はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

舞妓はレディ

2014-09-12 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

 舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。

めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う〜んだったかな〜。
ミュージカル仕立てで楽しめるんだけど。
なんかいまいち気持ちが盛り上がらなくて。

萌音ちゃんはとっても良かったのにな。
仕込み時代のういういしさも、艶やかな舞妓姿も可愛かった。
でも何で最後に舞妓姿でダンスなんやろって感じで。
萌音ちゃんは歌もダンスもすごいんだけどね。

なんかいろいろ詰め込んで軽くなってるような気がしました。

男衆の竹中直人さんに芸妓の渡辺えり子さんが、似合わないのに何で?と思ってたら、
最後のあの映画のシーンのためなのかな。
なんか狙い過ぎやんね。

富司純子さんはさすがにお綺麗でした。
娘時代を大原櫻子ちゃんがやってたんだけど、お着物姿の櫻子ちゃん可愛いですね〜
出番が少しだけなのが残念。

華やかだし、いちお楽しめたかなって思います。

9月13日(土)より公開です。


ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イン・ザ・ヒーロー | トップ | 猿の惑星 新世紀ライジング »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-09-21 09:37:11
私も今一乗れなかったです。
いい悪いの二択だと「いい」なんですけど。
スローボールで三振取られたみたいな感じの悶々がどこかに残っちゃった感じです。
ふじき78さんへ、 (はるみん)
2014-09-22 00:01:12
>いい悪いの二択だと「いい」なんですけど。

そうなんです、全体通して良かったんですが、ところどころに乗りきれない部分があって、なんか高揚感がもうひとつ感じられなかったというか。

スローボールで三振には笑えましたww
こんばんは (はらやん)
2014-09-22 20:52:03
はるみんさん、こんばんは!

ミュージカルシーンはちょっと狙いすぎましたかねー。
花街の話を説明する時にセリフにすると、説明調過ぎになるのを避けるためらしいですけれどね。
大原櫻子さん、出番ちょっとでもったいなかったですね。
でも少しの出番ながら、やっぱり歌がうまいなーと思って観てました。
はらやんさんへ、 (はるみん)
2014-09-23 21:44:17
こんばんは〜。

たしかに、説明ばかりだと楽しくないですもんね。
皆に分かりやすく、楽しくとなると歌でが良かったのかもですね。
以前に読んだ岩崎峰子さんの「祇園の教訓」にすごく感動して、そのイメージが強く残ってるので(古過ぎるのかもしれませんが(^^;)、ちょっと付いて行けませんでした(^^;
shall we danceも切り離して欲しかったかも。

これからの大原櫻子ちゃんに期待です!
Unknown (Ageha)
2014-09-25 10:58:23
なる〜、大原櫻子ちゃんだったのですか。
どっかでみたことあるとおもったら・・(おい)

う〜んあとでアップしますけど
どうにもモヤっと感が残りました。
shall we danceが大好きだっただけに
そこでそれだけのためのキャスティングだったとしたら
あんまりかな〜という・・。
んで、それをしたいがための「お化け」というイベントだったとしてたらなんだかな〜という・・・(´・ω・`)
Agehaさんへ、 (はるみん)
2014-10-02 16:27:32
櫻子ちゃん、始まる前にチラシで見て出てること知ってテンション上がりました。
歌も上手いし可愛いですよね。舞妓ちゃんも似合ってました。
あんだけの場面なんてもったいない。

shall we ダンスは好きな映画なんですけどね。
舞妓はは面白かったんだけど、もうひとつ乗れずでした(^^;
ミュージカルだからって過去を引きずらず、別にすればいいのにな〜と思ってしまいました(^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『舞妓はレディ』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 周防正行 出演: 上白石萌音 、長谷川博己 、富司純子 、田畑智子 、草刈民代 、渡辺えり 、竹中直人 、高嶋政宏 、濱田岳 、中村久美 試写会場: 東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 舞妓がひとりしかいなくなってしまった京都の小さな花...
舞妓はレディ (とりあえず、コメントです)
周防正行監督が一人の舞妓の成長を描いたエンターテイメント作品です。 楽しそうな予告編を見て、これは楽しそうだなあと気になっていました。 ところどころミュージカルシーンも登場して、予想以上にワクワクする物語でした(^^)
「舞妓はレディ」ダジャレです…(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[舞妓はレディ] ブログ村キーワード 周防正行 監督 最新作 「舞妓はレディ」(東宝)。全編是、京都がテンコ盛りの映画でございます。 京都“下八軒”。現役の舞妓が1人しかいないという悩みを抱える、この小さな花街のお茶屋“万寿楽(ばんすらく)”に、或る日1人の少...
『舞妓はレディ』は『マイ・フェア・レディ』と全然違う! (映画のブログ)
 オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えているが)。  粗野で下品な花売り娘を、立派なレディに仕...
映画『舞妓はレディ』観てきた (よくばりアンテナ)
全然観るつもりはなかったのですが、2〜3日前にTVで 宣伝のために出ていた主役の上白石萌音さんが歌を披露していて 興味がわいたので観ることに。 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。春子...
[映画まとめ語り『舞妓』『剣心(最期)』『ガーディアンズ・オブ・・・』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『舞妓はレディ』        周防正行監督は、見れば面白いが、あんまし好きな監督ではない。  今作も面白く、なんか素材はいいけど垢抜けない女の子が舞妓になる物語を、絶妙の主人公キャスティングで撮ったと思う。  ただ、これは、『Shall we ダンス...
舞妓はレディ (映画好きパパの鑑賞日記)
 周防正行監督の明るくウエルメイドな作風が戻ってきました。ミュージカル仕立てで往年の名作「マイ・フェア・レディ」を現在の京都に換骨奪胎しています。舞妓とか正直興味が無かったのだけど、そんな僕でも十分楽しめました。  作品情報 2014年日本映画 監督:周防...
『舞妓はレディ』 (こねたみっくす)
おおきに、すみまへん、おたのもうします。 周防正行監督が20年前から温め続けてきた企画を、約800人のオーディションを勝ち抜いた新人・上白石萌音さんを主演に作り上げたこの和風 ...
舞妓はレディ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。主演は、半年...
映画 舞子はレディ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    京都の舞妓と芸妓の世界を描いた映画でしたが    ミュージカルぽさが、今一つでした。    やはり和服にダンスは、合いません。    和服ならダンスでなく...
舞妓はレディ  監督/周防 正行 (西京極 紫の館)
【出演】  上白石 萌音  長谷川 博己  富司 純子  田畑 智子 【ストーリー】 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者....
『舞妓はレディ』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡■鑑賞日 9月14日(日)■劇場...
『舞妓はレディ』をトーホーシネマズ渋谷6で観て、あの歌は何なのかふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】   違和感を感じてしまったのは、 劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。 多分、それは呼吸を意識 ...
「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします (はらやんの映画徒然草)
劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、
映画:舞妓はレディ オールスターキャストで飾る、周防ワールド・エンタテイメント! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。 ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。 なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。 一方で近作は「それでもボクはやってない」 とてもヘビ....
舞妓はレディ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オードリーの「マイ・フェア・レディ」は社交界デビューを目指していて、こちらは舞妓デビューを目指している。さらに京都の文化をクローズアップしている点が根本的に違う点だし、それがこちらの長所にもなっている。日本文化のすばらしさを体験できる。主演の上白石萌音...
ミュージカルにしなくたって・・・゜・(ノД`)・゜・〜「舞妓はレディ」〜 (ペパーミントの魔術師)
映画.comより引用しました。もしダメなら削除いたしますので ご報告ください。m(_ _)m 花街版「マイ・フェア・レディ」 ド田舎から出てきた女の子が強烈なお国訛りを克服して 舞妓デビューするまでの1年をおっかけた物語。 しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで...
映画「舞妓はレディ」 (FREE TIME)
映画「舞妓はレディ」を鑑賞しました。
舞子はレディ (Break Time)
今週も、終わろうとしています・・・
舞妓はレディ (銀幕大帝α)
2014年 日本 135分 コメディ/ミュージカル 劇場公開(2014/09/13) 監督: 周防正行 脚本: 周防正行 振付: パパイヤ鈴木 出演: 上白石萌音:西郷春子 長谷川博己:京野法嗣 富司純子:小島千春 田畑智子:百春 草刈民代:里春 渡辺えり:豆春 竹中直人:富....
舞妓はレディ (いやいやえん)
【概略】 舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。 ドラマ・ミュージカル 舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。 失礼ながら田舎娘にしか...