のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

川面に映える風景

2010年11月09日 07時25分56秒 | ウォーキング

                                                 

穏かに晴れた陽の中をウォーキングした

好きな旧中川に添って歩く

川は 流れを停めて 鏡のように静かだった

対岸の建物や 土手や人が 水面に映る


全てが 対比されているような幾何学模様

水の中に 小さくあちこちに 波紋が広がる

小さいボラが 群れをなして 行き交う

時に 身を翻すと きらりと光る

名も知れぬ花が 草の葉の間から覗いている

ここにいるよと 存在を示しているようだ

中央公園の樹木も 少し色付いてきた

紅葉ではないので 鮮やかではない

それでも 紅葉の季節を都会で感じる

土手の上に 幼稚園の子供たちが遊んでいる

鳩の群れが 熟れて落ちた木の実を拾い合う

穏かに 眠くなるような いこいの時

                                                            コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

                       のびたのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加