東の散歩道

B型ヴァイオリニストのマイペースライフ

ハンバーグ

2017年02月22日 22時31分04秒 | 雑記

ハンバーグです。見りゃわかる、ですよね(笑)。因みに私が作ったわけではありません。懸賞の当選品でございます。

外出先から家に戻ると、宅配の不在票が。発送元を見ると紀伊國屋の文字。なんか本の注文してたっけ?と訝しく思っていたら、届いたのがこのハンバーグ。米澤紀伊國屋さんという、米沢牛と加工品の専門店からでした。

実はこれ、最近時々見かける「クイズに当たったら当選確率アップ」という雑誌の懸賞だったのですが、そのクイズがいわゆる「誰でもわかる」というものではなかったので、たまたま答えが発見出来た私は運試しに出してみたのでした。本当に当たった…ありがたや!しかしこんなところで貴重な運を使ってしまって良いものか?

それはともかく、早速頂いたハンバーグ、「肉汁が溢れ出る」というタイプではなく、肉質で勝負している印象。美味しく、そして健康的と言えましょう。ご馳走さまでした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやすみなさい、ブルーナ

2017年02月20日 23時04分59秒 | 時事

 日本では「うさこちゃん」と親しまれたミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナが亡くなりました。

 いつも正面を向いて、読者と向き合い続けたミッフィー。くっきりとした輪郭線は、手描きで、わずかに滲みがあり、それがなんとも言えないあたたかみを醸し出していました。

 モダンな色使いとデザインは世界中のファンを魅了し、これからも愛され続けていくことでしょう。お疲れ様でした、どうぞゆっくり休んで下さいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南陽市文化会館

2017年02月18日 23時34分02秒 | 雑記
昨日ほぼ満席のホールにて、ユアタウンコンサートが終了しました。平日の夜でしたが、小さなお子さんもチラホラいらして、お客様の暖かい感じがホールの雰囲気と大変マッチしていたように思います。
木造でギネスの記録を持つこのホールから、ホール建設にあたって出た端材で作ったという、記念のコースターを頂きました!ありがたく使わせて頂きます☆
ホールはまだ一歳。街と共に、皆に愛されるホールに育っていきますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロディの魅力

2017年02月16日 22時11分05秒 | 山形交響楽団

 「この曲のどこが好きですか?」という質問をしたら、一般的に一番多いと予想されるのは「このメロディが好きだから」というものではないでしょうか。リズムも和声も音楽の根幹を成すものですが、多分、いわゆるポップスなんかで売れるか売れないかは、いかに人を惹き付けるメロディ(歌だったら歌詞もですが)になっているかが肝のような気がします。だって良いメロディだったら、皆口ずさみますものね。

 明日は南陽市にて山響のコンサート。プログラムは「中央アジアの草原にて(ボロディン)、ヴァイオリン協奏曲(チャイコフスキー)、新世界(ドヴォルザーク)」という、まさにメロディの花束といった趣の、名曲プロになっています。おそらく一度は耳にしたことのある旋律が聞こえてくることでしょう。

 幸いにチケットの売れ行きが良く、残りわずかと聞いています。ソリストの松田理奈さんも素晴らしく、是非多くのお客様におこし頂きたいと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

商業にのって

2017年02月15日 23時12分02秒 | 雑記

 昨日はバレンタインデーでした。私がティーンエイジャーの時はここまで大々的なビジネスにはなっていなかった、、、、と思うのは気のせいでしょうか?

 この時期にお菓子屋さんを歩くと、よりどりみどりで目移りしてしまいます。先日、友人のお子さんたちへの贈り物として物色していたのですが、途中から完全に自分向けに探していることに気付いて笑ってしまいました。

 しかし、ビジネスにのせられていると言われようが、楽しいものは楽しい。お菓子は味だけでなく、見た目も相当に意識して作られているので、見ているだけでも良い気分です。しかしやはり、最終的にはそれだけでは満足できず、自分用もちゃっかり購入してきました。まあ今週の仕事も色々たてこんでいるし、エネルギー源ということよしとしよう!(結局なんのかんのと理由をつけて正当化。。。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十年の重さ

2017年02月13日 23時29分20秒 | 雑記

 タイミングの良いことってあるものです。先週末、小学生の頃からの親友が蔵王に遊びに来ていて、運良く有給休暇中だった私に連絡をくれ、久々に会うことが出来ました。

 ダンナ様と二人のお子さんも一緒で、すっかり母の姿が板についた彼女の姿は、小さい頃から知っているだけに、何だか不思議な気がします。思えばご夫妻の結婚式で演奏をし、今年で十年。その十年の間に、二人の子をしっかりと育て、温かい家庭を育んで来たのですから、その重さもひとしおです。我が身を顧みれば、丁度その年の秋にロンドンから帰国したタイミングですが(帰国して間もなくの結婚式だったのです)、はて何を成し遂げたやら。

 同じ十年でも、まさに十人十色。せめて少しでも、人様の役に立つことをしておきたいものです。次の十年の課題ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンタジー

2017年02月11日 23時03分31秒 | 雑記

 読書好きは子どもの時からですが、小学生くらいの頃、一番好んで読んだジャンルがファンタジーでした。メアリーポピンズやナルニア国物語シリーズ、ミヒャエル・エンデの「モモ」「はてしない物語」、日本のものだと佐藤さとるのコロボックルシリーズや福永令三の「クレヨン王国」シリーズなどなど。

 今こうして振り返ると、ほとんどがシリーズ化しているものですね。それだけ熱心なファンが多いのでしょうが、おそらく作者の空想の世界が、一冊ではおさまらないということもあるのだと思います。シリーズ化されていないものでも長編になっているのはその証では。

 大人になると、さすがに大人向けファンタジーというものがないので(大人が読んでも面白いファンタジーはありますが、やはり想定されている読者は子ども〜青少年でしょう)読まなくなって随分経ちます。おそらく一番最近読んだファンタジーはハリー・ポッターシリーズ。もう当分ファンタジーを読むことはないかな、、と思っていたのですが、最近ちょっと気になる本が出てきました。

 只今NHKで第2シーズンがドラマ化されている、上橋奈穂子さんの「精霊の守り人」シリーズです。第1シーズンはきちんと見ていなかったのですが、何とはなしにつけていたら存外に面白く、セットも豪華、そして何より役者さん達が素晴らしいため、この頃は熱心に見ています。中でも主演の綾瀬はるかさん、バラエティーの天然キャラを微塵も感じさせず、本格的なアクションも颯爽とこなし、陰のある主人公を見事に演じています。そして地声よりだいぶ低く抑えた声の演技が、実に堂に入っています。

 原作者も国際アンデルセン賞を受賞するなど評価が高いし、これは一度ちゃんと読んでみようかと思っているのですが、本屋に行ってみたらこれまた長い。そしてドラマでも多少感じているのですが、登場人物が多い(笑)。ファンタジーは基本子ども向けと書きましたが、子ども並の集中力と記憶力が必要なのかも。手を出すか出すまいか、、、只今思案中です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪にご注意

2017年02月10日 22時55分46秒 | 雑記
今週末、山響は「夕鶴」秋田公演。なのですが、私は私用でお休みを頂いています。
そんな時に届いた、週末の日本海側は大雪注意という穏やかならぬニュース。時間を追うごとに深刻になっているような…。悪いことをしている訳ではないのに、何だか申し訳ない気分になります。
公演の盛況と共に、皆が無事に山形に戻ってくるよう、切に願っております。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幸運のうさぎを求めて

2017年02月09日 21時55分56秒 | 雑記
先日、南陽の熊野大社に参詣する機会がありました。
熊野大社といえば、三羽のうさぎの彫刻を見つけると願いが叶うという言い伝えが知られていますが、これがなかなか難しい。うさぎといえばうさぎのような…みたいな(笑)。
しかし今回、偶然ツアー団体とかち合い、ツアーの案内をされていた方が大盤振る舞いのヒントを下さったため、多分全部見つけられたかと思います(はっきりとは言い切れませんが…)。
他力本願的ではありますがこれも運、幸先良しです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

artとnature

2017年02月06日 22時58分52秒 | 山形交響楽団

 二日間の山響定期が終了しました。密度の高いリハーサルに本番、大変でしたが有り難い日々だったと思います。

 やはりホーネック氏の紡ぎ出す音楽は衝撃的でした。なにが衝撃かと言えば、その完璧なまでの表現力やテクニックが、全くそれと気付かせないほど自然であること。つまり聴衆は、ただその音楽と向き合うだけで良いのです。

 演奏家とか芸術家などといわれる人間は、我が強く、その人柄はそのまま作り出すものに現れます。特に気を入れて作るほど、時にアクの強さを伴って出てくるものですが、不思議なことに、ホーネック氏のはそういう作為的な感じが不思議なくらいないのです。完全に作品そのものと一体化している。本当に希有なことです。

 artとは芸術と訳されますが、人工、人為という意味もあります。今回のホーネック氏の演奏は、artとnatureが一体になった奇跡のような瞬間でした。共演できた幸運に感謝です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

疲れた時は

2017年02月04日 22時51分34秒 | 雑記

 山響定期一日目終了。いらした方にはおわかり頂けるかと思いますが、ホーネック氏の音楽にすっかり魂を抜かれて帰宅しました。

 全ての集中力を使い果たしたため、どうやら脳死状態だったらしく、寒い台所に放置していたお気に入りのガラスの小鉢を洗おうとして、熱湯を注いでしまいました。結果、、、かわいそうな小鉢は音をたてて三つに分裂。ショック。。。。。疲れた時にお気に入りに触れるのはやめようと、心に誓った冬の夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィーンの香り

2017年02月02日 22時22分48秒 | 山形交響楽団

 今週末の山響定期に向けて、リハーサルが始まっています。

 今回は何と!あのウィーンフィルのコンマス、ライナー・ホーネック氏を指揮者及びソリストとしてお迎えしています。

 リハーサルの様子からも、いつも如何に純度の高い音楽を作っているのかが窺われます。彼のヴァイオリンの音色の美しさも言わずもがな。「何となく」弾いている音は一音もなく、一緒に演奏できるの大変な喜びである一方、じっくり聞くことに専念してみたい気もします。

 それができるお客様、実はかなり羨ましい。2/4(土)、5(日)の演奏会、どうぞお聞き逃しのないよう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第62回定期終了

2017年02月01日 21時06分39秒 | 山形弦楽四重奏団

 昨日山形Q第62回定期が終了しました。寒い時期であり、更に平日開催、バルトークというあまりよく聞かれるとは言い難いプログラムなどの不安要因がありましたが、予想以上のお客様にご来場頂きました。つくづく山形Qは良いお客様に恵まれたものだと、あらためて感謝する次第です。本当にありがとうございました!

 

 人気演目もレパートリーに加えていきながら、バルトークのように、名曲でありながらなかなか演奏されないものに挑戦できるのも、常設カルテットならでは。今回の反省点も次への糧にしつつ、より高みを目指していきたいと思っています。今後とも応援よろしくお願い致します!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

前夜

2017年01月30日 23時12分37秒 | 山形弦楽四重奏団

 決戦前夜、、、なんて書くと討ち入りにでも行くみたいですが、山形Qの62回定期前というお話です。

 今日最後のリハーサルを終え、後は明日のG.P.と本番を残すのみ。直前になると一人不安になり、あれこれ確認をしてしまうあたりが我ながら小心者です。しかしながら、やることはやったと信じ、明日は仲間とアンサンブルを楽しみたいと思います。文翔館にで19時開演(18:15開場、18:30~プレコンサート)です。平日ですが、沢山のご来場、心よりお待ちしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を待つ

2017年01月28日 22時07分24秒 | 雑記

 正月もこの間だったと思ったら、もうじき立春。大寒も末です。

 というわけで、そろそろ恵方巻などの宣伝が始まっています。そもそも豆まきは、季節の変わり目には悪鬼が出てくるといわれていることから始まったそうですが、恵方巻はビジネス商戦の後押しもあり、近年は随分色々と出ていますね。

 今年は恵方巻を食べるかどうかわかりませんが(納豆巻きとかではダメなんだろうか?)、とりあえず無事に春を迎えられるよう、手洗いうがいを心がけたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加