哲☆あずき☆とん☆いぶき ドタバタ多頭飼い

哲・あずき・とん・いぶき。4頭のわんこ達との賑やかな日々を綴ります。

やや回復

2010年06月30日 | 
哲は、昨日からお薬を飲み始め、少しずつ落ち着いてきました。
下痢はまだ続いていますが、排泄したくなってきゅんきゅん鳴くことがなくなり、慌てて外に連れ出す必要はなくなりました。
まだ食欲はないようで、ほかの仔たちがご飯の時間に集まっていても哲だけは寝たまま知らん顔をしています。
今まで食べていたフードを嫌がり、別のフードにしたら少し食べてみたり、器を置いても食べずに私の手にのせて差し出すと食べてみたり・・・食べる量もいつもの4分の1程度だけです。





今日は哲とあずきのシャンプーの予定でしたが、哲は体調が悪いので延期していただき、あずきだけシャンプーに行ってきました。
心細そうな表情で出かけて行ったあずきですが、ひとりでもがんばってきたようで、家に帰ってきたらすぐ眠ってしまいました。
横でとんが添い寝しています。





そして今、リビングにそれぞれが自由に寝そべっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哲、また不調

2010年06月28日 | 
哲が土曜の夜からの嘔吐と下痢で、食欲もなくぐったりとしてしまいとても心配しました。

空腹時に哲が胃液を吐くということはよくあることなので、最初はいつものことと思い気にしていなかったのですが、吐く回数も一度に吐く量も多くさすがに心配になりました。
フードを食べないなどということは今まで一度もなかった哲が、フードを前にしても寝たままで起きようともしません。

日曜の朝にかけて、嘔吐は6回、水のような下痢2回。食欲全くなし。家の中や散歩時に異物を食べた心当たり特になし。

日曜の朝、動物病院が開くのを待って、診察していただきました。
異物を食べた可能性も皆無ではないので、解毒のために下痢、嘔吐している場合それを止めるお薬は使わない方がよいということで、胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーが処方されました。
哲は、先生の診察を受けて安心したのか、試しにと出されたおやつをぺろっと食べて帰宅し、その後少量のフードを私の手から食べました。

診察を受けたあとは、下痢が1回、午後に朝食べたフードの嘔吐を1回。
嘔吐はその1回だけでした。
嘔吐が続いている間は玄関近くの廊下で辛そうに横になっていた哲が、次第に楽になってきたのかリビングで寝始めました。
夕方には食欲も戻ってきたようで、みんなと一緒に出てくるようになりました。
ただし、自分で器から食べようとはせず、私が手に載せて出すのを待っています。

ん~?これは、やはり精神的なものなのか~?
先日の尿漏れに続き、消化器症状まで出るとは、いぶきが来て相当の我慢をしているのかも・・・
この際、とことん甘えさせてやろうと思います。

このブログを書いている途中にも、ピーピー鼻を鳴らしたので散歩に連れ出すと、今日2回目の下痢でした。

なんとかひどい症状は落ち着いてきたようなので、とりあえず一安心です。



土曜日からあまり寝ていなかった哲、今日はよく寝ています。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

とんの挑戦

2010年06月25日 | とん
いつもは別々の場所で寝ることが多いのですが、珍しくいぶきを真ん中にして哲とあずき3頭がソファーに並んでお昼寝していました。





とんは、ソファーは使わないので、いつもの定位置です。





とんちゃん、今日は夕方の散歩時、2歳ぐらいの柴の男の子と7歳のスムース・フォックス・テリアの女の子の2頭に挨拶することができました。
いつもは、とんがもし噛みついたら…と心配なので挨拶はさせずにすぐにその場を離れていたのですが、最近のいぶきとの遊びを見て、大丈夫かも…と思い挨拶させていただきました。
柴の男の子とはそっとお互いの鼻先を近づけ挨拶し、その後お尻のにおいを嗅がれたところで、「もういいわ」と自分から離れました。
フォックス・テリアの女の子には激しく吠えられているのに、とんは興奮して近づきたがり、これは無理かな?と思っていると、相手のわんちゃんが吠えるのを止めて近づいてきてくれました。とんはそっと顔を近づけることができました。
大きな進歩です。

ただ私の方は、後ろからとんの首元に手を回して支え、とんが噛みつくようなことがないようにとかなり緊張しました。
もっととんを信用しなければいけないのでしょうね。
でも過去の哲とのバトルの記憶が残っていて、ハラハラしてしまいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子のように

2010年06月22日 | とん
とんといぶきは、近くにいることが多いようです。



いぶきが眠い時や、静かに遊ぶ時、さりげなくとんのそばにいます。





とんの落ち着いた大人の雰囲気が安心できるのでしょうか?





いぶきを囲んで、とんと哲が添い寝しています。





今日もとんの近くで眠るいぶき。



とんは犬との関わり方がわからないのだと思っていましたが、それは私の思い違いだったようです。
いぶきが来てから、とんはいぶきやあずきと上手に関わるようになりました。

いぶきが、とんの背中にいきなり前足をかけたり、とんの胸のあたりを噛んで引っ張ったりした時、とんは軽く「う…」と唸ってから優しくいぶきを噛むしぐさをしました。
ガブッと強く噛んだのではなく、歯が当たるか当たらないかの噛む真似のようなものでした。
やんちゃないぶきに対しての「静かな教育」です。
哲やあずきのような、激しく長いものではなく、おおらかな大人の教育という感じがしました。
さすが最年長のとん。頼もしいです。

どっしりと構えているとんのそばにいると、いぶきもお母さんのそばにいるように安心するのかもしれません。


我が家の3頭と預かりのいぶきは、今、とても良い関係を築きつつあるようです。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

哲、病院へ

2010年06月18日 | 哲・とん
哲は、病院で膀胱のエコーと直腸診をしていただきました。
膀胱の異常はなく、去勢手術の後遺症で尿道括約筋の神経が麻痺していることに、ストレスなどの心理的なものが加わって尿漏れの症状がひどくなったのではないかということで、お薬を処方していただきました。




リビング、賑わっています。




いぶきとロープの引っ張り合いをするとん。
当然、とんが勝ちました。
とんもだいぶ遊べるようになりました。




とんの顔にお尻をつけて、無理やりにおいを嗅がせるあずき。
「わたし、こいう者ですが・・・」という行動なのだそうです。
家の中でやっても、あずきのことはみんな知ってるってば~。

今日はとんちゃんモテモテですね。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

哲、不調

2010年06月17日 | 
昨日ぐらいから、今度は哲に尿漏れの症状が出ています。

哲がいた場所の床に点々とおしっこが落ちていると思っていたら、昨日はお昼寝から起き上がった途端、ジャーッと床に大量に漏らしてしまいました。

尿漏れは、去勢手術をしてから時々起きていて、症状が出るたびにお薬を飲んで改善するということを繰り返しています。
ここのところしばらく症状が出ていなかったので安心していたのですが、あずきが加わった時も、とんが加わった時も同様に症状が出たので、もしかするといぶきが来たことでの精神的なストレスが原因なのかもしれません。

哲は、いつも甘噛みの痛みに耐えながら、やんちゃないぶきの相手をしてくれています。
どんなに強く噛まれても、ほっぺの皮が伸びるほど引っ張られても、哲は決していぶきを強く噛むことはしません。
あまりに痛い時は、苦痛な声を出して遊びを中断します。

元気すぎるいぶきの相手で、ストレスがたまってしまったのかもしれません。

昨日は哲の散歩の回数を増やし、合計5回外に連れ出しました。
今日は獣医さんが休診日なので、明日お薬を処方していただこうと思っています。




哲の上に乗って噛みつくいぶき。
あずきは強く反撃するので、いぶきも加減して遊びますが、哲は優しいので、いぶきは哲に対して容赦なく挑んでいきます。

いぶきの素早い動きは、少し前のあずきにそっくりです。






ようやく静かになりました。


哲、そんなに我慢しないで、もっと厳しくいぶきを教育していいのよ。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

急接近

2010年06月14日 | あずき
今日から、急にあずきといぶきの関係が変わりました。

昨日まで、あずきはいぶきと関わろうとしていませんでした。
いぶきが近づくと、あずきは唸って吠えて遠ざかり、鋭い視線を送っていました。
哲といぶきが遊んでいると、2頭の周りで激しく吠えているだけでした。

それが、今日は違ったのです。
朝、哲がまだ2階で寝ている間、1階にはあずきといぶきがいました。
いぶきがあずきに近寄ると、いつもなら唸るあずきが、いぶきに唸ることも逃げることもせず、一緒に遊びだしたのです。
いぶきがあずきの背中に前足をかけたり、顔を噛んだりしても怒らず、体をうまくかわしながら遊んでいます。

あずきは怖がりなので、いぶきが来てからずっといぶきの様子を観察していたのだと思います。
そして、哲といぶきとの関わり方を見ながら、いぶきがどんな仔か、どうやって相手をするのか・・・を学んでいたのではないかと思います。




夕方には、あずきが自分からいぶきに近づいて、自分のお尻をいぶきの鼻先に近づけている姿が見られました。
あずきは相手に心を開くと、自分のお尻のにおいを強引に相手に嗅がせる行動をとるのです。

あずきといぶきが仲良く遊んでいると哲が間に割り込み、哲といぶきが遊べばあずきが吠える・・・とても賑やかです。




哲のそばで眠るいぶき。
哲が寝ているベッドは、いぶきのために用意したものなのですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おチビが出てきた

2010年06月13日 | 哲・あずき


預かりっ子のいぶきが、サークルから出られるようになりました。

哲やあずきに「遊んで」と近づいていきます。

哲は、いぶきとお相撲をして遊んでやっていました。




いぶきは、とんに対しても好意的です。

とんも、上手にいぶきの相手をしてやっています。




哲:「こいつ、勝手に僕たちのおもちゃ使ってるぞ」




哲:「おもちゃを取ったうえに、ソファーにまでのっちゃって・・・」

遠慮のないいぶきに、少し戸惑っている哲。




遊び疲れて、いつの間にか、とんの隣で寝てしまいました。




哲、とん、いぶき。 あれ?あずきがいません。




なぜか、あずきはいぶきのサークルの中でした。

あずき:「ここが一番安全なのよ!」






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

傷つく言葉

2010年06月12日 | 哲・あずき
今朝の散歩の時、こんなことがありました。

哲とあずきを連れて散歩していると、前から初対面のおじいさんが歩いてきて、私たちの前でニコニコしながら立ち止まりました。

哲は人が好きなので、おじいさんをじっと見上げていました。

すると、そのおじいさんが哲を指さして、「この犬噛みそうな顔しているね」とおっしゃったのです。

「噛みませんけど」と私。

「でも、今、噛みそうな表情しているよ」とおじいさん。

噛みそうな表情って何!?失礼な!(怒)

私は、もう話すのが嫌になって、すぐにその場を立ち去ってきました。

哲ってそんなに怖い顔?

ガウガウしたとか、飛びつこうとしたとかなら言われても仕方ないのですが、その時哲は何にもしていません。

ただ、立ち止まって見ていただけなのです。

見ず知らずの人からそんなことを言われて、朝からとても悲しい気持ちになってしまいました。

哲が人を噛む犬ではないということを、私がわかってあげていればそれでいいのですが、正直凹んでしまいます。

犬と暮らすということは子育てと同じで、他人の言葉に一喜一憂させられるものですね。




哲は優しい子なのに、顔で損しているかもね・・・。




どちらかといえば、こちらのお嬢さんの方が、「噛みそうな犬」なのですが。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あずきの行動

2010年06月11日 | あずき
とんが廊下に出てくると、あずきがおもちゃを持って近づいてきました。

あずきは、結構とんを気に入っているのです。

一緒に遊ぶことはありませんが、なんとなく近くにいるのがいいようです。




あずきが哲に甘えています。

この暑いのに、暑さ対策用の大理石の上でくっついています。




そして、いぶきの様子が気になる時は、背後から目を光らせています。

なかなか厳しい視線です。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不機嫌なあずき

2010年06月08日 | あずき
預かりっ子いぶきが来てから、あずきは少し不機嫌です。

リビングでは、いぶきが見えるところに陣取って厳しい視線を送り、いぶきが騒ぐと「うるさいわね!」と玄関近くのあずき用トイレの上に避難してしまいます。
でも、私がソファーに座るといつの間にか横に来て体をくっつけて甘えたり、散歩の時にはご機嫌なあずきに戻ります。





とんも、いぶきにはあまり興味がなく、とんエリアのドアが開放されていてもリビングに入って来なくなってしまいました。
リビングの入口までは来ても、顔を出すだけでさっさと自分のハウスか廊下の隅に行ってしまいます。




いぶきがおとなしく寝ている時は、哲やあずきもゆっくり寝られるようです。




いぶきが来てからいろいろと我慢してくれている哲、あずき、とん。
3頭それぞれとの時間も大切にしたいです。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リビングが狭い~

2010年06月06日 | 哲・あずき・とん
今日は、とんもリビングに来ました。
とんを見て大喜びのいぶき。
とんは、不思議といぶきに興味を示しません。






あずきを見ると、遊ぼうとサークルの中から吠えて誘ういぶき。
あずきは、鼻に皺をよせて怒っています。
あずき:「あたしと遊ぼうなんて、生意気なのよ!新入りのくせに」・・・こんな感じでしょうか?




いぶきと戦ったあとは、哲に甘えてひとやすみ。


狭いリビングに、いぶきのサークルを置き、人間5人と犬4頭が集まると、とても暑苦しい~。
哲は常にリビングにいますが、あずきととんは涼しい廊下に避難してしまいました。


いぶきは、今朝血便が出て検査したところ、ジアルジアという寄生虫が見つかり抗生剤の治療が始まりました。
センターから来た子のほとんどに何らかの寄生虫がいるそうです。
駆虫が済んでワクチン接種と去勢手術が終わってから里親さんの募集になるので、いぶきはそれまで少しの間我が家でのんびり過ごすことになりそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しだけ近づいて・・・

2010年06月05日 | 哲・あずき
預かりっ子のいぶきは、センターでは生後5ヵ月ぐらいと言われていましたが、今日近くの獣医さんに診てもらったら生後3ヵ月と言われました。乳歯がまだ全部残っているそうです。


今まで預かりっ子いぶきのサークルを離れた場所に置いていましたが、今日から哲たちがいる場所に移動しました。
いぶきは、哲やあずきが近くなって嬉しそうです。
遊んでほしそうにガウガウ声を出していました。




哲は、いぶきをサークルの外から優しく見守っています。




あずきは、いぶきに末っ子の座を奪われたような気持ちなのか、いぶきに対して厳しい態度をとっています。
遊びたそうに声を出すいぶきに向かって、あずきは吠えたり唸ったりして、いぶきを黙らせようとします。
あずきがいぶきに吠えると、哲がいぶきのサークルとあずきとの間に立ちはだかって仲裁しようとしたり、不機嫌なあずきをなだめるような行動をとったりしていました。




いぶきは、人にも少しずつ慣れてきて、近づくとパタパタとシッポを振ってくれます。
おもちゃで遊んだり、子犬らしい動きも出てきました。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2010年06月04日 | 預かり犬
くろくろとら家に新たな動きがありました。

実は、だいぶ前から考えていたことなのですが。

動物愛護センターに収容されている犬や猫を引き出し里親を探す活動をしている「ちばわん」の犬の一時預かりボランティアを始めることになりました。
だいぶ前に預かりボランティアの申し込みはしていたのですが、このブログでは内緒にしていました。

そして、昨日、預かり犬第1号がやってきました。



MIXの子犬 いぶき です。推定年齢生後5~6ヵ月のオスの子犬です。
体調を整え、基本的なしつけをしながら、本当の家族が見つかるまで我が家で過ごします。

いぶきが来てから哲はとてもはりきっています。
感染症予防のため、しばらくの間は先住犬たちとの接触はさせられないので隔離しているのですが、哲は気になってずっと部屋の前で見守っていました。




本当は昨日2頭の犬が来ることになっていました。
いぶきと、きょうだいの女の子の2頭です。
しかし、昨日の引き出しの2日前に女の子は亡くなってしまったのだそうです。
事前に写真で見ていた2頭だったので、1頭が亡くなってしまったことを知ってとてもショックでした。
あと少しで出してあげられたのに・・・と思うととても残念です。

いぶきには、きょうだいのぶんまで幸せになってほしいと願っています。


預かりっこ いぶきの様子はこちらのブログでも紹介しています。
「くるりんしっぽ隊」http://blog.goo.ne.jp/kururinshippotai/


哲とあずきは、昨日あまり寝ていないので、熟睡しています。




いぶきは、人の姿が見えないとものすごい声で鳴くので、今朝、納戸の隔離部屋からリビングの哲たちが来れない側にサークルを移動しました。






















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

後ろ姿もすっきり

2010年06月01日 | 哲・あずき・とん
とんの後ろ姿。
昨日トリミングをしてもらって、首もお尻周りもすっきりしました。
今日は気温が低めで、ちょっと肌寒かったかな?





哲もあずきも、一日中よく寝ます。
でも、さっきまで哲がいたところにあずきが寝ていたり、あずきだと思っていたら哲だったりと、よく寝ているわりには何度も寝る場所が入れ替わっています。







哲とあずきは明日シャンプーの予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加