カープな毎日

カープファンのひとりごと。

大瀬良5点リードを守り切れず

2017年09月21日 22時00分19秒 | 試合結果
阪神 001 004 020 7
広島 500 000 000 5
勝利投手:桑原4勝2敗
敗戦投手:中田2勝4敗
セーブ:ドリス4勝4敗35S
本塁打:[広島]松山14号、バティスタ11号

 CSや来季に向けて藤井、ブレイシア、坂倉、小窪、メヒア、土生の6選手が1軍に昇格しました。

 初回に2安打で1死1,2塁とすると、松山が3点本塁打を放って先制すると、更に1死1塁からバティスタも2点本塁打を放って、能見から一挙5点を奪いました。
 2回にも安打で無死1塁としながら田中が併殺に倒れて追加点を奪うことができませんでした。

 大瀬良は、2回に四球と安打で1死1,3塁のピンチを招くも、大和を併殺に打ち取って無失点で切り抜けましたが、3回に安打と犠打などで2死3塁とされ、上本に適時打を浴びて1点を失い、更に安打と四球で2死満塁のピンチを迎えました。このピンチは大山を三振に斬って最少失点で凌ぎました。
 4回と5回は無安打に抑えるも、6回に2安打で1死1,2塁とされ、大和適時打を打たれて1点を失い、2死後には代打伊藤隼に適時打を浴びて2点目を失ったところでマウンドを降りました。
 2死1,3塁の場面でリリーフした九里は、俊介に適時内野安打を浴びて、更に四球で満塁としてしまい、メヒアの失策で同点に追いつかれてしまいました。
 九里は7回も続投して三者凡退に抑えるも、8回から登板した中田が1死後に四球と安打に盗塁で1死2,3塁とされ、上本に2点2塁打を浴びて勝ち越しを許してしまいました。
 9回はブレイシアが三者凡退に抑えて打線の反撃を待ちました。

 しかし打線は、能見に3回と4回は1安打無得点に封じられ、5回は岩崎に三者凡退に抑えられました。6回に四球で無死1塁としましたが、メヒア、バティスタ、小窪が凡退してしまい、その後も桑原、マテオ、ドリスに無安打に封じられて、優勝後初の地元開催の試合は、5点差をひっくり返されての逆転負けとなってしまいました。

 試合後には、優勝セレモニーが行われ、コミッショナーからペナントとトロフィーを受け取り、緒方監督のあいさつ後、ペナントを持って場内を1周しました。


 優勝セレモニーが行われた試合を白星で飾ることができず残念でしたが、それ以上に試合内容に不安を感じてしまいました。
 
 打線は、初回に2本塁打で5点を奪いながら、2回以降は散発2安打で2塁さえ踏めず、阪神リリーフ陣には無安打に封じられてしまいました。もちろん新井、安部の主力が途中で交代し、昇格したばかりのメヒア、小窪が出場する打線なので、攻撃力が低下していたことは否めませんが、それにしても田中、菊池、丸、松山の上位4人はフル出場していたので、もう少し反撃できたと思います。

 また、大瀬良は、5回2/3を投げて8安打5失点で5点のリードを守り切れず、中田も1回を2安打2四球2失点と精彩を欠きました。大瀬良は、初回こそ三者凡退に抑えましたが、その後は毎回のように走者を背負い、3度も先頭打者を出しており、投球のテンポも悪く、流れを失う一因になりました。
 今の状態ではCSでの先発を任せるのは心配です。2軍降格も含めて再調整が必要かもしれませんね。
コメント

CSへ向けて再始動

2017年09月20日 20時51分12秒 | 日記
 チームは、マツダスタジアムで再始動し、全体練習を約2時間行いました。
 今シーズンは残り7試合となっていますが、来月のCSファイナルスステージを見据えて、疲れの見える主力選手については、コンディションを整えるため、今村、ジョンソン、上本、エルドレッド、天谷の出場選手登録が抹消されました。
 代わってCSに向けて新戦力を発掘するため、坂倉、小窪、土生、メヒアの4人が1軍に合流しました。

 その中でも、坂倉は高卒1年目ながらウエスタン・リーグで打率.298、1本塁打、34打点と非凡な打撃センスを発揮しており、1軍に抜擢されました。
 さすがにCSに向けた戦力としての昇格というよりは、来季以降に向けて1軍を経験させるという意味合いが強いと思います。この経験は、来季以降に繋がると思うので、多くのことを吸収して飛躍の糧にしてほしいですね。


 球団は、江草投手が今季限りで現役を引退すると発表しました。球団に今季限りでの引退を申し入れて、了承されたとのことです。
 2012年3月に嶋との交換トレードでカープに移籍して、カープには6年在籍して52試合に登板しました。
 貴重な中継ぎ左腕としてチームに貢献してくれましたが、自分の思うようなボールが投げられなくなったことから、引退を決意したようです。
 未だにカープの中継ぎ左腕は大きなウイークポイントであり、江草の引退は残念です。今後の進路は分かりませんが、これからもカープの力になってほしいですね。
コメント

バティスタの決勝打でV8

2017年09月18日 20時27分29秒 | 試合結果
広島 100 100 010 3
阪神 000 100 100 2
勝利投手:一岡6勝2敗1S
敗戦投手:岩崎4勝1敗
セーブ:中崎4勝1敗8S
本塁打:[阪神]中谷20号、陽川1号


 初回に四球と犠打などで2死3塁とすると、松山が適時打を放って先制しましたが、2回には連打で無死1,2塁としながら、後続が凡退してしまい、3回の無死2塁も丸、松山、バティスタが凡退して追加点を奪えませんでした。
 しかし、4回に死球と安打で1死1,3塁とすると、野村のスクイズでようやく追加点を挙げました。

 野村は、3回に2死後に連打で1,3塁のピンチを招きましたが、福留を二ゴロに打ち取って無失点で切り抜けました。しかし、4回に中谷に本塁打を浴びて1点を返されてしまいました。
 それでも6回の2死2塁では鳥谷を三ゴロに打ち取って追加点を与えず、6回を6安打1失点に抑える好投でマウンドを降りました。

 7回からは一岡がマウンドに上がりましたが、代打陽川に本塁打を浴びてしまい、同点に追いつかれてしまいました。

 打線は、5回から7回まで無安打に封じられていましたが、同点に追いつかれ直後8回に連続四球で無死1,2塁のチャンスを貰い、1死後にバティスタが適時打を放って勝ち越しに成功しました。

 8回はジャクソンが登板して、いきなり無死1塁とされましたが、1死後に牽制で刺すなど後続を断って無失点で凌ぐと、9回は中崎が登板して、簡単に2死を取り、最後は代打伊藤準を遊飛に打ち取って阪神に競り勝って、自力で8度目のセ・リーグ優勝を決めました。連覇は79、80年以来で球団史上2度目の快挙となりました。

 優勝決定の直後に緒方監督は感極まったようで、タオルで涙を拭い、その後は、右足首骨折で離脱中の鈴木誠と胃がんの手術を受けた赤松も加わわり、緒方監督が11度宙に舞いました。


 今日は初回に松山の適時打で幸先良く先制しながら、2回、3回と逸機により追加点を奪えませんでしたが、野村が粘り強い投球で走者を出しながらも無失点で凌ぎました。
 4回に1点を失うも、6回1失点で凌いでリードを守り切って役割を果たしてリリーフ陣に託しました。優勝が懸かる大事な一戦でエースとしての意地を見せたと思います。
 しかし、7回に一岡が同点本塁打を打たれた時には、一昨日のヤクルト戦が思い起こされてしまい、8回の連続四球で無死1,2塁のチャンスを貰いながら松山が左飛に倒れた時には、これはまずいと思いました。ところが、バティスタが値千金の適時打を放ってリードを奪うと、8回裏にはジャクソンが1死1塁で牽制により1走を刺したことで、流れは一気にカープに傾き、最後は中崎が完璧に抑えて阪神を振り切りました。

 昨年のV7は交流戦からの勢いで一気に優勝した感じでしたが、今年は勢いだけでなく、選手個々のレベルが上がり、真の力で勝ち取ってV8ではないでしょうか。
 それは、主力の離脱者が出ても他の選手がしっかりとカバーして穴を感じさせない戦いを最後までできたことが示していると思います。

 昨季は、勢いでCSを勝ち抜いて、日本シリーズに進みましたが、日本ハムに勢いを断たれて悔しい思いをして終わりました。今年こそは日本シリーズを制して日本一になって終わりたいですね。
 そのためには、まずCSを勝ち抜かないといけません。これからは、CSに向けての戦いが始まりますね。

 
 カープのV8を祝して、うちの華子(はなこ)にカープ帽を被せてみました。いまいち納得していない表情なのでは、やっぱりネコだけに阪神ファンなのかも?!

 
 
コメント

台風により中止となり地元胴上げ遠のく

2017年09月17日 22時26分16秒 | 日記
 今日の試合は、予報通り台風18号の接近により早々に中止が決まり、甲子園の阪神戦も中止となったため、マジックは1のままで優勝決定は明日以降となりました。
 明日は甲子園での阪神戦となることから、地元での胴上げは遠のいてしまいましたが、その後はマツダスタジアムでの試合が続くことから、明日の結果次第では、地元胴上げの可能性が一気に高まります。

 ファンだけでなく選手や球団スタッフも地元での胴上げが遠のいてしまい悔しいと思いますが、天気ばかりはどうすることもできないので、仕方ないと思って、気持ちを切り替えて明日の試合に臨んでほしいですね。
 明日の先発は野村です。チームを優勝に導く投球をしてくれると思うので、打線もしっかりと援護して、明日こそは緒方監督の胴上げを見たいですね。
  
コメント

終盤に逆転されて優勝ならず

2017年09月16日 21時10分51秒 | 試合結果
ヤクルト 000 110 210 5
広島 002 200 000 4
勝利投手:近藤2勝3敗1S
敗戦投手:今村2勝5敗23S
セーブ:ルーキ4勝5敗6S
本塁打:[ヤクルト]中村3号
    [広島]新井9号


 台風18号の影響で試合ができないかと思われましたが、30分遅れで試合が行われました。
 薮田は、初回に先頭山崎に四球を与えて1死2塁のピンチを招きましたが、バレンティンと山田を抑えて無失点で切り抜けると、2回と3回は三者凡退に抑えました。

 打線は、3回に安打と四球に内野安打などで1死満塁の先制機を作ると、丸が2点適時打を放って先制点を挙げましたが、なおも1,3塁の追加点機で松山が併殺に倒れて2点止まりました。

 薮田は、直後の4回に1死後に四球を与えると、山田に適時2塁打を浴びて1点を失ってしまいましたが、その裏に新井が本塁打を放って1点を挙げ、1死後には安打と敵失で1死2塁のチャンスを貰い、會澤の適時打で1点を追加して、リードを3点に広げました。

 ところが、5回に薮田が中村に本塁打を浴びて1点を返されてしまい、7回には安打と2塁打で2死2,3塁のピンチを招いて、代打大松に2点適時打を浴びて同点に追いつかれたところで、薮田はマウンドを降りました。
 代わってマウンドに上がった一岡が後続を断って勝ち越しは許しませんでした。

 8回からは今村が登板しましたが安打と連続四球で1死満塁のピンチを招いてしまい、奥村に犠飛を打たれて1点を失ってしまい、更に四球で2死満塁となったところで、マウンドを中田に譲りました。
 中田は、竹内を左飛に打ち取って追加点は許しませんでした。

 打線は、6回に安打と四球に犠打で2死2,3塁の得点機を作りましたが、田中が左飛に倒れて無得点に終わると、7回の2死2塁では新井が一ゴロに倒れて得点を奪えませんでした。
 9回は中崎を投入して、無失点に抑えて9回裏の攻撃に望みをつなぐと、9回裏1死後に連打と敵失で1死1,3塁の同点機を作りましたが、丸と代打エルドレッドが三振に倒れてヤクルトに痛恨の逆転負けを喫してしまいました。
 2位阪神は雨天中止のため、マジックは1のままで優勝は持ち越しとなってしまいました。


 今日は、雨天中止になると思っていましたが、試合が始まると奇跡的に雨が上がり、最後まで行うことができました。天もカープに味方してくれたと思っていましたが、残念ながら逆転負けとなってしまいました。
 明日は台風が広島を直撃しそうなのでほぼ試合はできないと思われ、地元胴上げを達成するためには、是が非でも今日勝って決めなければいけないという状況だったので、選手達にも少なからずプレッシャーを感じていたのかもしれません。

 薮田は、味方が得点した直後に失点してしまい、流れを手放すきっかけを作ると、打線も序盤は得点を重ねながら、もう一押しができず、中盤以降は得点を奪えませんでした。
 それでも9回に敵失も絡んで1死1,3塁の同点・サヨナラ機を作りながら、期待の丸が三振、代打エルドレッドも三振で試合終了となりました。いつもの打線であれば、繋がって一気呵成の攻撃となるところでしたが、今日は繋がりませんでした。
 また、最後の場面で代打エルドレッドを起用しましたが、今の状態を考えれば岩本だった気がします。エルドレッドの相性が良かったのかもしれませんが、単打でも良い場面であることを考えれば、岩本を起用してほしかったですね。

 明日の試合はかなり厳しいと思われるので、念願の地元胴上げは難しくなりましたが、気を取り直して早く優勝を決めてほしいですね。
コメント

粘るDeNAを振り切るも優勝ならずM1

2017年09月14日 23時08分00秒 | 試合結果
DeNA 003 000 100 4
広島 021 100 01X 5
勝利投手:今村2勝4敗23S
敗戦投手:エスコバー1勝3敗
セーブ:中崎4勝1敗7S
本塁打:[広島]松山13号、バティスタ10号

 ジョンソンは、2回に2安打で1死1,3塁のピンチを招きましたが、嶺井と今永を打ち取って無失点で凌ぐと、2回裏に松山が本塁打を放って先制し、更に2塁打と犠打で1死3塁としてバティスタの適時打で追加点を挙げました。

 しかし、直後の3回にジョンソンが、1死後に3連打で満塁とされ、ロペスに2点適時2塁打を浴びて同点とされ、続く宮崎の犠飛で勝ち越しを許してしまいました。

 それでも粘る打線は、3回裏に安打に盗塁と犠打で1死3塁とし、2死後に松山が適時打を放って同点に追いつきました。続く4回にはバティスタが本塁打を放って勝ち越しに成功しました。

 ジョンソンは、4回から6回まで毎回のように走者を出しながらも無失点で凌いで、6回を8安打されながらも3失点に抑えました。
 7回からは一岡が登板するも、無死3塁のピンチを招き、柴田に犠飛を打たれて同点に追いつかれてしまいました。
 更に8回には今村が連打と四球で無死満塁の大ピンチを招いてしまいましたが、代打乙坂を二ゴロ、代打後藤を三振、倉本を遊直に抑えて無失点で切り抜けました。
 
 打線は、5回から7回まで毎回走者を出しながらも後が続かずに追加点を奪えませんでしたが、8回に連続長短打と盗塁で無死2,3塁とし、1死後に敬遠で満塁となり、バティスタが犠飛を放って勝ち越し点を挙げました。

 9回は中崎がマウンドに上がるも、安打と犠打に敬遠で1死1,2塁のピンチを招いてしまいましたが、ロペスを投ゴロ併殺に打ち取ってリードを守り切ってDeNAに連勝して、自力でM1としました。
 2位阪神は延長戦の末、引き分けとなったため、優勝決定は持ち越しとなりました。


 序盤で逆転に成功しながらも、中盤では追加点を奪えませんでしたが、ジョンソンが最少リードを守り切りました。しかし、7回に一岡がバティスタの拙い守備もあり無死3塁のピンチを招いてしまい、犠飛で同点に追いつかれてしまいました。
 続く8回には今村が無死満塁の大ピンチを招いてしまい、流れがDeNAに傾きかけましたが、ここで今村が奮起して後続を断つと、直後に打線が再び目覚めて勝ち越しに成功しました。
 今日の試合は、各選手が絶対に勝つという強い思いを感じた試合だったと思います。
 序盤に逆転をされるも、すぐさま追いつき、勝ち越して一気にカープペースになるかと思いましたが、終盤に追いつかれ、更に勝ち越しのピンチを迎えた時には、完全に敗戦ムードが漂いました。
 しかし、選手だけでなく球場全体が絶対勝つぞという強い思いが今村に伝わり、ギアが一段上がりピンチを脱して、直後の勝ち越しに繋がったと思います。

 残念ながら選手とファンの優勝への思いは成就しませんでしたが、明後日には絶対に勝って優勝を決めたいですね。

コメント

打線爆発12得点快勝してM2

2017年09月13日 22時32分37秒 | 試合結果
DeNA 201 100 000 4
広島 600 006 00X 12
勝利投手:九里9勝5敗
敗戦投手:飯塚1勝3敗
本塁打:[広島]田中7号

 中村祐は、初回に2死から連打で1,2塁とされると宮崎に2点適時2塁打を浴びて、いきなり2点を失ってしまいました。

 しかし、打線は直後の1回裏に田中が先頭打者本塁打を放って1点を返すと、菊池の2塁打と新井の安打で2死1,3塁として、安部の適時打と岩本の連続適時打で2点を挙げて逆転に成功しました。更に敬遠で満塁となり、中村祐の適時内野安打と田中の2点適時打で、この回6点を奪いました。
 2回にも無死2塁の追加点機を作りましたが、松山、新井、安部が凡退して無得点に終わりました。

 中村祐は、3回にも2死から連打で1,2塁とされ、宮崎に適時打を打たれて1点を失い、更に四球で満塁とピンチを拡大させてしまいましたが、嶺井を三振に斬って1失点で凌ぐも、3回6安打3失点で降板となってしまいました。
 
 4回からは2番手の九里が登板しましたが、2死後に連打で1,2塁とされ、筒香の適時内野安打で1点を失いました。
 6回はジャクソンがマウンドに上がり三者凡退に抑えました。

 打線は、3回から5回まで無安打に抑えられていましたが、6回に連打で無死1,2塁として、菊池が2点適時打を放って待望の追加点を挙げると、更に1死満塁から安部と岩本の連続適時長短打で4点を挙げ、一挙6得点を挙げて試合を決めました。

 7回は一岡が無安打無失点に抑えると、8回は中田が三者凡退に抑えました。そして9回は今村が2安打で2死1,2塁とされましたが、最後は筒香を二ゴロに打ち取って無失点で切り抜けてDeNAに快勝し、対DeNA戦の連敗を4で止めました。
 阪神が巨人に敗れたためM2となり、結果次第では明日にも2連覇が決まります。

 中村祐が初回に2死から2点を失ってしまい、昨日からの悪い流れを引きずってしまいそうでしたが、直後に田中が先頭打者本塁打を放って、DeNAに傾いていた流れを引き戻し、続く菊池の2塁打で流れを掴み、安部と岩本の適時打を呼び込みました。
 その後は追加点を奪えず、DeNAにじわじわと追い上げられて、悪夢の3連続サヨナラ負けが頭をよぎり始めましたが、6回に登板したジャクソンが三者凡退に抑え、直後の6回裏には無死1塁で田中がセーフティーバントを決めて好機拡大して、再び流れを掴んで菊池の適時打を呼び込みました。

 中村祐と九里が失点を重ねて苦手のDeNAのペースに成りかけた試合でしたが、打線が繋がって流れを引き戻しました。この1勝で悪夢を払拭できたと思うので、連勝して早く連覇を決めてほしいですね。
 
コメント

連勝が9で止まるもM4

2017年09月12日 22時36分09秒 | 試合結果
DeNA 030 000 000 3
広島 000 001 000 1
勝利投手:ウィーランド8勝2敗
敗戦投手:野村9勝5敗
セーブ:山崎康4勝2敗23S
本塁打:[広島]丸22号


 野村は2回に西川の失策と連打で無死満塁のピンチを招くと、嶺井に押し出し死球を与えて先制を許し、更に1死後に倉本に一塁強襲2点適時2塁打を浴びて3点を失いましたが、その後の1死2,3塁のピンチは桑原と柴田を抑えて追加点は許しませんでした。
 続く3回にも四球と2塁打で無死2,3塁の大ピンチを招きましたが、宮崎を三ゴロ、四球を挟んで嶺井を投ゴロ併殺に打ち取って無失点で凌ぎました。
 その後は5回まで無失点に抑え、5回裏の攻撃で代打を送られて、5回5安打3失点でマウンドを降りました。

 打線は、初回と2回に安打で走者を出しましたが、好機拡大とはならず、3日には四球と盗塁で1死2塁と初めて得点圏に走者を進めながら、菊池が三振、丸の四球を挟んで松山が遊飛に倒れて得点を奪えませんでした。

 6回からは九里が登板して、2死後に連続長短打で2,3塁のピンチを招きましたが、桑原を左飛に打ち取って得点を許さず、7回は中田が無安打1四球無失点に抑えました。
 8回はジャクソンが安打と犠打で1死2塁とされましたが、乙坂と倉本を凡打に打ち取って無失点で凌ぎ、9回は高橋樹が無安打1四球無失点に抑えて、中継ぎ陣が奮起しDeNAに追加点を与えませんでした。

 5回までウィーランドに3安打に封じられるも、6回に丸が1点を返して反撃開始かと思われましたが、7回は田中に三者凡退に抑えられ、8回はエスコバーから安打などで2死2塁としながら、安部が二ゴロに倒れて無得点に終わりました。
 9回は山崎康に三者凡退に抑えられて、DeNA戦4連敗となり、チームの連勝は9でストップしましたが、2位阪神が引き分けたためM4となりました。


 野村は、立ち上がりは制球に苦しんでいたように感じましたが、投げていく中で徐々に修正されていくと思っていました。しかし、修正される前の2回に味方守備に足を引っ張られる形で、少し不運な3点を失ってしまいました。
 野村は、失策により先頭打者を出したことで、先に先制点を与えたくないという思いが強くなりすぎて力んでしまったことで、連打を食らいピンチが拡大して、冷静になることができず嶺井への押し出し死球に繋がったのかもしれません。 
 またその後の倉本の強襲安打もついても、安部には何とか捕球してほしかったです。もし捕球できていれば1失点で凌ぐことができたかもしれず、試合の流れも変わっていたかもしれません。
 野村にとっては悔しい登板となりましたが、その後の1死2,3塁と3回に無死2,3塁では得点を与えず、野村らしい粘り強い投球ができたところはさすがエースという投球だったと思います。
 連勝は止まりましたが、決して悲観する試合内容ではなかったと思うので、明日に試合では気持ちを切り替えて、DeNA戦の連敗を止めたいですね。
コメント

2試合連続で7回に逆転して9連勝

2017年09月10日 23時09分31秒 | 試合結果
広島 000 100 300 4
中日 100 101 000 3
勝利投手:大瀬良9勝2敗
敗戦投手:又吉6勝3敗
セーブ:中崎4勝1敗6S
本塁打:[広島]松山12号

 大瀬良は、初回に安部の失策と磯村の捕逸で1死2塁のピンチを背負うと、遠藤に適時打を打たれて先制点を奪われましたが、2回と3回は無安打に抑えて追加点を与えませんでした。
 
 打線は、3回に無死2塁の得点機を作りながらも、大瀬良が犠打失敗、田中と菊池が凡退して得点を挙げられませんでしたが、4回に2四球と2暴投で1死2,3塁のチャンスを貰うと、安部の適時打で同点に追いつきました。なおも1,3塁の勝ち越し機でしたが、四球を挟んでバティスタと大瀬良が凡退して勝ち越しはなりませんでした。

 直後の4回裏に大瀬良が、1死2塁から松井佑に適時適時打を打たれて勝ち越しを許してしまうと、6回には2死2塁から高橋に適時2塁打を浴びて追加点を奪われました。大瀬良は、6回を投げて7安打を浴びながら3失点で踏ん張りました。

 打線は、5回にも2死後に連打で1,2塁としましたが、エルドレッドが三振に倒れ、6回には2安打と四球で2死満塁とするも、菊池が三振に倒れて、小笠原から追加点を奪えませんでした。
 しかし、7回に2番手岩瀬に代わると、無死1塁から松山が2点本塁打を放って同点に追いつくと、3番手又吉も攻めて四球と安打で2死1,3塁として、代打西川の適時内野安打で勝ち越しに成功しました。

 7回からは一岡が登板して、1死2塁のピンチを招きましたが、亀澤と遠藤を凡打に打ち取って無失点で切り抜けると、8回は今村が三者凡退に抑えました。そして9回は中崎が三者凡退で締めて中日を3タテし、チームは9連勝となりM5となりました。


 初回にミスから失点し、攻撃でもミスが出で得点を奪えず、その後に貰ったチャンスでようやく同点にしながら、直後に失点して勝ち越され、更に追加点を奪われてしまい、6回までは完全に敗戦ムードが漂っていました。
 しかし、小笠原が降板した7回に松山が起死回生の同点本塁打を放って暗いムードを吹き飛ばすと、代打の岩本と西川が共に安打を放ち勝ち越しに成功しました。
 昨日、今日と終盤に打線が繋がって試合をひっくり返し、リリーフ陣も好投して逆転勝ちしました。逆転のカープの真骨頂を見せつけた試合だったと思います。この終盤の強さは本当に凄いと感心するばかりですね。

 この2試合とも逆転を呼び込んだのは4番の松山でしょう。昨日は4安打4打点と大暴れすると、今日は3安打2打点1本塁打と今日も打棒が止まりませんでした。特に7回の本塁打は劣勢を吹き飛ばして、流れを完全にカープに引き戻す大きな一発で、これこそが4番の働きだったと思います。
 松山には、来週の地元5試合で優勝を決められるように打線を牽引してほしいですね。
コメント

岩本の逆転3点本塁打で8連勝

2017年09月09日 22時12分11秒 | 試合結果
広島 110 010 420 9
中日 031 001 000 5
勝利投手:九里8勝5敗
敗戦投手:谷元1敗
本塁打:[広島]岩本1号


 初回に四球と盗塁などで1死3塁とすると、2死後に松山が適時打を放って先制すると、2回には2死後に四球と盗塁で2死2塁として、岡田の適時打で追加点を挙げました。

 岡田は、初回に安打と四球で1死1,2塁のピンチを招くも、ゲレーロと福田を打ち取って無失点で切り抜けましたが、2回に2死後に安打と四球で1,2塁とし、京田の適時2塁打と安部の失策で3点を失って逆転を許してしまいました。
 続く3回にも2死後に連打で1,3塁とされて、遠藤に適時2塁打を打たれて1点を失いました。
 4回にも2死2塁とされましたが、代打松井佑を投ゴロに打ち取って無失点で凌ぎましたが、岡田はこの回限りでマウンドを降りました。

 打線は5回に田中と安部がそれぞれ四球で出塁するも共に盗塁死という悪い流れでしたが、丸も四球で出塁すると、松山が適時3塁打を放って1点を返しました。

 5回からは九里が登板して三者凡退に抑えるも、6回に田中の失策と犠打で1死2塁とされて、京田に適時打を浴びて1点を失ってしまいました。

 それでも直後の7回に3番手谷元を攻めて、1死3塁とすると、松山の適時打で1点を挙げ、更に1死1,2塁から岩本の3点本塁打でこの回4得点を挙げて逆転に成功しました。
 続く8回にも四球と犠打で1死2塁とし、2死後に松山の適時打で1点を追加し、代走天谷が盗塁を決めて2死2塁として敵失でもう1点を加えてリードを4点に広げました。

 7回からはジャクソンが登板して三者凡退に抑えると、8回は一岡が無安打1四球無失点に抑え、9回は中崎が三者凡退で締めて、中日に連勝して、9月は負けなしの8連勝となり、M6としました。


 打線は、初回から着実に得点を重ねましたが、岡田が不甲斐ない投球で逆転を許して良い流れを断ち切ってしまい、4回を投げて6安打4四球4失点でマウンドを降りました。
 2回には2死1塁から初打席の投手に四球を与えてピンチを拡大して適時打を打たれるという最悪のパターンで失点し、リズムの悪い投球が失策を招いて更に失点を重ねてしまいました。
 球自体には力があったと思うのですが、肝心の制球が安定しておらず、余計な四球が失点に繋がる悪癖が出ていました。
 前回は6回2失点と復調への手応えを得ていただけに、今日の投球は残念でした。緒方監督も処置を考えるとコメントしており、2軍での再調整の可能性が高そうです。
 
 岡田の乱調で中盤までは敗戦ムードが漂いましたが、今の打線はビハインドを跳ね返す勢いがあり、7回に本塁打を含む5短長打を集めて4得点を挙げて逆転に成功しました。
 最大の立役者は逆転本塁打を放った岩本であることは間違いありませんが、松山も4安打4打点の活躍で4番としての役割を十二分に果たしました。
 松山は走者を置いた4度の打席すべてで適時打を放っていますが、5回の適時3塁打は中日に傾いていた流れを変える一打となり、7回には流れをカープに傾ける適時打を放ちました。
 松山は、カープの4番は鈴木誠で、本人は4番目の打者だと思っているようですが、松山も間違いなくカープの4番打者ですね。
コメント