答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

返照 -モネの庭から(その153)

2012年09月16日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

ああ、これは.....

いかにもモネの絵にあるような色合いではないかと、いきおいこんで太鼓橋から撮すワンショット。

ところが昨日の水の庭、クロード・モネなら如何に描いただろうかと想像をかきたてられる亜熱帯の水面(みなも)である。

夜中から未明にかけての大雨で池の水は濁り、台風の影響だろう、強烈な日差しが池に反射する。

 

 

 

 

 

 

 

 

池から目を離すと、

 

 

この季節ならでは、いつもの赤くない曼珠沙華。

かと思うと、

 

 

季節はずれの紫陽花。

 

これだからモネの庭は楽しいのだわ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

      ← 高知情報ブログランキング 

    

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加