すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

偏った視点でブログを目利きする「必殺選び人」待望論

2005-04-18 21:54:42 | メディア論
 自分好みのおもしろいブログが読みたい。どこにどんなブログがあり、それはいったいどういうふうにおもしろいのか? そんな的確なブログ情報を効率よくゲットしたい。そう考えている人は多いんじゃないだろうか?

 もちろん現状でも、その種のセレクター型ブログはある。大きく分けると2種類だ。ひとつは人気(アクセス)ランキングのたぐい。もうひとつは「なるべく客観的な目で選びました」というスタンスのお店である。

 前者についていえば、ランキングが必ずしも「おもしろさ」を保証してくれるモンじゃないのはご存知の通りだ。また後者のように客観性を装うセレクトのしかたでは、選んだものが無色透明になってしまう。

 そうじゃなくて、もっと「極めて個人的な好み」が剥き出しになったセレクターがたくさん出てこないかなあ、と思う。とてもパーソナルで、細分化された嗜好にもとづくチョイスをする芸のある仕分け役がほしい。

 すこし前に「ブログ時評」さんが、「ブログの自律的な情報組織化が欲しい」というエントリーを提示されていた。そこでの議論ですっぽり抜け落ちているのが、この「選び手自身の個性」なのである。

 ちなみに「ブログ時評」さんはその続編で、「ウェブログ図書館」さんを辛目に採点していた。でも私はあそこ、健闘してるほうだと思うな。だって大変だよぉ、あの電子司書の作業って。

 もっとも私はその「大変な作業」を、「もっと個性的にやれ」ってな無理をいってるわけではあるが。

 たとえば本を買うときのことを考えてみよう。みなさんはどんな選び方をしているだろうか? 特に小説なんかは、たぶん好みの作家で選ぶパターンが多いはずだ。

「この作家は私の趣味に合う」

「この作家なら、私がおもしろいと思う作品を書く傾向にある」

 作家の名前がいい意味でのブランドになり、モノを選別するための尺度になっている。

 私自身、まるっきりこのパターンだ。思えば昔読んでいた作家の傾向は、10代から20代にかけてハマった筒井康隆の影響をモロに受けていた。筒井氏がエッセイなんかで「この作家の○○って本はおもしろい」と書けば、かたっぱしから買い漁ったものだ。するってえとあなた、ものの見事にそれは「おもしろい」のである。

 つまり私が感じるツボと、筒井氏のツボはとても近いわけだ。だから筒井氏の選球眼に身をゆだね、巷にあふれる本をある程度、効率よく絞り込むことができた。

 ブログにもこの理屈は当てはまるはずだ。

「客観的・中立的見地から選びました」じゃなく、「オレがおもしろいと思うものを独断と偏見で選んだ。なんか文句あっか?」的な、いい意味でのゴーマン・セレクター。もしそのセレクターと私のツボが似ていれば、きっとブログ選びがかなり効率的になるだろう。

 もちろんできることならネット上に林立するすべてのブログに目を通し、自分の目で見て決めたい。だがいかんせん、そんなことは物理的に無理だ。

 だからこそ「このブログにはこういう種類のおもしろさがあるよ」と、思い入れたっぷりに自分の好みをゴリ押しする「必殺選び人」がほしいのである。

 で、もしこのテのセレクター型ブログが一般化すると、何が起こるか? たとえば同じように「メディア論」というカテゴリーでおすすめブログを選んでいるのに、セレクターAと、セレクターBはまるでちがうブログを店先にならべてる、てな状況が生まれる。

 これって情報のあり方が「専門店型」なインターネットに、とても合っている。

 もうひとついえば「客観的に選びました」な切り口だと、まんべんなく無難なものがならんでしまうはずだ。

 ほりえもんさんが作ろうとしてるらしい新聞にチャチャを入れたエントリーで書いた通り、ある一定数の分母になる人たちが読んだとき、「みんなが同じようにおもしろい」と思う最大公約数的なブログが選ばれるだろう。

 これってなんだか平凡でつまらないなあ、と私は思う。

 また客観的な選び方に頼ってしまうと、選び手になるセレクターの数もそう多くはならないだろう。似たようなものを選ぶサイトがたくさんあっても意味がないからだ。

 一方、Aさんが「おれの目で選んだぞ」てなふるいのかけ方をすれば、Aさん好みの「偏った」リストができあがる。この偏りにこそ、おもしろみがあるわけだ。かつ、このスタンスだと、セレクターの数はけっこうな数になるんじゃないかな。

 いろんなものがあちこちに散らばっていて、そのひとつひとつがキラキラ光ってる。これってとても「ネット的」だ。

 もっともそうなるとセレクターの数が多くなりすぎて、今度は「どのセレクターの目が確かか?」をセレクトするブログが続々と登場したりして。なんだか永久運動だな、こりゃ。おあとがよろしいようで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガ島通信@藤代氏が毎日新聞に書... | トップ | プロが「ブログのためだけ」に取... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (magokoro)
2005-04-19 08:00:22
はじめまして。

magokoro(一隅を照らす旅。)です。

TBありがとうございました。



ブログ拝見しました。



今後ともよろしくお願いします。

はじめまして (テサラック)
2005-04-19 13:07:37
はじめまして。TBありがとうございます。

牘糞弃親悪瓩海修ネットのパワーの源かもしれませんね。一箇所に体裁よくまとまってしまうと、既存メディアに似た硬直化したモノになってしまうような気がします。

ブログの更新楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。
初めまして、突然申し訳ありません。 (週刊!ブログランキング管理人)
2005-04-19 14:54:36
初めまして、突然申し訳ありません。



この度、「週刊!ブログランキング」を開設致しました。

貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いサイトだと感じました。

是非、当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?

http://kutsulog.net/

初期の登録運営者様はライバルも少なく、ランキング上位サイトとして後々の訪問者数が期待できる事と思います。

当サイトも登録をお願いするだけのランキングサイトではなく、SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行っております。

(ping受信に対応しておりますので設定して頂ければ投稿記事タイトルに反映されます)



宜しくお願い致します。
おススメ屋 (kochikika)
2005-04-19 23:29:57
アレですね、冒険小説を薦めまくっていた昔の内藤陳みたいなやつですかね。
選び人は多数欲しい (dando)
2005-04-20 02:45:07
 色々とトラックバックをいただいています。



>そこでの議論ですっぽり抜け落ちているのが、この「選び手自身の個性」なのである



 いや、個性的なコレクションを出来る限り多数欲しいというのが、私の意図なのです。まだ、集めてくれるブログが少なすぎですが、個人ニュースサイトの全盛期には横から批評してくれるサイトも現れて、ネット上の自己組織化の力はなかなかのものと見ていました。
リンクにつきまして (magokoro)
2005-04-20 21:23:49
こんばんは。

magokoroと申します。

ブログや連載記事、拝見させて頂きました。

なるほどと膝を打つところも数多く、

大変参考になりました。



PS 私のブログの「関連リンク」に登録させていただきましたが、よろしいでしょうか?

お、 (たっぴ)
2005-04-20 22:52:36
人気ブログランキングに参加されたんですね。



氏のおっしゃる通り単なる人気取りになってしまっても面白くないし、ブログのプログラムを駆使してアクセスランキングを獲得しても意味がないと僕も思います。



まぁ、僕はどうやればランキングのトップ層のようになれるのかわらないのですが・・・。



僕のブログの中身もまだまだクオリティ低いし、日々勉強です。



あ、ちなみに僕は一応ランキングに参加していますが、どちらかというとその成果は2の次と考えています。



より多くの購読者がふえればいいなぁ〜っていう感じです。



望、活字でのブログ時評 (秘密組合員)
2005-04-20 22:55:49
いつもTBありがとうございます。



ブログの「本の雑誌」みたいなのをどこかの出版社で出してくれると、一日中パソコンの前に居られない身としてはありがたいのですが。
いらっしゃいませ♪ (松岡美樹@管理人)
2005-04-21 02:04:06
>magokoroさん



>PS 私のブログの「関連リンク」に登録させていただきましたが、よろしいでしょうか?



あっ、ありがとうございます。

よろしいもなにもありません(^^;

今後ともよろしくお願いします。



>テサラックさん



初めまして。



永久運動がネットのエネル源、ですか。

なるほど。「新聞は個客へのアプローチを」ということと、

底流でつながっている感じがしますね。



またよろしくお願いします。



>kochikikaさん



あ、そうか内藤陳ですね。ふむふむ。



とにかく私と同じ好みの人が、精力的に「自分のおもしろいと思うブログ」を

紹介してくれないかなあ、と不精なことを考えてる今日このごろです。



貴ブログ、拝読しました。

(一同、ウェーッハッハッハ!)のところで、かなりツボりました(笑)



今後ともよろしくお願いします。



>dandoさん



初めまして。

トラバでいつもお世話になっております。



私、トラバ打ちすぎですね(^^;

すみません。まだブログ始めたばかりで、

最近やっと「トラバとは何か?」を考えるようになりました。失礼しました。



>いや、個性的なコレクションを出来る限り

>多数欲しいというのが、私の意図なのです。



なるほど了解です。私の読みが浅かったです。

おっしゃる通り、個人ニュースサイト全盛期のように

今後、ブログも自己組織化の作用が自然に働いてくるのでしょうね。

私もそれに期待しております。



今後ともよろしくお願いします。



>たっぴさん



>人気ブログランキングに参加されたんですね。



いやあ、なんか一応みんな参加することになってるみたいなので(笑)



てか、まじめな話をすると、

「アクセスランキング」と「人気投票」ってちがいますよね。厳密には。

私は自分のブログを「おもしろい」と

思ってくれた人がどれくらいいるのか知りたくて、ちょっと参加してみました。



なので「お願いだから押してください」なんて言うつもりはないです。

つきあいで順位だけ上がっても意味ないですし、

それだと正確な結果(評価)が出ないですから。

まあこのへんは人それぞれ考え方があっていいと思いますが。



もっともウチのブログは

書いてる対象がハチャメチャにあちこちの分野へ飛んでますから、

ランキングではポイントが分散して上に行くことはないでしょう(自爆)



またよろしくです。



>秘密組合員さん



「本の雑誌」、なつかしいですね。20代の頃はけっこうハマって読んでました。



ところで私の書いた「ヘンに目的をもつと踏み外してしまう普通の人たち」についてですが…。



秘密組合員さんは西行に結び付けておられて、なるほどでした。

煽り気味に書いたので心配でしたが、正確に意図が伝わってよかったです。



私としては老子のイメージでしたが、

秘密組合員さんがお書きになっているエントリーを読む限り、

西行でも意味は同じですね。

示唆をいただいた感じがしました。



今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました。 (magokoro)
2005-04-21 07:40:57
松岡さん、おはようございます。

magokoroです。



リンクの件、ありがとうございました。



よろしければ、相互リンクさせて頂きたいのですが、

いかがでしょうか?



ご勘案お願い申し上げます。m(_ _)m

たしかに (たっぴ)
2005-04-21 08:25:05
「おもしろい」と思ってくれた人がどれくらいいるのか知りたくて、ちょっと参加してみました。



なので「お願いだから押してください」なんて言うつもりはないです。



これ、同感です。



僕も今後そのような言い回しにかえてみま〜す。





よろずもめごと論 (はいじゃんぷ)
2005-04-21 12:35:47
「偏った視点でブログ選び」いいアイディアですね。



でも自分の行動を振り返ってみたら、気に入った書き手のブログを中心に20ほどブックマークしてあって、そこで紹介された他のブログの記事を見に行くというのが日課になっています。

これって「偏った視点でブログ選び」が既に実現しているということでは??

タイトルの付け方を間違えました (よろずもめごと論)
2005-04-21 12:37:38
↑でタイトルの付け方を間違えました。自分のブログのタイトルではなくて、コメントのタイトルを入力しなければいけなかったんですね〜
いらはい♪ <最近忙しくて更新できてませんが…(^^; (松岡美樹@管理人)
2005-04-23 07:35:32
>magokoroさん



あ、このブログ、いまのところ相互リンクって考えたことがなかったですので、

すみませんがひとまず保留にさせてください。恐縮です。



>たっぴさん



了解です。で、自分がそのスタンスでやってると、

ほかのブログはおつきあいで押してもらってるとこもけっこうあるでしょうから

必然的に自分の順位は気にならなくなります(大嘘)

正確に言うと、順位よりも押してくれた人の数のほうに目が行きます(笑)



>はいじゃんぷさん



いや、ちがうんですよ。それ、私もやってますけど、

そこで実感するのは「これじゃあキリがないな」ってことなんです。

ブログはそれこそ星の数ほどありますから。

かつ、それだと自分が能動的に行動する必要がありますよね?

(「探す」という行為をエンエンと続ける必要がある)



私が言ってるのはそうではなくて、

自分はぜんぜん何もせずにボーッとしてても

自分と好みがまるっきり同じ人が、

偏った視点で「これおもしろいよリスト」を提示してくれれば、

手間が省けるね、って不精な話なんです(笑)
リンクさせて頂きました (あざらしサラダ)
2005-04-24 20:55:06
初めまして。



TBして頂いた記事は非常に新鮮な視点です。

以前に大西さんが述べていた「ノウブログ」に近いかも知れません。

この記事に刺激を受けてブログのリンク方法をイメチェンしました。(笑)
「あざらしサラダ」さん、初めまして (松岡美樹@管理人)
2005-04-24 21:25:24
あっ、「あざらしサラダ」さん、初めまして。



ご挨拶もせずトラバ打ってしまい恐縮です。

貴ブログ、

いつも感心しながら&楽しんで拝読しております。

貴ブログの空気に絡みたくなり、

つい無理気味なトラバの打ち方をしてしまい…(^^; すみません。



>この記事に刺激を受けてブログのリンク方法をイメチェンしました。(笑)



あらっ。「楽しみにしています」コーナーに

ウチのブログをのせてくださったのですね。

光栄です。



あざらしサラダさんのところは私の興味とカブるところが多いので、

ブログ探しの参考になります。



今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
PJのチカラ?[3] (一隅を照らす旅。)
いったい、いつまで続くのか。 論理破綻と妄想の産物である PJニュースはもういい。 なぜここまで支離滅裂なのか。 タイトルが盲論だから、免責になるというスタンスか。
ところでこの業務日誌ブログってどれだけのアクセスがあるの? (ウェブログ図書館 業務日誌)
 ところで私は、自分がここで公開したエントリーをいくつか自薦して …ジサク(・∀・)ジセーン…ウェブログ図書館に登録しているわけですが、...
ランキングと視聴率 (5号館のつぶやき)
 ガ島さんのエントリー「ランキングの信頼性に疑問」に突っ込んでみます。  理屈はなんとなくしか理解できなかったのですが、ともかくウェブランキングに不正が可能であると言うことはわかりました。  そうなると、ホリエモンの言う「記事の価値なんて読者によるラ
参加型ジャーナリズムの主役は… (テサラックのあいだ)
「ネットは新聞を殺すのか」の12日のエントリー「ネットジャーナリズムと参加型ジャーナリズム」に遅ればせながらのTBエントリーです。 実は最近、市民参加型の「市民」って誰のことだろう、「市民参加」ってそもそも何だろう、という疑問が解けずにもどかしい思いをし.
参加型エンタメの時代 (FIFTH EDITION)
エンターテイナーが人々を「楽しませる」時代は終った。 これからは、人々がネットを通じて「楽しむ」時代だ。 今日、僕がいいたいのはこれに尽きます。 既存のエンタメはTVや匁、小説を通して、人々を「楽しませる」事で 利益をあげてきました。しかし、それは間もなく.
新番組「ブログタイプ」 (Things I Said Today)
ほりえもんも気にしていたフジテレビの新番組「ブログタイプ」。 ネットとテレビの融合を目指して、ブログをドラマ化するという内容。 「リチャードホール」の続きで第1回を見てしまった。 これってほとんど同局の「ココリコミラクルタイプ」と同じだね。 livedoor Blog
ニュースのブログ化における『壁』 (札幌から  ニュースの現場で考えること)
愛読しているブログ猫手企画@新聞屋さんのエントリ「カナロコTB&コメント解禁:猫手企画が1gets!」によると、猫手さんが神奈川新聞に初トラックバックを行ったそうです。おめでとうございます〜。 その神奈川新聞が、毎日新聞に登場。「地方紙とネット 「カナロコ」
おまいは人生幸朗かよっ!? (Dazed Days Bootleg)
恐ろしく古いネタでスマヌが、オレはツービートの漫才が大好きであった。 世間的にはほとんどビートたけししか注目されていなかったが、ピン状態のたけしがそれほどおもしろくないことに気づいたオレは、以降密かにきよしに注目するようになった。 きよしの役割ってのは、笑.
好みの文章 (幸か不幸か専業主婦)
文章書きたがるくせに、表現力が乏しい私は書きながらよく迷います。 「この部分、平凡だけど、もっと気の利いた言いまわしはないものか。うーんうーん」としばし考え込みます。 にもかかわらず、結局何も浮かばないまま無理やりひねり出した言葉を打って画面に反映させ
ブログのつながり (大学教員の日常・非日常)
フラフラとリンクやトラックバックを辿っていって「このブログ面白いなぁ」と思ったときに、そこで馴染みのあるハンドル名を見つけることってありませんか? 「お、あの人もこのブログ見てるのか〜」なんて意味なく嬉しくなったりしたことないですか? 波長が合うと言い.
ソーシャルブックマークとウェブログ図書館 (ウェブログ図書館 業務日誌)
 総務省の官僚自身がブログで情報発信することを促す先日の記事に対して・・・ 2005/6/29 “ご自分たちでお始めなさいな”(館長)...