哲☆あずき☆とん☆いぶき ドタバタ多頭飼い

哲・あずき・とん・いぶき。4頭のわんこ達との賑やかな日々を綴ります。

仕切りを撤去

2011年08月31日 | 哲・あずき・とん
4月のとんとあずきのバトル以来、とんと他の子のいるスペースを仕切っていましたが、今日から完全に撤去しました。



哲もあずきも、とんとの距離を上手く保てるようになり、とんも普段はとても穏やかなのでまあ大丈夫でしょう。
また何か起きたらその時に考えればいいし。
長時間お留守番させる時だけは、心配なので仕切って出かけようと思っています。







あずきったら、とんのマットを占領していますね。
今日は花野子もリビングにいます。

今のところ平和です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日で2年

2011年08月26日 | とん
とんが我が家に来て、今日でちょうど2年になりました。

2009年8月18日、飼い主である父に飼育放棄されたとん。
父が手術のために入院することになり、(子宮蓄膿症で子宮を摘出し)子犬を産めないとんは譲渡先も預け先も見つからないから…という父の勝手な言い分で保健所に連れて行かれた。
娘である私が預かると言っても頑固な父は全く聞き入れず「もう決めたことだから」と、説得する私の電話を途中で切って連れて行った。

保健所の収容期限は2週間。
飼い主持ち込みでありながらすぐに処分にはならなかった。
2週間のうちにもし譲渡希望者が現れたら譲渡になるらしいと、父は少しの望みを持っていた。
譲渡希望の人に渡してほしいと、とんの血統書のコピーや鑑札、狂犬病接種やワクチン接種した日の覚え書きを保健所職員に託して来ていた。
とんを保健所に残してくる時には、涙が出て、何度もとんに謝った…と父は言っていた。
私はそんな父がどうしても許せなかった。
腹が立って仕方なかった。
何よりも、父の動物の命に対する考え方が悲しかった。

私がとんを引き取ろうと決めたのは、父がとんを保健所に持ち込んだ当日。
実家に行くたび会っていたとんが処分されるかもしれない、放っておくことはできなかった。
家族の了解を得て、とんを引き取るための手続きを進めた。
もちろん父には内緒。
頑固でプライドが高い父に知られたら、とんを引き取ることはできなくなってしまう。
お世話になっている獣医さんに間に入っていただき保健所に交渉、2009年8月26日とんを無事引き取ることができた。
(持ち込んだ飼い主の承諾がないままその血縁者に犬を渡すことはできない、という保健所側の決まりがあり、父を説得できない私は獣医さんのおかげでとんを迎えることができたのです)


2009年9月6日のとん。
今よりずっとほっそりしている。





どういう訳か、とんを迎えてからこの日までの写真がなかった。


今日のとん。
迎えた頃よりも体重が8kgも増えた。








この2年間いろいろあった。
哲やあずきと上手くいかないこともあり、悩んだりもした。

でも、それは時間が少しずつ解決してくれた。
とんは、今では預かりっ子の良き母親としての役割を果たしてくれている。


とん、我が家に来てくれてありがとう。
これからもずっとよろしくね。


今でも父は、私の家にとんがいることを知りません。
これから先も伝えるつもりはありません。
それがお互いのためだと思うから。











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

岩?

2011年08月22日 | とん
ど~ん!



リビングの出入り口をふさぐ、大きな岩のようなとんのお尻。


預かりっ子たちはとんがここにいても全く気にせず出入りするのに、我が家の哲&あずきは絶対に通らない。




無理に通って喧嘩になるぐらいなら、とんが移動するまで待った方が安心…ってことかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママが迎えに来るまで待つのだ!

2011年08月12日 | 
朝、みんなが寝室のある2階からリビングへ下りてきたというのに、哲だけ下りてきません。



階段の上で寝たふりして、迎えに行くのを待っているのです。
もう~、哲の甘えん坊!


「やっとママが来てくれた」


自分で下りられるのに、私が2階に行くまでこのまま。
「哲、抱っこする?」と聞いたら、「お願いします」とさっと立ちあがったのでした。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

不審者発見!

2011年08月11日 | あずき
今朝、庭に向かって一斉にわんこたちが吠え始めました。




何事かと思ったら、息子がサッカーボールを蹴っていたのでした。


一応、大学生の長男。家の庭なのにこのスタイル…形から入るタイプ?


いつも不審な音、不審人物を真っ先に見つけ、みんなに知らせているのがこの方。




つい最近まで、家の壁や家具を壊す「解体業」が専門でしたが、解体の仕事は若い者(預かりっ子)に譲り、自分は「警備員」に転職したようです。


常に目を光らせております。

この警備員さんの欠点は、庭に現れたら人は全て不審者扱いをすること。
家族だろうと関係ありません。

そして、昼間はほとんど働かないのです。







あずきさん、夜勤明けなのでしょうか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒犬の必需品

2011年08月03日 | 哲・あずき・とん
哲とあずきは体が黒いので、暗い夜道では姿が見えにくくなってしまいます。

歩行者に犬が歩いていることを気づかれず、そばに近づいてから急に驚かれたり、車や自転車からも姿が見えにくくて危ないので、夜のお散歩の時は首元にライトをつけて出かけるようにしています。




「ナイトアイズ」

電池の消耗が早いのがちょっと欠点ですが、色が7色に変わって夜道でも目立って便利です。


             




とんの前足は、歩き方にだいぶ不自然さがなくなってきました。
痛みが軽くなってきたようなので、病院には行かずに様子をみています。






小さいあずき。
預かりっ子たちがどんどん大きくなって、またまた一番のチビになってしまいました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尿検査

2011年08月02日 | 哲・あずき
哲の尿検査をしてもらってきました。
今回も、良くもなく、それほど悪くもなく。
様子を見ながら、1ヶ月後にまた尿検査することになりました。

哲の尿漏れ、まだ続いています。
大量にではないのですが、ポタポタと。

涼しくなるまで続くのかな?



哲をダイニングの椅子に座らせてみたら意外におとなしく座っていました。
後ろであずきが睨んでます。
「哲ちゃんだけ、ずるい~!」


それじゃ、次はあずきさんもどうぞ。



そんな変な顔じゃなくて、もっと可愛い顔してよ~。




そうそう。そんな感じ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度は負傷?

2011年08月01日 | とん
昨日の夜になって気づいたのですが、とんが前足を痛めたようなのです。
歩く時に右の前足をかばい、立っている時には左足に体重をかけた姿勢になっています。



慌てて急に立ち上がろうとして滑っている時があるから、捻っちゃったかな~?
ここのところ体重も増えているし…。

「痛いんだから歩かないほうがいいよ。」って言ってるのに、私が移動するたびに立ち上がってついてくるし。
私があまり動かなければ、とんも安静にできるかな?
お散歩も無理させないように、排泄したら帰ってこようと思います。

今日は獣医さんがお休みなのでこのまま様子を見て、明日まだ痛そうだったら病院に連れて行ってきます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加