のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

偶然 プロレスを観戦した

2013年06月30日 11時02分55秒 | ウォーキング
午後になってウォーキングに出かけた
昨日は 真夏のような陽射しで暑い
亀戸・サンストリートの近くを通ると なにやらイベントで騒がしい

広場に特設リングが設置され スポーツ新聞では馴染みの プロレス・ノアが居る
来月の有明決戦のPRも兼ねているが こんな場所で?と私には思える
凡そ プロレスと亀戸界隈では 似合わない



しかし ファンの開拓に向けて 若い層や子ども達へは効果はあるだろう
サインボール投げ入れなど ノアの団体の選手が勢ぞろいしていた
格闘技ゆえに 逞しさが感じられる 迫力は十分だ

 

試合も20分一本勝負 シングルとタッグチームの2試合が行われる
披露するだけと思っていたら テレビで見るような本格的な試合が繰り広げられた
マットもロープも 陽射しを受けて熱くなっているようであるが 肉弾戦となる

 

飛ぶ 殴る 蹴る 組み敷く その技はめまぐるしく展開される
場外乱闘も繰り広げられ コンクリートに叩き付けられたりする
最前列に座った私は 正直 恐怖を感じた

 

あれだけ乱闘をすれば 間違って飛び込まれ 転倒したりするかと思った
悪役もちゃんと居るし そばに来るだけで 心では怖いよ~(笑)
炎天下で これだけ動きまわり めまぐるしい技の数々に圧倒される

 

ショー的な要素もあるが 間違えば 骨折したり重傷を負ったりするプロレス
日頃の鍛錬が無ければ 続けられないスポーツではある
思いかけず 初めて観る生のプロレスだった そして陽に焼けた



深夜は 女子サッカーの国際親善試合を見た
なでしこの女子達が 長い試合時間 コートを駆け巡っていた
途中までは2対2 迫力あったか゜結果は 2対4で負けた

女子選手の活躍は 最近目覚しい
ゴルフも卓球もサッカーも 世界の頂点を争っている
午前3時30分頃 終わって私は寝不足 身体には良く無い一日だった

       最後までお読みくださいまして有難うございました 
               ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花 びょうやなぎ
花言葉 有用 薬用
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を慈しみ育て 多くの方に見てもらう喜び

2013年06月29日 11時20分53秒 | ボランティア

花は愛情を持って育てた分 きっと 綺麗な花を咲かせ応えてくれる
タネを撒く 苗を植える その前から 土壌の管理や肥料で土を豊かにする
子どものように その成長を楽しみ 毎日声を掛け 様子を見る

私はベランダで花や野菜も少し育てるが どちらかと言うとズボラである
それでも それなりに花を咲かせたり 実を付けることもある
中には 少し痩せていたり 実をつける前にダメにすることが多い

ウォーキングで公園や家々の花壇や鉢植えを見て楽しむ
こんなに綺麗に咲いて どうぞ皆さん 身て下さいと言っているようである
花だって 多くの方に見られて 癒され和まされると 生きている喜びがある



ボランティアなどの日程を縫って 江戸川河川敷の小岩菖蒲園に行った
河川敷は広く 江戸川がその端の方を ゆったりと流れている
長い鉄橋は 総武線と京成電鉄 そして国道が東京・千葉県境を結ぶ



広大な景色の向うには 国府台の高台が緑に囲まれている
高台の一角には 里見一族の城址が有って 現在は緑の公園となっている
中学の初めの頃は ここまで遠征して 防空壕跡などで遊んだものだ



この河川敷に 江戸川区が管理する 小岩菖蒲園がある
見ごろとなると 多くの方が ここを訪れ多品種の菖蒲をそれぞれ楽しんでいる
カメラを持って 花の美しさを納める方 老夫婦があずまやで休む方が居る



ここの実際の管理は ボランティアに委託している
ある日 ウォーキングで傍に行ったが 私と同年輩くらいの方が数人居た
楽しそうに語り合いながら 手入れを続けている

 

花を観る方は 見ごろのときだけ ここを訪れて あとは滅多に来ない
この僅かな期間 花を育ててきた方も 喜びがあろう
自分達も育てる楽しみがあるが 多くの方に優しげな笑顔を見たら心が充たされる

 

咲きそろう菖蒲の花を見ながら 陰の努力に感謝の思いを覚えるものである
もう 来年への夢と努力がされているようだが 元気に頑張って欲しいと願う
季節の旬に 旬の花を味わえること 自然と今日の心身の健康に感謝である



       最後までお読みくださいまして有難うございました 
               ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花 あじさい
花言葉 移り気 あなたは美しいが冷淡だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティアで深まる友情の輪

2013年06月28日 06時14分57秒 | ボランティア
昨日は 江東区・大島の老人介護施設へ行った
私と永くコンビを組む 踊りのグル―プと民謡を歌う方でプログラムを構成する
踊りの披露は 河内おとこ節 きよしのズンドコ節 東京音頭 炭坑節である



私との音楽の時間も30曲くらい用意するが 季節にあったものを適宜替える
それでも 歌は 毎月大きく変わるもので無いが 皆さん楽しそうに歌う
踊りも同じ ある程度のプログラムは いつも一緒である

見たり歌ったりする 利用者さんにとっては 知らない曲より知っている方が歌う
踊りについても 知っている曲なら 車椅子でも 身体が一緒に参加する
さあ 輪に入れなくとも 心の中で 一緒に踊ろうねと呼びかけると笑顔が返る



手拍子も起きてきたり この時間が楽しいものと良く分る
演じる踊り手も 私も 自然に顔が優しく 笑顔が湧き出てくる
ここでは これを主流に あとは民謡の方か歌の方が 随時入ってくる


 米山甚句 木更津甚句 若井嘉子さん

踊りのグループは 亀戸9丁目の寿会とひまわり会となっている
メンバーが一緒なので 私には この境目は分からない(笑)
しかし 永年 こうした施設訪問を数箇所 毎月訪れている

とても素敵な仲の良い仲間たちである
情があって 屈託の無い笑いにも溢れ いつも他の行事でも一緒だ
私は その様子を 微笑ましく見つめ 友情とは良いものだと感じている

 

何より こうした活動があることが 人生に張りをもたらせてくれる
それは 私にも言えることだが ボランティアは施設の方たちの為にもなるが
むしろ自分達が かけがえの無い人生の生き方を教えてもらっているのだ

このグループが いつまでも健康で 更にボランティアを継続して欲しい
そして仲良く笑い 遊び 語り合う素晴らしい時を送って欲しい
時にちょっぴり 私も その空気の中に入れてもらえれば幸いである

       最後までお読みくださいまして有難うございました 
               ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花 ざくろ
花言葉 円熟した優美 子孫の守護
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

礼儀正しい好青年が施設に来た

2013年06月27日 11時11分21秒 | ボランティア

昨日は かなり強い雨が降っていたが 江戸川区の施設に行った
どういうわけか この施設に行く時が一番 雨に降られている
時には 風雨強い時もある

私の駐車場は マンションの中庭みたいな場所にある
建物から ほんの数メートルだが 荷物を積み込むのに頭からかなり濡れた
施設の方たちが待っている 雨でも風でも雪でも?雪はダメだが 必ず行く

介護程度が重度の方が目だっていたが 最近は少しづつ利用者さんが替わる
それでも 永い方は 数年 同じ顔にお目にかかっている
会話や歌を楽しめる方も 出来ない方も・・・

施設のスタッフの 歌の時間への協力度は 眼に見えて分るようになってきた
音楽の効果が 少なからずあることを感じ 期待されていると思う
数年 毎月 通い続けての手ごたえある実感である

3.40名が 私と向かい合うように車椅子で座る
話をしながら 歌の伴奏をしながら 皆さんの口元や身体の動き 指先など見る
うたごえは 元気な方からは聴こえてくるが 後は その様子で判断する

健常者と同じようには行かないが 高齢の介護を受ける方たち その笑顔が良い
ほんものの笑顔 心から溢れる笑顔が見られたとき 私は幸せと感じる
私の微かな力が音楽に助けられ 笑顔の時が作れる それが幸せであり感謝である



初めての男性スタッフが いろいろ助けてくれた
楽器や器材の持ち運び 模造紙の歌詞の貼り付けなど 気持ちよく手伝ってくれる
年齢は分らないが 好青年で この施設へ来て2日目だと言った

終わって 片づけをしていると 今日は雨の中 有難うございました
少し 緊張しているかの如くだが 丁寧に心がこもって嬉しい言い方だった
重い荷物を 率先して幾つも持ってくれて 車のところまで見送りにきた

忙しいだろうから もう ここで良いよと私が言う
いいえ ここへ来てくれたお礼もあるし お帰りまで見送ります と言う
車が発進するまで お辞儀をしてくれた

正直 施設のスタッフは 良く替わる
待遇や 過酷な労働に対し 精神的な優しさ強さが求められ 転職していくのか
定着して欲しい 若い人材である

    

数年の間に 認知症の進化して行った女性 いつもポツンと離され参加はしている
勿論 歌は歌えないし 言葉も無い ひたすら無用な指先の動きなどがある
2.3ヶ月前 偶然に聴いた たった一言というより たった一節 その後は聴かない

あの時 違う歌をみんなと歌っている時に 遠くに居るのだが この一節が聴こえた
~しゃぼんだま飛んだ 屋根まで飛んだ~ この一節 不思議に空耳だったのか
昨日 始まる前に弾いてみた 何の反応も無かった 記憶は空に飛んで行ったのか

今日は 江東区・大島の 介護施設へ行く
いつもの踊りのグループと一緒で 比較的 元気な方たちが多い
勿論 車椅子が殆どだが 歌と踊りで 楽しいひと時を 皆さんと共に過ごす

       最後までお読みくださいまして有難うございました 
               ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花 びわ
花言葉 治癒


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少し気恥ずかしく 少し幸せ 孫娘 娘と築地へ

2013年06月26日 11時06分08秒 | 旅行

10年ぶりに会えた娘と孫娘 それが うたごえの場だった
私の情熱を掛ける うたごえの活動に 最初に来てくれたことに感謝だった
かけがえの無い娘であり 眩しいくらいに成長した孫娘である

今度 築地を案内して じいちゃんは 何処も詳しいだろうから・・
私が出来ること こんなことなら喜んで案内するよと言って約束した
何回も行った築地 添乗員でも二度案内した築地である

昔なら 恋人と会うように 何か嬉しさも込み上げるものがある
そんな二人を案内するために ネットで調べたり 下見にも行った
馴染みの市場も 一緒に歩く姿を思い浮べながら歩いたものである



さて 昨日がその日になった
早々と家を出て 調べておいた月島区民センターの駐車場に車を入れた
待ち合わせ場所は 有楽町で会いましょう・・・

月島からは 歩くとかなりの距離があるが銀座方向に歩く
時間が有るので 小さな喫茶店に入って モーニングコーヒー
昔なら年中 あちこちの喫茶店に入ったが 久し振りのトースト サラダ ゆで卵

 

改札口で降りてくる二人を眼で探す
若い頃 こんなことがあったっけ 大勢降りてくる人の中を 探したものだ
おはよう 笑顔の二人に会った

ちょっと照れくさい ちょっと気恥ずかしい 娘も孫娘も若い女性である
歩きなれた日比谷から銀座の通りが いつもと違って見えるようだ
娘曰く 小さい頃 何度もここへ来たね

どこへ入るでも無く 良く歩かされたと言っていた
ソニービルのウインドーに その頃 パンダが飾られていた
あれが パンダだと 本物のように じいちゃんが言ったけれど物足りなかったと・・

銀座から上野まで5キロ以上の歩行者天国も有って 歩かせたものである
江戸川区から渋谷まで歩かせたり 陣場山では 10数キロのハイキングもさせた
いつも ジュース一杯くらいで レストランなどは入らない 生活が眼一杯だったのだ



孫娘も最近は 良くこの辺へ来ているそうだ
ファッションもあるけれど 就職活動が大変だったようである
大卒の就活も決して楽観でなく みんな10.20と企業を廻りまだ未定の方も居るそうだ

 

新装なった歌舞伎座  ここへ少し立ち寄り 地下の喫茶店に入る
続いて 5階の屋上庭園から 五右衛門階段を降りて 地上へ出る
あの正面の風格ある様式の建物の ちょうど真上を見学するものである

 

さて 築地 先ずは人で賑う場外市場を 細い路地を巡って歩く
娘は 威勢の良いお兄さんに捉まり まぐろを購入していた
時間を見ると 午前11時 ランチ目当ての方が多いから 早めに入ろうと促す

 

あらかじめ 5つの店くらい候補に上げていたが 娘達の目線を大切に探す
私には一寸 価格が高めの店で ここが良いと決めたようである
あの彦麻呂さんが絶賛した 海鮮ひつまぶしが 気に入ったようである

 

私も娘も海鮮丼 孫娘は その 海鮮ひつまぶしを注文した
板さんの説明で 三杯に分けて食べていた かきませ方などは板さんが面倒を見た
3人とも幸せそうな顔をして食べた もう私も大満足 支払いは娘だった(笑)

 

もう一度 場内市場を一通り歩き 再び 場外市場を巡った
満足した所で 車の置いてある月島まで歩かせる
途中 月島もんじゃ街を通って 雰囲気を味わう

 

結構 歩いたものだ 有楽町から歌舞伎座 築地市場の見学 そして築地へ
やはり 昔と変わらない じいちゃんの歩きを体験させているのである
私は行きも歩いているので ウォーキングにもなって ちょうど良い

そのあと 車で舞浜スパ ユーラシアへ移動した
こんなコースでどうか打診したら 楽しそうということで 了解を得た
若い女性も多いスパ 男性は少なかったが 女性はかなり居たらしい

2時間くらい居ようかと提案したら 本当は もっと時間を取るらしい
私も好きなサウナ 露天風呂をゆっくり楽しんだ
心地良い疲れを癒し 小さな幸せの中に居た



二人が出てきた なにやら 顔が輝いている
エステに入っちゃった すごく気持ちよかったよ 時間も足りないくらい
やっぱり女性 こういうのが 心を満たすのだろう

東浦和まで送って 帰りはナビに頼らず 目に付いた道を走ってみた
どこか分らない道でも どこかに表示が出てくるだろうと 気分良く遠回りした

今日は江戸川区の介護施設へ定例の音楽訪問
施設の中でも一番 心を集中して当たる 程度の重い方が目立つ
笑顔と元気と 小さな幸せを ここにも置いてくる

        最後までお読みくださいまして有難うございました 
               ブログランキングに参加しています  
         ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります     

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

 メントは 伝言コーナー  ここをクリックして ご遠慮なく
    のびたの
ホームページ ←

  
今日の誕生花 グロリオーサ
花言葉 栄光


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加