見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

2016東京ジャーミー歳末の祈り

2016-12-31 13:47:08 | なごみ写真帖
29日に東北沢で友人と食事をする前に、代々木上原にある東京ジャーミーに寄った。トルコ文化センターを併設する回教寺院(モスク)である。私も以前はこの近くに住んでいたので、何度か前を通ったことはあるが、中に入るのは初めてだった。

ちょうど礼拝の時間だったので、しばらく遠慮して、1階のショップを覗いたりして待っていた(本当は、静かにしていれば礼拝中に入ってもよい)。



やがて、礼拝が終わって、信者の人たちが出ていったので、入れ替わりに中に入ってみる。荘厳で落ち着いた雰囲気。正面にあるのは祭壇ではなく、カーバ神殿の方向を示すミフラーブ(壁龕)とミンバル(説教壇)である。



足元は緑色のふかふかの絨毯。壁と天井には、唐草などの繰り返し文様と文字(イスラーム書法)の装飾。ドーム天井から釣り下がる燭台も文字のかたちを模している。



ドーム天井を支えるアーチの繋ぎ目に配された、紺色の円。書かれているのは聖人の名前だと、アラビア語の読める友人が教えてくれた。



隅の螺旋階段を上がると、正面のミフラーブ(壁龕)を見下ろすバルコニーがあって、そこが女性の礼拝席だという。しばらくぼんやり座っていたら、ひとりの男性が礼拝堂に入ってきて、壁龕に向かって立ったり座ったりして、祈りを捧げ始めた。モスクでは決められた時間にこだわらず、祈りはいつ捧げてもよいのだな。

やがて、ドームがひそやかな美しい音楽に満たされた。私は、正面の彼が何か唱えごとをしているのだとようやく気づいた。唱えごとのあと、彼は黙って、立ったり座ったりひれ伏したりを繰り返し、それからまた何かを唱えていた。静かな祈りの姿だった。

新しい年が、誰にとっても平和でありますように。
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016大晦日・大河ドラマ『真... | トップ | 毛沢東の肖像/赤い星は如何... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

なごみ写真帖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。