哲☆あずき☆とん☆いぶき ドタバタ多頭飼い

哲・あずき・とん・いぶき。4頭のわんこ達との賑やかな日々を綴ります。

東京へ

2017年02月16日 | お出かけ
文京区役所に用事があり東京に行ってきました。

区役所の前に銀行にも行こうと、上野駅から上野公園の中を抜けて根津へ。
途中、千駄木のやなか珈琲店に寄って豆を買い、団子坂を上って白山へ。
久しぶりにたくさん歩きました。
都内はいくらでも歩けますね。
何もない田舎だとこうはいきません。

白山から区役所も歩いて行こうかと思いましたが、時間短縮のため地下鉄を利用。
区役所での用事が済んでから娘と会ってランチしました。

久しぶりのラ・クーアです。


ランチの後は娘と買い物をし、夕方の電車で日立に帰ってきました。


やっぱり東京は懐かしいし楽しい♪
気分がすっきりします。
近いうちにまた行こう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島へ

2015年03月24日 | お出かけ
21日、主人と娘と3人で福島にお墓参りに行ってきました。

高速道路の渋滞と天候が心配だったので、今回は新幹線で移動。
郡山から実家まではレンタカーを利用しました。
ワンコ達が待っているので、夕方までに東京に帰りたかったのです。
9時に東京の家を出発して、18時過ぎに帰宅しました。


安達太良山がきれいに見えました。


今度福島に帰る時は、哲・あずき・とんも一緒に連れて行こう。
福島は哲・あずき・とんの故郷だものね。
いぶきはどうかな?
いぶきも一緒に行けるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅くなってゴメンね!

2014年09月15日 | お出かけ
今日、福島の実家に行ってきました。

今回は車で出かけたのですが、連休だったせいか行きも帰りも渋滞して、
往復8時間以上かかってしまいました。
もっと早い時間に出発すれば良かったなぁ。
パパ、長時間の運転お疲れ様でした。


東北自動車道の那須高原SAを過ぎたあたりでようやく渋滞解消。




懐かしい安達太良山が見えてきました。




母のお墓参りをして、実家で父と会話して、夜8時半に東京に帰ってきました。


わんこ達、長時間のお留守番がんばってくれました。

みんな、ありがとうね!










預かりっ子のゆな・ののかもお留守番ありがとう!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日帰りで福島へ

2014年09月03日 | お出かけ
昨日、久しぶりに福島の実家に行ってきました。

お昼前に哲ととんのお散歩だけさっと済ませ、次男にわんこ達の夜のご飯をお願いして、
13時の新幹線で出発。

上野駅


15時過ぎ、実家に到着。
ちょうど父が診察を終えて帰ってきたところでした。

少しの時間、父と過ごし、18時発の新幹線で帰京。

郡山駅


バタバタと大急ぎで行って帰ってきました。
実家にいた時間よりも移動時間の方が遥かに長かった…

もう少し近かったらいつでも行けるのになぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠出

2013年08月16日 | お出かけ
14日、わんこ達を2人の息子に託し、パパと2人で出かけてきました。

目的地は2ヵ所。

最初は千葉県佐倉市。
ファンタの墓前に手をあわせてきました。



絶対に忘れることができない。
絶対に忘れてはいけない。

ファンタ、来年のお盆もまた会いに来るね。



佐倉市を後にして、今度は茨城県日立市へ。

パパの職場を見学して、


日立の家にも寄って…
わんこを連れて行った時に危険な場所がないかをチェック。
次回はわんこ達を連れて行きたいので、心配な場所にはしっかりフェンスをつけてもらう予定です。
 
ここで卒わん同窓会をしちゃう?ちょっと遠いかな?


その後、パパが日立に滞在する時にいつもお世話になっているご夫婦のお宅を訪問。
ご挨拶に伺ったのにおいしいものをたくさんご馳走になり、
獲れたてのお野菜までいただいてしまいました。
完全無農薬だそうです。



日立を出発したのが4時半。
途中車が渋滞し、午後7時過ぎ、わんこ達が待つ家に帰ってきました。

人間用のおみやげは、福島三大銘菓(私が勝手にそう思っています 笑)
子供の頃から食べていた、ままどおる・家伝ゆべし・薄皮饅頭です。
茨城に行って来たんですけどね。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰省

2012年10月07日 | お出かけ
日帰りで福島の実家に行ってきました。

4日の夜、福島に住んでいる妹から、自宅療養中の父の体調に異変があったと連絡があったのです。

その日、主治医から入院を勧められた父は「犬がいるから」と点滴だけ受けて帰宅してきたらしく、
「入院しろと言われるからもう病院には行かない!」
「今度入院したらもう退院できないかもしれないから。」と病院に行くことさえも拒んでしまいました。

一度決めたら絶対に考えを曲げない頑固な父。
何とか外来にだけでも通わせなければ…ということで、妹から主治医に頼んでもらい、
できる限り外来で点滴などの処置をしていただけることになりました。

ここしばらくの間ずっと実家に帰省していなかった私。
しばらくぶりに父の顔を見に福島に行ってきたというわけです。
本当は今日は夫の予定が入っていた日なのですが、
父の容体が悪いということで予定をキャンセルしてわんこたちと留守番してくれました。
感謝感謝です。



郡山駅の在来線
 


新幹線を降りたらこの電車に乗って実家に向かいます。



電車のドアはこのボタンを押して自分で開けます。


乗ったらボタンを押してドアを閉め、降車時も自分で開けます。



実家に一番近い駅に到着
 

ここから更にタクシーで約15分。
のどかな田園風景が広がります。


実家の前にある小学校。


残念ながら曇っていて安達太良山が見えませんでした。


12時半、実家に着くと父は留守。
病院に点滴をしてもらいに出かけているようです。
連絡せずに行ったので仕方ありません。

しかし、待てども待てども帰ってきません。
もう3時間半待ちました。
父の携帯は父が使う時しか電源を入れないので全く役に立たず。
途中で妹がやってきて、一緒に待つこと30分。

16時半、ようやく父が帰宅しました。
病院の帰りに寄り道してきたそうです。無事に帰ってきて良かった。

以前に比べるとだいぶ痩せて顔色も悪いようですが、思ったよりも元気そうでホッとしました。
先日の異変も点滴のおかげで症状がおさまったようで一安心。

しかし、持病を抱えている父ですから、今後もいつ何があるかわかりません。

すぐに駆けつけることのできない距離なのでとても心配なのですが、
とりあえず今回は回復傾向にあるようなので良かった~。



私の留守中、パパを困らせていたいぶき。
私が帰るまでご飯も食べず、ずっと吠えていたそうです。



これだから日帰りするしかないのですよね。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講習会

2010年08月29日 | お出かけ
今日は、私が今年受験しようとしている「愛玩動物飼養管理士2級」のスクーリングの日でした。
午前10時から午後4時45分まで約6時間の講義は、長かった~。
疲れた~!
こんな長時間座って講義を受けるのは、学生の頃以来です。

動物に関する法律、動物の飼養管理やしつけ、動物愛護の歴史など6つの講義を受けてきました。





私の留守中、わんこたちは、おりこうにお留守番していたようです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「犬と猫と人間と」

2010年05月01日 | お出かけ


浦和で上映された映画「犬と猫と人間と」を観てきました。

行政施設での犬や猫の殺処分の現状など、観るのがとても辛くなる場面もありました。
しかし、現状を知ることが大切だと思います。
不幸な犬猫がいなくなるように、私にできることを探してみようと思っています。

この映画はゴールデンウィーク中、お台場や江戸川区などでも上映されるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省

2010年04月05日 | お出かけ
昨日は私の母の命日だったので、実家に行き、父と一緒にお墓参りをしてきました。
日帰りだったのであまりゆっくりはできませんでしたが、田舎の澄んだ空気を吸ってリフレッシュしてきました。


電車の中から撮った風景。すごい田舎です。
私と3頭の犬達の故郷です。
本当は、まだ雪の残っている安達太良山がとってもきれいだったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。


今日、とんはシャンプーに行ってきました。
冬毛が抜けて、少しほっそりしました。





実は・・・昨日実家に行った時、前からいる柴犬のほかに、生後2ヵ月の秋田の子犬がいました。
また秋田犬を飼うことにしたようです。
とても複雑な気持ちです。とんのことが頭に浮かびました。



父から信じられない話を聞きました。
父の知り合いが、飼っていた秋田犬7頭のうち3頭を保健所で殺処分、2頭を動物病院で安楽死させて、新しい秋田の子犬を買ってきたというのです。
その人は、展覧会で賞が取れない犬は必要ないのだそうです。ひどい話です。
趣味のため、まるで車を買い替えるかのように、犬の命が捨てられ処分されているのです。
きっと、その人はこれからもいらなくなると処分して新しい犬を買う・・・ずっとそんなことを繰り返していくのでしょう。

帰りの新幹線の中で、人間の身勝手で処分されていく犬達のことが頭から離れず、涙が出ました。
重苦しい気持ちのまま帰宅。
出迎えてくれた愛犬たちの顔を見て、また涙が出てしまいました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加