植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

金沢の商業看板 ⑤ 武蔵、近江町周辺-2(完)

2017-10-03 04:09:38 | 日記


金沢の観光スポットレポート その741(No.1114)

◇金沢の商業看板 ⑤ 武蔵、近江町周辺-2(完)

金沢は藩政期、明治、大正、昭和、平成の「バームクーヘン都市」といわれ、その時代の建築物や工芸文化、食文化などが受け継がれ、現在と融合しているのが大きな魅力ではないでしょうか?

商業用看板もその時代に造られたものを継承・保存したものや、新しく作ったものがあり、建物全体の雰囲気を醸し出しているのです。

今回は、日頃はあまり意識をしない、金沢らしさの看板に絞り金沢市内中心部を取材しバームクーヘン都市の魅力を探ってみました。



6)大友楼

 創業天保元年(1830年)年老舗料亭。加賀藩の御膳所として勤め、その儀式料理や郷土料理を今に伝える。食材から器にいたる全てを地元の食材や伝統工芸品にて盛り、金沢がいっぱいつまったコース料理を得意としている。

住所:金沢市尾山町2-27
TEL:076-221-0305



■写真は大友楼



7)平岡結納舗

創業40年の水引専門店。

住所:金沢市尾山町10-11
TEL:076-231-6770



■写真は平岡結納舗



8)そばのはな

美味しい蕎麦ランチの穴場です。

住所:金沢市尾山町2?32
TEL:076-222-3980



■写真はそばのはな



9)中屋の昆元丹跡

住所:金沢市尾山町2



■写真は元店舗の看板





■写真は老舗記念館の看板

(つづく)
『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢の商業看板 ⑤ 武蔵、近... | トップ | 風鈴カフェ「てらまちや風心庵」 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事