らびおがゆく Vol.3

山形県を中心とした演奏活動等

2016/17年度今後の予定(山形Q)

2017年02月24日 11時01分13秒 | 山形弦楽四重奏団
今後の予定です。
まだ確定していない部分がありますが。
--------------
   
いよいよ明後日!!
第11回庄内定期演奏会 17年2月26日(日)14時開演(13時30分開場)
Giondano Hall(くろき脳神経クリニック内~酒田市)
・L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 Op.59-1「ラズモフスキー」
・W.A.モーツァルト フルート四重奏曲第2番 ト長調 K.285a(Fl:小松崎恭子)
・幸松肇 弦楽四重奏のための「日本民謡組曲」第3番
          〜箱根八里・佐渡おけさ・最上川舟唄・鹿児島おはら節〜

--------------
山形市北部公民館コンサート(仮称) 17年3月28日(火)時間未定
山形市北部公民館
・演目未定


 日程・曲目等、都合で変わるかもしれません。お誘い合わせの上ご来場下さい。宜しく御願いします。

予定変更などの場合、その部分は書き直しします。
山形弦楽四重奏団HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/18年度今後の予定(山形Q)

2017年02月23日 23時59分59秒 | 山形弦楽四重奏団
今後の予定です。
まだ確定していない部分がありますが。
-------------
   

第63回定期演奏会 17年4月23日(日)18時30分開演(17時45分開場)
プレコンサート18時
文翔館議場ホール
・J.ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1
・黛敏郎 弦楽四重奏のためのプレリュード
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ト長調 Op64-4  
-------------

第64回定期演奏会 17年7月予定
プレコンサート
文翔館議場ホール
・F.メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第5番 変ホ長調 Op.44-3
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ヘ長調 Op.77-2「雲が行くまで待とう」
・F.シューベルト 弦楽四重奏曲第5番 変ロ長調 D.68
-------------

第65回定期演奏会 17年10月予定
プレコンサート
文翔館議場ホール
・P.ヒンデミット クラリネット五重奏曲(川上一道)
・L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 Op.18-4
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.64-1「雲雀」
-------------

第66回定期演奏会 18年1月予定
プレコンサート
文翔館議場ホール
・M.ラヴェル 弦楽四重奏曲 ヘ長調
・佐藤敏直 弦楽四重奏曲第2番
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.42
--------------

第12回庄内定期演奏会 17年度予定
Giondano Hall(くろき脳神経クリニック内~酒田市)
・L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲


 日程・曲目等、都合で変わるかもしれません。お誘い合わせの上ご来場下さい。宜しく御願いします。

 予定変更などの場合、その部分は書き直しします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形響 庄内定期演奏会(第25回鶴岡公演)リハーサル始まる。

2017年02月22日 23時59分59秒 | 山形交響楽団
 本日から山形響は、庄内定期演奏会〜第25回鶴岡公演のリハーサルが始まりました。

 2月25日(土)に行われる庄内定期演奏会のリハーサルが始まりました。

 今回は、L.v.ベートーヴェンの第7番交響曲と高橋和貴さん(山形響コンサートマスター)のソロでVn協奏曲と言うプログラムでお送りします。

 鶴岡市中央公民館で16時からです。

 本日は、この数年何度も演奏してきた第7番をまた新しく作り直して、リハーサルが進んでいきました。

 今年度は、L.v.ベートーヴェンの交響曲を集中的に取り上げましたので、1年前とはだいぶ曲の捉え方が、自分の中で変化したように思います。

 頑張ります!!

 是非!お誘い合わせの上ご来場ください!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Valentinstag

2017年02月21日 23時59分59秒 | 雑記
 ヴァレンタインデーにチョコレートではなく、干し柿をくれた方がいました。

 ここ数年、チョコレートをあまり食べなくなっていたので、ものすごく嬉しいプレゼントでした。

 名産と言われている上山の干し柿を食べるのは初めて!!

 糖分が結晶化して、白くなっているので、見た目は大福のようです。

 この糖分、砂糖の1.5倍ほどの甘さがあるそうで・・・・確かに口に入れると急性虫歯になりそうなほど甘いのです。

 ただ、ビタミンCが干し柿になるとβカロチンになるそうで、Bカロチンは、喫煙者には肺がんリスクがより高まるらしく・・・食べ過ぎは良くありません。(全てネットの受け売りなので、確かな事は、ご自身でお調べください)。

 毎日、少しずつ堪能します!!

 Mさんありがとう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通勤の風景

2017年02月18日 23時59分59秒 | 山形県
 一昨日、その前の日と2日間、南陽市に朝日町〜白鷹町〜長井市経由で通いました。

 車窓から見える美しい風景に、何度も感動。

 これが東京なら、満員電車に揺られて、しょっちゅう起こる遅延電車の中で、若干イラつきながら毎日過ごしていたかもしれません。

 田舎生活者の特権です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

囲ろり

2017年02月16日 23時59分59秒 | ラーメン(置賜)
 本日は、仕事の帰りにいつも行っている喫茶店に寄る予定が、貸切のために入れず。

 転んでもただでは起きない私たち夫婦。

 前から行ってみたかったラーメン屋さんに突入しました。

 「囲ろり」。

 さっぱりしていて、しょっぱくなく、まさに私たちの好みのラーメンでしたよ。

 私は、角煮醤油ラーメンを注文。

 今思い出しただけでも、また食べたくなるラーメンでした。

 国道から少し道を入らなくてはならず、なかなか地元の人以外は行きにくいお店かもしれません。

 でも必ずまた行きますとも!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指導に行く。前半戦1(2017)

2017年02月13日 23時59分59秒 | 指導
 新年度に向けて、山形大学フィルヴィオラパートは、新しい体制になりました

 経験者4人の強力な4年生が卒業予定。(一人は進学)。今年度執行学年だった新4年生が就活などで休団その他ですので、ほとんど参加せず。

 強力12人体制だったヴィオラパートが、今回は、新2、3年生の4人に参加表明している新4年生1人の5人が参加。新1年生が入るまでは、少し寂しいパートになりそうです。

 学生オケの宿命でしょうがないのですが、また一からパートの音を作り直しになります。

 しかし、低学年だった学生達が、今まで先輩達におんぶに抱っこ状態だったのが、顔つきも変化して、新しい年度に意欲を燃やしているように感じました。

 まずはF.メンデルスゾーンのイタリア交響曲から指導。

 今年も元気に指導して行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千秋軒

2017年02月12日 23時59分59秒 | お気に入りのお店
 本日まで2泊3日で、秋田に行ってまいりました。

 團伊玖磨の名作オペラ「夕鶴」を演奏する良い機会に恵まれたことを感謝申し上げます。

 本番のあった秋田アトリオン音楽ホール近くの「千秋軒」さんにその間通いつめました。

 おしゃれな感じの洋食屋さんなのですが、うちの奥さんが一度行きたいと言ったので、行ってみたらハマりました。

 カツカレー、オムライス、ポークジンジャー、ハンバーグ何を食べても、とても美味しいのです。

 さらに自家製ティラミスや珈琲もGood!!

 ランチタイムも夜のディナータイムもすぐに店が混んでしまいます。

 今回は4回も通いつめてしまい、他のものを食べないで終わってしまいました。

 秋田に行く楽しみがまた一つ増えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイプオルガン

2017年02月11日 23時59分59秒 | 音楽
 秋田アトリオンで明日の本番の準備をしています。

 パイプオルガンがかっこいいです。

 数年前に演奏会を行った那須のホールや福島いわきのアリオスなどパイプオルガンがあるホールがあります。

 ざ〜と県内を見渡すとパイプオルガンが設置されているホールがありません。

 パイプオルガンは、設置費も維持費もかかるそうですが、県内に一つぐらい立派なパイプオルガンがあってもいい気がします。

 演奏会があったら聴きに行きたいのだけれど。

 音大には、いくつかパイプオルガンがあったので、聴くチャンスがある時は、よく行っていました。

 体全体に響いてくる感じは、何物にもかえがたい。

 新県民会館には、その計画さえ聞こえてこないけれど・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

売店。

2017年02月10日 23時59分59秒 | 大江町
 普段通っている大江町の温泉:柏陵テルメの売店には、地元の産物が並びます。

 毎年のように、知らない野菜や山菜・キノコなど季節ごとに出会えます。

 今年は大好きな干し柿。

 柿をドロドロになるまで濾して、水あめを入れて柿の形に再構築したかのように勘違いしてしまうような・・・・食感と甘さのある干し柿に出会いました。

 チョコレートが若干苦手な私には、誰か干し柿くれないかな・・・・・・。

 こんなおじさんには、誰もくれないってか??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

團伊玖磨オペラ「夕鶴」

2017年02月08日 23時59分59秒 | 山形交響楽団
 2月12日(日)、秋田アトリオン音楽ホールで行われる團伊玖磨作曲オペラ「夕鶴」のリハーサルが、本日から始まりました。

 團伊玖磨(1924〜2001)は、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」などの童謡でも有名ですが、日本を代表するオペラ作曲家で、1950年代から「聴耳頭巾」、「楊貴妃」、1970年代には「ひかりごけ」、「ちゃんちき」、晩年の1990年代には「素戔嗚」、最後のオペラとなった「健・TAKERU」(1997)と生涯を通じて、オペラを作曲していました。その最初の作品が今回の「夕鶴」(1950/51)です。

 「夕鶴」は、世界中で演奏されていて、演奏回数は800回を超えているとのこと・・・。

 日本的東洋的な素材をオペラに生かした姿勢は、生涯変わることがなかったようです。

 そんな邦人名作を演奏できる喜びは(しかも歌劇!!)、演奏家冥利に尽きます。

 楽譜を練習して、リハーサルに臨んだのですが、この曲、過去にどこかで私演奏しているようです。もう演奏家として長くなってきているので、フリーの頃の記憶が曖昧なこともあり、どの作品をどこで演奏したかは、記憶の彼方ということが、最近多くなりました。

 演奏していて、あぁ〜!この曲知っている!どこかで演奏したなぁ・・・・(実際、どこで誰の指揮でどのオケでというのは思い出せることは滅多にありません。)と思うことがたまにあります。余談でした。

 おかげさまで、チケットは完売しているようです。

 が!北国の天候も含め、キャンセルが少々出る時もあります。どうしても!という方がいらしたら、アトリオンのFBなど眺めているとチャンスがあるかもしれません。

 明後日から秋田入り。移動が安全でありますように・・・・・・・。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春過ぎて・・・・・。

2017年02月07日 23時59分59秒 | 大江町
 暦の上では、春なのですが、最近溶けかかってカサが減っていた雪山の上に、またドカっと降りました。

 寒さはむしろこれからの2月ですので、当たり前なのですが、仕事が忙しくなるホイッスルがなると同時にこれでは、体力的に持つかどうか?

 オヤジの愚痴のようですが、そろそろ真剣に除雪機の購入を考えなくちゃいけないと思い始めました。

 冬場の雪かきは、体力維持、ダイエットなどに役に立ってきましたが、楽器を弾くのに体の筋肉を痛めかねない年齢になったということです。

 しょうがない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

如月2017

2017年02月01日 23時59分59秒 | 雑記
 昨日の山形Q 第62回定期演奏会にお越しくださった皆様、あらためましてお礼を申し上げます。

 さて、本日から月も改まりまして、昨日の演奏会の余韻に浸る余裕もなく、山形響第258回定期演奏会のリハーサルに突入しています。つくずく体力がないとできない仕事です。

 2/4(土)・2/5(日)に山形テルサで行われる定期演奏会は、今年のウィーンフィルニューイヤーコンサートで、コンサートマスターを務めていたR.ホーネック氏が、指揮台に上がっています。もちろんプログラムには彼のVn独奏も含まれています。

 この2月と3月の定期演奏会で完結する山形響ベートーヴェン交響曲チクルスは、今回「第8番」!!

 学生時代に2ndVnを演奏してから、この曲の虜になりました。

 古典的佇まいですが、難しいことこの上ない。楽譜上に書いてあることを全てきちんとやろうとしたら、昨日のB.バルトークNr.3なんて吹っ飛んでしまいます。地味ながらものすごい要求の塊のような曲です。演奏家泣かせの1曲です。

 リハーサルの後半、指揮棒をVnに持ち替えて演奏すると、文翔館(しつこいようですが昨日、山形Qの本番会場です)に、美しい響きが充満しました。

 こういう一つ一つの経験が、オーケストラの幅が広がるのでしょうね。

 本番をお楽しみに。是非会場で!!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形Q 第62回定期演奏会終了。

2017年01月31日 23時59分59秒 | 山形弦楽四重奏団
 寒くて、お足元の悪い中、ご来場ありがとうございます。

 遠くは静岡県や、東京都からも応援に駆けつけてくれた方もいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

 今回の定期演奏会から新しい試みに着手しました。

 第12回から(だったけかな??)始まったプレコンサートですが、長らく仕切っていた家の奥さんが隠居して(院政を始めるともいう・・・)、今回からもう少し若手の方々に後進を譲ろうと企画されました。

 最初の試みとして、山形大学でヴィオラを専攻している1年生・4年生のお二人にヴィオラ二重奏曲を演奏してもらいました。

 若い方・・・特に学生はなかなか演奏を人前で披露するチャンスがないので、もう少し(プレコンサートと言う場所ですが)門戸を開こうと思ったのです。

 緊張したり、準備不足だったり、色々あったと思いますが、それが今後の彼らの活動(今は修行の身ですね)に役に立ってくれるように願っています。

 これからもどんどん出演してもらおうと思っていますので、山形Qのファンの皆様におかれましては、若手の演奏に叱咤激励含めて、温かい目で見守ってあげてください。

 そして、山形Qの活動を支えてくださっている皆様に、最後にもう一度感謝申し上げます。

 次回は第63回、4/23(日)18時30分からでございます。

 よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ明日!山形弦楽四重奏団 第62回定期演奏会。

2017年01月30日 23時59分59秒 | 山形弦楽四重奏団
 天気が崩れないと良いですが・・・・。

 さて、明日は山形市文翔館にて19時から山形Q 第62回定期演奏会が行われます。

 今回も御多分に洩れず、喧々囂々リハーサルを続けてまいりました。いよいよ明日お披露目となりました。

 もう61曲目となるF.J.ハイドンはここにきて、やっと曲を作る感触を味わえるようになってきました。

 B.バルトークのNr.3は、もう6年以上前に指導を受けた先生から宿題のように言われていた曲なので、本番で演奏できるのは感慨深いです。Nr.1、Nr.2に比べるとそれでも演奏しやすいかなというのが私の感想です。ある人によれば、L.v.ベートーヴェンのクァルテット(全17曲)を旧約聖書、B.バルトークのクァルテット(全6曲)を新約聖書と例えていました。それだけクァルテット文献の中で重要な作品であると言えます。一見(一聴)難しい曲に聞こえますが、時折聞こえてくる民族的な旋律を追って行けば、すぐに曲が終わってしまいます。B.バルトークの中では一番短い曲ですから・・・・頑張ります!!

 メインは、A.ドヴォルジャークのNr.12。何度か演奏してきていますが、若さとパワーで押し切りがちな曲を、初めて!!(笑)楽譜の指示を冷静に見てみました。大人のドヴォルジャークが演奏できたら良いかな〜と希望を最後に述べておきます。

 もしかしたらお足元悪くなるかもしれませんが、熱い演奏をお届けできそうなので、是非!会場にお越しください。

 (追記)明日のプレコンサートは、山形大学の学生によるヴィオラ二重奏曲です。そろそろプレコンサートは、若い方々に演奏の機会を与える場に(本来はその趣旨でした)段々しようかと思っています。温かい目でお楽しみください!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加