すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

ブログを公開するには「あきらめ」が必要だ

2008-02-07 10:14:52 | へっぽこ文章講座
■アウトプットするには2つの難関がある

 ブログ記事を書いて投稿するまでには、2つの大きな難関がある。

 1つはネタを考えつくまでの産みの苦しみ。もう1つは「もっとよくなるんじゃないか?」と思いながら書きあがった記事を、思い切って公開する踏ん切りだ。

 前者については、ネタが思いつかなければ誰かの記事に反応することから始めてみるといい。創造物にインスパイアされ、他人の思考(記事)への感想から書き始めるのだ。すると自分にしかない発想って、案外、あとから湧いてくる。

 だが問題は後者である。

■完全主義者タイプは読ませるのをためらう

 世の中には2種類の人間がいる。

 完全主義者と、そうでない人だ。

 何か行動するに際してあまり構えない人は、気軽に何でもやってみることができる。トライ・アンド・エラーで、走りながら考えることが可能だ。だからサクッと記事を投稿するのもわけはない。

 だが走る前にあらゆる要素を熟慮してからでないと、スタートできない人もいる。完全主義な人である。

「半分くらい書いたが、なんかイマイチだな」

 そう考え、また冒頭の導入部に戻っていじり始める。

「ひと通り書き終えたが、このネタはもっと面白くなるはずだ」

 いったいどこが悪いのか? 何度も推敲しては各部分を修正する。あげく、現段階の原稿が果たしてベストなのか、だんだんわけがわからなくなってくる。

「とりあえず原稿を保存しておき、寝かせてから明日また読んでみよう」

 こうして書きかけの原稿ばかりがたまっていく。

 そうこうしているうちにタイミングを逃し、せっかくタイムリーだったネタが腐ってしまう。

■「公開してから完成させる」というブログ時代の新発想

 紙の媒体とくらべ、消費のサイクルが速いブログ記事は、内容もさることながらスピードが命だ。「書き直せばもっとよくなるはずだ」と思っても、思い切ってアウトプットしてしまう勇気も大切である。

 完全主義者はとかく、「非の打ち所のない最高のものを作ってみんなを驚かせよう」なんて考えるもの。

「パーフェクトなパッケージを作り、完成したらあとは見てもらうだけだ」

 だがその発想はブログには合わない。

 記事をいったんオープンにしても、あとから書き直すなんていくらでもできる。逆に読んだ人から感想をもらい、それに触発されて新しい何かを書き足すのだってOKだ。読み手とのコラボレーションって、いかにもブログらしい。

「完成されたパッケージを作る」というのは、そもそも紙の媒体しかなかった時代の発想だ。

 適当なところで見切ることも、ときには必要なのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田信夫さんはOpenIDでOKな... | トップ | ネット上で公共性はありえるか? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (Z会スタッフ:寺西)
2008-02-17 23:37:49
はじめまして。友人に紹介されてこちらに来ました。

ブログは完成形でなくて公開して良い~本当に同感ですね。
僕も以前、似たような論調で書いたことありましたので、トラックバックさせていただきました。


完璧を求めるとCGMの良さが普及しませんよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ブログの記事を書きつづけることがしんどい人へ。 (こんなブログ読んでる場合じゃないだろ。)
ブログの記事を書きつづけることがしんどい人へ送る「ひとまず」公開の原理。
後から修正主義 (雑多なブログ)
ブログを公開するには「あきらめ」が必要だ  紙の媒体とくらべ、消費のサイクルが速いブログ記事は、内容もさることながらスピードが命だ。「書き直せばもっとよくなるはずだ」と...
ブログも論文もナマモノだ (INSIGHT)
ブログというものは、思い立ったときに勢いで書いてしまわないと公開の時機を逸する。 記事をいったんオープンにしても、あとから書き直すなんていくらでもできる。逆に読んだ人から感想をもらい、それに触発されて新しい何かを書き足すのだってOKだ。読み手とのコラボレ...
ブログに過度な理論武装を求めるな。 (教育・受験に携わる社員として~「和顔愛語 先意承問」)
今日のコネタ: 12月13日は、先日引退を表明したロッテマリーンズ:黒木知宏選手の誕生日。 1973年生まれなので、今年34歳ですね。 全盛時の投球には迫力も威力もあった「ジョニー」。解説者としての第二の人生を心から応援します! 黒木選手を応援したい人は、僕のブ...
先日機転がきかなかったもので・・・ (備忘録)
「機を見るに敏」ってところが足りないよね:DESIGN IT! w/LOVE最初