認知症の方が 歌によってほんの少しでも ひと時でも笑顔が浮かぶこと
記憶の糸が見出されて 蘇ってくることを心から思う
そんな中でも歌は 歌える方もいる この歌の力に希望を託している

うたごえの活動も 皆さんが楽しかったよと言って帰られるが 私も楽しいのだ
大好きなうたごえに 私のつたないピアノが役に立ってること 幸せなものである
私の健康も幸せも みんな 温かなふれあいで育てられている



昨日は定例の施設訪問 踊りのグループと組んで行く
新舞踊や盆踊りの披露もある
施設の皆さんの様子を見ていると 座ったまま手や指が動いて踊りに参加している



98歳と言う女性は 炭坑節か東京音頭では 一緒に踊りだす
スタッフの方が心配で踊りながら その方のあとに付く
1曲全部踊りきることは難しそうだが その顔は実に楽しそう



私の歌の時間は約40分間くらい
にこにこと合間も笑顔が浮かび 素敵だなぁと思う
私も歳を重ねて 良い顔でありたいものだ

皆さんの声は小さいが 懐かしそうに歌う
終わって数名の方に握手するが みんな楽しかったよ~と私の手を握り締める
ああ良かったなぁ 皆が喜んでくれることが私の喜びである



今日は休み(笑)
明日は童謡唱歌のコーラスが待っている

妹が地域のカラオケ大会でグランプリを受賞したと電話があった
1メートルもあるトロフィーがまた増えたなんて言っていた
身内の話だが 素直に私は嬉しい 進む道を究める これがその証でもあるから


最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー ← ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

    
今日の誕生花  ちゃ
 花言葉  追憶




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

89歳の方のリクエスト 旅愁 異国の丘

2012年11月28日 09時48分38秒 | うたごえ

下町のうたごえ 昨日 初めての方が数名お見えになった
中でも89歳と仰る男性と奥様 歌が歌いたくてと参加されたようである
全部の歌には 着いて来れないようだが 楽しかったと帰られた

とりわけ リクエストの異国の丘には 様々な想い出があろう
陸軍の隊員証?も私に見せてくれた
戦争へ駆り出され 無事に帰国できたことは幸いである

それでも 戦争は悲惨な戦いの連続で 敵味方の死も眼前に幾度見たろうか
死に行く兵も 生き残った兵も それぞれ哀しい
その方たちによって 今の平和があることを 忘れてはならない

そのことは何も言わなかったが 私が 異国の丘の背景を短く語る
捕虜となり あるいは抑留されて いつか日本へ共に帰ろうと誓い合った仲間
夢も叶わず現地の土と化していった方も居られる

この歌は軍歌ではない 反戦歌とも思われる 平和を願う歌だ
戦友という歌も 当時の軍の体制化で 黙認とも思える歌だった
今は 忘れることは出来ないが 明るい歌の数々を これからも歌って欲しい



何回も参加されている男性が 立ち上がり呼び掛ける
以前 私がインタビューされて 雑誌に載ったページを10数枚コピーしてきた
この記事に感動して 先生が載っていて読んで貰いたいと皆さんに配布していた

自分の半生記の様になってしまったこの取材記事 決して誇れるものではない
誰でもが味わってきた 貧しい時代の生き方である
タイトルにした 生涯青春 これだけが気に入った言葉である

 

初めて参加された女性が 大変楽しかったと挨拶されて帰られた
次回は お友達を連れてくるからねと笑っていた
こんな言葉が気楽に交わされることが嬉しい

 

リクエストを頂く前に いつも私が選曲した歌も幾つか歌ってもらう
童謡の牛若丸 皆さんに笑顔が浮かぶ
サザエさんでは失敗談を みんなで認め合う 財布を忘れて買い物なんて・・

次は 男はつらいよ おおっ 軽くどよめいて笑う
寅さんは忘れられないキャラクター 懐かしいテーマ曲を歌う
シャンソンの愛の讃歌 はい気取って歌ってみて~

童謡も唱歌も フォークソングも 演歌も 何でも出てくる下町のうたごえ
歌に垣根は無い どんな歌でも良い曲は歌いたい
演歌だって ものによるが 日本のシャンソンである

鎌倉や埼玉からも 毎回参加してくれるネットの仲間たち
ボランティアの仲間たち うたごえで知り合った仲間たち
みんな有難う 笑顔溢れるうたごえ 私は感謝でいっぱい 幸せだなぁ


最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー ← ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

    
今日の誕生花  サンダーソニア
 花言葉  祈り


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おおたイルミネーションと全国イルミ人気ランキング

2012年11月27日 09時57分12秒 | 旅行

マンション旅行の企画を任されて 行き先を選ぶのも一工夫が要る
この季節 紅葉は終わり バラなど花の名所も皆無だ
11月下旬からは 各地でイルミネーションが始まる

ある程度 規模が大きく 無料で見れる場所を探してみた
自分では行ったことがないが 太田のイルミネーションに決めた
ここは 旅行社のツアーも無さそうで ネット内を検索しても余り出てこない

SAに置いてあった関東地方のイルミネーション人気スポットにも紹介は無し
正直 現地へ着くまで 少しの不安はあった
バスは すぐ前の駐車場へ入れられた

130万球のLED電飾がされ 丘の起伏を利用して 見事なものであった
イルミネーションは 老若男女 誰でもが 夢の世界へ誘われる
集った皆さんの笑顔を見て 私もホッとした





 

全国イルミネーション人気ランキング
1位 表参道原宿 2位 東急プラザ表参道原宿 3位 神戸フラワーパーク
以下 さがみこリゾート 表参道ヒルズ 東京ドイツ村 大阪光のルネサンス
再春館ヒルトップ(熊本) なばなの里(三重・桑名) あべの天王寺イルミなージュ

因みに関東地区
1位 表参道原宿 2位 東急プラザ表参道原宿 3位さがみこリゾート 
以下 表参道ヒルズ 東京ドイツ村 おおたイルミネーション 六本木ヒルズ
国営昭和記念公園 カレッタ汐留 丸の内仲通り周辺

東海地区
1位 なばなの里 2位 国営木曽三川公園 3位 名古屋駅前地区
以下 浜松フラワーパーク ヤマハリゾートつま恋 ノリタケの森
名古屋港ガーデン埠頭 名古屋港シートレインランド 星が丘テラス ランの館

関西地区
1位 神戸フラワーパーク 2位 大阪光のルネサンス 3位 あべのイルミナージュ
以下 神戸ルミナリエ 新梅田シティ あべのマーケット 大阪光のルネサンスWinter
平和大通り(広島) 国営讃岐まんのう公園(香川) HooP(大阪天王寺)

皆さんは どこのイルミネーションに行かれましたか?
私は 神戸ルミナリエは仕事で5回ほど行きました
集合場所で 人数確認するのが大変でした

今日は下町のうたごえ
亀戸文化センター(かめりあプラザ)2階 14時~


最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー ← ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

    
今日の誕生花  りゅうのひげ
 花言葉  変わらぬ想い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半日で世界遺産をめぐる自治会のツアー

2012年11月26日 10時42分36秒 | 旅行

年に一度 私の住むマンション自治会で親睦ツアーがある
添乗員でもあった私が 企画から実施まで そして添乗員 ガイドの役目もする
昨日一日だけの快晴に恵まれて 和気藹々で過ごした

玄関前から出発 玄関へ帰る 理想的なバスツアーである
行き先は鬼怒川の東武ワールドスクエア 足尾銅山 太田イルミネーション
出発してからすぐ スカイツリーは勿論 富士山が良く見え歓声があがる

 

日光周辺の紅葉は殆ど終わり 名残の赤や黄が僅かに残っていた
東武ワールドスクエアは 有名な世界の建物や構造物が展示されている
忠実に25分の一の縮尺で再現されていて見事なものだ

 

東京駅やスカイツリー 国会議事堂などもあるが 世界遺産が見て楽しめる
訪れたことの無い世界遺産 建物の彫刻や人の配置まで細かい
見学する人や往来の人まで その数14万人 同じ物は無い

 

台湾には 小人国という同じようなものがある
まさしく 自分がガリバーのような巨人になるか 俯瞰して見学しているようだ
あっ あそこ行ったね この辺歩いたね 海外へ行った方たちの声も聞える






昼食は園内のバイキング食べ放題である
デザート スイーツ ソフトドリンクもある

高齢者が多い我がマンション それでもバイキングを要望される
それはいっぱい食べるのではなく 好きなものだけ食べられると言うことだ
決まったものが出されて それが食べられなければ寂しい これが理由







バスは日光を素通りして 途中から日足トンネルを経て群馬県へ
私が以前行ったこともある 足尾銅山観光 トロッコで坑内へ入る
坑道にはマネキンなども置き 当時の採掘風景が再現されている

 

銅を利用したものが多くあるが 昔の銅貨製造の再現には興味がある
亀戸には 江戸時代 銭座があり寛永通宝などが製造されていた
深川にも何箇所かあり 江東区には銭座が多かった

夕暮れの国道を 渡良瀬渓谷伝いに下がっていく
太田のイルミネーションを訪れる
まだ6回目と歴史は浅いが LEDを大量に利用して規模は大きい

ワールドスクエアで世界遺産を見学 足尾で昔からの銅山採掘を学び
太田では イルミネーションで夢の世界に誘う
健康的な?日帰りツアー 皆さんが大変 喜んでいた


   最後までお読みくださいまして有難うございました 
            ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー ← ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

    
今日の誕生花  シャコバサボテン
 花言葉  美しい眺め


コメント
この記事をはてなブックマークに追加