のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

花と緑と広場 広大な木場公園

2014年11月30日 07時05分46秒 | ウォーキング

かつては運河を行き来して 材木が運ばれた その名も 木場

その貯木場も埋め立てられ 現在は地域の方が憩う広大な都立木場公園となっている

多目的広場も幾つかあり 一部ではバーベキューに興じるグループが楽しそうだ

 

 

植栽植物園もあり こちらはボランティアの方が中心となって手入れを行っている

いつ行っても 何かの花が咲き 私たちを癒してくれる

周囲には 桜 ほか多くの樹々があり 都会の紅葉を見せていた

 

スカイツリーを噴水の上に乗せて見ました

 

今日は写真を主に紹介します

それではごらんください

そして今日 これからマンションバスツアーを添乗してきます

 

 

   最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ取材の多いB級グルメの街亀戸

2014年11月29日 10時21分38秒 | ウォーキング

下町の中でも 私の住む亀戸は 飲食店が多い 浮き沈みやグルメ店の競争が多い街でもある

テレビの取材は多く この駅前から 1キロ圏内に 年に何度も放映される

そして タレントの持田香織さんの生まれ育った街で それも多少は影響している

 

ひと昔前は 亀戸天神 香取神社 そして亀戸餃子が この地域の売りだった

最近では B級グルメの街として 地域は愚か 参拝がてらに訪れる人も多いそうである

高級では無く 私たち庶民には 安くて美味しい店が多いことは歓迎である

 

 

一番新しいテレビ放映では ブラマリの番組である

持田香織さんはじめ 馴染みの顔が 亀戸のグルメ店を巡り歩き 食べ歩くのである

驚きは 全ての店で 話題のメニューを食べ それも 何皿も食べつくすのだ

 

 

今回には含まれていないが 駅の南口 京葉道路交差点付近は ラーメン屋が立ち並ぶ

餃子の王将を中心に3軒が並び それぞれ賑わっているが そのうちの一軒は敗退 焼き鳥屋になった

しかし 数軒先に また新しいラーメン屋がある この交差点付近では10軒くらいあろうか

 

北口には 有名な亀戸餃子がある 亀戸を代表する古くからの餃子店である

他のメニューは酒類を除いて何も無い 座れば黙って注文しなくても餃子が出て来る

食べ終わりそうになると もう一皿 黙って追加される ここは2皿以上が原則である

 

 

ここに対抗してか 5丁目商店街の入り口近く 餃子の 藤井 が人気を呼んでいる

6種類の味が楽しめるのが特色である シェフは 中国から呼び寄せ本格的なものである

今日は 藤井の餃子 次は亀戸餃子と ファンは多い

 

 

亀戸餃子のある路地は 昭和レトロな雑然とした香りがある

その中に亀戸牧場と言う店が 大きなとんかつ そして そのサンドイッチが評判でもある

私も食べて見たが 大きくて美味しくて 単価は安い

 

何時の頃からか 北口をはじめとして 界隈に亀戸ホルモンをうたう店が多く出来た

開店前から 各店の前には 行列が出来ているほどだ

飲み物は ホッピー 昔からある懐かしい名前 私は飲めないが ホルモンと合いそうだ

 

 

喫茶店 タニ ここも紹介された

近所の方の評判が良いのが 茄子のミートスパゲテイだそうである

スパゲティ 良い響きだ そして私には ナポリタンが浮かんでくる

 

 

かつて この先には 日立製作所の大きな敷地があり 従業員で街は潤っていた

今では移転をして それが広大な都立の亀戸中央公園となり 地域の憩いの場所となった

私のウォーキングコースの一つであり 春には桜の名所となり 遠くからも人が集まる

 

 

商店街の突きあたり ここに みそパンが有名な製造販売店がある

亀戸地域限定で売られており 昔懐かしい味がする

天神様に向かう途中の 亀戸梅屋敷 観光施設だが ここでも みそパンが売られている

 

 

この商店街には 雑然とした?店が多く活気を呈している

じゅん&ねね の八百屋さんなど 廉価販売の店が多い

私も総菜専門の店に行くが 満腹弁当など買ったら 2回に分けて食べるほどだ

 

 

再び 京葉道路 以前はイチゴケーキ専門店が取材されていた

今回は 洋食の 越後屋 ここの評判が ポテトサラダ入りとんかつ

他では考えられない組み合わせだが これが美味しいと 食べに来る人も居るようだ

 

 

取材は無いが 京葉道路沿いには 200円弁当の店があり メニューも多い

消費税を入れても216円 時には買って帰って来る

タクシーの運転手 車で来る人 近所の方 亀戸は何時までも安くて美味しい庶民の町である

 

   最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マンション自治会の親睦バスツアー参加者の減少

2014年11月28日 08時17分08秒 | 旅行

明後日の日曜日に 私の住むマンションの自治会親睦バスツアーがある

私が添乗員をしていた事もあり 企画から実施まで依頼され 10年を超える実績だ

当日は 添乗員兼観光ガイドとなり 車内を盛り上げる

 

 

昨日はバスその他を手配した旅行業者と打ち合わせをした

バスの確認 コースの再チェック 昼食場所など 営業担当とも馴染みだから気さくに進める

行き先は 自治会の希望もあり 房総の鋸山と 浜焼きの昼食がメーンとなる

 

 

このコースは良くテレビでも紹介されて これを見ての要望となったらしい

この自治会の要望の特色は 昼食がバイキングであることが必須条件となる

そのため 毎回企画するのに 先ずはバイキングの良し悪しを吟味してそれからコースを作る

 

 

普通なら 好きなものを腹いっぱい食べられるから歓迎されるのに ここでは違う

高齢者が多くて あれやこれや食事制限 好き嫌いが多いのである

いっぱい食べようでは無く バイキングなら何かしら食べられるものがあると言う選択肢である

 

 

自治会のツアーだから 参加費はおよそ その食事代だけ ものすごく低価格である

それでも 参加者数となると 年々減少してきて来ているのが実態だ

今年になったら更に加速して 10数名の参加と聞く 私もびっくりの減少だ

 

 

あの人は腰が痛くてとか 足が痛いからとか 高齢者の悩みがそのまま数となる

それでも今回は行くが 来年は実施がどうなるか分からない

あまり自治会のことは私は口出ししない 役員をして欲しいと頼まれ逃げているからだ(笑)

 

写真は 昨年のツアー 伊豆葛城山と三島

 

   最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中学生の介護現場学習

2014年11月27日 08時25分59秒 | ボランティア

江戸川区の中学生は 生きた社会科の学習として 区内の会社 商店 工場などへ行く

ただの短い見学と違って 時には2.3日もあるらしい 体験もその中では可能だ

本人の希望も考慮しながら 思い思いの現場に行って 学習する

 

その中の一つに 介護施設の学習もある 実態を知るには こうした体験学習が貴重なものだ

単なる見学と違って 将来は福祉関係に進もうか そして 高齢者への思い遣りなど心も学ぶ

大変意義ある校外学習として 私は感銘を受けていた

 

昨年も垣間見たが 昨日も 介護施設訪問へ行って彼らの姿を見た

私の音楽訪問の前には 施設スタッフのゲームを兼ねたリハビリが行われている

これもじっと見ていたが 少し刺激が強すぎないか 私が要らぬ心配をする

 

 

この施設は 認知症など 程度の重い方が多く 他の施設のように笑いや活気が感じられない

利用者さんに公平にゲームの相手をしているが 全く反応の無い方も目立つ

いつも眼にする奇声を発し続ける方 呼びかけても息をしているのかまで思う方も居る

 

他の施設だと ボランティアの方が良く訪れ 歌を聴かせたり踊りを見せるが ここには来ない

演技をしても 反応が無いと やはりやりにくく 時にはカルチャーショックを受ける方も出る

そんな実態からか相変わらず ボランティアは私しか行かない

 

既に6.7年 私は通い続けているが ここでは音楽療法を真似ながら祈るように取り組んでいる

少しでも笑顔が見えたりすると 無上の喜びになるが 少し改善されても 弱って行く経過を見る

つい数カ月までは 歌声も聴こえたが 昨日は殆ど聴こえてこない

 

 

時にキーボードから眼を放し 皆さんの様子をうかがいながら伴奏をする

確かに歌っている方は数名いるが 唇だけが動いている方も数名は居る

あとの方が うつむいたり 眼だけこちらへ向けて 唇も動いていない

 

そして奇声を発する方が 休むことなく一番聴こえてくる

こんな状態を中学生に見せるのが 少し辛く感じてしまう

世の中には こんな方たちも居るのだよと 生きた教育にはなると思う反面 心配もある

 

いわゆるカルチャーショックにならないでねと こんな気持ちも持ちつつ進行した

最初は童謡唱歌を幾つか歌って貰う 程度の重さで この童謡唱歌が増えたり減ってくる

脳に深く刻まれた曲は 童謡唱歌が一番多い 幼い頃から親しんだ歌は記憶の底にある

 

もみじ たきび 月の沙漠 などを歌う前に彼らにお願いした

出来れば一緒に歌ってくれないかな 君たちが歌うことによって 皆さんの励ましになるのだよ

歌声が聞こえたら 皆さんも勇気を持って 声を出すことも出来るからね

 

女生徒は知っている曲だから すぐ応えて歌ってくれた

ただ男子生徒は 歌うことに躊躇しているのか 声には出なかった

大人でも どちらかと言うと こう言う歌には女性の方が楽しく懐かしく歌っているのが通常である

 

 

中学生の進路 この先に高校 大学と続くが 勉強だけでは無い

音楽や心の実習が心の中で育み 社会で花を開いて欲しい

他人への思い遣り 高齢者への労わり こんな社会を私たちは待っている

 

   最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2年先の出演予約快諾しました

2014年11月26日 09時18分57秒 | バンド

次の2年先の出演受けてきたよ すごく好評で依頼されたとメンバーから報告が来た

先日 石川島工業高校同窓会に 私のバンド コーヒーブレイクが出演して私達も2年ぶりに楽しむ

リクエストでは各卒業期ごとに歌ったり 最後は 校歌 を全員合唱して盛り上がっていた

 

この同窓会の反省会が 運営幹事が集まって開かれたのである

ここに バンドメンバーの一人は卒業生でもあり 幹事に名を連ねているのだ

幹事の皆さんに良かったよ~と喜ばれて 次の出演も依頼させられたそうである

 

それは良かった 会の雰囲気は盛り上がっていること バンド演奏していても伝わってきた

出席者の方の一部は 私にも挨拶に来て 感謝の言葉を言い素直に嬉しいことでもある

私も実際のバンド出演は2年ぶりで有り 心配も多少あったが 40年来の仲間には要らぬことだった

 

 

バンド活動も 最近は出演も少なくなって このまま終止符かと一時は思ったものである

しかし 演奏してみると まだまだ 大丈夫 2年のブランクがあっても何ともない

そして このあと もう少し続けようとメンバーで話し合った

 

私が毎月開催している 下町のうたごえ 4年も経過して 来年2月に記念すべき100回を数える

普段は 私のピアノとトークで進行しているが この日だけ バンドでうたごえの伴奏をしよう

楽譜は私だけなら常に600曲可能だが メンバー分用意することは膨大なコピーになる

 

そのため この日だけは こちらが選曲してバンド分用意して この曲を歌って貰うことに企画した

選曲は 4年間のリクエスト ベスト50曲くらいにして 実際は30曲くらい歌えるだろう

進行次第だか 様子を見て 歌は2番までとか限定すればもう少し増え 参加者も満足できよう

 

 

私の予定は かなり先の分まで確定している 下町のうたごえは 常に半年先の会場を確保している

墨田のうたごえは 今のところ期間は無制限 私の元気なうちは 果てしなく続く?

介護施設も1年先まで 依頼をされている これでは 私も病気とは無縁で居なければならない

 

墨田のうたごえ講座の無制限もあるが 2年先の予約は初めてである

私も元気であると同時に バンドメンバーも 同じことである 大丈夫かな?(笑)

かなりの楽器と器材は 一部整理しないと保管が難しくなってきた これも課題である

 

   最後までお読みくださいまして有難うございました m(_ _)m

 

ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加