のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

金魚も一匹になり寂しそう

2015年09月30日 09時17分03秒 | うたごえ

ちょうど4年前 私は車で埼玉の権現堤の彼岸桜を見に行った

桜で有名なところだが 今の季節には彼岸花が群生して 見事な赤が桜の樹間を埋めている

帰り路には国道沿いに道の駅が幾つかあり 私も好きだからその一つに寄った

 

 

農産物を買って ふと その近くを見ると 生きたドジョウと金魚がビニール袋で売られていた

今まで 生き物を飼ったことが無いが 何だか金魚が無造作に売られていることに哀しさを覚える

見ていると その小さな空間で こちらに眼を向けているように見えて 思わず買ってしまった

 

 

さて 家には水槽も無いし 餌も無い

生き物を飼うと言うことは 手入れも お金もかかることを後になって知った

小さいから数日は洗面器で良い しかし これではダメだから先ず水槽を買ってきた

 

 

次は 水を綺麗に保つため 浄水器を買って備え これも現在までに本体も3回取り変えた

餌も好みがあるようで いろいろ買って与え 藻を買って入れたり 照明を付けて見たり

浄水器は 消耗品が高い それでも 買う 何と道楽なことか

 

水の入れ替え 水槽の掃除 いろいろと出て来るものだ

しかし 生き物が同じ部屋に居ると言うことは良いものだ

話相手にはなってくれないが 心の癒しにはなってくれる

 

和金であり 姿は美しいとは言えない そこで琉金も2匹入れて見た

これが 姿は美しいが 常に和金に追いかけられている

追いかけるなんて 可愛く無い奴だ そのうち 2匹とも2年くらいで死んだ

 

和金の成長は早い 今年で見れば 15センチくらいになってしまった

2匹居るが そのうち 川へでも放してしまおうかとも 軽くは思ったりしたものである

それが 一匹 今月死んだ 妹の亡くなる3日前である

 

なんで この時期に合わせるのか 一匹になった和金は 寂しそうに以前より泳ぎまわる

可哀そうだから 金魚屋さんに聴いた 大きな和金が一匹 ここへ他のを入れるとどうなるか

あまり小さな金魚では ダメらしい 追いかけたり 餌が対応できないそうだ

 

 

お前もひとり 私もひとり 金魚の寿命は分からないが とりあえず元気でいようよ

それにしても 以前はそんなに泳ぎまわっていないのに 一日中 まぐろのように動いている

相棒を入れても良いが こんなに大きいのは価格も高いので 我慢していろと飼い主が呟く

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妹よ みんなの歌声が聴こえたかい?

2015年09月29日 07時45分16秒 | うたごえ

さあ これから始めましょう

昨日と今日 ニュースもネットの中もスーパームーンとか ブルームーンとかいっぱいでしたね

皆さんは既に大きな月を見られましたか? かなりの方が笑って頷く

 

太陽は恵み 月は どちらかと言うとロマンチックな印象ですね 私はフルムーンの方が好き(笑)

昔から和歌に詠まれたり 歌も月のテーマがいっぱいあります

物語でも 施設で話す時は 名月赤城山とか 寛一お宮の今月今夜のこの月をなどあるでしょう

 

 

うたごえの中にも 荒城の月 しょうじょうじの狸ばやし 月の沙漠 花かげなどがありますね

ところで 私はネットの中で 多くの方の月の写真を見ますが 皆さんまんまるい月だけ

感動でのシャッターですが どの写真もまんまるい月だけ 沢山見ていると単調に見えてしまう

 

ごめんなさい 笑いのタネにしただけ これを読まれたら 私のブログ 炎上してしまう

笑いのトークはまだ続く 月の中にはウサギが餅を突いていると言う見方が世界で多いですね

このウサギたち 毎日毎日 お餅を突いています

 

それで月には餅が溢れてしまうから ウサギが空の周りに放り出すんですよ

それが 無数の星になって キラキラと輝いているのです

そうなんですか そんな話があるのですかと言う真面目に皆さんが聴く

 

 

あはは これは私の作り話です 皆さんがどっと笑う

こんな調子で いつもの下町のうたごえが始まる

ところどころでは 私の真面目な解説を加え 時には笑いで溢れさせる

 

 

ごく一部の方は 私のことを知っているが 皆さんはいつものうたごえ 楽しみにしている

明るい楽しいうたごえ アットホームな雰囲気 これが下町のうたごえである

ピアノ伴奏も快調 リズムに乗って 30曲余 皆さんが歌って 楽しかったと帰られた

 

 

良かった いつもの のびたワールドが演出できて・・・終わってからしみじみ思った

妹は ちょうど2週間前に突然 私の前から消えた

たった2週間が すごく長く感じられ 何カ月も経ったような感覚さえある

 

 

先日のカチューシャの発表会で 何とか笑顔が復活出来た

この時は ただ伴奏するだけ 昨日は 皆さんの前で明るくリードしなければ行けない

いつも協力して貰っている女性スタッフから お悔やみの言葉を受けた

 

会話を交わせば 元に戻ってしまいそうで 私はすぐピアノに向かった

開始までに3.40分ある 練習を兼ねてピアノに没頭した

好きな曲 ポピュラーから演歌 歌の中に意識を集中していた

 

さて 皆さんに挨拶と対面したら さっと哀しみは消えた

明るいうたごえの場 笑顔がいっぱいの場にしよう

気負いなく素直にそんな気持ちになれた

 

トークも いつもの自分 ピアノもいつも以上に?弾ける

最後のリクエストは 私の好きな あざみの歌 にしますね

これはね 誰かに聴いて貰いたい曲なんですよと言うと 皆さんが楽しそうに笑う

 

 

両親や姉弟の写真に加えて 妹の写真も数枚 貰って来た

その中に1枚 八島湿原のあざみの歌 歌碑をうたごえバスで訪れた時のものがあった

楽しそうに私と一緒に笑っているツーショット 今でも一緒に歌いそうだ

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お願い 子猫を棄てないで 花を盗まないで

2015年09月28日 08時30分36秒 | うたごえ

ウォーキングは日課のようになって 私を外に誘い出す

そして いつもカメラを手に 季節の花を 蝶のように見て周り歩くのが好きだ

公園の花 街路の花 どこかの家で育てている庭や軒先の花 花を見ていると心が癒される

 

気の向くままに行き先も決めず歩き出すが 自然に足が向く道もある

亀戸緑道もそんな一つである 昔は都電が走っていた軌道が 今は桜の緑道となった

大きな桜並木は 春ともなれば華やかに装い 華やかなさくらロードとなる

 

 

亀戸から これも遊歩道となっている堅川を横切ると 城東高校が左側にある

都立の進学校として地域では有名だが 高校野球では甲子園で優勝したこともあるのだ

ここから新大橋通りまでの区間は 桜と同時に季節の花々が見られる緑道だ

 

 

今は彼岸花やキバナコスモス 芙蓉 おしろい花など ゆっくり見る花の散歩道だ

これらの花は 私のブログでも さりげなく挿入させて貰っている

先日 手入れをしているボランティアの女性が居た

 

 

私が花にカメラを向けていると 有難うございます と挨拶されてビックリ

こちらこそ いつも花を見て癒され カメラにも収めて感謝しているのですよと私が言った

聞けば この緑道の花を数名のグループで手入れされているそうだ

 

秋桜もいっぱい咲かせようと 毎年 植えるけれど どれも花が咲く前に盗まれると言う

それでもめげずに この方は 花いっぱいの道を目指して手入れも続けている

あまりにも 植えれば盗まれ荒らされしている現状に 仲間の方は活動も休止しているようだ

 

 

なんとも哀しい話である 花は見るもの 癒されるもの 育てている方の愛情まで感じるものだ

ちょうど見ごろを迎えると持って行ってしまう こんな人に渡った花は 泣いているかもしれない

花いっぱいの道 黙々と努力をされているこの方の夢を そして私たちの夢を皆で作ろうよ

 

 

更には 緑道に子猫を棄てる方が絶えないそうだ

これも地域の皆さんと協力して 予防注射や避妊の手術など面倒を見ているとのこと

そして 里親を求めて 最近だけでも14匹 優しい飼い主の方に引き取られたそうだ

 

映画 子猫物語 から

 

まだ 引き取り手の居ない野良猫状態の猫も この緑道に居る様だ

地域の人々に可愛がられる猫であって欲しいと この方が言っていた

地域猫と言って 野良猫が皆に親しまれている街もある

 

 

可愛い子猫 それでも増えてしまったら簡単に棄ててしまう人も多い

ペットショップでも可愛い姿を見るが 売れ残った子たちはどうなってしまうのだろうか

みんな いのちがある 育てている方が最後まで看取って欲しい それが人の道である 

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

作り笑顔から自然の笑顔へ

2015年09月27日 08時13分42秒 | うたごえ

前日のリハーサルでの失敗があって 逆に心は少し楽になった

絶対 気の持ちようで何とかなるレベルと自分に言い聞かせ 出来るだけ笑顔で居ようと決めた

会場に着くとまだ時間前 登録団体の展示や実演参加コーナーも幾つか出ている

 

私の眼は その中で大正琴の展示に止まった このグループの展示で発表も私たちの後にある

勿論 触るのも自由で 思いつくまま2.3曲弾いて見た テクニックは別だが何とか曲にはなる

顔見知りのメンバーが 先生 ピアノが弾ける人ってすぐこう言う楽器でも弾けるから良いねと言う

 

 

私も 今日の発表を楽しみにしているからねと挨拶する

大正琴の発表曲が私の好きな 真夜中のギター 津軽のふるさと であった

本番でもこの演奏があった時 私は心の中で一緒に歌っていた

 

 

カチューシャの方たちが集まる前 スタッフから私にも伝言があった

昨日のリハーサル 女性センターの実行委員長がこんなことを言っていたよと伝える

歌声喫茶の発表なのに笑顔が無いのよ もっと明るく楽しい笑顔が有ればいいのにね

 

いかん 私の雰囲気もそれと無く伝わってしまったのかな

本来 この講座の方たちは元気が良く 笑顔がいっぱい 若い声が日常である

まず 私が元気を見せなくては・・・出来るだけ雑談する 明るく振る舞う

 

心配されたグループの方たちには もう大丈夫だよと 声も大きく話す

本番前には ステージ登場で並んでいる皆さんに 出来るだけ笑顔だよ

いつもの皆さんが一番美しいと見えること それは笑顔だよ 自信を持ってねと笑いを誘う

 

 

何だか この時点で私の顔も 固さが取れたような気がした

それは あれ以来ずっと顔の筋肉が張り 眼も引っ張られているような想いがしていた

なんだろう 女性なら顔のパックをしてはがした気分かな 顔の表面全体が和らぎを感じたのだ

 

歌がある 仲間が居る ピアノもある 会場の皆さんも私の伴奏で歌う

久し振りに心が軽くなったことを覚える そうだ 妹よ 一緒に歌え・・・

ピアノを幾分強く叩いて伴奏する 講座のメンバーも会場も大きな声で歌ってくれた

 

 

この発表会は 登録団体のうち 朗読 コーラス 大正琴 そして 私たちのうたごえである

これは すずかけまつりの第2部であって 実は第一部がメーンの催しでもある

料理研究家の コウケンテツ氏の キッチンから始まる家族の絆 この講演が90分間あった

 

 

自身の親からの食を通じての教え これを活かしての現在 そして 二人の子供たち

食事 それは 家族の絆であり 見えない教育でもあると語る

野菜も多く摂りましょうと データを添えて 時には笑いをとりながら私たちの参考にもなった

 

 

 

 

サプライズは予定で聞いていなかった 新日本フィルのメンバーによる弦楽四重奏

コンサートマスターである男性は 墨田区の石原町に住まわれていると言う

曲は エルガーの愛の挨拶 ポロディンの弦楽四重奏曲第2番から 

 

 

このあとは シニアが圧倒的な会場にふさわしく 君といつまでも 青い山脈 花は咲く

エーデルワイス アンコールは 滝廉太郎の 花 全員でフルコーラス歌った

夜 大横川公園でお月見コンサートが無料であると言われたが 疲れたので行かなかった

 

 

ようやく 自分の立ち直りのきっかけが訪れたような気がする

哀しみは何時までも深いが それは良き想い出に変えて 妹への愛にしよう

そんなことが思えて来た 明日は 下町のうたごえ 多くの方と会う 笑顔は復活できる

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あぁ~ダメだ~楽譜が見えない 指が動かない

2015年09月26日 08時15分54秒 | うたごえ

今日行われる墨田女性センターの催し すずかけまつりのリハーサルに昨日行った

妹の他界があってから 初めての音楽の活動でもある

それは ゲネプロと言って 本番通りに司会進行のセリフまで実際のように流れる

 

私の出番は うたごえカチューシャの皆さんの伴奏である

ステージ横にアップライトピアノがあるが 触ることも出来ない 勿論 音も出せない

いつもなら何にも不安の無い童謡唱歌の伴奏だが 本音は少し練習したい気持だった

 

 

それではと本番通りに紹介され 皆さんがステージに並び 私はピアノへ向かう

いきなり弾き出すのだが あぁ楽譜が良く見えない 焦点が合わない

それで心が動揺していたのか 前奏を早速間違えて ごめんと謝り弾き直した

 

途中から照明を付けてくれた これで大分見やすくなった

原因は多分 椅子の高さに有ると思う 併せて楽譜の置く場所がこのピアノには無い

鍵盤の蓋を開けてあるから その上に置く これが普通より数センチ高い

 

白内障の手術をして1カ月経過 眼鏡も遠近両用を作り直した

楽譜の位置が高いと正面よりやや高い 顔を正面に向けるとボケて見える

楽譜は近眼用に下の部分で見れば良いのだが これでは顔が上向きになる

 

そして 指が動いてくれない 思うように運ばないで内心は焦った

介護施設は2か所断って 妹の悲報から10日間しか経って居ない

これが すごく長い間 ピアノにも向かっていないような気がする

 

家にピアノがあれば練習もしただろうが いきなりの伴奏は私には辛い

少なくとも本番前に 少しはホールのピアノの様子を見たいがままならない

今日は本番だが 昨日 少しだけでも弾けたので 不安の度は少なくなった

 

 

始まる前 ホールの椅子に座っていると 既にブログを読まれている数人がお悔やみに来た

私を囲んで 先生 突然の悲報 ビックリしました 何と言って良いかと 皆さんが私を思い遣る

話を始めたら きっと涙が溢れて困っただろうが 幸い?椅子に座っているので挨拶程度で終わる

 

このことを知らない方たちは 相変わらず元気に笑顔を浮かべて私に挨拶する

いつものように振る舞うことが出来た 

出番開始前に 列を作ってステージに登る準備をしながら待つ

 

その待っている廊下には女性センターらしく 壁に幾つかのポスターがある

配偶者や付きあっている方の悩み事はありませんかと 相談乗りますとある

そうかぁ 夫の暴力なんてあるんだねと さりげなくそばの女性に私が言う

 

DVなんて 結構あるらしいわねと彼女が言う

私は今度生まれ変わったら 生涯連れ添う妻が欲しいなと冗談を言う

先生 それはね 本人が性格を変えないとダメだって・・変わらなければ また同じらしいと言う

 

優しいだけではダメかい? と問うと それは女性がその優しさに付け上がるのよ だって・・

それでは 来世もダメだね 私の性格は変えられないもの・・・

こんな冗談を言って 何も知らない彼女と話せた

 

 

終わって 昼時だから先生ご一緒しない? と知っているグループから誘われた

本当は行きたかったけれど まだ 自信が無い 有難うと断った

今日は間違えずにピアノを弾けるだろうか

 

 

 

     最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加