カープな毎日

カープファンのひとりごと。

大瀬良が1軍復帰も一岡が開幕絶望

2017年03月07日 22時44分08秒 | 日記
 日南キャンプで右脇腹の違和感を訴えて2軍で調整していた大瀬良が、マツダスタジアムの室内練習場でフリー打撃とシート打撃に登板しました。
 フリー打撃では20球を投げて、安打性の当たりは2本に抑え、シート打撃でも打者8人に対して安打性の当たりを2本に抑えて、順調に回復していることを印象付けました。
 本人のコメントでも、ボールの出来が良く、打者が差し込まれていた印象で、思ったよりも状態が良かったと、投球内容に手応えを得たようでした。

 開幕まで残された時間は少なくなってきましたが、開幕ローテを諦めていないと宣言して、これから調整のピッチを上げていく意気込みを見せました。


 一方、球団は、一岡が病院で右足のMRI検査を受けて、右内転筋筋挫傷と診断され、加療2週間と発表しました。明日からは3軍でリハビリを行うとのことで、開幕は絶望となりました。
 5日の阪神とのオープン戦に登板した際、痛みを訴えたとのことで、その後は全体練習には参加していませんでした。


 ようやく大瀬良が1軍に合流しました。別メニュー調整が続いており調整の遅れが心配され、開幕ローテ入りが厳しくなってきたかと思いましたが、ギリギリのところで間に合いました。
 今日の投球内容は上々で、本人のコメントどおり予想以上に状態が良いと感じました。これから調整ピッチを上げていけば、開幕ローテ入りの可能性は十分あり得そうです。
 現時点では、ジョンソン、野村、岡田の3人はローテ入りが当確になっていますが、残り3枠はまだ決まっていません。大瀬良がいるといないでは、戦力的にかなり大きな差が出るので、戻ってきてくれたことは、開幕に向けて心強い限りですね。
 
 一方で一岡の離脱は痛すぎます。今村、ジャクソン、中崎の3人は盤石ですが、そこまで繋ぐリリーフの整備はとても重要な課題であり、今春は一岡が好調だったので、3人に繋ぐ役割を期待していただけに、開幕絶望は残念です。
 早くケガを直して、万全の状態で1軍に戻ってきてほしいですね。

 本当にこれ以上、けが人が出ないことを願うだけですね。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 新井と小窪が1軍合流 | トップ | 新井が初実戦で2安打 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。