のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

老人介護施設へ行きなさい

2011年08月31日 08時10分07秒 | ボランティア

  今は数箇所の老人介護施設へ 毎月欠かさず音楽訪問を続けている

  今日は そのうちの一つ江戸川区の施設に行く

  こここそ 音楽療法の求められる原点のようなものと感じている

  数年前の添乗で ある若い女性のお客様から自分の施設へ来て欲しいと要望された

  行って見ると 正直ここは 介護施設の中で一番課題が多かった

  リハビリはあるのだろうけれど ただ時間を潰している もてあましている方が多い

  テレビを見ている ひたすら寝ている 活気は勿論無い

  ボランティアの姿は無く どこから 何から初めていいか戸惑った

     

  しかし この機会を与えてくれた神様に感謝したい

  音楽療法に力を入れて取り組むことを この時に心に決めた

  いろいろの曲を試してみる

  聴いている方の反応は 殆ど掴みづらい

  スタッフの方たちも ただ回りに立っているだけ

  テーブルが幾つもあるが そこに気力なく座ったり眠ったりしている

  それでも少しづつ 歌える人は歌えるようになってきた

  表情が和らいでくる方が見えてくる

  良く見ていると手指の反応を示す方がいる

  今では なるべく一箇所に集めてもらい 眼が届くようにしてもらった

  歌だけではなく 目線を合わせる 眼で挨拶したり会話を求める

  見ているよと目線を送れば 嬉しそうに笑顔が浮かぶ

  ここには 認知症の進行の進んでいる方が多いのだ

  スタッフの方たちも私の要望を聞いてくれるようにもなった

  行けば 心配りをしてくれるのが大変気持ちよい

      

  音楽療法の結果は 必ず効果で証明されると信じている

  脳の中に刻み込まれた記憶のかけらを 拾い集めて塊にする

  少なくとも癒しの時間がそこに感じていただければそれでも良い

  リハビリに取り組む姿勢 食欲の増進に気力が違ってくる

  生きる気力に繋がってくれれば こんなに素晴らしいことは無い

  老人介護施設へ行きなさい

  神様が後押しをしてくれるだろう

  そして私自身を磨きなさいとも言われているようだ

  堕落は瞬時である 心を磨くのは生きている限り続く

   

              先週の錦糸町 猿江公園のハス

 

               コメントは 伝言コーナー」 ← ここをクリック

            のびたのホームページ ←←

                                       ブログランキングに参加しています
                    ↓ 応援のポチッお願いします ↓
     おかげさまで上昇中                          

                          にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやか信州うたごえが聴こえる

2011年08月30日 09時48分39秒 | 旅行

  私のふるさとは信州 小学校だけではあったが 両親のふるさとでもある

  長野県というより 信州と表した方が 郷土の香りがする土地でもある

  さすがに碓氷峠を越えて 高速道 湯の丸SAに降り立つと 爽やかな風が心地よい

  9月16日の うたごえバスツアーの下見に昨日は日帰りドライブをして見た

  目的は ツアー当日のコースや内容の確認など 落ち度が無いかチェックをする

  スムースな案内も出来るよう 時間も大事なことである

   

  善光寺は まず食事場所である宿坊 常円坊を訪ねた

  本番でもないのに 心のこもった応対が安堵とさすがだなと覚える

  食事は信州そば 野沢菜味付けご飯など 精進料理を思わせるもの

  内容と量は 中高年の私たちに ちょうど良いものである

   

  食事のあとは 宿坊の御師が本堂まで 説明しながら案内してくれた

  参道の大勧進 大本願など数々の由来など 数多く訪れた私にも感銘を呼ぶ

  本番も同じく 説明を受けながら 本堂まで御師に従って歩く

  

   参道のお勧めの店 つち茂 この奥さんの両親は亀戸に住んでいた

   当時香取神社の近くで酒屋を営み 東京大空襲で父が亡くなったと言う

  次は上田市郊外の 東山観光農園 JAが経営する果樹園

  巨峰は まだ取れないが 周辺では りんごが 色付いている

  売り場にある新鮮野菜は かなり安く 生産農家の名前も記してある

   

  コスモスの丘に行ってみると 一部は かなり咲いていた

  高原には コスモスの花が似合う

  廻りに眼を遣ると 山々の間に 別所温泉などの塩田平が拡がる

  のどかな田園や樹々 自然に恵まれた風景が心にも優しく染入る

  道中 うたごえバスの姿を想像しながら 流れる風景にうたごえを重ねた

  大きなうたごえ 笑い ざわめきが 聴こえてくるようだった

    

           当日は行かないが北向観音と愛染かつらの樹

  往復の距離 およそ540キロ 無事に家に着く 今日も感謝である

  御師が言う

  人は我が我がと主張する

  自分が中心の生き方だ

  しかし 生かされている 生きている喜び 

  感謝の心無くしては それは人生と言えない

   

  ここも当日は行かないがお勧めの寺 安楽寺

  国宝の八角三重塔があるが 今は工事中で見れない

 

  

              コメントは 伝言コーナー」 ← ここをクリック

            のびたのホームページ ←←

                                       ブログランキングに参加しています
                    ↓ 応援のポチッお願いします ↓
     おかげさまで上昇中                          

                          にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

より旅を楽しく味わって頂く為に 今日は下見

2011年08月29日 06時14分36秒 | うたごえ

  来月歌いながら行く日帰りバスツアーを計画した

  行き先は長野善光寺 そして 上田近郊で巨峰狩り

  往復の車中は 走るうたごえ喫茶だ

  キーボードを前部に載せて 私が演奏しながらリクエストに応え歌い続ける

       

  特に企画上の心配は無い

  長野善光寺は ご開帳も含めて何度も訪れている

  昼食の場所 宿坊の常円坊も以前 団体ツアーでご案内した

  しかし より良い旅を演出する為には 落ち度があってはならない

  何もトラブルがないことが 楽しい旅の想い出を持って帰っていただく

  下見は コースから休憩場所 時間配分 無理の無い案内 情報など

  お客様目線に立って 吟味を要する

  元添乗員の目線で コース内容全般にわたって 実地検証する

  ほぼ同じ 時間の設定をして これから長野へ日帰り往復へ出発

  我が愛車 フィットはあちこちぶつけて傷が目立つが 性能は文句無い

  天候もどうやら下見ツアーを応援してくれるようである

   

            写真はいずれも前回の善光寺御開帳

 

              コメントは 伝言コーナー」 ← ここをクリック

            のびたのホームページ ←←

                                       ブログランキングに参加しています
                    ↓ 応援のポチッお願いします ↓
     おかげさまで上昇中                          

                          にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜空の饗宴 隅田川と亀戸の花火大会

2011年08月28日 08時49分12秒 | ウォーキング

  花火大会を同じ場所で 双方を楽しめる場所がある

  隅田川花火が 大震災の影響で1ヶ月延期され 昨日の開催となった

  地元 亀戸では同じ日 区民祭りの行事で花火が毎回打ち上げられる

     

     マンション 玄関ドアを開けると隅田川花火が遠望できる

  昼間は公園の中に屋台が出たり 夕方は盆踊り

  今日はミニSL 歌謡ショー そして東北の物産 支援のテントも出る

    

  私のウォーキングコースの旧中川で 涼しい風に吹かれながら見た

  総武線の鉄橋を電車が何回も通り過ぎていく

  その向こうに 東京スカイツリーが 照明が無いので黒々と聳え立つ

  こんな借景の中に 隅田川の花火が結構大きく見えて楽しめる

  ただ 上を見上げるのと違って 少し遠い花火である

  

             川風に吹かれながら見る隅田川花火

  隅田川は地理上 大きな花火が打ち上げられない

  替わって 尺球ぐらいのものが 次々と重なり合いながら夜空を彩る

  次から次へと休むまもなく 夢の世界の芸術を披露してくれる

  涼風の中で しばし花火を楽しむ 廻りは広々 川と樹々と草むらと家々

  昔の花火大会の雰囲気が ここにはあった

    

  やがて 20時30分 見事な饗宴が終わり ほんの少し静寂が訪れる

  急にドーンと 腹に響く轟音が上がる

  今度は眼の前に大きな大輪の花の数々 亀戸花火大会が始まる

  隅田川の花火には 豪華さでは劣るが やはり近くの花火は良いものだ

  打ち上げられて 一瞬に描く映像は素晴らしく いつまでも眼に焼き付けたい

  パッと花が咲くたび 子供達の歓声があがる

  こちらは約20分の饗宴 すぐ消えてしまう映像だが 心に充足感がある

    

  江戸時代から 庶民に愛されてきた花火

  戦火や震災の歴史の中でも 平和な証として 花火があった

  静かな帰り道 三々五々家路に着く方たちの ざわめきが幸せを語る

 

             コメントは 伝言コーナー」 ← ここをクリック

            のびたのホームページ ←←

                                       ブログランキングに参加しています
                    ↓ 応援のポチッお願いします ↓
     おかげさまで上昇中                          

                          にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑顔生き生き うたごえ世代

2011年08月27日 06時56分17秒 | うたごえ

  うたごえ世代は青春の残滓がある

  かつての歌声喫茶に通った あの懐かしい青春時代が生きている

  その残滓は いつでも赤く熱く内部から燃えている

  歌を歌っているときの 皆さんの表情は 実に明るく生き生きとしていた

  中には大病を終えて 参加している方もいるが 以前と変わらない

  江東区の地域広報誌を見たり ネットを見たり 友人に誘われて参加する方

  初めての方でも すっと溶け込んでいけるのが うたごえである

     

  下町のうたごえ 集った方は70名 みんな仲間 そんな気がする

  ボランティアの方たち 地域での活動の方たち 墨田のうたごえカチューシャ

  童謡唱歌うたう会の方 そして先日まで私が参加していたしゅみーとのネットの方たち

  うたごえ 音楽を通じて 人と人の結びつきが生まれ 生きがいを感じるだろう

  うたごえ それは青春 そのものである

   

  昨日の午後は都内は豪雨に見舞われた

  うたごえの始まる前は 暑い陽射しもあった

  終わった時間は ピークはやや過ぎていたが土砂降りであった

  傘を持たないで来た方が多く 足止めされたり帰りが心配だった

      

  今日と明日は 地元亀戸では 区民祭り 行事は盛り沢山 花火もある

  大島地区は 中の橋商店街で流し踊りや各種の行事

  墨田区は 1ヶ月延期された隅田川花火大会

  夏の祭りはピークを迎え どれに行こうか嬉しい悲鳴だろう

  せめて雨が降らず 各地の祭りが盛り上がって欲しい

 

            コメントは 伝言コーナー」 ← ここをクリック

            のびたのホームページ ←←

                                       ブログランキングに参加しています
                    ↓ 応援のポチッお願いします ↓
     おかげさまで上昇中                          

                          にほんブログ村 シニア日記ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加