のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

1クリックで1円の寄付

2010年08月31日 09時36分42秒 | ボランティア

私の朝 パソコンを開くとすぐクリック募金をする

寄付と聞けば趣旨は分かるが なかなか生活面から出来ない

たまに街角で 少ない現金を寄付するくらいである

時にはその街角で 怪しげな寄付行為も見かける

しかし ニュースを見れば 貧困や環境など問題点が山積している

幼い子供たちが 食料 医療 住居も無く いのちを失っていく

地球温暖化で水位は上がり 国の存在も危うい

森の樹々や 海の資源も急速に減っている

世界の貧しい国の実態や 日本でも底辺の環境下はある

私たちは いつも心を痛めるが どうしようもない

こうした現実を何とか救おうと 世界の医療団をはじめ

各種の慈善団体 行動するNPO団体が活躍している

これに対して 企業も立ち上がり 協賛をして寄付をする

協賛団体は寄付の使用先 活動の実態を明らかにしている

クリック募金は この企業名が一覧になっているので簡単だ

各種あるが私は12箇所のクリックを続ける

1日12円が いずれかの支援に廻る

何かボランティアをしたいと思うとき 確実に成果ある貢献である

この朝のクリックで 何人が救えるだろう

★クリック募金
1クリックすると貴方に変わって協賛企業が慈善団体に寄付してくれます。
(1クリック=1円)。  http://www.dff.jp/
http://clickbokin.ekokoro.jp

 コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

       のびたのホームページ


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボラ ハゼが泳ぐ川

2010年08月30日 08時32分06秒 | ウォーキング

ウォーキングで一番行く所が 旧中川の川筋だ

遊歩道が出来ているし 小松川千本桜公園 亀戸中央公園がある

どちらも大きな公園で 四季それぞれ趣がある

この川は40年前ころは 隅田川と並び汚れた川だった

メタンガスがぶくぶくと あちこちで発生していた

台風が来ると 堤防から溢れる川の水はナイアガラの様だった

時には決壊して 亀戸の町は1m位冠水していた

街の中に 金魚などが泳いでいた

現在 川は改修され きれいな水が戻ってきた

ボラは大きな群れを作り 幾つもこの群れが見える

時にはねたり 活動が激しいと キラリ キラリと光る

ハゼも多く 場所によっては 入れ食いになるほどだ

親子や夫婦で 時にはホームレスも釣る姿も見える

スカイツリーも大きく目の前にある

自然の環境汚染が騒がれる中 浄化が進む姿は嬉しい

8月も終わり 夏休みも終わる

子供たちの未来に この きれいな自然をずっと残したいものだ

 

 コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

       のびたのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人で溢れる盆踊りと花火

2010年08月29日 09時42分54秒 | 旅行

もう8月も2日を残すばかり

亀戸など下町の地域は 各地で盆踊りが行われていた

最終はなんと言っても 中央公園の区民祭り

観光協会も後援 花火も有り 人でごった返している

ここへ全部の方が集合したような 錯覚がある

盆踊りの輪も 1周200m以上あろうか

踊る人の数も多く 圧倒される

まさに老若男女 年配者から小さなお子さんまでいる

これこそ 人間社会の原点だ

人とのふれあい 核家族 など 社会との接点が少ない

こうした行事に なにか温かな風を感じた

このあと 花火大会があった

ほんの短い10分間の花火だった

それでも この花火は近辺の人たちの喜びの時間だった

待ち望んだ饗宴に 大きな歓声があがる

花火の写真は夜景と共に難しい

素人の写真は花火と言うより 芸術写真となった

夜空に咲いたオブジェとも見えるだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

       のびたのホームページ

  

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダの姫りんご

2010年08月28日 09時05分25秒 | その他

連日の猛暑で ベランダの花たちも心配だったが 何とか頑張っている

水遣りを少しでも怠ると すぐ枯れたり萎れたりする

姫りんごは 春にはきれいな花を咲かせてくれた

暑さのせいか 実の方はこれ以上育たない

赤く色付くのは いつの日か

姫りんご 信州・善光寺の門前通りに並木がある

高さは2mぐらいで 観光客の眼を楽しませる

この花は 少しピンクが混じるから 見た目も華やかだ

りんご並木で有名な所は 信州・飯田である

地元中学生が世話をしており まもなく赤いりんごになるだろう

昨年 ブルーベリーを買って 夏に数粒の実をつけた

今年も数粒しかならなかった

ブルーベリーは 違う種類の木が無ければ 実はならない

先日 ホームページセンターの園芸の場所に書いてあった

初めて知った 来年はもう1本買うつもりだ

甘く少しすっぱい実が期待できるだろうか

そう言えば サクランボも 違う品種が無いと 良い実がならない

少しづつ 植物を育てることによって 知識も拡がってくる

 

 

 

 

 

 

 

               今年4月の花

          

 

 

 

 

 

 

 

 

                今年4月の花

 

 

 

 

 

 

  4月に買ってきた時は 割り箸くらいだった

  パパイヤが こんなに育ってしまった

  どこまで大きくなるのだろう

 

 

  コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

       のびたのホームページ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永く続く童謡唱歌うたう会

2010年08月27日 08時23分44秒 | うたごえ

童謡唱歌うたう会 もう11年になる

歌を歌うことが楽しいと言って 笑顔で会う仲間達

私が代表者になって 原則 月2回金曜の午後 東大島に集う

講師は2代目 現在はオペラ協会所属の福山 恵さん

ピアノも専属の講師 なんとも贅沢な布陣である

6月にはこの先生の オペラコンサートもあって講座の生徒も鑑賞

モーツアルトの魔笛 ソプラノの魅力を堪能した

自主講座ではあるが 前半は この先生の優しくも厳しい指導

高齢者が多く 楽譜にも追いつけない方も 緊張して付いて行く

これが 終わると がらりとムードが変わる

私のピアノで うたごえとなる

この 良い意味の緊張とリラックスが 適度に刺激となるのだろう

うたごえバスを仕立てて 各地へも行った

仲間内だから とても楽しく バスの中は学生になったようだ

2回ほど宿泊ツアーにも行った

発足してからのメンバーもかなりいて 笑顔が飛び交う

今日は 今月一回だけになった このコーラスがある

 

 

 

年一回 センターの成果発表会

6曲ほど歌う

 

 

 

 

 

6月 先生のオペラ 魔笛

左側の男性は先生の弟さん 同じくバリトン歌手

 

 

 

 

 

こんな感じで あちこち うたごえバスで行く

これは10年前 わたらせ渓谷ツアー

 

 

 

 

 

群馬 童謡ふるさと館で歌う

このあと 星野富弘美術館に行った

 

 

 

 

 

バスの車内へキーボード持込

揺れる カーブで プロでは弾けない?

足を突っ張り 揺れに耐える

 

 

 

伊豆の みかんの花咲く丘公園に行ったあと

ここ日本平の 赤い靴 きみちゃんの母子像

 

 

 

 

船頭小唄の歌碑の前で歌う

潮来の稲荷山公園にある

 

 

 

房総・御宿

月の沙漠記念館の近く

記念館でも 月の沙漠を歌った 館長が感激していた

 

 

  コメントは 伝言コーナー」 へおいで下さい

       のびたのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加