ロクマルでいこう、60でGo!

" AS SLOW AS POSSIBLE AND AS FIRST AS NECESSARY "

4x4オフローダーから観るFJクルーザーの評価

2017年03月08日 | FJ CRUISER

 2014年を最後にアメリカ市場から消えたToyota FJ Cruiser。以下の記事は2010年型のFJクルーザーを4年間に渡ってオンロード、オフロード共に使用活用し最終的にFJクルーザーを手放すに至った著者による記述である。タイトルが “なぜ、FJクルーザーが継続しなかったのか、その20の理由”という元FJクルーザーオーナー自身の視点と経験からのオピニオンである。FJクルーザーの場合は特に御先祖様であるFJ40の後継車と思わせる風貌ゆえにFJ40との比較、そしてフラッグシップとして君臨しているランドクルーザーとの差別化などが問われる対象となる。時が過ぎてからの評価ではあるがFJクルーザーに対する期待と現実を直視する事はオフロードビークルを愛する者達のこれから先の道標となると思っている。

 

以下はOFFRODERS.COMのサイトより引用。

 

 

20 Reasons

 Why Toyota Discontinued the FJ Cruiser

Jan 8, 2017. by Thomas Sawyer.

 OFFRODERS.COM

Ask 100 non-FJ owners what they think of the FJ Cruiser and you can bet there will be more “Love it” or “Hate it” than answers of indifference.  Why? Probably because the FJ is so unique.  But narrow your survey group down to FJ owners and previous FJ owners and you’ll get a different kind opinion, one of first hand experience.

That would be me, a previous owner and an avid offroad enthusiast.  Right up to this past winter, I drove a 2010 FJ Cruiser for just over 4 years.  I had plenty of time to become acquainted with my FJ, both on and off-road.  What began as enthusiastic love affair for the FJ evolved into disappointments and dislikes for the vehicle.  Within a year and a half of buying the FJ brand new off the lot, I began logging the mounting complaints that I had with the vehicle.

Now I know a lot of FJ owners absolutely love their FJ.  I’m not writing this to bash Toyota or the FJ just because I have some kind of hatred towards the company or the vehicle.  It’s actually quite the opposite.  The FJ would be the second 4 wheel drive Toyota vehicle I’ve owned and both were very well built, reliable and durable vehicles.  I wanted the FJ to live up to my expectation and the corporate hype and maybe I set the bar too high.  But I’ll let you be the judge of that.

So let me tell you what I did not like in no particular order and why I ultimately sold it.  If you disagree, I invite you to counterpoint anything I had an issue with.

 

1、独立懸架のサスペンション構造は車高を高くしてオフロードを走りたい人には足かせとなる。

IFS limited articulation Here’s the classic on-road and offroad arguments over Independent Front Suspension (IFS) vs. a Solid Front Axle.  I’ve owned both and I can say first hand that when it comes to offroad, the straight axle suspensions offer greater strength and far greater articulation than Independent Front Suspensions.  The problem as I see it is the geometry of the front suspension and steering is not lift friendly.  Combine the IFS front end with a 4 link rear axle with LOTs of suspension travel and you have a recipe for articulation disaster, i.e. a roll over.  A friend of mine rolled his FJ due to minimal suspension travel in the front end.  All that engine weight up front over a limited traveling front suspension and it will get tipsy over very uneven terrain.

My on-the-road opinion of the IFS is that if you have any plans to lift the vehicle, expect handling challenges.  I lifted my FJ a total of 2 inches and had serious handling issues as the castor reduced with the lifted control arms. I swapped the upper control arm adding more castor and it got a lot better.  But for the remainder of the time I drove it’s handling on road was never good.  It wandered and darted when I hit bumps in the road.  If you know anything about bump-steer, lifted IFS is bump-steer times 2.  Driving the FJ for anything longer than a short drive was downright fatiguing.  I always had to be aware of the FJ changing directions and actually got good at predicting it.

The problem with Mixing Independent up front with a Solid Axle in the rear is the challenge to balance front to rear.  Spring rate differs from front to rear affecting traction and stability.  IFS can not be lifted through increased spring rate or spring height without creating a condition where any articulation such as a bump in the road changes the toe-in toe-out. This can cause wandering and steering vagueness.

 

2、四駆にしてはフロントコントロールアームのボールジョイントが弱い。

Weak Ball Joint in the Front Upper Control Arms  – After 15k, the ball joints in my upper control arms (UCA) were shot.  I didn’t even know they were so badly worn out until I replaced the Upper Control Arms with aftermarket UCA’s that corrected the castor that was knocked out of spec due to the 2 inch lift.  The ball joints were so badly worn out that there was considerable play in the shaft of the upper ball joint, and easily wobbled with my fingers.  I had been running 33″ tires that measured 32.5 inch when new for about a year and a half.  That’s about 1/2 inch taller than the stock tires it came with.  15 thousand miles on the FJ and the upper ball joints are dangerously shot.

 

3、少し大きなタイヤを履かせるとタイヤにボディマウントが干渉する。

Body Mount Sticks Out into the Wheel Well – Anyone who has or had an FJ and wanted to put taller tires on it, probably ran into the body mount issue.  Put simply, Toyota designed the FJ frame with a body mount that protruded into the front wheel well by several inches.  If you want to put tires that are only one inch taller and slightly wider than stock on the FJ, there is a good chance your new tires will rub the body mount.  There are many writeups online explaining how to do the Body Mount Chop.

 After the 2″ lift I installed 33×12.5 x17 Mickey Thompson Baja MTZ Mud Terrain Tires and  Pro Comp Series 7028 Wheels for adequate backspacing.  My tires rubbed the body mount when I was turning and hitting a small bump.  Like pulling off the street into a parking lot.  This in turn triggered traction control to kick in and beep and do something with the brakes.  My stock tires were one inch shorter and a little narrower.  Seriously, didn’t Toyota expect people to put taller tires on the FJ Cruiser?  Then why did they put this body mount in the wheel well?  It didn’t have to be designed that way.  I don’ t know.  I chopped 3 months into ownership.

 

 4、アクセルの踏み込みと車体の動きにズレがある。

Delayed Throttle Response – It’s pretty well known that just about everything in vehicles built these days is computer controlled.  So it’s no surprise that the gas pedal in the FJ doesn’t directly control the throttle but rather sends a throttle position signal to the computer.  That’s fine.  All newer vehicles do that.  But when I step on the gas, I expect it to go.  Not think about it, then go.  There is a noticeable delay between stepping on the gas and computer supplying gas to the engine.  So much so that I have been sitting at an intersection ready to make a left turn in front of traffic, I press down hard on the gas pedal to cut left at a break in oncoming traffic, realize it’s too late to go, let OFF the gas… and the vehicle never moved.  I’d say the delay is between a half second and three quarters of a second.  That’s a long time when you want it to GO!  I hated it.  It’s so apparent that someone made a module that plugs into the gas pedal harness and modified the signal, or compresses it, to get the FJ to start moving sooner.  Whatever, I had to get used to it.

 

5、よって機敏なアクセルコントロールが出来ない。

Poor Throttle Control –  As if the delayed throttle response wasn’t enough, the computer controls the amount of gas being supplied to the engine, not based on throttle position, but all kinds of other unknown things.  People get used to gas pedal positions to determine how much power the engine will put out.    All my other vehicles have always been predictable.  Not the FJ!  No, the FJ think it knows how much power I need regardless of what I want.  The same throttle position did not produce the same amount of power from one time to next.   So I end up pressing the pedal down further and further as the FJ lets up on the gas though my foot hasn’t moved!  By that time it’s already shifted into a higher gear and now the engine is bogging down.  Extremely annoying.  I’d have to drive it aggressively and shift my automatic manually to feel like I had any control over the thing.  Simply put the throttle was unpredictable.  I never got used to throttle response in 4 years.  I must say I did like the engine itself.  It had plenty of horsepower at higher RPMs but unfortunately I couldn’t enjoy it thanks to the computer control.

 

6、走り出すと直ぐに高いギアに変わってしまう。(オートマ、Dドライブ)

Shifts into Higher Gears Too Soon – This may have been a byproduct of the poor throttle response and control but the transmission seemed to want to shift into a higher gear way too soon.  The RPM’s would drop and the engine would bog down.  When I knew it was coming I may get harder on the gas to prevent it from up shifting.  But then when it would go into a higher gear anyway.  Then to make it worse it would start to reduce the throttle on its own in the higher gear.  I’d have to press the gas pedal down further to keep accelerating.  But by that time it had already shifted into a higher gear.  To force it to down-shift by increased throttle alone would require a lot of pedal movement, which then resulted in excessive throttle and WAY too much acceleration.  Something I’d even redline the RPMs without intending to do so!  At times the transmission would even up shift when I was applying throttle which definitely felt wrong.  At that moment it should have either held the current gear if the RPM was not too high or it should downshift if the RPM was too low.  Again, I’d have to apply too much throttle to get it to downshift.  Which leads to the next complaint…

 

7、上り坂などでもう少し低いギアが必要な時、選択がない。(オートマ)

Did Not Downshift When a Lower Gear was Obviously Needed – Who designed this power band and and shift points?  So I’m going up a hill.  The RPMs are coming down, I’m loosing speed.  I give it a little more gas.  I’m still loosing speed.  What I need is a lower gear.  Computer doesn’t think so.  If I apply what seems like too much gas, then it will finally downshift.  But it’s working too hard to get it to downshift.  So instead of suffering, I got pretty good at manually downshifting and up-shifting my automatic manually.   The way the automatic was shifting seemed to me to be hard on the engine and transmission.  It was not working with the power band of the engine and it certainly didn’t do what I’d want it to do.

 

8、エンジンブレーキのコントロールが利かない。(オートマ)

Engine Braking – Engine braking is nice to control speed.  Let off the gas and the vehicle slows down.  But the FJ seemed to engine brake too much.  Knowing gas mileage was not great, sometimes I would want to feather the throttle just enough to keep moving.  I always felt that I had to apply too much throttle so the engine wouldn’t be slowing down my momentum at highway speeds.  I think this played right into the reduced fuel economy.

 

9、ORAC システムが足かせになる。

Overactive TRAction Control (TRAC) system KILLS Forward Movement – I can understand the concept of limiting the throttle to control a wildly spinning rear wheel.  But I am clueless as to why the FJ would limit the throttle so much that I can’t even dig down to some traction with that spinning tire and the vehicle seems nearly disabled!  Here is a perfect example of this over-active TRAC system.  Ironically, it was January and I’m making the final drive to a dealership to trade the FJ in.  I’m at a left turn light.  Ever so slight up hill.  Left tires are on snow and slush in the left gutter.  Right tires are on dry pavement.  Light turns green and I hit the throttle.  Left rear tire starts to spin and immediately the computer kills the throttle.  To a painful craw.  I’m barely moving and I’m swearing at the damn thing to GO!  I start looking down to find the damn button to disable the TRAC but I got to watch the driver in the Honda Accord behind me who is looking to the right as he considers passing on the right to go around me.  I creep through about 10 feet of snow until I hit blacktop with that wheel and finally go.  By that time the short cycled light was turning yellow.  As I passed the police officer at the intersection on my left, I could swear he was shaking his head like he was thinking “You LOOK offroad capable with the mud tires and steel front winch equipped bumper, but WTF was that??”.  Now think about that same computer controlled throttle offroad.  Yeah, not good at all.  I know A-Trac is disabled in 4-low but my throttle was still limited for some reason.  Especially in the snow and mud.  More than several times while offroad I really thought there was something seriously wrong with the FJ.

 

10、思った以上に燃費が悪い。

Poor Performance, Did I have a lemon?  – I sold the FJ with about 24,000 miles on it.  It was one year past the 3 year power train warranty.  At 24k miles most of the time it felt like it was performing poorly.   At high RPM it felt strong and fast.  At lower RPM power was weak.  Gas mileage was horrible.  If I got 13 MPG, I was doing well that day.  Most of the time I was getting about 12.5 MPG or less.  If I rode with the rear window open, which i did once on a nice day on the back roads, I smelled a horrible rotten egg smell when I applied moderate throttle.  I had a ScanGauge II hooked up, which I bought when the FJ was very new to monitor gas mileage knowing it was not good on gas for some reason.  The ScanGauge II also monitors error codes, which there was none.

 

11、よって、長距離では必要給油の回数が増える。

Poor Range – On top of the poor fuel economy, it had a 19 gallon tank.  Do the math.  at 12.5 MPG (or less) and a 19 gallon tank, I’d be running out of gas at 237 miles.  The light comes on when there is about 2-3 gallons of fuel left in the tank.  Two gallons at 12.5 MPG means I better find fuel within 25 miles.  On the turnpike or in the PA mountains, that could be at little as 20 miles.  More than once I felt that panic that I might not make it to the gas station unless it’s at the bottom of this mountain.  I considered about a 220 miles the range per tank.  That’s really pathetic.  When I towed my 1978 Jeep CJ across the state with my Ford F-150, I got about that in MPG.

 

12、OAPC  のブレーキシステムがうっとうしい。

Over-Active Panic Braking – The FJ has something called Panic Braking.  Panic Braking is apparently amplified braking of the wheels in what is detected as emergency stopping.  On many occasions this panic braking kicked in at bad times.  Like when I was coming up to a stop light where the road is worn out and buckled from all the heavy traffic at the light.  Over these little bumps the FJ somehow thought I was in an emergency braking situation and applied a ridiculous amount of braking when I was barely hitting the brakes.  This resulted in me seemingly SLAMMING on the brakes at the light, which I’m sure cars behind me really appreciated.  So I let off the brakes to try to end the harsh braking.  But I’m coming up to a light so I have to brake. Tap them again and it’s STILL ACTIVE!  I’m slamming the brakes again!  Panic braking won’t let up once it kicks in until you come to a complete stop. Let me tell you it’s a freaky feeling when lightly pressing the brake pedal SLAMS ON the brakes.   I would most definitely rather not have panic braking at all than deal with that.

 

13、快適性に欠ける。

Poor Comfort – Toyota could have done much better with the comfort of the seats.  Comfort of the front seats was terrible especially on longer drives.  Flat, non-ergonomic, and no lumbar support.  Worst of all there is some kind of metal lever under the foam right at the tailbone that mechanically causes the headrest to raise when pressed in.   What??  WHY???  I wanted to know what that metal square plate was at my lower back.  When I folded the front seat forward, pulled out the cross-pin that stitched up the lower cloth of the seat, and looked under with a flashlight I could believe it when I saw it.  What’s that all about?  Safety feature for rear impacts?  Well it hurts my lower back.  With the seat opened up, I add more padding to both my seat and the lower back area.  It helped a little but not much.  The rear seats were not much better.

 

14、乗り降りがしづらい。

Awkward to climb into – Speaking of comfort, I never could figure out how to get in comfortably.  I ended up using my elbow on the seat in an awkward way to lift myself and slide in.  The handle on the front pillar wasn’t in a good spot to leverage myself in.  Not sure what to suggest in that department.

 

15、助手席のダッシュボードの下の出っ張りが邪魔、無意味なデザイン。

Nice Big Rib for Passenger to Bang their Knees –  I saw this immediately when I was looking at FJ’s considering a purchase.  On the passenger side in front of the passengers knees, there is a big, decorative rib running across the dash panel.  It serves absolutely no purpose other than looks.  But to a 5′ 9″ passenger, it’s hitting the knees unless you put the rear seat way back and hope the person in the back doesn’t complain too much.  I never understood the reason for that bulging rib.  

If you look at any other vehicle, the passenger compartment leg area slopes away from your knees and legs to give you leg room.  Imagine getting onto an accident and smashing your knees against that big bulging rib.  Perhaps the Toyota engineers are considerably shorter than their average American customer.

 

16、視界が悪い。

Horrible Visibility – Where to begin.  How about backing up.  Good thing they added a rear facing camera to the rear view mirror or I wouldn’t be able to back up without a spotter… even in a parking lot.  Looking forward, the side view mirrors are HUGE and I can’t see over them!  This creates a BIG blind spot especially considering the width of the roof pillars.  How did I deal with that?  I used spacers under the front seat and longer bolts to jack up the front of the seat and raise my visibility so I could just see over them.  Passengers in the rear seat have to deal with tunnel vision thanks to little, non-functional, tinted windows in the half doors.  My kids often complained that they felt sick in the FJ because they couldn’t see anything.  No way to deal with that other than stashing barf bags in the back just in case.

 

 17、開窓時、室内の空気の循環が悪い。

Horrible air flow in the vehicle – When the windows are down I get erratically slammed in the side of the head with wind.  Forget windows down at highway speeds.  That’s a recipe for left ear damage.  This happens when one or both windows are down.  The only way to deal with it is to only put them down a little.  So most of the time I rode around with the windows up.  With all vehicles I’ve ever owned the way to deal with bad air flow in the front window was to lower the back window a little.  Oh, but the rear half door windows in the FJ don’t go down.  That would have been a nice touch.

 

 18、110Vの室内電源プラグがなぜカーゴスペースに付いているのだろうか?

Power Inverter Way in the Back – Who’s genius idea was it to put the power inverter plug way in the back??  When will I need 110 voltage?  Probably to charge my electronic devices on a long trip like my phone or to run the kids DVD player.  But 110v is way in the back under my cargo.  In fact when I built my rear cargo tool box, I had to make an access door through it to get to the 110v outlet.   Well, that’s what household extension cords are for, running 110v power over my cargo, past the kids and up to the front where I need it.

 

19、センターコンソールに収納スペースが無い。

No stock center console storage – What SUV or 4×4 doesn’t come with a center console?  Good thing the aftermarket came through on that one.

 

20、アフターマーケットパーツが充実していない。(していなかった。)

Lack of aftermarket forethought – Any company that has even the smallest understanding of the offroad community should know that people are going to modify the vehicle.  They’re going to lift it, put taller tires on it, aftermarket bumpers, auxiliary lighting,  you name it.  Just open up any off-road catalog and you’ll see enough tempting goodies to spend a year’s salary on.  I think Toyota really dropped the ball when it came to forethought about what the FJ Cruiser could have been.  Way back in 2006, the FJ was being billed as the resurrection of the FJ40 of the 1970’s, which really was an awesome offroad vehicle.   Aside from the explosive Birfield Joints in the front axles, the FJ40 was some serious competition to the Jeep of that era.  Today, the only similarity the FJ Cruiser has to the FJ-40 is the look of the grill and the white roof.  Other than that, it’s basically an SUV on a Tacoma chassis.  If Toyota seriously wanted to compete in the offroad enthusiast market they should have done their research, returned to the roots of the FJ-40 and made an FJ Cruiser that had the potential to compete with the Jeep JK.

 

 結果、FJクルーザーのオフロードでの使用には限界がある。本格的なトヨタのオフロード車が欲しいとする人々の期待には応える事が出来なかった。結果、トヨタはFJクルーザーを本格的なオフロード車としては位置付けてはいなかったのではないか。

Offroad Limitations – These are some other general limitations offroad that I wasn’t happy about.

  • No factory front locker option.  That would have been nice.
  • Wide front fenders.  The original FJ-40 had fenders much like the Jeep.  More than once I was in a tight spot and either narrowly avoided fender damage or sustained fender damage.  I understand they need the room to put all of the components in the engine bay.
  • No ability to unlock front swaybar.  No factory option and I couldn’t think of a way to do it easily.  The suspension sure could have used a disconnect.
  • Bump when letting off the brakes.  Did you ever feel that?  What is that?  The suspension unbinding?  Ok hat has nothing to do with offroad but still weird.
  • Can’t install tires 1″ taller and a little wider without a tall lift and cutting the body mount.  That alone tells me that Toyota did not think about the offroad market who would most definitely want to do that.

 

 結果としてネガティブな感情が先走ってマイナス要素を箇条書きにした様にも見える。FJクルーザーは発売当初の販売力はその後落胆してしまい販売ラインから消えてしまった事から著者はなぜそうなったのかの理由を探ろうとしている。そこには勿論FJクルーザーの持つ車としての性能とFJが生まれて終了するまでの時代的な背景も影響している。FJに乗ると確かに視界は悪いが自身が守られている感覚がある。そしてそれはラングラーでも感じる事から今の時代の4x4の特質なのだと思う。時代の安全基準や規格に沿って価格を抑えて登場したFJクルーザーだが最終的にアメリカでの売れ行きが落ちた理由はジープラングラーの存在だと思っている。そして僕自身の見解だが、FJクルーザーは機能でラングラーに負けたのではなくて本当は販売努力で負けたのだと思う。発売当初の情熱が途中で蒸発してしまったのだ。そういった意味でFJクルーザーに対しては残念な感情が支配している。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロクマルメインテナンス

2017年02月26日 | ロクマル日記

 3ヶ月置きにボンネットを開けエンジンオイルを交換し、消耗品を点検する。日常で使用しているランドクルーザーのボディの下では様々な現象が密かに起こっておりその起こっている現象を直視する事がランクルオーナーに求められる責任なのである。ランドクルーザーは道具であり機械である。その機械を維持する為には現実を直視し行動を起こす必要があるのだが、それはヒヤヒヤ、ドキドキする事なのである。

 

オイルチェンジの作業を見守り立ち会う。

基本的なメインテナンスであるオイル交換の手順、その他各所の水や溶液の確認。

そして、ベルトの具合など多少ボンネットの下の事を知って置く事が大切だ。

2アイ(目)よりも4アイ、多角に目を配る事によってトラブルを未然に防ぐ事が出来る。

 

タイヤの磨耗が均等ではないのには何か原因があります。

タイヤのバランス、アライメント、ベアリングの遊び。

今回はバランスを再確認する作業を行いました。

 

錆びによって劣化しほぼ千切れかかっていたテールマフラー。

今回は安全の為に取り除きました。

 

マフラーを止めていたクリップも切り落とす事にしました。

近い将来マフラーを購入し装着する予定です。

 

ボディの下をマフラーから出る熱から守るヒートリフレクターの劣化と錆。

2,3度ゆするとバラバラ、ドサッ、と落ちて来ました。

この部品は無くてもいいだろうという事で処分の方向。

ボディの下に張り付いて30年間頑張っていました。

 

中には厚い石綿が防熱の為に挟まれていました。

メカニックが、目に見えない所まで気を配って造られている、と感心していました。

 

ボディの下、タイヤハウスの周りには沢山の錆による侵食を受けています。

メインテナンスというと錆との係わり合いが多いのがロクマルです。

こういったメインテナンスを通じてクルマと人との絆がより強くなります。

 

ランドクルーザーを構成しているのは鉄で出来ている各部品。

鉄は生き物。即ちランクルは生き物。

もちろん、寿命もあるでしょう。

だからこそ、限り有るロクマルライフスタイルを楽しんでいきたいと思っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランドクルーザーはエクスペデッションビークル

2017年02月20日 | OVERLAND VEHICLE

 

“If you own a Land Rover you go overlanding.

If you drive a Land Cruiser you take it on expeditions.

Me? I just drive a Chevy. My family goes camping.”

 

You Don’t Need to Be Rich to Overland - What It Takes to Be an Overlander 

FORWHEELER NETWORK より、

 

もし、あなたがランドローバーの所有者ならオーバーランディングに出かけられるね。

もし、あなたがランドクルーザーに乗っているのでしたら遠征(冒険)旅行に出かけられます。

私が何に乗っているのかって? 

シボレーです、だから私はファミリーキャンプに行けます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一本のショベルはオーバーランダーの必需品

2017年02月19日 | OVERLANDERS

 

 Overland Journal 2016 Winter ではSHOVELS(ショベル)の特集が組まれていた。アメリカなどの英語圏ではショベルあるいはシャベルという表現を使うが日本人ならばスコップでもイメージは伝わる。今回はショベルという名詞に固定してしておく事にする。ショベルには大きさや用途、持ち手の形や軸、 POINT TOP, SQUARE などの先端の刃(さじ)の形の異いや素材など幾つかの種類があり、それぞれのシャベルの特徴を説明している。Overland Journal で取り上げられたショベルは全て金属製の刃の物でありポイントトップやスクエア共に蹴り込みが有る物のみである。一部分解式のショベルも有る。使用性を比較した結果使い易さの共通点があった。それは持ち手が野球のホームベース型の物が一番使いやすいという結果である。そしてコスト(値段)であるが、あまり高価な物($300)を持つ必要はなく、$50程のそこそこの値段で丈夫な物が良い評価を得ている。

 一本の丈夫なショベルはランドクルーザーに乗るならば必需品である。ショベルは四駆乗りにとって最も大切な装備道具の一つである。そして、ただショベルを持参しているだけでなく、ショベルを正しく使用する事も大事な事なのである。ショベルを使用する時には安全性を考えてサンダルはNGである。スニーカーかブーツだがショベルの刃を蹴り込む事を考慮すると靴のラバーがある程度硬い物の方が良い。また手には必ずグローブをはめる事とアイプロテクションを付ける事を奨励している。

 ショベルの使用においては姿勢も大切だ。腰を曲げないで股関節を曲げて足腰を使い腰に負担を掛けない事は腰痛防止として多く言われている事であるが、使用中に意識しないとついつい腰に負担を掛けてしまう。特に急いでいる時は注意である。また、持ち手と軸を掴む時は両手の小指に力を入れる事を意識する事。人指し指と親指に力を入れると手は緊張し疲れ易い。ショベルワークの必要性は雪が降った時の除雪などの身近な作業ではあるが意識して取り組むと奥が深いものなのである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランクル雪掃除ガイダンス

2017年02月14日 | ロクマル日記

 吹雪が過ぎ去って空の天候が落ち着きを取り戻し気温もやや上昇するあまり早くはない休日の午前中、路肩に停めているランドクルーザーに積もった雪を除去し、再び何時でも走れる状態にする。ランクルの雪下ろしは冬の季節は何時も行っている事で特別な事ではない。更に僕にとってはランクルの雪下ろしは苦痛的な作業ではなく手入れの延長の様な感覚を感じる。こうやって毎年ランクルの上に雪が蓄積しそれを払い落とす作業はランクルに愛情を注ぐ機会で楽しみを感じる事が出来る。

 

 今回はせっかくの良い機会なので、僕が行っているランドクルーザー60の雪落し掃除のやり方を紹介したいと思います。なぜ、そんなどうーでもよさそうな積もった雪を掃除するという行為を紹介するのかというと周りの人々を観て、雪掃除は苦痛な事だ。とにかく動かせればいいじゃんとしか思っていない人々の行為を省みながら、車の雪掃除には〝道”に繋がる極める世界がある。そして、この世界には〝型”がありそれを整理したら車の雪掃除も人生の修行の一つのようでマスターする事によって充実感や満足感を感じる事が出来ると自分自身が感じたからである。

 

ランクルの雪降ろしには特殊な道具は不要です。

 

スコップと柄の長いブラシワイパーで充分です。

これに時々プラスチックヘラとかホウキを加えます。

 

それでは順を追って説明します。

 

1、車体に堆積した雪は、まず車体の上部(ルーフ)から落として行きます。

 

 周りを観ると、車のフロントウインドウから雪を落とし始める人が意外と多いです。

 

Q: なぜ、上部の雪は落とさなくてはいけないのか?

落とさなくても走って風で吹き飛ばすか、走りながら落とす事も出来るのでは?

 

A:屋根に雪が残ると車内の温度で少し溶解します。

しかし、この少し溶解した雪はやがて氷の塊となって屋根に留まります。

それが走行中に吹きとびます。

そしてそれは、ブレーキングの時にフロントガラスとボンネットに落下します。

2回程怖い経験をしました。

 

 屋根に残った雪は凶器になると知っておいて下さい。

 

2、屋根の雪を落としたら、次はフロント(ボンネットの前部)です。

ボンネットのフロント半分の雪を前に滑り落とします。

 

3、フロントウインドウ周辺を左右半分ずつ横から落としてゆきます。

まだワイパーには手を掛けません。

 

4、両サイドの窓に付いた雪を落としてゆきます。

 

5、サイドの窓の雪を落とす過程で運転席のドアを開けます。

まず、5センチ程ドアを開けて直ぐにドアを閉めます。

次に15センチ程開けて強くドアを閉めます。

ドアの周辺の雪を振動で落とします。

 

運転席に入り込みます。

靴に付いた雪は足を入れる前に左右の靴を戦わせて可能な限り雪を落とします。

6、エンジンを掛けます。

送風レバーをDEF に入れて強い風を巡回させます。

 

7、エンジンを掛けて車を暖めながら細部の掃除に取り掛かります。

 

 ワイパーは氷付いている事が多いので温まるまで無理に動かしてはいけません。

 

窓の下部に付着した雪はボディの内側に流れ込み氷付いたり、

長い目で見ると錆びの原因になるので可能な限り落とします。

 

8、フロントウインドウ、ワイパーを掃除します。

 

 ワイパーの根元辺りに雪氷が残ると固まってワイパーの動きを阻害します。

 

ワイパーは持ち上げて軽く落とします。

これを2回程繰り返して落下した雪と氷の破片をなるべく掃除します。

 

次は下回りです。

 

...ランクルはこれくらいの雪なら問題なく脱出出来ます。

 

9、スコップを活用してタイヤ周辺の雪を掃除します。

ホィールの雪も落とします。

 

寒い日々が続くとホィール周辺が雪に触れたままとなってしまいます。

フロントリムには手動デフロックとカバー、リアリムにはドラムブレーキのカバーがあり、

 

 長く雪に接触させる事は錆の誘発に繋がります。

 

タイヤ周りの雪を清掃したらランクルに乗り込みます。

 

そして、ギアを入れて...

 

10、車体を前後に50cm~1m程2回ずつ振るように前後させます。

 

こうする事によってタイヤでクリアランスを確保し、

何時でも発進可能なスタンバイ状態となります。

 

 以上が降雪時に僕が普段はあまり意識する事無く行っているランドクルーザー60の雪降ろし手順です。この手順はレクサスLX450(ハチマル)も同じです。ポイントは安全にランクルを使う為の降雪後の作業です。ランクルFJ60の場合は特に屋根が広く平たいので雪降ろしには時間が掛かったりしますが、それは労働ではなくて頭をなでなでする愛情行為と同じです。雪を払った後の粋なランクルの姿にいちいち心をトキメかされるのが雪国のランクルとの生活です。車の雪掃除の参考になれば幸いです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ハッピーバレンタインディ

2017年02月13日 | 日記

何時の何処の国の物かは知らないが(おそらく英国)ランドローバーよりハッピーバレンタインディ!

 ランドクルーザー及びオフロードを愛する皆様。そして、縁有ってここを訪れた方々。愛車や自然を愛すると同時に皆さんの家族を大切にして下さい。アメリカでのバレンタインディは妻や恋人は勿論、母親やおばあちゃん、そして姉妹。全ての家族の女性に花などのプレゼントを贈ります。時代はバレンタインは赤いハートという形状を当てはめて、それをLOVEや愛としていますが、もう少し踏み込んだ理解はマザーテレサが言い残した言葉が分りやすいです。彼女は言いました。“愛”という言葉の対義語は "憎しみ″ ではありません、それは ″無関心”です。

 

Happy Valentine's Day !

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のランクルにはスコップを携帯せよ

2017年02月11日 | ロクマル日記

 冬のランドクルーザーの運転には必ずスコップを携帯する。プラスチック製の雪かき専用のスコップも時々携帯するが常に備えているのは金属製のものだ。一日の気温差が激しいと日中は雪や氷が溶け出すが日が沈むと硬い氷となって張り付く。その硬い氷の塊を砕くには金属製のスコップが必要なのです。装備とか準備とかを事前に行う事は起こる可能性のある出来事を想定する事になります。事態を想定するとその事態は起こりにくくなります。それは災害は忘れた時にやってくる。その感覚です。ですからスコップを一つ携帯する事は冬の雪道でのお守りを持参しているという事です。

 

 昨年の秋に冬に備えて携帯するスコップをオレンジ色に塗りました。これは正解です。白い雪の中では特に目立ちます。吹雪の中でも目に留まりやすいと思います。他人には何か特別なスコップを持っている様に見えるようですがその辺の現場で使われているものです。

 

 スコップは雪道の必需品。

スコップはランドクルーザーの一部。

 

冬のお出かけには一本のスコップ(お守り)を忘れないように。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪嵐(スノーストーム)の中での悪戦苦闘

2017年02月09日 | OVERLANDERS

 今週は再びニューイングランド地方のボストンに滞在していました。当地の人々は今年の冬は例年に比べて雪も少なく気温もそれ程寒くはない有り難い冬だと口々に言っていました。また、先週の日曜日のスーパーボールで地元のパトリオットチームが劇的な逆転で優勝を飾った事もあり、ボストンの街の人々は明るいスポットライトで照らされた照明の中にいるんじゃないかと感じたのは、太陽が沈んで辺りが闇に包まれた中で照明に照らされたバーの中の活気からであった。極寒のニューイングランド地方の冬はこのまま穏やかに過ぎ去るのであるかと思われた...。

 

 ボストン滞在中に我らの横を通り過ぎたコネチカットナンバーのランドクルーザーFJ62。

 

嵐の前の静けさを感じる夜。

 滞在最後の夜。明日は朝から雪だとウェザーチャンネルは伝えている。明日ニューヨークに向けて出発だっていう時に雪嵐(スノーストーム)が来ているから明日は外出を控えろ、車は運転するな、学校は全て休みになるぞ、...なんというタイミングなのだろうか、ニューヨークへの移動日に今年最大のスノーストームだとは。

 テレビのニュースでは雪の日の車の緊急対策が紹介されていた。窓に付いた雪や氷を落とすには財布の中にあるクレジットカードを使うといいとか、雪が降る前にサイドミラーにプラスチックのサンドイッチバックをかぶせる。とかである。

 

 出発の日の朝8時、既に吹雪は始まっていた。ボストンからニューヨークまでは約200マイル(320キロ)、本来ならば車で4時間程の距離なのだが、今日は平均速度30マイルでフリーウェイを走行。吹雪の為に視界30メートル、気温は氷点下。交通量はかなり少ない。フリーウェイでは途中に多くの車が立ち往生している。5分置きにハザードを点滅させながら助けを待っている車両を目撃する。

 

 巨大な18輪トレーラーといえど滑る。このトレーラーはスリップし進行方向に対して車体を180度転換してガードレールに張り付いている。その他にもジャックナイフというトレーラー事故を目撃した。スタックしている多くの車はFFの小型。中型車やミニバンが多かった。我々の目の前で一台のシルバーのトヨタ4ランナーが白煙の粉雪を舞い散らしながら路肩から脱出してきた。こんな厳しい吹雪の環境の中では普段は燃費が悪いと低評価な四駆がその機能で窮地から自力で這い出す事が出来るのだと改めて思った。

 

雪道のフリーウェイをストレスレスに走る為には、

先方の車両のテールランプの明かりが見える範囲で十分な距離を保ってくっ付いて走るのが良い。

視界が悪い吹雪の時は先方の車両の存在を失うと大変危険である。

 

轍は雪で白く消され先方が見えなくなると自分が何処を運転しているのかが分らなくなってしまう。

その結果、左右の路肩に深く入り込んでしまい車はコントロールを失いスタックしてしまう。

そうやって多くの車両がスタックするのだ。

 

...実は、

我々のフレイトライナーも脱線、脱路したのだ。

 

 運転していたドライバーが先方の車両を追走せず、独走状態。

 視界が極端に悪く、轍は新雪でおおわれ、

 自分が今何処を運転しているか分らなくなってしまった。

 

窓を開けろ!

(窓を開けると路肩の感覚がつかめ、車内にいるよりも20%程位置感覚がよくなる。)

 

SLOW DOWN!

 

焦っているドライバーを見て、

とまれーっ!

 

 ハザードを点灯させなら停車し落ち着いて周りを観ると、車道から20メートル程外れた路肩の土の上。この先には窪みがありそのまま進行していたら最悪の場合横転していただろう。危機一髪。さて、問題は8インチ程の新雪の上で車両がスタックしてしまいタイヤは空回り、前にも後ろにも動かない。3トンを超えるフレイトライナーは孤独な吹雪のフレーウェイの路肩で立ち往生となったのである。

 

 さーて、ここからいかに脱出(リカバリー)するのかである。

 スコップは無い、解雪の塩も無い。では何があるのか? 持ち合わせたある物を使ってのリカバリーとなった。車内には数枚のダンボールと2枚のブランケット(毛布)があった。英国では毛糸のチェーン等がある事を知っていたので毛布は駆動輪のトラクションを助けるはずだと思った。

 

 視界の利かない吹雪の中に飛び出して、ダンボールで車輪の周りの雪をかき車輪と地面の間に毛布を噛ませる。両タイヤ共にトラクションが掛からなければスリップし全く進む事はない。何度かのトライアンドエラーにより最初に1メートル程車体をバックさせる事が出来た。

 

IT'S WORKS!

(おっ、いけるぞ!)

 

毛布は雪道での必需品!

だったのだ。

 

 寒さに耐えながらも要領を掴む事が出来た。同じ事をダンボールでもやってみたが滑ってだめだった。一時間程格闘した結果本線まであと1メートルの所までリカバリーが進んだ。そして、そこに突如として現れたのがステートトルーパーのSUVに乗ったポリスオフィサーだった。オフィサーは我々が苦闘しているのを見て手にグローブをして押すのを手伝う様子で降りて来た。その時にドライバーがアクセルを強く踏んだ。後輪は横滑りをしながらも車体を前に押し出し車両は本車線に戻った。

 

GO-! GO-! GOー!

ここで止まったらまたスタック、走る車を追いかけてドアを開けて中に飛び込んだ。

 

脱出成功!

/ 

 車内の暖房を上げて冷え切った手を温めた。今日のこの経験は何だったのであろうか?大変ではあったが良い経験になった事は間違い無い。体に付いて凍結した雪が車内の熱で溶け出した。靴もジャケットもびしょびしょだ。ジャケットの中は汗で濡れている。車内ではまた音楽と会話が続いた。外ではまだ吹雪が続いている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Landcruiser build by SEEL OFF ROAD

2017年02月06日 | LANDCRUISER

 コロラド州の SLEE OFF ROAD によって製作された TOYOTA LANDCRUISER 79 にしか見えないピックアップ。SLEE OFF ROAD はトヨタランドクルーザーを中心としたオフロードアウトフィッターの販売で知られている。以前に遊び心でランクル80のストレッチリムジンなども手がけて実際にカリフォルニアのサンドディューなどを走破させたりしている。そのSLEE OFF ROAD が昨年手掛けたプロジェクトがこのランドクルーザーである。ランクル80のフレームを切って延長し、ランクル100の4.7L2UZ V8を乗せて、そこにランクル79のピックアップボディをどこぞから持ち込んで載せている。タイヤホィールなどはタコマの物を流用し内装も美しく仕上がっている。どう観ても中東かオーストラリアから運んできたランドクルーザー79にしか見えない。このようにして、アメリカでは販売されていない70系ピックアップに乗りたかったら乗ることが出来るよ、こういう手段があるよ、という見本なのである。

 トランプが外国から米国に入ってくる小型トラック(ピックアップ、ランクルも含)には25%の関税を掛けると言っている。今後アメリカにおいてはランクルの値段は更に高価になりランクルは今よりも希少な存在となる。既存のランドクルーザーを用いたランクル製作は今後追い風になるのかも知れない。

 

FOUR WHEELER   SLEE OFF ROAD

 

Slee Off Road Combines the Best Toyota Parts in One Land Cruiser

by: Harry Wagner Contributor

What makes something vintage? Does it have to be old or just look old? This is the question we asked when we saw Christo Slee’s 79 Series Toyota pickup.

The 70 Series was introduced in 1984, back when Jeep was building CJ-7s and Grand Wagoneers. Those definitely feel vintage compared to a modern JK or Grand Cherokee. The 70 Series was designed as a replacement for the FJ40, and they are still used as a workhorse around the world today by everyone from mining companies to the Taliban.

Slee now runs a successful Toyota off-road shop in Colorado, but he grew up in South Africa, where 70 Series trucks and wagons are as common as biltong and braais. He has made his living modifying 80 Series and 100 Series Land Cruiser wagons that are available stateside, but he still had a soft spot for the old utilitarian 70 Series pickups. So he imported a 79 Series Toyota cab and bed and combined it with an 80 Series chassis and a 100 Series engine to make the ultimate Land Cruiser.

70 Series Numbering
70-74: Short-wheelbase, two-door wagon
75: Long-wheelbase, two-door wagon
76: Four-door wagon
78: Troop carrier
79: Pickup

The engine bay is so clean you would swear that this is a factory-built vehicle, but in fact nothing in the engine bay is original. An ARB twin air compressor is mounted on the passenger-side firewall, and dual DieHard Platinum batteries flank the engine on the driver side. The master cylinder and brake booster from an 80 Series Land Cruiser bolted right in place.

 

The 4.7L 2UZ V-8 engine is from a 100 Series Land Cruiser. These engines were also used in 4Runners and Tundras, and owner Christo Slee has retrofited them into several 80 Series as well. Fitment is relatively easy, but the wiring can be a challenge since there is no commercially available harness similar to what is available for LS engines. This 2UZ makes 230 hp and 300 lb-ft of torque.

 

The dual batteries are isolated to ensure that there is always starting power, even when running accessories like a freezer fridge with the engine off. The DieHard Platinum batteries use Absorbed Glass Mat (AGM) and can be mounted in any orientation. This came in handy since the second battery had to be mounted on its side in order to clear the hood.

The huge factory canister-style air cleaner is a nice touch under the hood. It is a perfect example of the abuse that Toyota expected the 70 Series Land Cruisers to see around the world. Joe Risavi at Slee’s company, Slee Off Road, built the custom ducting to connect the air cleaner to the engine.

 

Custom details abound, like this stock-appearing engine plate. It refers to the truck as a UZJ89. Using Toyota naming conventions, UZ is the engine, J denotes a Land Cruiser, the 8 is for an 80 Series chassis, and the 9 designates a truck. Bakkie is slang for pickup in South Africa.

This factory-offered snorkel adds a utilitarian look to the Cruiser. Snorkels are for more than just water crossings. They are also useful in dusty environments because they pull air from higher off the ground and use pre-filter in the top of the snorkel.

 

The cab came with no interior, so Christo purchased new interior parts from Toyota. The 70 Series went through several interior revisions in the last 30 years, and this is the most current. Joe Risavi did an excellent job of integrating the shifter from the 100 Series Land Cruiser that donated the transmission and an 80 Series center console.

 

Since interior space is at a premium in a regular cab pickup, an Outback 4WD Interiors overhead console was imported from Australia. It has LED lighting and holds a Yaesu HAM radio where they are out of the way but easy to access.

 

A fullsize spare 255/85R16 Toyo Open Country M/T was placed upright in the bed to minimize the space that is taken up and keep the spare easy to reach. A 45-gallon fuel tank sits under the rear of the frame where the stock spare would normally reside.

 

The 79 Series is a far cry from the Tacomas that we have in the States. Instead of a plastic bed, the 79 has a steel bed that maximizes ground clearance and has generous tie-down points everywhere you might need them.

 

The tailgate on the Cruiser uses rugged latches and the taillights are mounted under the bed instead of in the corners, where they are less likely to be damaged. The rear bumper is a factory 79 Series piece that was modified to fit the 80 Series chassis.

The pizza cutter look is popular in South Africa, and Christo continued the theme here. The 255/85R16 Toyo Open Country M/Ts are 33 inches tall but only 9.8 inches wide. Mounted on stock Tacoma rims, they provide excellent ground clearance without protruding past the sheetmetal.

The front axle is an 80 Series unit that came from the factory with a high-pinion centersection and electronically selectable locker. It was rebuilt and fitted with 4.56 gears and Aisin manual locking hubs. The hubs required a part time conversion kit for the transfer case.

Slee Off Road has its own line of shocks that are valved specifically for heavy Land Cruisers. These 2 1/2-inch-diameter shocks bolt right in to the factory mounts and have reservoirs to ensure that they never fade with hard use.

Both 80 Series and 100 Series Land Cruisers use the 2FHA transfer case. This gear driven case uses an aluminum housing and an offset rear output, so a corresponding offset rear axle is necessary.

 

You can see where 13 inches were added to the frame to match the wheel base of the 80 Series chassis to the 79 Series body. Joe Risavi at Slee Off Road built custom control arms to match the four-link mounts on the axle to the lengthened frame. Another set of OME coils and Slee remote reservoir shocks are also found out back.

The rear axle was sourced from the same 80 Series Land Cruiser that donated the chassis and front axle. It is a factory full-floater with disc brakes, so the only addition necessary was 4.56 gears to account for the 33-inch-tall Toyo tires.

Tech Specs
2010 Toyota Land Cruiser 79 Series Pickup
Drivetrain
Engine: 4.7L 2UZ V-8
Transmission: A343F 4-speed automatic
Transfer Case: FJ80 offset case
Front Axle: Toyota 8-inch with high-pinion third member, 4.56 gears, and ARB Air Locker
Rear Axle: Toyota 9 1/2-inch with full floating hubs, 4.56 gears, and ARB Air Locker

Suspension
Springs & Such: Old Man Emu coils, Slee Off Road remote reservoir shocks (front and rear)
Tires & Wheels: 255/85R16 Toyo Open Country M/Ts on 16x7 factory Tacoma wheels
Steering: Factory 80 Series box with Slee Off Road HD tie rod and OME steering stabilizer
Other Stuff: 45-gallon fuel tank, dual DieHard Platinum batteries, ARB twin air compressor, custom mandrel-bent stainless exhaust, frame stretched 13 inches, Yaesu ham radio, Kenwood touchscreen stereo

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Landcruiser 70 in USA

2017年01月24日 | LANDCRUISER

 先週の夕方、白いランドクルーザー70と交差点ですれ違った。2ドア丸ライトの70系はショートホィールで右ハンドル。運転していたのは女性の方であった。アメリカに70系は本来輸入されていないので正式に登録(ナンバープレート付)されて公道を走っているものは製造されて他国で販売されてから25年以上の歳月が過ぎた中古車であろう。実は、このニューヨーク周辺でランドクルーザー70系を目撃したのは初めてではない。昨年の夏以降には2回目撃したが、いずれも丸ライトの中古車であった。

 中古の70系がアメリカ市場に入ってきている。それは今は地味な浸透である。しかし今後その数は確実に増加して行くに違いないと思っている。アメリカのトヨタオフロード誌である、4WDToyota Owner やToyota Trail をめくって観ればToyota四駆愛好者達の関心は依然として旧車のランドクルーザーとピックアップ、そしてFJクルーザーが中心である。そして今後ランドクルーザー愛好家達の感心はランドクルーザー200に行くのではなくてランドクルーザー70系に行く気配を感じている。アメリカの市場でランドクルーザー200の販売の足を引っ張っているのは製造されてから25年が過ぎて他国で酷使されたランドクルーザー70かも知れない。

 

Landcruiser BJ73

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加