はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

猿の惑星 新世紀ライジング

2014-09-16 | こんな映画観たよ



先行上映で観ました。

前作から10年後の話。
森の奥で文明を築き進化を遂げた猿たち。
一方、自らが生み出したウィルスによって絶滅の危機に瀕した人類。
ゴールデンゲイトブリッジを挟んで、接触せず過ごしていたようだけど、人類が生き残るために必要な電気を再開させるため、森にある水力発電所に行ったことで猿とバッタリ出会って。
猿も子供だから初めて見る人間に吃驚だし、人間も恐れてるし。
で、一番ビビった彼が発砲して大騒ぎに発展。

猿たちはシーザーをリーダーとして、森の中で社会を築き穏やかに暮らしてたのにね。
いつも人間が関わるとロクなことがないですね〜。
自然を壊すのも、ウィルスが蔓延するのも人間が巻き起こしたことで。
銃を持つことも。すべてを変えた気がする。
前半はそんなことを考えさせられるような展開でした。

それでもシーザーは発電再開に協力し、これまで通り接触なき共存を願ってたんだけど。

どうせ電気が再開したら裏切るんだからやめときなよって思ってしまうんですが、今回は猿の中にも裏切る奴がいるんですね〜。
それがコバ。
彼の気持ちも分からなくもないけど、憎しみの塊みたいになって目先のことした見えてないって感じ。
私はてっきり予告で「ケダモノ!」と叫んでたドレイファスさんが事態を巻き起こすのかなと思ってたんですが、そんな悪い人風ではなかったけどな。
最終的に「ケダモノ」と叫ぶような人になるんだけど。

それより中盤からはシーザーよりコバが予想外に活躍して吃驚でした。
アホなフリしたり、悪知恵が働きますね〜。
彼が馬に跨り二丁拳銃で大暴れがツボにハマって大ウケしてしまいました。

マルコム家族とシーザーやオラウータンの触れ合いには胸打たれるものがあるんですが、
なにせコバの印象が強烈で・・・。

しかし良い方向に進めようと努力するのに、必ず邪魔する人が出て来て上手いこと行きませんね〜。

人間は追い詰められるし猿は分裂するし、さてどうなる?と思ったところでまさかのエンディング。
続編ありますよね?
あれで初回に繋がるのかを想像するのって、ちょっとモヤモヤ感あるし。
全然別物の話になるのかな?

考えさせられる前半に比べ、後半ちょっとウケてしまったんだけど(若干チープな感じなった気がしなくも)、長さも感じなず面白かったです

でも前作の方が好きだったかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞妓はレディ | トップ | るろうに剣心 伝説の最期編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2014-09-19 12:34:37
結局は、猿から仕掛けた戦争なのですが…
武器を持って猿を滅ぼそうとしていた人間側にも責任があるワケで…

既に第3弾の製作も決まり、
旧シリーズの1作目にどう繋げていくのか、楽しみです♪
BROOKさんへ、 (はるみん)
2014-09-20 16:36:29
進化して知恵がつくと純粋でなくなってしまうんですかね〜。
シーザーみたいに信じることを忘れない奴もいるんですが。
複雑化してる今の社会みたい。
きっかけは小さいもでも、進みだすと止められないんですね。
こうやって戦争って始まるのかなと思いました。
やっぱり初回のラストのようになるのかな?
3部が観れるのはいつなんでしょうね。
Unknown (mig)
2014-09-21 20:24:14
こんばんは。
前作を地上波でちらっとみなおしてたら、コバって前作にもいたんですね 笑
それすら忘れてみたのもあるけど前作の方がはるかに面白かったです。
あまりにニンゲンじみちゃって戦うシーン多いしつまんなくて、、、
migさんへ、 (はるみん)
2014-09-22 00:12:43
私も地上波チラ見してました。
私もあらためて前作の方が好きかなって思ってしまいました。
シーザーの悲しみとか絆とか。
今回は猿の姿になってるだけで、人間社会の話みたいでしたね。
考えされられはしましたけど。
3部がどうなるのか、、期待ですね。(^^)v

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『猿の惑星:新世記』 (こねたみっくす)
猿が主役になっちゃった。 人類目線で描いてきたシリーズの流れからいうと、これは本筋からちょっと寄り道したようにも思える前日譚。なんせストーリーテラーからEDクレジット順ま ...
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 (日々“是”精進! ver.F)
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスな...
猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ....
猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、 「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が...
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿た...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
『猿の惑星/新世紀(ライジング)』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
前作『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』から10年、人類は猿インフルエンザの影響で絶滅の危機に瀕し、免疫を持つ一部の人々だけが細々と生き延びており、一方で蜂起した猿たちは、シーザーの指導の下で一大コミューンを築き上げていた。新たなエネルギー源を求めてダム...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、大変面白かった。
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(...
『猿の惑星・新世紀(ライジング)』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「猿の惑星」って、むか〜し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (とりあえず、コメントです)
2011年製作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編です。 前作で知性に目覚めたシーザーがその後どのように暮らし始めたのか気になってチャレンジしてみました。 戦争へ向かおうとする機運が動き始める中、何とか戦争を回避しようとするシーザーの 必死の戦いに胸を打たれ...
【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング) (R.U.K.A.R.I.R.I)
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティ...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する (はらやんの映画徒然草)
前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心
猿の惑星 新世紀 (ライジング) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
猿の惑星のリブート作で2011年に公開され好評だった 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編で、監督は 『クローバー・フィールド』のマット・リーヴスに バトンタッチされたSF映画『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』が公開、3Dで観るか2Dのアトモスで 観るか迷いました...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (銀幕大帝α)
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (いやいやえん)
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行く...