答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

目にはさやかに

2012年09月04日 | 北川村

 

家を出てすぐ、小さなイガ栗を発見。

どうも私には、こういうものを見つけてしまうとタイヤで轢いてしまおうとする悪癖があって、

今朝も今朝とて狙いを定め・・・・・・、

いや待てよ、と直前で車を止めた。

 

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる(藤原敏行)

 

確かに季節の移ろいは「目にはさやかに」見えないものだが、辺境の限界集落に住んでいると、こうやって目に見えるものもたくさんある。

初栗だ。

轢くには惜しい。

残暑の日々をあわただしく生きる君やアナタに、秋の気配をおすそ分けなのである。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

     ← 高知情報ブログランキング 

   

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加